芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

最終回を迎えた「おっさんずラブ」回収された伏線

最終回を迎えた「おっさんずラブ」回収された伏線 【おっさんずラブ/モデルプレス=6月4日】おっさん同士のピュアなラブストーリーを描いたテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』が2日に最終回を迎えた。Twitterトレンドが二週連続で“世界一”を記録し、一種の社会現象を巻き起こしたとも言える同作。“ロス”が広がる中、視聴者は全7話の随所に散りばめられた“伏線の回収”で盛り上がりを見せている。(※最終話のネタバレあり)

【さらに写真を見る】田中圭、号泣クランクアップ…

例えば第4話で武川(眞島秀和)が牧(林遣都)に言った「あっち側の人間を好きになっても、幸せになることは絶対にない」。春田(田中圭)に恋心を向ける牧を見かねて「お前は今、不毛な恋愛に足をつっこんでいる」と諭すシーンだが、これが最終話、「牧が好きだー!」と叫んだ春田が、2人を隔てた道路を渡って牧のいる“こっち側”に来たことで回収されたという解釈。

また、幼なじみの春田に片想いしていたちず(内田理央)は最終話で外国人のイケメン彼氏をゲットしているが、これも第2話、ちずが春田に就職先を報告するシーンで「広告代理店。本社はアメリカなんだけど」と話す伏線があった。

そして最終話のラスト、視聴者全員が大歓喜したであろう春田と牧の幸せなキスシーン。床でじゃれ合う最中、ふと下のほうを向いた春田が一瞬驚き戸惑うような表情を浮かべる意味深な間があるのだが、これは第1話で衝撃を与えた牧の名言「巨根じゃダメですか?」―その“巨根設定”を回収したとの解釈も…!?

ほかにも、春田が“神様”に語りかけていたモノローグと最終話の黒澤部長(吉田鋼太郎)の「はるたん…神様の前で、嘘はつけないね」という言葉のつながりや、第2話で「はるたんのいいところ10個言えるのかよ」と啖呵を切っていた部長が、最終話で春田にあてた手紙で好きなところを“9個”しか言っていなかった…など、無数の話題がある。もちろんいずれも視聴者側の解釈であり、制作側の意図とは異なるものかもしれないが、こうしてあらゆる妄想が繰り広げられるのも視聴者の“おっさんず愛”の象徴。第1話から最終話までもう一度見直すと新しい発見が楽しめる。(modelpress編集部)

【NotSponsored記事】

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

おっさんずラブ映画化 田中圭ノリノリ「もう一度あのキャストで」

おっさんずラブ映画化 田中圭ノリノリ「もう一度あのキャストで」

俳優・田中圭(34)が主演し、人気を集めたテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の続編が映画化されることが6日、分かった。「劇場版おっさんずラブ(仮)」として来夏に公開される。田中演じる独身ダメ男・春田創一を巡る吉田鋼太郎(59)演じる理想の上司・黒澤武蔵、林遣都(28)演じるイケメンで...
田中圭&山田孝之、同居してた過去 「WATER BOYS」の撮影期間

田中圭&山田孝之、同居してた過去 「WATER BOYS」の撮影期間

(全3枚) 結婚したいのに全くモテない春田(田中圭)は、ピュアな乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤(吉田鋼太郎・59才)と、同居中の“イケメンでドSな後輩”牧(林遣都・27才)から告白され、“未曽有のモテ期”を迎えていた。異性愛者の春田にとっては思いがけない事態だったが、やがて春田は気づく。牧は家事...
田中圭のブレイク後押しした『おっさんずラブ』 放送後も衰えぬ人気の理由は“優しい世界”にあり

田中圭のブレイク後押しした『おっさんずラブ』 放送後も衰えぬ人気の理由は“優しい世界”にあり

放送終了から約2カ月。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)人気が依然止まらない。8月7日発売の公式ブックは初版10万部でスタート突破。Blu-ray&DVDも予約開始と同時にテレ朝ショップのサーバーをダウンさせるなど、驚異的な反響を記録している。今回は“終わらない『おっさんずラブ』ブーム”を軸に、この...
「おっさんずラブロス民」続出 見逃し配信でテレビ朝日新記録も

「おっさんずラブロス民」続出 見逃し配信でテレビ朝日新記録も

主人公・春田創一(田中圭)とおっさん乙女部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSイケメン後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係を軸に“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”として展開した『おっさんずラブ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30〜)。回を重ねるごとに話題が話題を呼び、大旋風を巻き起こし、6月2日に最終...
小川彩佳アナが女優デビュー 「リーガルV」の最終話に出演

小川彩佳アナが女優デビュー 「リーガルV」の最終話に出演

テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが、12月13日に放送される米倉涼子主演のドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の最終話にゲスト出演。女優デビューを飾ることがわかった。 本作は、米倉演じる資格を剥奪された元弁護士の小鳥遊翔子が、ワケあり弱小弁護士集団「...
「にわかに信じがたい」月9出演が決定した市川海老蔵がコメント

「にわかに信じがたい」月9出演が決定した市川海老蔵がコメント

歌舞伎俳優の市川海老蔵が30日に自身のアメブロを更新。月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)への出演を予告した。 同ドラマは全米でメガヒットを記録したドラマ『SUITS』シリーズのシーズン1が原作。日本の四大弁護士事務所のひとつに所属する敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)と、明晰な頭脳と驚異的...
パッとしない新垣結衣主演「獣なれ」 「逃げ恥」との違いは

パッとしない新垣結衣主演「獣なれ」 「逃げ恥」との違いは

思えば、2年前の忘年会は“恋ダンス”一色だった。その流行を生んだドラマ、「逃げ恥」の新垣結衣(30)と脚本家が再タッグを組んだ「けもなれ」。日テレは大ヒット作の再来を期したのだろうが、どうにもパッとしない。「けもなれ」に、なにが欠けているのか。 2016年のTBSドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」は...
松嶋菜々子に忍び寄る落日 かつての視聴率女王も「誘拐法廷」11.3%

松嶋菜々子に忍び寄る落日 かつての視聴率女王も「誘拐法廷」11.3%

女優の松嶋菜々子(45)が主演したテレビ朝日系ドラマスペシャル「誘拐法廷〜セブンデイズ〜」が放送されたのは今月7日のこと。同ドラマは、韓国の大ヒット映画「セブンデイズ」の日本版で、一人娘を誘拐された敏腕弁護士・天吹芽依子(松嶋)が、最愛の娘を取り返すために、弁護士の倫理に抵触しかねない...
石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

女優の蒼井優(33)がヒロインを務める映画「斬、」が先月公開され、ベネチア国際映画祭をはじめとする数々の映画祭で高評価を受けた。この演技派女優は、今月6日から東京・新国立劇場で2時間半を超える3人芝居「スカイライト」に挑んでいる。どうやら「斬、」の成功を受けて海外の複数のエージェントか...
寝ながらマッサージを受ける田中圭 シュールな映像に視聴者ら歓喜

寝ながらマッサージを受ける田中圭 シュールな映像に視聴者ら歓喜

俳優の田中圭が24時間生出演する特別番組『田中圭24時間テレビ』が12月16日(日)放送され、田中圭が寝ながらマッサージを受けるシュールな映像が流れ続けるも、視聴者は何もかもが「可愛い」と終始歓喜に沸いていた。 朝4時半を回り、マッサージを受けながら睡眠をとることになった田中圭。ベッドに入る際、...
田中圭、初めて現場でキレたエピソードを告白「我慢の限界がきて吼えた」

田中圭、初めて現場でキレたエピソードを告白「我慢の限界がきて吼えた」

俳優の田中圭が24時間生出演する特別番組『田中圭24時間テレビ』が12月16日(日)が放送され、田中圭が役者をやっていて一番腹が立ったエピソードについて語った。 深夜2時をまわり、飯尾和樹(ずん)、池田鉄洋、伊藤修子、尾上寛之、小手伸也、篠原篤、野間口徹、橋本マナミ、松本まりか、六角精児が出演し、...
新垣結衣主演「獣になれない私たち」は中途半端?視聴率が不発

新垣結衣主演「獣になれない私たち」は中途半端?視聴率が不発

「新垣結衣さん主演、しかも大ヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家とのタッグ、さらにインパクトのあるタイトルだけに10月ドラマの中でもかなり期待されていましたが、このまま不発に終わりそうですね」 テレビ誌記者がこうため息をつくのは「獣になれない私たち」(日本テレビ系)だ。 「登場人...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net