芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

表舞台から姿を消した越前屋俵太 現在は関西大学の教授に

表舞台から姿を消した越前屋俵太 現在は関西大学の教授に あの越前屋俵太(56)が、本名の谷雅徳特任教授として母校・関西大学で教壇に立っていた。総合情報学部の「エンターテインメント論」。多様性をテーマにした授業では、有名なホトトギスの句を例に出し、殺すか鳴かすか待つか…あなたは何タイプですか?と、300人強の学生に自己分析させた。

“俵太教授”が本当にそれだけなのか?皆さんのオリジナルを考えよう!と呼びかけると、学生が一斉にペンを走らせる。「鳴かぬなら炭火で焼くぞ鳥貴族」「鳴かぬならウェブで検索ホトトギス」…大喜利ではない。学生の柔らかな発想を次々と引き出していく。

「僕らの時には認めてもらえなかった、多様性ですよね。いろいろあった方が面白いわけだから、いろんな人がいていいというか、そういうことが言いたいんですよね。社会のあるべき姿というか」。雇用や生活レベル、スタイルまでもが多様化していく時代。社会の多様なニーズに適応する人材の育成を目指している。

学生時代に出演した、テレビの深夜番組がデビュー作。街をロケし、道行く人にいきなりシャンプーをかけ髪を洗うという企画が話題になった。「探偵!ナイトスクープ」の初代探偵としての破天荒ロケは記憶に新しい。

ある時、芸能界の表舞台から突然消えた。芸能事務所に所属せずに、テレビに出る限界を感じたという。「心折れてますね。2001年ごろじゃないですか」。壁にぶち当たったヒーローが必殺技を編み出すように、5年間山ごもりをしていた。下山後、大学教授の紹介で大学講師に。気がつけば先生になっていたと、空白の時代を振り返る。教壇に立って10年になる。

15回の授業すべてで、300人を超える学生から提出されたレポートに目を通す。学生の成長がわかるという。「ひとりひとり初回から順を追って見ていくと、適当に授業を受けていたのにここで気がついて、考えているのか…とかわかるじゃないですか。それを評価しているんです」。気が遠くなるような作業だが、学生から教えられることも多い。芸能生活では、決して味わえない醍醐味だ。

「学術の先生が考えている理論を、実践することでムーブメントが起こらないかと。それを社会実装させるプロデュースをしたい」。机上の空論を現場の実論に変える。山ごもりで“必殺技”を編み出した越前屋俵太が、アカデミックな世界に挑む。(デイリースポーツ・杉田康人) 表舞台から姿を消した越前屋俵太 現在は関西大学の教授に 外部サイト 全身タイツで「ヌーブラ・ヤッホー!」の女性2人組モエヤン・久保の現在は…なんと! 藤重政孝今はデパ地下で店頭販売…かつてイケメン俳優で人気 引退した島田紳助氏現在貯蓄は100億円超?ネット騒然 「芸能ニュース」をもっと詳しく

女性との交際明かした勝間和代氏報道に本音「本当は苦しい」 オリラジ中田敦彦の「野望」ビビット卒業はメイン司会者への布石? 「先輩そっくり!」木村拓哉の次女・Kokiに国分太一が驚き

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

小島瑠璃子がさすがの仕事ぶり「探偵!ナイトスクープ」で見習い秘書に

小島瑠璃子がさすがの仕事ぶり「探偵!ナイトスクープ」で見習い秘書に

タレントの小島瑠璃子(24歳)が、バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)に「見習い秘書」として出演。さすがの安定感を見せた。 この日の番組冒頭、小島は「出れて本当に嬉しいです」と感情のこもった挨拶を行い、一つ目の依頼である「思春期に入りかけた息子を人間椅子となって抱きしめたい母...
「探偵!ナイトスクープ」 毎回変わる「見習い秘書」に志願者が相次ぐ

「探偵!ナイトスクープ」 毎回変わる「見習い秘書」に志願者が相次ぐ

女優・本仮屋ユイカ(30)と、高橋ひかる(16)が26日、大阪・ABCで行われた「探偵!ナイトスクープ」(関西地区は金曜、午後11・17)の2本収録に「見習い秘書」としてそれぞれ参加した。3代目秘書の松尾依里佳(34)が卒業し、当面、毎回違う「見習い−」が登場することになったが、同局によ...
「探偵!ナイトスクープ」松尾依里佳が卒業 歴代秘書は不幸続きか

「探偵!ナイトスクープ」松尾依里佳が卒業 歴代秘書は不幸続きか

人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送系)で長らく秘書を務めていたバイオリニストの松尾依里佳が卒業を発表した。松尾は2010年から7年半にわたって同番組の秘書を務めてきたが、来年2月に出産を控えているため、このタイミングでの降板となった。 松尾は同番組の三代目秘書である。初代、二代目の秘書は...
「探偵!ナイトスクープ」 3代目秘書の松尾依里佳が卒業

「探偵!ナイトスクープ」 3代目秘書の松尾依里佳が卒業

バイオリニストでタレントの松尾依里佳(33)が18日、ブログを更新し、大阪・朝日放送(ABC)の名物番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜、午後11・17)の秘書を卒業することを発表した。 松尾は2010年9月から7年超にわたり3代目秘書を務めていた。2015年10月に一般男性と結婚。来年...
越前屋俵太「橋下×羽鳥の番組」出演もオールカットされたと明かす

越前屋俵太「橋下×羽鳥の番組」出演もオールカットされたと明かす

「探偵!ナイトスクープ」の初代探偵などとして活躍したタレントで書家の越前屋俵太が9日、ツイッターを更新し、9月末で終了したテレビ朝日系「橋下×羽鳥の番組」にゲスト出演したものの、オールカットされていたことを明かした。 越前屋は「テレビ朝日系『橋下羽鳥の番組』が放送終了になったのでツイート...
41歳で発達障害と診断された小島慶子「本当の自分を受け入れる」

41歳で発達障害と診断された小島慶子「本当の自分を受け入れる」

「私は家でも学校でも、ひどい問題児でした」 彼女は、熱を帯びた口調で子ども時代の思い出を語り始めた。 「まず、落ち着きがない。常にもじもじして、じっとしていられない。声を出してはいけないところで出したり、グネグネしたり(笑)。それから、嫌なことに耐性がまるでなくて、受け流すことができずに...
秋ドラマの珍現象 「アンダー7」4作に熱烈なファンが続出する謎

秋ドラマの珍現象 「アンダー7」4作に熱烈なファンが続出する謎

視聴スタイルが多様化するなかで、視聴率はドラマの評価を決める指標ではもはやないのかもしれない。それを示す珍現象が今期のドラマで起きている。いったいどういうことか?コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 秋ドラマが中盤戦に入る中、視聴率での明暗がはっきり分かれています...
個性的な子をバッシングしていたりゅうちぇる 「自分らしさ」を語る

個性的な子をバッシングしていたりゅうちぇる 「自分らしさ」を語る

「自分の色を取り戻そう」 をテーマに、個性的なキャラクターでポジティブなメッセージを発信しているりゅうちぇるさん。 そんなキラキラとした彼の姿を見て、いいなぁと思う反面、「自分らしさ」ってそもそも何なんだろう?どうやって見つけるんだろう?と私は思いました。 キャラクターを無理やり作るの...
音楽活動の成功でMISIAに心境の変化 慈善活動に取り組み「音楽で恩返し」

音楽活動の成功でMISIAに心境の変化 慈善活動に取り組み「音楽で恩返し」

歌手のMISIA(40)が「第3回澄和Futurist賞」を受賞し、10月26日に都内で行われた表彰式へ出席した。 「環境保護」「社会貢献」「非戦・平和関連」など、市民目線で豊かな未来へとつながる活動に取り組んだ個人や団体に贈られる同賞。第1回は女優の吉永小百合(73)、第2回は映画監督の山田洋次氏(87)が受賞...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net