芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

人気に陰り見えていた5月 ひょっこりはんの著作権騒動は「神風」か

人気に陰り見えていた5月 ひょっこりはんの著作権騒動は「神風」か

トラブルを神風に変えてこそ売れっ子?

お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世(43)が『一発屋芸人列伝』(新潮社)を上梓し、編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞した。だが、それでも新しい一発屋芸人は誕生する。今年は、ひょっこりはん(31)で決まりかもしれない。

***

ひょっこりはんは17年12月31日「ぐるナイおもしろ荘若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」(日テレ系)でブレイク。BGMに合わせ、「はい、ひょっこりはん」の掛け声で、「ひょっこり」顔を出すという一発芸が人気だ。

ところがテレビは6月1日、スポーツ紙などは同月2日に、「ひょっこりはんのネタのBGMが著作権侵害か」(スポーツ報知)などと報道。フリー音源提供サイトが「使用条件に違反」と抗議したとし、4日には「決着」と伝えられた。

人気に陰り見えていた5月 ひょっこりはんの著作権騒動は「神風」か ひょっこりはん

思わぬトラブル発生に、誰もが「大丈夫か?」と心配したはずだ。ところが、テレビ局関係者、それもバラエティ担当者は、まったく違う感想を口にする。

「年明けから強烈な勢いで売れていましたが、5月に入って早くも人気に陰りが見えてきました。そこに降って湧いた著作権騒動でしたから、これはむしろ“天佑”と考えるべきでしょう。話題になって、しばらく仕事が入るかもしれません。これを自らネタにするぐらいの度量を見せれば、この騒動を神風とすることができます」

鬼より怖い「視聴者」

このテレビ関係者にとって、ひょっこりはんの姿は、にゃんこスター(スーパー3助(35)/アンゴラ村長(24))と重なるという。

「彼らは急激に人気を獲得し、あっという間に飽きられています。視聴者の間でも『そもそも面白いのか?』『1回見たら、もういい』と、当初から否定的な声が多かったところも似ています。厳しい言い方をしますと、人気バラエティ番組で芸を披露できるのは1回だけです。2回目から視聴者は飽きます。再び出演するためには、トークで笑いをとるか、ロケの進行で評価を得るか、どちらかしかありません」

当たり前だが、トークといっても、単に雑談をしていればいいというわけではない。「ひな壇芸人」というゴールを目指しての競争は苛烈の一言に尽きる。

「一発芸でブレイクした芸人のトークを、視聴者は楽しみにしています。しかし要求は非常に厳しいんですね。意外な素顔を見せつつ、さらに芸人としてプロの話術で笑いをとれば、100点満点です。面白いエピソードを持っていれば有利ですが、必須ではありません。番組のトーク中に持ちネタを突っこんで膨らます技術を披露すれば、第一関門は突破です。視聴者も『この人は単なる一発屋じゃなさそうだ』と評価を高めます。逆に落胆するのは、トークが素人のような印象を与える場合です。一発芸の完成度が極めて高ければ話は別ですが、トークでキャラを殺してしまうと、すぐに視聴者は『面白くない』と見限ってしまいます」(同・テレビ関係者)

最後に残るのはクイズ番組?

スタジオとは違う能力が求められるのがロケだ。一般人との共演、観光地やグルメの紹介といった要素に対応しなければならない。大ベテランはタモリ(72)が「ブラタモリ」(NHK総合)、笑福亭鶴瓶(66)が「鶴瓶の家族に乾杯」(同)、高田純次(71)が「じゅん散歩」(テレビ朝日など)で実力を見せつけている。

「大御所に次ぐロケ芸人として注目を集めているのは千鳥(大悟(38)/ノブ(38))のお二人でしょう。飯尾和樹さん(49)やサンシャイン池崎さん(36)も評価が高く、こうした方々のロケならスタッフも安心します。そして若手の場合は、ケガが大きく報じられた平野ノラ(39)、あばれる君(31)、コンビなら尼神インター(誠子(29)/渚(33))、ガンバレルーヤ(まひる(24)/よしこ(27))といった方々の名前が、番組の制作スタッフから挙がるはずです」(同・テレビ関係者)

残念だが、ひょっこりはんのトークなどは現在のところ、視聴者の要求するレベルには達していないという。著作権騒動で話題が継続した幸運を活かせるのか、まさに正念場だろう。

ちなみに、ひょっこりはんの最終学歴は早稲田大学人間科学部卒業。にゃんこスターのアンゴラ村長も早稲田大学の文学部を卒業している。共に「早稲田大学お笑い工房LUDO」に在籍していたという共通点もある。

ひょっとすると、クイズ番組なら新境地を開拓できるかもしれない。いや、いや、いや、こちらもトーク力が求められることは変わらないだろう。芸能界というところは、やはり大変な世界のようだ。

週刊新潮WEB取材班

2018年6月4日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ひょっこりはんが使用するBGM 著作権侵害だと素材サイトが訴え

ひょっこりはんが使用するBGM 著作権侵害だと素材サイトが訴え

個人運営の音楽素材サイト「MusMus」は5月31日、公式ブログを更新し、ブレイク中のお笑い芸人・ひょっこりはん(31歳)に関する著作権侵害の報告と、経緯を説明している。 同サイトに掲載された「ひょっこりはんによる当サイト楽曲への著作権侵害について」では、まず、「このようなお知らせをしなければいけ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net