芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

藤原紀香が激ヤセ?梨園での孤立が原因か

藤原紀香が激ヤセ?梨園での孤立が原因か 歌舞伎俳優の片岡愛之助の妻で女優の藤原紀香が、すっかり梨園で孤立し激やせしてしまったことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

愛之助は4月末から1か月にわたり、都内で上演された舞台「酒と涙とジキルとハイド」に出演。

紀香は愛之助専用の受付に着物姿でひとりたたずんでいたというが、びっくりするほど痩せてしまっていたという。

紀香はほかの梨園の妻たちとの関係を、「もう少し仲良くしていただける方ができるかと思っていたけど、やっぱり難しかった。冷たいー」と周囲にこぼし、「結局、味方は彼(愛之助)しかいない」と話しているのだとか。

タレントとしても先輩である中村芝翫の妻・三田寛子にもかわいがってもらいたいと思っていたようだが、それもかなわなかったそうで、紀香の苦悩は深いようだ。

「結婚当初は愛之助を引き立てようと、自身が前面に出てがんばっていましたが、それがほかの梨園の妻たちからしたら、『出しゃばっている』としか思えなかったようです。結婚後、芸能活動を続けていたことにも風当たりが強く、このところすっかり仕事をセーブしている」(芸能記者)

愛之助といえば、先ごろ、松嶋屋一門から“破門”の動きがあると報じられたが、叔父にあたる片岡仁左衛門が取材会で否定。

愛之助本人も先日行われた「松竹大歌舞伎西コース」の製作発表会見で否定していた。

同巡業公演には紀香も同行予定だそうで、各スポーツ紙によると主催者は「(紀香は)国民的アイドル。地方の方々は楽しみ」と説明していたというのだが…。

「紀香を持ち上げるような発言は、ほかの梨園の妻を刺激するだけ。名前が知れている紀香にとって、梨園になじむのは“ハードル”が高すぎたようだ」(同)
このままだと、紀香にとって苦悩の日々が続きそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

藤原紀香が「激ヤセ」報道を一蹴 「内容を聞けば...うぬぬ?」

藤原紀香が「激ヤセ」報道を一蹴 「内容を聞けば...うぬぬ?」

歌舞伎俳優の片岡愛之助さんの妻で女優の藤原紀香さん(46)が2018年6月1日にブログを更新し、「激ヤセ」報道を否定した。 藤原さんの「激ヤセ」説は、2018年5月31日発売の「週刊文春」6月7日号が報じた。ブログによると、藤原さんは仲間や知人に、「激やせとかして大変なん?なんかそんな記事が出てたよ、大...
藤原紀香が週刊誌の激やせ報道を否定「どこからそんな話が…」

藤原紀香が週刊誌の激やせ報道を否定「どこからそんな話が…」

タレントの藤原紀香(46)が1日、自身のブログを更新し、一部週刊誌などの激やせ報道を否定した。 紀香は「激やせ?!」のタイトルで記事をアップ。発売中のファッション誌「NumeroTOKYO」に夫で歌舞伎俳優の片岡愛之助(46)と登場している紀香は「皆さんに読んでいただいてるようで、嬉し...
「悪いことをした」明石家さんまが熱愛発覚の剛力彩芽に「お詫び」

「悪いことをした」明石家さんまが熱愛発覚の剛力彩芽に「お詫び」

明石家さんまが5日、MBSラジオ「ヤングタウン」に出演し、大手通販サイトZOZOTOWNを運営する前澤友作氏との熱愛が明らかになったタレントの剛力彩芽に「ものすごく悪いことをした」と述べた。 番組では剛力の熱愛に話題が及び、さんまは「あの剛力が一目ぼれ?」と声を張り上げて驚いた。剛力と...
夫・山本耕史とともに布袋寅泰夫婦と焼肉 堀北真希さんの近影

夫・山本耕史とともに布袋寅泰夫婦と焼肉 堀北真希さんの近影

(全3枚) 布袋寅泰(56才)と今井美樹(55才)、そして山本耕史(41才)と堀北真希(29才)という2組の大物夫妻が焼肉店で会食する模様をキャッチした。 藤原紀香(46才)や石田純一(64才)、スポーツ選手などが通う有名人御用達で知られる東京・恵比寿の焼肉店だが、この日の顔ぶれには、常連客も驚いた表情...
市川海老蔵が自宅の売却を拒否 小林麻央さんへの思いが理由か

市川海老蔵が自宅の売却を拒否 小林麻央さんへの思いが理由か

  「麻央さんの命日である6月22日、海老蔵さんはご家族だけでお墓参りに行くつもりだそうです。さらに、仏教の一周忌にあたる一年祭も27日以降に予定しています。梨園のそうそうたる方々が出席するでしょう」(歌舞伎関係者)   小林麻央さん(享年34)が亡くなってまもなく1年がたつ。夫の市川海老...
母・陽子さんの通夜で「不思議な現象」を体験 中村獅童が告白

母・陽子さんの通夜で「不思議な現象」を体験 中村獅童が告白

歌舞伎俳優の中村獅童(45)が23日、都内で行われた「母の日参りパートナーシップ2018年度共同プレス発表会」に出席し、自らの“スピリチュアル体験”を明かした。 大型連休に帰省し、墓に参って先祖の供養をしようと呼びかけるキャンペーン。獅童は梨園の荒波を二人三脚で歩んできた最愛の母・小川陽子...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net