芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

優香が女優業を本格化 「因縁の対決」が復活の構図

優香が女優業を本格化 「因縁の対決」が復活の構図

20年の時を経て、“因縁の対決”が復活の構図である。女優業を本格化させる癒し系の租・優香(37)を待ち構えるは、あの黄色い軍団――。

***

1997年のグラビアアイドル・優香の登場は革命的だった、と振り返るのは、さるベテラン芸能記者である。

「AKB48がヒットしたことで、それに続けと各芸能事務所がつぎつぎとアイドルを売り出した現象がありましたよね。優香の時も“ホリプロ初のFカップグラビアアイドル登場”のキャッチで彼女を売り出してブレイクし、他のプロダクションでもグラドルをプッシュする風潮が生まれました。デビュー2年にして、テレビ・ラジオのレギュラーは6本。今のグラドルと比べても、いかに人気だったのかが分かるでしょう」

優香が女優業を本格化 「因縁の対決」が復活の構図 優香

一方、これに立ちはだかったのが、野田義治社長率いるイエローキャブだった。23歳で急逝した堀江しのぶや、かとうれいこ(49)、細川ふみえ(46)らを世に送り出したことでおなじみの同事務所、優香に近い世代では、98年に小池栄子(37)、99年に佐藤江梨子(36)がデビューしている。イエローキャブが席巻していたグラビア界に風穴を開けたのが、優香だとされる。

「実際は、優香のグラドルとしての活動期間は短く、2000年には水着を卒業していました。対して小池、サトエリは04年頃まで写真集を出していましたからね。肌を露出しなくなっても売れることがひとつの成功とすれば、グラビア対決は優香の“勝ち”だったといえるかもしれません」(同)

コケた優香の初主演ドラマ

グラドルから脱皮し服を着た優香は、タレント、そして女優へとシフト。水着卒業直後の00年には早くもドラマに主演、トントン拍子でキャリアを積み……。と思いきや、そのドラマがコケてしまった。当時、写真週刊誌「FOCUS」(現在は休刊)は、以下のように報じている。

〈優香(20)が大ピンチだ。バラエティ番組やCMには今も引っ張りだこ。タレントとしての人気は相変わらずなのだけど、問題は初主演しているTBSドラマ「20歳の結婚」。あまりにお粗末、優香ひとりだけががなりたてるだけでドラマになっていないと、内外からブーイングの嵐。当然視聴率も低迷。〉(00年8月9日号)

このドラマ、共演には米倉涼子(42)や宮崎あおい(32)、押尾学(40)と現在では考えられないキャスティングが興味深いのだが、それはともかく、優香の女優進出には早々にケチがついた。

「以降も女優の仕事をしていることはしているのですが、今日に至るまで、優香=女優というイメージが定着していないというのは、衆目の一致するところでしょう。対してサトエリはNHK朝ドラ『半分、青い。』のボディコン姿が話題になるなど、役者としてちょくちょく見かけますし、小池にいたってはベテラン女優のたたずまい。演技力に定評があり、ドラマ配役には引く手あまたですよ」(同)

女優のリングでは、劣勢に追い込まれていた優香。だがここ最近、また風向きも変わってきたという。

「羊の木」での妖艶

優香の評価が変わったきっかけは、5月26日に千秋楽を迎えた舞台「酒と涙とジキルとハイド」、そして2月に公開された映画「羊の木」での演技だという。まずは舞台について。先の記者が解説を続ける。

「作・演出は三谷幸喜さん。4年前の初演のときにも優香はキャスティングされていて、去年の『不信〜彼女が嘘をつく理由』と2年続けて三谷作品に出演です。どうやら三谷さんは優香がお気に入りのよう。時にマンネリと批評されるくらい、気に入った役者を使い倒すタイプですからね。今後の三谷作品にも起用される可能性は大です」

コメディタッチだったという舞台に対して、映画の方は妖艶な演技を見せていたそう。映画評論家の北川れい子氏は「上手く演じていましたね」と、「羊の木」の優香を評する。

「街で暮らすことになった元犯罪者たちの群像劇で、優香は夫殺しの過去をもつ介護士。露骨にいやらしいシーンがあるわけではないのですが、北見敏之(67)演じる老夫のケアをしながら、やがて情にほだされて……という展開を、観客に不快感を与えずに見せていました。まさにジジ殺し。中高年の男性だったら、自分も“介護されたい”と思うでしょうね」

とはいえ北川氏は、映画女優としては小池栄子の方がお好みだそう。

「古い話になってしまうのですが、彼女が『接吻』(08年)で演じた死刑囚に惹かれるOL役は怖いし、重かった。印象に残っていますね。これでいくつも賞を獲り、女優として一気に評価されたんじゃないでしょうか。イーストウッド作品をリメイクした『許されざる者』(13年)での、虐げられた娼婦もいい。堕落した女を演じるのが上手。ハードボイルドな女っぷりが際立つ小池さんに比べると、優香さんには強烈なインパクトがないですねえ。これからでしょうか」

旬の短いグラドルと違って、女優業は長い長い闘いである。不惑を前に、火蓋はようやく切って落とされた――。

週刊新潮WEB取材班

2018年5月日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

YouTuberになるも伸び悩む再生回数 ねづっちの気になる月収は

YouTuberになるも伸び悩む再生回数 ねづっちの気になる月収は

「ととのいました」の謎かけで2010年に大ブレークしたねづっちが16日、TBS系「ビビット」で現在の年収を明かした。 ねづっちは2010年の大ブレーク時には「ととのいました」が新語・流行語大賞ベスト10にも選ばれるなど、一世を風靡(ふうび)した。 だがその後、コンビを組んでいたWコロン...
佐伯桃子アナ 第2子男児出産…妊娠中に橋本病発覚も乗り越え

佐伯桃子アナ 第2子男児出産…妊娠中に橋本病発覚も乗り越え

NHK「ゆうどきネットワーク」で2014年までレギュラーを務めていたフリーアナウンサー・佐伯桃子(40)が26日午前、予定より2週間早く、第2子となる男児を出産した。3500グラム。母子ともに健康。ブログで「38週ちようどにしては大きく100人平均だと上位10番以内の重さになるそう」(※...
新妻聖子が第1子となる男児出産「すでに親バカです」

新妻聖子が第1子となる男児出産「すでに親バカです」

女優の新妻聖子(37)が、第一子となる男児を今月上旬、都内の病院で出産していたことが20日、分かった。母子ともに健康。 新妻は所属事務所を通じてコメントを発表し、「無事に元気な男の子を出産しました!!」と報告。「十月十日、お腹の中に居たのはこの子だったのか…と不思議な感動に包まれながら、...
積極的にグラビア活動 永尾まりやはAKB48卒業生の隠れた「勝ち組」?

積極的にグラビア活動 永尾まりやはAKB48卒業生の隠れた「勝ち組」?

多くのファン、芸能記者の予想を裏切り(?)、今やAKB48の“勝ち組筆頭”に躍り出たのは川栄李奈(23)である。2018年のCM女王の座といった声も聞こえる彼女だが、その陰には他の“隠れた勝ち組”“隠れた負け組”がいるという。 *** まず“隠れた勝ち組”について明かすのは、さる芸能ライターである。 「一部で...
SUGIZOが岡山・真備町で「現場監督」に ボランティアへの呼びかけも

SUGIZOが岡山・真備町で「現場監督」に ボランティアへの呼びかけも

炎天下の中、なかなか進まない西日本豪雨の被災地の復興。多くのボランティアの方々が赴いて、災害支援にあたっているようですが、特に被害の酷かった岡山県真備町では、終わりの見えない作業が続いています。 そんな中、自らボランティア業務に従事しているのが、LUNASEAやXJAPANなどのギタリストとして活躍...
フジ・久慈暁子アナの「序列」下がる?ポスターの立ち位置に異変

フジ・久慈暁子アナの「序列」下がる?ポスターの立ち位置に異変

フジテレビのお家芸と言われる「夏イベント」。今年も「ようこそ!!ワンガン夏祭りTHEODAIBA2018」として開催されている。 毎年、有名芸能人を起用して開催されてきたが、今年はフジテレビの女性アナウンサー18名が結集した「お台場ワンガン娘’18」がイメージキャラクターを務めている。 この「ワンガン娘」だ...
自閉症を描く「グッド・ドクター」が好調 障害を持つ人々の見方は

自閉症を描く「グッド・ドクター」が好調 障害を持つ人々の見方は

山崎賢人が主演を務めるドラマ『グッド・ドクター』(毎週木曜後10:00/フジテレビ系)が、初回放送で平均視聴率11.5%、第2話でも2桁をキープするなど好調だ(ビデオリサーチ調べ)。同作は、山崎演じる自閉症スペクトラム障害を抱える小児外科の研修医が主人公。多くの視聴者から、「感動した」「泣けた」...
フジ海老原優香アナが深夜デート?相手はテレビマンの元カレか

フジ海老原優香アナが深夜デート?相手はテレビマンの元カレか

5月下旬の午後9時頃。東京・恵比寿の和食店に美男美女が入った。この女性は、フジテレビの海老原優香アナウンサー(24)。昨年、入社1年目ながら朝の情報番組『とくダネ!』のMCアシスタントに抜擢。“大型新人アナ”として期待された海老原だが、この3月末で番組を“スピード降板”していた。フジ局員が言う。 ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net