芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「秀樹さん ありがとう」ちびまる子ちゃんが西城秀樹さんを追悼

「秀樹さん ありがとう」ちびまる子ちゃんが西城秀樹さんを追悼 27日にフジテレビ系で放送された人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜後6:00)で、「秀樹さんありがとう」と、今月16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹さん(享年63)を追悼した。

【写真】きのう告別式だった西城秀樹さんの祭壇

この日は前半に放送された「まる子、早めに衣替えをしたい」では、冒頭から、まる子がくじで当てた「ヒデキの缶バッチ」が登場。ヒデキファンの姉を見つけて缶バッチをあげようと追いかけるも、姉は姉で「ヒデキが出るテレビの時間が迫っている」と思って走り出す。お姉ちゃんは曜日を勘違いしていて、「ヒデキに会えると思ったのに」と少しがっかり。その後、夏服への衣替えをして、いち早くお気に入りのTシャツを着て遊びに行くというエピソードだった。アニメ本編の後、ヒデキさんを描いた静止画とともに、「秀樹さんありがとう」のメッセージが表示された。

『ちびまる子ちゃん』は、原作者のさくらももこ氏が小学3年生だった頃(1974年〜75年ごろ)を投影した作品。さくら氏自身が、当時大ブレイク中だった西城さんのファンで、作品の中では姉のさきこが西城秀樹ファンという設定になっている。西城さんはアニメ『ちびまる子ちゃん』でエンディングテーマ(「走れ正直者」)を担当していた時期もあった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

9月15日、自宅で家族に見守られ、75年の人生を終えた樹木希林さん。17日の午後には、自宅前で長女・内田也哉子とその夫の本木雅弘、今年モデルデビューしたUTAこと雅樂など3人の孫らに見送られて出棺した。 【写真】30年来の親友に送ったトロフィーとケース 火葬に立ち会った夫の内田裕也は、20日に希林さんの...
自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

今年1月に続き、二度目の「アメリカ留学」へと旅経つと噂される、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏。いま村本氏が日本で感じている「息苦しさ」について、ノンフィクションライターの中原一歩氏に語った。 呆れてしまうんですよね 村本:昨年末に放送された「THEMANZAI2017」で、ウーマンラッシュアワーが...
DA PUMPはレコード大賞NG?それでも出演してもらう業界の目論見

DA PUMPはレコード大賞NG?それでも出演してもらう業界の目論見

9月になり、暮れの音楽賞レースに向け、音楽業界内が少しずつ動き始めている。 【写真】逮捕され移送される吉澤ひとみ容疑者の痛々しい姿 「世間一般の注目度は低くなったとはいえ、年末の日本レコード大賞は、日本の音楽業界の最大のイベントですからね」 と、苦笑いの音楽関係者。 「6月にリリースした『Are...
人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

夏、水着の季節ということで懐かしく思い出されるのが芸能人の水泳大会。有名無名、多数の芸能人がプールに集結して健康美やお色気を発散する様子は、夏のテレビの風物詩でもあった。しかし、2000年代以降はすっかり鳴りを潜めてしまった。なぜ人気を誇った芸能人水泳大会は消えてしまったのだろうか。 最盛期...
石橋貴明がネットでの批判に思うこと「本当なのかなって」

石橋貴明がネットでの批判に思うこと「本当なのかなって」

とんねるず石橋貴明(56)のフジテレビ新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜午後11時)がスタートして3カ月。昭和カルチャーや豪傑列伝などのディープな見ごたえがじわじわと支持を伸ばし、2%台で始まった視聴率も4%台に“倍増”してきた。「みなさんのおかげです」の木曜9時枠から月曜深夜へ。...
スキャンダル少なく元週刊誌記者もお手上げ 西城秀樹さんの優しい素顔

スキャンダル少なく元週刊誌記者もお手上げ 西城秀樹さんの優しい素顔

西城秀樹さんが亡くなった。63歳だった。 彼は'72年に『恋する季節』で歌手デビューするも、デビュー曲はヒットには至らず、オリコンで1位を獲得したのは6曲目の『ちぎれた愛』だった。 続く7曲目『愛の十字架』も1位を獲得。勢いに乗ると、その後は次々とヒット曲をだし、トップアイドルへの階段を上っていっ...
西城秀樹さん元マネジャー明かす名曲誕生秘話 『Y.M.C.A.』ヒデキバージョン披露で反響「ヤングマン」急遽レコード化 25年間でケンカはたったの3回

西城秀樹さん元マネジャー明かす名曲誕生秘話 『Y.M.C.A.』ヒデキバージョン披露で反響「ヤングマン」急遽レコード化 25年間でケンカはたったの3回

16日、急性心不全のため63歳で死去した歌手、西城秀樹さん。代表曲で国民的ヒットソングとなった「YOUNGMAN(Y.M.C.A.)」(1979年)の日本語詞を手がけた元マネジャーの天下井(あまがい)隆二氏(66)が、名曲誕生の秘話を明かした。 「ヤングマン」は79年2月に発売。累積売上...
「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

「イカ天」バンドが番組を語る 審査で厳しいことを言われると動員が下がる

平成元年。今から30年前に産声を上げた伝説の音楽オーディション番組、イカ天……正式名称は『三宅裕司のいかすバンド天国』。同番組に出演した多くのバンドがメジャーデビューを果たし、80年代末〜90年代前半のバンドブームを牽引したことで、いまだにその影響を口にするミュージシャンも枚挙にいとまがない。...
成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

成熟の拒否。なぜ「ちびまる子ちゃん」は幅広い世代に受けたのか

53歳という若さで亡くなった、漫画家のさくらももこさん。独特の世界観で描かれた『ちびまる子ちゃん』は国民的人気作品となりましたが、なぜ「9歳のまる子」に大人までもが感情移入できたのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんが、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』でその秘密を探ります。...
カツオの初代はドラえもん?アニメ「サザエさん」の声優交代事情

カツオの初代はドラえもん?アニメ「サザエさん」の声優交代事情

人気アニメ作品『サザエさん』(フジテレビ系)で、フネ役をかつて担当していた声優の麻生美代子さんが8月25日に亡くなった。92歳だった。 麻生さんは1963年の『鉄腕アトム』、66年の『魔法使いサリー』など、テレビアニメの草創期から声優として活躍。1969年にスタートした『サザエさん』では、磯野フネ役を演...
さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

さくらももこさんは「たまちゃん」とだけ交流 素性隠した生活

8月15日、乳がんのために漫画『ちびまる子ちゃん』の作者、さくらももこさんが53歳の若さでこの世を去った。 【写真】まるちゃんのマンホール、母校に寄贈された絵ほか 「少女漫画誌の『りぼん』(集英社)で連載を持つことが決まり、題材を考えていたときに、子どものころに母親から“ちびまる子ちゃん”と呼ば...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net