芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「笑点」の政権批判ネタが炎上 立川志らく「度量が狭すぎる」

「笑点」の政権批判ネタが炎上 立川志らく「度量が狭すぎる」

落語家の立川志らく(54)が、日本テレビ系「笑点」で出演メンバーたちが安倍晋三首相や政権に対する風刺や批判ネタを連発して賛否を呼んでいることを受け、「笑点で政権批判が出たからと言って怒るなんて度量が狭すぎる」と私見を述べた。

話題になっているのは「笑点」の5月27日放送。周囲の騒音や苦情に耳をふさぐシチュエーションというお題で、三遊亭円楽は「安倍晋三です。トランプ氏から国民の声は聞かなくていいと言われました」と回答。その後も林家たい平と林家木久扇が、麻生太郎氏や沖縄米軍基地をネタにして笑いを誘った。

放送後、ネット上で賛否を呼び、炎上騒ぎとなった。この騒動に志らくは1日、ツイッターで言及。「落語家ってものは江戸の昔から権力を茶化してきた。権力を前にしたらヨイショする。そういうものだ。笑点で政権批判が出たからと言って怒るなんて度量が狭すぎる」と持論を展開し、「私は右翼の親分が客席にいた時、右翼を笑いにした。親分は楽屋に来て、面白かったと笑っていた。与党、野党の議員にもやったよ」と自身の経験をつづった。

その一方で「勿論、笑点で飛び出た政権批判のギャグが面白いかどうかは別。総理支持者がひっくり返って笑うほどのものだったら問題にはならなかった。ただの悪口だったり感想だったから問題になったというのならそれはそれでわかる」と、批判意見についても一定の理解を示した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

視聴者を騙した"イッテQ"は続けるべきか

視聴者を騙した"イッテQ"は続けるべきか

テレビ番組『世界の果てまでイッテQ!』の「祭り企画」にヤラセ疑惑があると週刊文春が報じた。日本テレビは11月18日の放送で「開催実績や開催経緯などの説明に誤りがあった」などと謝罪したが、番組は続けるという。ジャーナリストの元木昌彦氏は「ないものをデッチ上げるのは誤りではなく捏造だ。視聴者を騙...
「クレラップ〜」の子役・工藤あかり、勉強しまくって慶應に

「クレラップ〜」の子役・工藤あかり、勉強しまくって慶應に

「オーディションに合格したら即、紙袋いっぱいのクレラップを渡されて。ひたすらラップを切ってお皿にかける練習をしました。肘を固定して、手首のスナップを利かせるときれいに切れるんです(笑)」 「クルッ、クルッ、クレラップ〜」でいまも続く人気CM。初代妹役、2代目姉役で約5年間出演。歴代出演最長記...
「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」に関するやらせ疑惑が、波紋を広げている。 番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」は、世界各国で開催されるお祭りに、お笑い芸人の宮川大輔を中心に番組出演者が参加。競技コンテスト...
元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

NHK新人落語大賞が22日、都内で行われ、世界のナベアツとして人気を博し、落語家に転身した桂三度が大賞に輝いた。 三度は90年代に山下しげのりとのコンビ・ジャリズムとして人気を得たが、解散(後に再結成したが三度の落語家転身にともない再び解散)。渡辺あつむとして個人で放送作家やタレントとし...
春香クリスティーンが結婚か お相手は大手報道機関の男性記者?

春香クリスティーンが結婚か お相手は大手報道機関の男性記者?

芸能活動無期限休止中のタレント春香クリスティーン(26)が結婚することが7日、分かった。関係者によると、お相手は交際中だった大手報道機関の30代男性記者で、近日中にも婚姻届を提出する。 男性は元政治担当記者で、現在は地方支局に勤務。「取材はとても丁寧で手堅い」「義理堅く、常にまわりに気を配っ...
北川景子と高畑淳子が親類関係など 芸能人の意外な血脈

北川景子と高畑淳子が親類関係など 芸能人の意外な血脈

(全7枚) 知っていそうで知らないテレビで活躍する有名人たちの関係 キムタクの主演ドラマ『華麗なる一族』が放映されたのは’07年のこと。山崎豊子がこの作品で描いたのは、血に血をつないで勢力を拡大していく銀行家・万俵の姿だった。この原作は、いま読んでも決して色褪せていない。岸信介の孫にあたる安倍...
剛力彩芽の熱愛にオスカー悲鳴「シングルマザーになってしまう」

剛力彩芽の熱愛にオスカー悲鳴「シングルマザーになってしまう」

女房と畳は新しいほうがいい。今どきこんなセリフを口にしたら、「(セクハラが)嫌なら男の記者に替えればいい」と吐き捨てた麻生太郎財務相のように袋叩きになること請け合いだ――。「スキャンダル処女」の剛力彩芽(25)に恋愛話が持ち上がった。お相手は事実婚を繰り返し、次々と新しい伴侶を求めてきたプ...
浜崎あゆみ、布袋寅泰、GACKTが“被害者仲間” 金銭トラブルに巻き込まれ

浜崎あゆみ、布袋寅泰、GACKTが“被害者仲間” 金銭トラブルに巻き込まれ

(全2枚) トランプ大統領と金正恩委員長、大富豪カルロス・ゴーン氏と「ちょろまかし」。決して交わることがないと思われていたものが、電撃的に結びついた2018年。そして新年、今度は芸能界に意外な「点と線」が浮上した。GACKT(45)、浜崎あゆみ(40)、布袋寅泰(ともやす)(56)。ミュージシャンであるこ...
「日本は無礼な要求」発言に羽鳥慎一も不快感「歩み寄らないですね」

「日本は無礼な要求」発言に羽鳥慎一も不快感「歩み寄らないですね」

16日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、自衛隊哨戒機へのレーダー照射を巡り、韓国が「無礼な要求」と日本を批判した問題を取り上げた。 この発言は15日に行われた日韓実務者協議で韓国国防省の崔賢洙報道官の口から飛び出した。 問題解決の糸口を探るどころか後退しかねない状況となり...
ローラ「政治的発言」でCM降板は 「世間の動向を見て社内で協議」

ローラ「政治的発言」でCM降板は 「世間の動向を見て社内で協議」

タレントのローラ(28)が18日、自身のインスタグラムで「米軍基地の辺野古移設反対」の署名を呼び掛けた「政治的発言」が波紋を呼んでいる。最近はCM以外ではあまり見かけないローラだが、ネット上では「CMが打ち切りになるかも」と不安の声が上がっている。 520万人に投稿喚起ローラがあけた“政治発...
ジャスティン・ビーバーが米人気モデルと結婚「うちの妻はすごい」

ジャスティン・ビーバーが米人気モデルと結婚「うちの妻はすごい」

【ロサンゼルス共同】カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーさん(24)が19日までに米人気モデル、ヘイリー・ボールドウィンさん(21)と結婚した。ビーバーさんが「インスタグラム」で「うちの妻はすごい」と書き込み、初めて確認した。 ビーバーさんが今年夏にカリブ海のバハマでプロポーズしたと報じ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net