芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

サザンオールスターズのブレイクを支える マネージャーの現在

サザンオールスターズのブレイクを支える マネージャーの現在

音楽業界に身を投じ、役員まで上り詰めた男は、一転してタクシードライバーとなった。数々の一流アーティストを育てながら、なぜ彼は走る接客業へ転身を遂げたのか。そのすべてを本誌に語った。

最初はナベプロに入社

福山雅治、星野源、そしてサザンオールスターズ――。大物アーティストを多数抱える芸能プロダクション「アミューズ」の創業期を支え、専務取締役まで上り詰めたのが、池田潤氏(68歳)だ。

池田氏は現在、都内のタクシー会社「代々木自動車」で運転手として働くかたわら、同社の労働組合の副委員長を務めている。

芸能事務所の役員から、厳しい労働環境におかれがちなタクシー会社の労組へと大きく立場を変えた池田氏だが、このような異色の経歴を歩むきっかけはなんだったのか。池田氏はこう語る。

「私は大阪府立豊中高校から関西学院大学へ進み、1974年に卒業し、渡辺プロダクションへ入社しました。

入社当時の渡辺プロは、大御所のハナ肇とクレイジー・キャッツや上り調子のザ・ドリフターズなどが看板で、ひとたびの黄金期を迎えていたといえます。

自分としては、文化にかかわる仕事がしたいと思って選んだ道ですが、当時の芸能界は、世間の風当たりがいまよりも強かった。おばあちゃんに『ナベプロに就職する』と言ったら、『芸者の置屋になるのか』なんて驚かれたほどでしたから」

ナベプロに入社後、池田氏は現場マネジャーとして怒濤の日々を送る。最初に担当したのが、ブレイク直前のキャンディーズだった。

「キャンディーズを担当したのは3枚目のシングル『危い土曜日』を出したころです。メンバーを引率したり、衣装を選んだりするのが僕の仕事でしたが、当時のキャンディーズは一部の熱心なファンがいただけ。

歌手としてよりも、『8時だョ!全員集合』でコントをやっていた姿のほうが、世間からの注目は高かったのではないでしょうか。『アイドルにコントをやらせていた』なんて言われ方もしますが、本人たちは楽しんでやっていたと思います。

もちろん、歌手として成功したいというのが第一で、『池田さん、もっとがんばって歌の仕事取ってきてよ』とよく尻を叩かれていました。

ブレイクのきっかけになったのは5枚目のシングル『年下の男の子』でした。一度売れると、それまでお願いして出してもらっていた番組に、向こうからオファーが来るようになる。『ああ、売れるってこういうことなのか』と実感しましたね」

『いとしのエリー』秘話

キャンディーズのマネジャーを務めたのは約2年。次に担当したアーティストは、『こんにちは赤ちゃん』で国民的歌手となった梓みちよだった。'70年代中盤に人気絶頂を迎えた梓だったが、突然のアメリカ留学で一時休業してしまう。

「一般論として、マネジャーは、タレントのスケジュール帳を真っ黒に埋めるのが仕事で、少しでも予定が空いていれば上司に怒られる世界です。

ところがはじめて梓さんに挨拶しに行くと、『池田さん、あまり仕事入れないでね』と言われて。驚いたけど、その気持ちもわかりました。梓さんは1つのコンサート、番組で歌う1曲を大切にしたいという人でしたから」

PhotobyiStock

池田氏がナベプロで勤めた約3年半、マネジャーとして担当したのはこの2組だ。その間、彼の上司だったのが、'77年にアミューズを創業する大里洋吉氏だった。池田氏は、創業直後のアミューズへ、転がり込むように入社を決めたという。

「渡辺プロは決して悪い会社ではありませんでしたが、体質に疑問を感じることはありました。'70年代は、フォークロックやニューミュージックなどが出てきた時代です。渡辺プロはこうしたカルチャーの変化に乗り遅れている気配がありました。

アミューズの立ち上げ当初に売り出していたのは、デビュー直前の原田真二くんです。イベントを打つたびに人が集まって、『これは売れる』と確信していました。

ただ、レコード会社の一部スタッフとうまくいかず、原田くんを手放すことになったのは残念でした」

原田真二を失ったアミューズは、なにがなんでもアーティストを売り出す必要があった。そんなとき、アミューズはヤマハ主催の音楽コンテスト「イーストウェスト」で奇跡的な出会いをする。

当時青山学院大学の学生だった桑田佳祐がベストボーカル賞を獲得。桑田にほれ込んだビクターの担当者が、デビューのためにプロダクションを探していたのだ。

「サザンオールスターズは常識破りなバンドでしたから、引き受け手はほとんどいなかった。ただ、アミューズは『これが当たらないでどうする』というエネルギーを彼らから感じていました。

デビュー曲『勝手にシンドバッド』のヒットは嬉しかったですが、誤算は彼らがコミックバンドだと思われてしまったこと。

桑田くんはそのことに胸を痛めていたようですが、そのあと『こんなんできちゃいました』と持ってきたのが『いとしのエリー』。サザンが本物のバンドになれると信じ、周囲の反対を押し切ってプロモーションしました。

ただ、キャンディーズと比較すると、彼らの売り出し方は大きく違いました。キャンディーズはタレントの側面が強く、メディアに露出することが重要でしたが、サザンはあくまでアーティスト。

テレビ番組で1曲歌うために10時間待ちとかになると、『この時間ってなんなんですか、池田さん』って、桑田くんが聞いてくるわけです」

池田氏がサザンの現場マネジャーをやっていたのは、デビューから2年ほどだった。

そのあとは広告関連で、サザンをはじめとしたアーティストを会社全体で売り出す業務に回った。

アミューズの専務取締役になったのは、40歳のころ。その後、池田氏はアミューズ上場の準備委員として会社の制度作りに尽力し、'99年に退社。'01年、アミューズはナスダックに上場を果たす。

「退社した理由は、端的に言うと会社で居場所がなくなったからです。上場の仕事に追われていて、いざ振り返るとついてきてくれる人がいなかった。社内政治は苦手でしたし、大きな決断でしたが、会社には『愛憎半ばする』という気持ちでしたね。

音楽事務所で長く仕事をしましたから、いろいろな業界にコネクションがないわけではなかった。だから、『どこか仕事空いてない?』とこちらから聞けば、すぐ再就職も決まったかもしれませんが、なかなか自分から声を掛けられませんでした。

いろんなアーティストを売り出す仕事はしてきましたが、唯一できなかったのは、自分を売り込むことだったわけです」

「ありがとう」がうれしい

50代にしてセカンドキャリアを歩むことになった池田氏は、個人の芸能事務所を5年間開いたあと、知り合いの誘いでネット通販の事業をはじめる。安定した生活を送っていた池田氏だが、転機が訪れたのは'11年、62歳のことだった。

「友人がタクシーの運転手をしていて、仕事について聞いてみると『あんまりお勧めできるもんじゃない』と言うんです。『じゃあ、どうお勧めじゃないか、やってみる』と、なかば売り言葉に買い言葉でタクシーに乗ることになりました」

池田氏の出勤は朝8時ごろ。仮眠や休憩をはさみつつ、翌日の明け方までハンドルを握る。1回のシフトは約20時間と過酷だ。その合間を縫って、ドライバーの労働環境の向上のために会社と交渉を重ねる。

「最初はネット通販との二足のわらじでいけるだろうと高をくくっていましたが、とんでもなかった。20時間も働けば、家に帰ったら使いものにならないわけです。

アミューズ時代は総務として給与改定などに携わり、社員から多くの不興を買いましたが、いまはまるで逆の立場になります。ただ、渡辺プロにもアミューズにも当時労組がなかったので、面白い体験だなと思っています。

労組幹部の立候補時に訴えたのは、労働活動の『見える化』を図るということ。労基署にもにらまれているタクシー業界では、賃金や労働時間でとんでもないシステムがまかり通っていることが多いんです。

しんどい接客業ですが、『ありがとう』と一言かけてくれるお客さんがいるだけでうれしいですし、この歳になっても社会保険がある仕事はない、と妻も喜んでいるのでいいかな、と思っています」

マネジャー時代から、エネルギッシュに新しい目標や課題を見つけ、取り組んできた池田氏。今後はどのような生活を歩んでいく予定なのか。

「来年で70歳になりますが、当分はタクシーの仕事を続けたいと思っています。もちろん『サードキャリア』も模索中ですが、いまはちょうどいい塩梅でおカネを稼ぎつつ、社会とのつながりを持てていればいいな、と考えていますね」

「週刊現代」2018年4月14日号より

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

テレビ朝日の番組で次々と「SMAPネタ」が解禁?解散から丸2年経過

テレビ朝日の番組で次々と「SMAPネタ」が解禁?解散から丸2年経過

2月11日に放送されたテレビ朝日のバラエティ番組『帰れマンデー・見っけ隊!!3時間スペシャル』にて、SMAPファンが思わずざわつくような一幕があった。 この日、『帰れマンデー』の後半で放送されたのは、「自販機帰れま10!」という自動販売機の人気1位を当て続ける企画で、タカアンドトシ、ゲストの山中崇史...
スマホの設定を頼んで…田中みな実が芸人と交際したなれ初め語る

スマホの設定を頼んで…田中みな実が芸人と交際したなれ初め語る

フリーアナウンサーの田中みな実(32歳)が、1月22日に放送されたトーク番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ系)に出演。結婚願望が強い、モデルでタレントの池田美優(20歳)に対し、“お笑い芸人との交際”のなれ初めを経験談として語る一幕があった。 「25歳までに結婚したい、すっごいしたい」という池田...
「司会うまくなりましたか」ヒロミがジンときた中居正広のひと言

「司会うまくなりましたか」ヒロミがジンときた中居正広のひと言

(全10枚) ヒロミさん。 『ウチのガヤがすみません!』『火曜サプライズ』(日本テレビ)、『東大王』(TBS)などの番組でMCを務めるなど、現在バラエティ番組で見ない日はないほどの大活躍です。 そんなヒロミさんがかつて芸能界から離れ、表舞台から姿を消していたのは有名な話。しかもその期間約10年…! ...
福原遥のかわいさに明石家さんまがメロメロ 「もう!かわいい〜」

福原遥のかわいさに明石家さんまがメロメロ 「もう!かわいい〜」

“まいんちゃん”こと福原遥が、25日放送の『超踊る!さんま御殿サンタ美女と菅田将暉大泉洋が暴走4時間祭』(日本テレビ系/火曜19時)に出演。その話しぶりに司会の明石家さんまがぞっこんになった。 【写真】明石家さんまもメロメロ!?「福原遥」フォトギャラリー さんまや阿佐ヶ谷姉妹が、昔はトイレの臭い...
「ぐだぐだ」よりも…広瀬すずの紅白司会に見る問題点

「ぐだぐだ」よりも…広瀬すずの紅白司会に見る問題点

紅白歌合戦は嫌いじゃないけれど、曲間に挟まれる三文芝居がいつもいたたまれない。司会者と出場者たちがコントじみたかけ合いを繰り広げるあれ、やっている側もみな気まずそうな作り笑顔をしているが、どのあたりの層に好評なのだろうか。と思いながらも結局昨年末も見てしまった。 「平成最後」をうたい文句...
紅白離れに一役買った米津玄師 見せつけた歌手としての実力

紅白離れに一役買った米津玄師 見せつけた歌手としての実力

「第69回紅白歌合戦」は、サザンオールスターズ、松任谷由実、米津玄師などオールスターたちが集結し、最高瞬間視聴率45・5%を記録した。10〜20代の若者を中心に問題になっている“紅白離れ”に一役買ったのが「米津玄師」だろう。 当初「目玉なし」とうわさされた今回の紅白。「Lemon」が大ヒッ...
TWICEメンバーは不機嫌丸出し?紅白リハで出演陣のやる気に落差か

TWICEメンバーは不機嫌丸出し?紅白リハで出演陣のやる気に落差か

(全2枚) サラリーマンと違って“仕事納め”のない芸能人、ましてやNHK紅白に出場するような人気者となると、大晦日まで働かされて、お疲れなのはよくわかる。とはいえ、そこは人気商売。リハーサル取材に臨んだ記者たちの目には、演者たちの“やる気”の有無がハッキリと……。 *** 第69回目となった今回の「NHK...
テレビに映らない紅白舞台裏 ISSAがひた隠していた足の激痛

テレビに映らない紅白舞台裏 ISSAがひた隠していた足の激痛

平均視聴率41.5%を記録し、2年ぶりに40%の大台を超えた『第69回NHK紅白歌合戦』。『夢を歌おう』をテーマに掲げた今年の紅白。サザンオールスターズと松任谷由実(64)の共演など夢に溢れた本番だったが、リハーサルでは数々の事件が起きていた――。 18年を象徴するのが、大ヒット曲『U.S.A』で16年ぶりに出...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net