芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ドラマ版「男はつらいよ」で死亡した寅さん 監督が明かした仰天理由

ドラマ版「男はつらいよ」で死亡した寅さん 監督が明かした仰天理由 映画「男はつらいよ」シリーズで知られる日本映画の巨匠・山田洋次監督(86)が2日放送のTBS系「サワコの朝」に出演し、テレビドラマ版の「男はつらいよ」最終回で故渥美清さんふんする寅さんを殺した仰天理由を打ち明けた。

テレビドラマ版はフジテレビで2クール放送されたが、最終回で寅さんは奄美大島を訪れ、ハブにかまれて死んでしまう。

山田監督はその理由を「だんだんどんどん視聴率が上がってきましてね。殺さないともう1クールやってほしいって(テレビ局が)言うんで。1クール13回でおしまいと思ったら、もう1回(1クール)作ってくれってんで、26回。また成績が良くなったんでね、どうももう1回やってくれって言われそうになっちゃったんで、いや殺しますと言ってね」と明かした。

衝撃の最終回は「すごく評判が悪くて。観客(視聴者)がものすごい、非難殺到して」「出演者がみんな反対するんですよ。長山藍子さんがさくらでしたけどね、泣きながらね、『どうしてそんなことするんですか、私そんな芝居したくない』って泣いてるんです」と非難ごうごう。

山田監督は「そんなふうに寅さんを愛してくれたんだなあと。作り手である僕は、勝手に殺したりしちゃいけないんだ。もっと見る側の気持ちになって作らなくちゃいけないんじゃないか」と反省。映画での復活につながったという。 ドラマ版「男はつらいよ」で死亡した寅さん 監督が明かした仰天理由 外部サイト フジの元アイドル女子アナあり得ない誤読!「訃報」をこともあろうに… 小倉智昭、バッサリ「フジテレビってところは数字のためなら何でも…」 「山田洋次」をもっと詳しく

「バカにしてました」山田洋次監督がホームドラマに抱いていた思い ビートたけし山田洋次監督が描く東京の下町像に指摘「嘘をついて作った」 映画監督の大林宣彦監督や山田洋次監督ら「共謀罪」に批判声明

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ただ今ブレーク中の「出川哲朗」 ドラマ制作者から早くも“期待と不安”の声

ただ今ブレーク中の「出川哲朗」 ドラマ制作者から早くも“期待と不安”の声

現在も「出世ピラミッド」を順調に上昇中 出川哲朗(54)が絶好調だ――最近の活躍を、こう書いてしまいたくなるのだが、それは正確な表現ではないらしい。もっと凄いことが起きているというのだ。 *** 例えば、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)は7月14日、明石家さんま(63)を34...
「好きとか嫌いではない」木村拓哉の母が工藤静香との関係を語る

「好きとか嫌いではない」木村拓哉の母が工藤静香との関係を語る

「週刊新潮」(3月1日号)が報じた「『キムタク』ママと『菅田将暉』ママの対談ショーに『安倍昭恵』が乱入」の記事は、乱入したアッキーに紙幅を奪われた。そこであらためて、対談ショーの全文公開といきたかったのだが、そこには怪しげな物販コーナーが。 *** さて!いいかね、お客さん。角は一流デパー...
ビートたけし 山田洋次監督が描く東京の下町像に指摘「嘘をついて作った」

ビートたけし 山田洋次監督が描く東京の下町像に指摘「嘘をついて作った」

10日放送の「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)で、ビートたけしが、映画監督・山田洋次氏が描いた東京の下町像を「嘘」だと指摘した。 番組では「知られざるニッポンの秘境暮らし」と題して、「銀座で家賃5万5千円の物件」や世界遺産の合掌造りに暮らす一家などを取り上げていた。その後のエン...
『笑う招き猫』監督が語る 清水富美加の魅力「本当に惜しい」

『笑う招き猫』監督が語る 清水富美加の魅力「本当に惜しい」

清水富美加&元SKE48の松井玲奈が、結成5年目の売れない女漫才師に挑んだ映画『笑う招き猫』。軽快な漫才を披露するシーンや、感情をむき出して激しくぶつかり合うシーンなど、かなりの演技力が必要とされるキャラクターだが、メガホンをとった飯塚健監督は「二人とも反射神経が良く、松井さんは根性があり、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net