芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

おっさんずラブの最終回がTwitterのトレンドで世界一 映画期待も

おっさんずラブの最終回がTwitterのトレンドで世界一 映画期待も

三角関係に陥った男3人を軸にした純愛を描き、大きな話題を呼んだテレビ朝日系連ドラ「おっさんずラブ」(土曜午後11時15分)最終第7話「HAPPYHAPPYWEDDING!?」(6月2日放送)が2日夜、同局で放送された。田中圭(33)演じる天空不動産・東京第二営業所の春田創一が、吉田鋼太郎(59)演じる部長の黒澤武蔵とは結婚せず、林遣都(27)演じる後輩の牧凌太に「俺と結婚して下さ〜い!!」と告げ、純愛を貫いたラストにインターネット上で話題が沸騰。ツイッターのトレンドで全世界で1位となった。

「おっさんずラブ」は、同性の上司と後輩からストレートに好意をぶつけられた春田が、恋愛とは何か、結婚とは何なのかを悩む姿と、3人の純愛の行方が話題を呼び、深夜ドラマながら4月期ドラマ最大の注目作となった。注目の第7話では、春田が自宅でルームシェアしていた牧から別れを切り出され、家を出て行かれた1年後、黒澤に自堕落な生活の面倒を見てもらううちに同居。その中、「俺と結婚して下さい…お願いします」とプロポーズされ、「は、はい…俺で良ければ」と指輪を受け取ってしまい、抱き締められて結婚を受諾してしまう。一方、牧は春田への思いはあったが、同性との恋愛に対する家族や世間の目を考え、春田に迷惑をかけたくなくて自ら身を引いていた。

春田は、黒澤との2人だけの結婚式で誓いのキスを求められた際、牧の顔や牧との思い出が頭をよぎり、キスできなくなる。その中、黒澤から「神様の前で、ウソはつけないね。本気じゃないキスをされても、俺はうれしくない…いいんだ。分かった。行きなさい。牧は今日から休暇を取って、しばらく旅に出るそうだ。夕方の便だ。間に合う。披露宴はとっくにキャンセルした。何年、お前の上司をやっているんだ、春田。春田ぁ…行けぇ!!」と牧との愛を貫くよう命じられた。春田は「部長…俺、俺、ごめんなさい、ごめんなさい…はいっ!!」と言い、号泣しながら牧を追う。

そして牧を見つけ、「俺といたら、春田さんは幸せになれませんよ」という声を制し「だからさぁ…お前は、いつも勝手に決めるなよ。俺は絶対、お前と一緒にいたい。だから…俺と結婚して下さ〜い!!」とプロポーズ。「ただいま」(牧)、「お帰り」(春田)と互いに言い合い、涙ながらに抱き締め合った。

そして、春田が中国・上海のプロジェクトに向かう準備をするうちに荷造りでケンカし、つかみ合い、互いに上になって羽交い締めにし、ディープキスする2人と、新たな恋愛の道に進んだ登場人物たちを描き、ドラマは全7話を終えた。

ツイッター上では「今季、断トツの面白さ」、「春牧(春田と牧)が結ばれて良かった」、「本当に優しいドラマ。こんなに優しい世の中になって欲しい」、「感動の涙が止まらない」など絶賛の声が相次いだ。LGBTやパワハラ、セクハラなど、現代の日本において議論されているテーマが幾つもちりばめられた作品ながら、貴島彩理プロデューサー(28)がこだわった「好きな気持ちに真っすぐな結果、こうなった王道恋愛ドラマ」、「バカみたいに真っすぐ生きるキャラクターが幸せになり応援される世の中であって欲しい」という真っすぐでピュアな純愛ドラマが、視聴者の心を打ったようだ。

春田と牧が、男同士で真正面から愛し合う姿を描いたラストを、高く評価する声もあった。また「タニタ食堂」などで知られるタニタの公式アカウントも「最終回最後は凄い良い終わり方でしたね。何というか、『人間を好きになるとはどういうことか』という事を考えさせてくれました。素直でいる事って大事。」(コメントは原文のまま)とツイートした。

「春田と牧の、愛の先が気になる」、「他のキャラクターの恋愛の行方も見たい」、「続編が出来る」、「春田が向かった上海編が見たい」など続編を希望する声や、映画化を望む声は、ますます高まっている。

5月29日に都内のテレビ朝日で行われた定例会見で、角南源五社長は「人をピュアに好きになるところが新鮮で好評をいただいているのだと思う」と評価した。一方、亀山慶二専務は「視聴率は録画視聴を含めた総合視聴率でも8%に達していないが、SNS上では非常に活発なやりとりが行われている」と評価しつつも、映画化については「ありがたいことだがその予定はない」とした。ファンの声は、テレビ朝日に届くのか…今後の動きから、目が離せない。【村上幸将】

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

おっさんずラブ映画化 田中圭ノリノリ「もう一度あのキャストで」

おっさんずラブ映画化 田中圭ノリノリ「もう一度あのキャストで」

俳優・田中圭(34)が主演し、人気を集めたテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の続編が映画化されることが6日、分かった。「劇場版おっさんずラブ(仮)」として来夏に公開される。田中演じる独身ダメ男・春田創一を巡る吉田鋼太郎(59)演じる理想の上司・黒澤武蔵、林遣都(28)演じるイケメンで...
田中圭&山田孝之、同居してた過去 「WATER BOYS」の撮影期間

田中圭&山田孝之、同居してた過去 「WATER BOYS」の撮影期間

(全3枚) 結婚したいのに全くモテない春田(田中圭)は、ピュアな乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤(吉田鋼太郎・59才)と、同居中の“イケメンでドSな後輩”牧(林遣都・27才)から告白され、“未曽有のモテ期”を迎えていた。異性愛者の春田にとっては思いがけない事態だったが、やがて春田は気づく。牧は家事...
田中圭のブレイク後押しした『おっさんずラブ』 放送後も衰えぬ人気の理由は“優しい世界”にあり

田中圭のブレイク後押しした『おっさんずラブ』 放送後も衰えぬ人気の理由は“優しい世界”にあり

放送終了から約2カ月。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)人気が依然止まらない。8月7日発売の公式ブックは初版10万部でスタート突破。Blu-ray&DVDも予約開始と同時にテレ朝ショップのサーバーをダウンさせるなど、驚異的な反響を記録している。今回は“終わらない『おっさんずラブ』ブーム”を軸に、この...
「おっさんずラブロス民」続出 見逃し配信でテレビ朝日新記録も

「おっさんずラブロス民」続出 見逃し配信でテレビ朝日新記録も

主人公・春田創一(田中圭)とおっさん乙女部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSイケメン後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係を軸に“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”として展開した『おっさんずラブ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30〜)。回を重ねるごとに話題が話題を呼び、大旋風を巻き起こし、6月2日に最終...
TOKIO城島茂は25歳年下の恋人と継続中 変装せず堂々と歩く

TOKIO城島茂は25歳年下の恋人と継続中 変装せず堂々と歩く

TOKIOのリーダー・城島茂(48才)と25才年下恋人との最新ツーショットをキャッチした──。 《はしごのパフォーマンスで、病院をはしごすることになるとは…》。12月5日、こんな“おやじギャグ”コメントを発表した城島茂を心配する声があがっている。その前日の4日午後5時頃、城島は日本テレビの元日特番『ウルト...
小池徹平の“怪演”が話題に 「笑顔の裏の闇」を巧みに表現

小池徹平の“怪演”が話題に 「笑顔の裏の闇」を巧みに表現

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)での小池徹平(32)の“怪演”が話題だ。『大恋愛』は11月16日放送の第6話から、第2章に入った。ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田恵梨香)と、小説家の間宮真司(ムロツヨシ)の10年にわたる純愛物語を描く。2章は尚と真司の新婚生活から始ま...
「伝説のユニットが帰ってきた」ノースリーブスが10周年記念ライブ

「伝説のユニットが帰ってきた」ノースリーブスが10周年記念ライブ

小嶋陽菜(30)、高橋みなみ(27)、峯岸みなみ(26)の3人組グループ「ノースリーブス」が26日、東京・六本木の「EXTHEATERROPPONGI」で10周年記念ライブ「丸ごとno3b!」を行った。 08年にAKB48発の派生グループ第1号としてデビュー。13年1月以降CDのリリー...
「僕の初恋をキミに捧ぐ」野村周平&桜井日奈子で実写ドラマ化

「僕の初恋をキミに捧ぐ」野村周平&桜井日奈子で実写ドラマ化

タイムリミットまで、命がけで恋をした。小さな頃から心臓病で入院する逞(たくま)と、その主治医の娘・繭(まゆ)。幼い頃、逞は繭に「大人になったら僕のお嫁さんになって下さい」とプロポーズ。「20歳になったら絶対よ!」そう応えた繭との未来を信じて疑わなかった。自分が【20歳まで生きられない】と知...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net