芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「とくダネ!」が米倉久邦氏に電話取材 出演者の爆笑に批判殺到

「とくダネ!」が米倉久邦氏に電話取材 出演者の爆笑に批判殺到 5月31日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)が、日本大学アメリカンフットボール部内田正人前監督と井上奨前コーチの記者会見で司会を務めた米倉久邦氏に電話取材を断行。その回答を受けた出演者の対応に批判が集まっている。

番組では道を歩く米倉氏に対して、ディレクターが取材を敢行。「お断りします」と拒否する同氏に対し、「フジテレビの『とくダネ!』ですけども、内田コーチのですね、あ、ごめんなさい内田コーチのですね、監督のことについて何かありませんか(発言のまま)」と声を掛ける様子が放送される。

そして中盤、伊藤利尋アナウンサーが日本大学広報に対し、内田前監督の進退などについて電話取材した結果をフリップで説明。そのなかでディレクターが「ちなみに、監督コーチの記者会見で司会を務められた米倉久邦氏は出社しているのか」と質問したことを明かす。

続けて、伊藤アナが取材対応者から「今応対しています私が一応本人です」と告げられたことを口にすると、なぜか小倉智昭と宋美玄を筆頭に、出演者は大爆笑。米倉氏が、

「あまり目立たないように静かに出社しております。何か入院したっていう情報が流れてたみたいですけれど、そういう事実はございません。仕事は殺到していますので、お手伝いするというぐらいですかね」

と発言したと説明する。

さらに、フリップで一連の取材対応が全て米倉氏によるものだったと明かすと、またも笑い声が。その後、記者会見でまずい対応をした米倉氏に対して、ジャーナリストが「1時間前にプレスに告知するのはありえない」「ものすごく丁寧な対応が求められるのですけど、今回はあまりにもお粗末な、大学広報史上に残る悪い見本として今後残っていくと思われます」とコメントした。

この様子が放送されると、視聴者から「何を笑っているのか」「今回は真摯に対応しているではないか」「取材に応じてもらった人間の対応ではない」「番組の対応もお粗末」と失笑を浴びせた『とくダネ!』出演者に批判の声が殺到することになった。

司会者としての対応はまずかったと言わざるを得ない米倉氏だが、今回はフジテレビの取材に対し真摯に対応しており、「笑われる」要素はなかったはず。会見の対応が悪かったとしても、今回の取材とは別の話で、米倉氏の名前が出ただけであざ笑うような放送は、不適切といわれても致し方ないだろう。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ビートたけし 西城秀樹さんの葬儀配布品転売に苦言

ビートたけし 西城秀樹さんの葬儀配布品転売に苦言

29日に神奈川県内で行われた、「叙々苑カップ第19回芸能人ゴルフチャンピオン決定戦」に参加したビートたけし(71)は、急性心不全のため16日に亡くなった西城秀樹さん(享年63)の葬儀・告別式で、一般参列者に配布されたポストカードなどが大手ネットオークションサイトに複数出品されていること...
日大の司会者は「共同通信の元記者」 玉川徹氏「何かの意図を感じる」

日大の司会者は「共同通信の元記者」 玉川徹氏「何かの意図を感じる」

24日放送のテレビ朝日系の朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)で日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチが23日、都内で約2時間の緊急会見を開いたことを報じた。 番組では会見を打ち切ろうとした会見の司会者と...
「小賢しいことを言って…」デヴィ夫人が古市憲寿氏に改めて怒り爆発

「小賢しいことを言って…」デヴィ夫人が古市憲寿氏に改めて怒り爆発

22日放送のフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)に、タレントのデヴィ夫人(78)がVTR出演。“バトル”となっている社会学者の古市憲寿氏(33)への怒りを改めて爆発させた。 発端は15日放送の同局系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)での古市氏の発言。離婚訴訟を起こされた...
山崎夕貴アナが古市憲寿氏からの批判に呆然「待ってくださいよ」

山崎夕貴アナが古市憲寿氏からの批判に呆然「待ってくださいよ」

山崎夕貴アナが、21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿からの攻撃にあ然とする一幕があった。 番組冒頭、古市がデヴィ夫人の逆鱗に触れているニュースが紹介された。 コトの発端は15日の『とくダネ!』(同系)で、夫人主催のパーティーの出席者が、松居一代やカイヤ、元衆...
古市憲寿氏、激怒中のデヴィ夫人と近日共演 松本人志に相談も困惑

古市憲寿氏、激怒中のデヴィ夫人と近日共演 松本人志に相談も困惑

社会学者の古市憲寿氏が、21日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜前10:00)に出演。自身のTV番組の発言で、デヴィ夫人からブログで激怒されている古市氏は、出演者の松本人志とヒロミに対応策を相談した。 【ランキング表】くせ者コメンテーターをさばく猛獣使い?“朝の顔”ランキングTOP10 古...
沢田研二「空席でドタキャン」騒動 思い出されるジョイマン

沢田研二「空席でドタキャン」騒動 思い出されるジョイマン

(全2枚) 客席に黒い幕 9千人の動員を見込んだ会場に7千人しか観客が入らないと聞いた。それを隠すために座席に黒いシートを張っていた。これじゃやってられないよ――ジュリーこと沢田研二の「さいたまスーパーアリーナ」公演ドタキャンの理由は、簡単に言えばこういうことになる。 当然、この説明に対しては批...
川崎麻世が20年前から漏らしていた本音 日米の考え方の違いが根っこに

川崎麻世が20年前から漏らしていた本音 日米の考え方の違いが根っこに

コラム【芸能界仕事術】 川粼麻世(55)とカイヤ(56)の離婚裁判がワイドショーでさんざん取り上げられている。 14年を越える別居生活も普通ではないが、時折仕事でふたり揃って登場してきて、別居や相方の“浮気疑惑”をネタに、まるで夫婦漫才のようなやりとりをするのも普通ではなかった。僕は...
「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

「水ダウ」が追求する「悪意」ある笑い ツッコミ前提のボケの一種

お笑い芸人などが「説」をプレゼンし、番組がその主張を検証するテレビ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が好調だ。なにがウケているのか。お笑い評論家のラリー遠田氏は「バラエティ番組ではあらかじめ企画の着地点が決まっていることが多い。だが『水曜日のダウンタウン』はそれを避け、検証を厳密に行...
明石家さんまが明かした「ひょうきん族」終了の真相「情熱薄れた」

明石家さんまが明かした「ひょうきん族」終了の真相「情熱薄れた」

明石家さんまが、15日放送の『1番だけが知っている』(TBS系)に出演。伝説の人気番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)終了の真相を明かした。 土曜夜8時の王者として君臨していた大人気番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)を打ち切りに追い込んだことで知られる『ひょうきん族』。ビートたけし、明...
みやぞんはデビュー後に福祉職員も…ブレイク前に苦労の連続

みやぞんはデビュー後に福祉職員も…ブレイク前に苦労の連続

8日、『有吉ゼミ坂上不動産今夜東MAX決断SP』(日本テレビ系)にお笑いコンビ、ANZEN漫才・みやぞんが出演。共演者である賀来賢人が女優の榮倉奈々と結婚していたと知らず、今さらのように「おめでとうございます!」と発言するなど相変わらずの天然っぷりでお茶の間をにぎわせている。今年8月には『24時間テレ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net