芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「お母さんが選んだことなら」勝間和代氏の同性愛に娘たちの反応

「お母さんが選んだことなら」勝間和代氏の同性愛に娘たちの反応

5月中旬のある夜、都内高級住宅地に建つマンションの玄関先。スポーティーな自転車を操って帰宅したのは経済評論家の勝間和代さん(49才)。早大大学院でMBAを取得し、世界一のコンサル会社マッキンゼー勤務など華々しいキャリアを誇る彼女は、大学生の時に出産した長女をはじめとする3人の娘の母親であり、2度の結婚・離婚も経験している。「カリスマワーキングマザー」として、時代をリードしてきた存在だ。

200平方メートルを超える広々とした自宅で、この春まで、勝間さんは三女(19才)と2人で暮らしていた。だがこの夜は、勝間さんの帰宅後に、もう1人の美女がこの家に帰ってきた。彼女の名前は増原裕子さん(40才)。彼女はレズビアンであることを公表し、2013年3月には元タカラジェンヌの東小雪さん(33才)と東京ディズニーシーで同性結婚式を挙げた。2015年に東京都渋谷区が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ証明書」の交付を始めた際、その第1号となった女性である。

勝間さんと増原さんの同棲を知った女性セブンは、ふたりに話を聞きたいと接触し、インタビューする機会を得た。取材当日の朝、勝間さんは自身のブログで「プライベートな報告」として増原さんとの同性愛を告白し、瞬く間にネット上で大きな反響を呼んだ。

取材会場は勝間さんが経営するキッチンスタジオ。記者の前に並んで座ったふたりの表情はどこか吹っ切れたような爽やかな笑顔だった。

◆勝間さんと増原さんの出会い

ふたりは慶應義塾女子高等学校の先輩、後輩にあたる。9つ年上の勝間さんは2015年末の同窓会で、高校時代の恩師から「後輩に渋谷区の同性パートナー第1号になった女性がいる」と聞いていた。その直後、友人がフェイスブックに増原さんの写真をアップしているのを見た。

「それまで渋谷区のパートナーシップ条例のことも、ディズニーで同性結婚式を挙げたことも知りませんでした。でも、ふと『この人と話がしてみたい』と思って友人に連絡したんです」(勝間さん)

ちょうどその頃、増原さんは毎日新聞のネット配信連載《勝間和代のクロストーク》でLGBTに関する発言を見つけた。タイトルは「LGBTに寛容な社会を」だった。経済評論家として知名度が高いのは知っていたが、「あれっ、勝間さんってこういう発信をする人なんだ」(増原さん)と好印象を受けたという。

LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字からできた用語で、性的少数者を指す。近年はLGBTの権利を求めたり、多様性を受け入れようとする動きが世界中で広がっている。

世界では英ミュージシャンのエルトン・ジョン(71才)が2014年に男性映画監督と結婚。米女優のジョディ・フォスター(55才)も2014年に女性写真家と入籍した。

国内でいえば、2015年11月に渋谷区と世田谷区で始まった前出の同性パートナーシップ制度は、三重県伊賀市や沖縄県那覇市、北海道札幌市などにも拡がり、現在では全国で130組を超えるカップルがパートナーとなっている。日本人におけるLGBTの割合は約8%、13人に1人だとされる。

何かに導かれるように人生が交錯したふたりは、共通の友人の紹介で2016年初旬、初めて顔を合わせた。その後、増原さんは勝間さんの自宅での食事会や、勝間さんが講師を務める「勝間塾」にも顔を出すようになった。

それまでLGBTについてあまり詳しくなかったという勝間さんは、増原さんに誘われていろいろなイベントに参加するように。なかでも大きな経験となったのは、2016年5月に行われた国内最大規模のLGBT関連イベント「東京レインボープライド」への参加だった。開放的で楽しそうに渋谷の街をパレードする参加者を見て、勝間さんは大きな感銘を受けたという。

「沿道でパレードを眺めていたら、衆議院議員の細野豪志さんに、“見てるだけじゃダメだ。一緒に歩こう”と声をかけていただいて。たまたま隣にいた世田谷区議の上川あやさんを見て、“キレイな女の人だな”と思っていたら、“もともとは男性だったんですよ”と言われてビックリしたり。パレードがLGBTの世界と接する大きなきっかけでした」

◆お母さんが選んだことならば

これまで知らなかった新しい世界を知るとともに、勝間さんの内面に変化が生じた。レズビアンであることを包み隠さず、生き生きと活動する増原さんに次第に心が惹かれていったのだ。

「私は一目ぼれするタイプではありません。だからすぐにではないですが、感情がしだいに熟成されていくように、増原さんに惹かれていきました」(勝間さん)

密かに恋心を募らせる勝間さんにとって大きな転機となったのは昨年12月。年の瀬に増原さんは東さんとのパートナーシップを解消し、「離婚」という道を選んだ。そして今年1月、勝間さんは増原さんに自分の気持ちを打ち明けた。増原さんがその気持ちを受け入れて、交際がスタートした。

「私は結婚していたので、それ以前に恋愛感情を持つことはありませんでした。でも、離婚してシングルになった時、身近に感じていた勝間さんのことを“好きになってもいいのかな”と思いました」(増原さん)

この3月、勝間さんの自宅に増原さんを招き入れる形で同棲をスタート。

「会いたいと思っても、外では会いにくい。だったら一緒に住みましょうとなった」(勝間さん)

勝間さんは慶應義塾大学在学時に21才で長女を出産し、その後、25才で次女、30才で三女を産んだ。勝間さんは「母の恋」を真っ先に娘たちに知らせた。

「三女は一緒に住んでいるので話さないと物理的にも一緒に住めません。ほかの娘たちもしょっちゅう家に来るので、伝えないという選択肢はなかった。娘たちには『増原さんは大事な人だから』と伝えました。すると『お母さんが選んだことならば』と自然に受け入れてくれた」(勝間さん)

勝間さんは家族に受け入れられたが、LGBTにとってそれは簡単なことではない。博報堂DYグループの「LGBT総合研究所」の調査(2017年2月)によると、仕事や生活に支障がなければLGBTをカミングアウトしたいという意向を持つ人は41.5%いるのに対し、家族に打ち明けられた人は約10%しかいない。友人にカミングアウトできた割合(13%)より少ないことを考えると、「家族の理解」はハードルが高いのだという。

※女性セブン2018年6月14日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

川島なお美写真集 裁判官だった父の退官を待って出版された

川島なお美写真集 裁判官だった父の退官を待って出版された

1991年に発売された樋口可南子の写真集『waterfruit』は“ヘアヌード写真集”のさきがけとなり、宮沢りえの『SantaFe』がそのブームを決定づけた。ヘアヌード写真集の登場からから30年、これまで多くの女優たちがさまざまなヘアヌード写真集を発表し、世間を驚かせてきた。そんな問題作を、時代とともに振り返る...
川島なお美さんのヌード写真集が電子版に 写真集史に金字塔打ちたてる

川島なお美さんのヌード写真集が電子版に 写真集史に金字塔打ちたてる

【モデルプレス=2020/06/30】2015年9月に亡くなった川島なお美さんが1993年に発売した写真集『WOMAN』が、電子版写真集として30日にリリースされることが決定した。 【写真】川島なお美さん、生前の日記を初公開本音・闘病生活の全貌が明らかに 同書は、1993年に発売され世間に衝撃を与えたヌード写真集。...
勝間和代さんインタビュー:“汚部屋“が一転、一番快適な場所に! 人生を変えた「断捨離」

勝間和代さんインタビュー:“汚部屋“が一転、一番快適な場所に! 人生を変えた「断捨離」

(全4枚) 経済評論家として、働く女性の代表的存在としても大活躍中の勝間和代さん。多忙を極める裏で、かつてはモノがあふれ収拾のつかない状態だった「汚部屋」を、「家が一番快適」というまでに蘇らせ、その体験をまとめた『2週間で人生を取り戻す!勝間式汚部屋脱出プログラム』(文春文庫)を2016年発行。...
勝間和代さん、パートナーの増原裕子さんと関係解消を報告「好きな人が他にできたと…涙が出てきて止まりません」

勝間和代さん、パートナーの増原裕子さんと関係解消を報告「好きな人が他にできたと…涙が出てきて止まりません」

経済評論家の勝間和代さん(50)が11日、自身のブログを更新し、パートナーの増原裕子さんとの関係を解消したことを報告した。 勝間さんは「増原裕子さんとのパートナーシップを解消しました。本当に悲しいです。」とのタイトルで記事をアップし、「悲しいお知らせです。11月6日の夜、ひろこさんから...
勝間和代氏がLGBT告白後の反響を明かす「意外と何もなかった」

勝間和代氏がLGBT告白後の反響を明かす「意外と何もなかった」

女性としてフェンシング日本代表になった過去をもち、今年15万人を動員した日本最大のLGBTプライドパレードを運営するNPO法人東京レインボープライドの共同代表理事を務める杉山文野。 自身もトランスジェンダーである杉山が「いま、なぜダイバーシティが必要なのか?」をテーマに、第一線で活躍する人々と実...
勝間和代氏 涙で同性愛を生告白「好きな人がたまたま女性だったと」

勝間和代氏 涙で同性愛を生告白「好きな人がたまたま女性だったと」

経済評論家の勝間和代さん(49)が、28日放送のTOKYOMX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9・0)に生出演。同日のブログで女性のパートナーと交際していると公表したことに言及した。 「高校、大学、社会人と定期的に女性を好きになったけど、女性を好きになってはいけないとずっと思っていた。ふ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net