芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

サッカー通の小柳ルミ子が日本代表に苦言「基本を思い出してくれ」

サッカー通の小柳ルミ子が日本代表に苦言「基本を思い出してくれ」 サッカー通として鳴らす女優の小柳ルミ子(65)が9日、自身のブログを更新。ワールドカップ(W杯)ロシア大会へ準備を進める中、親善試合でスイスに0―2と完敗したサッカー日本代表に苦言を呈した。

試合は8日にスイスのルガノで行われ、西野朗監督(63)が就任後は2戦連続無得点に終わった。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は同6位の相手に対し、5月30日のガーナ戦から布陣変更した4―5―1で挑んだが、決定機をつくれなかった。前半42分にPKで先制され、後半も終盤に失点した。

小柳は「昨夜のスイス戦、観ましたか?FIFAランク6位の格上とはいえ、日本代表はなんにもできなかったね」と切り出し「守備は良かった、ビルドアップは良かった、攻守の切り替えは良かった。良かった、良かった、良かった…で、ゴールは!?駄目じゃん」と苦言。「ゴールを決めるためのビルドアップだし、守備だし、攻守の切り替えでしょう。相変わらず危険エリアで不用意なミス、PK献上。ガーナ戦でもFK与えて決められたでしょう。学習してないのぉー」と疑問を呈した。

「参ったなぁ〜。選手たちに届くはずないでしょうけど、言わせてもらう!『早い』と『慌てる』は違う。『落ち着く』と『遅い』は違う。『回す』と『責任放棄』は違う。『下げる』と『逃げる』は違う。『積極的』と『雑』は違う。『人を使う』と『人任せ』は違う。初戦のコロンビア戦を前にして、いま一度、基礎、基本を思い出してくれ。点を取るにはどうしたら良いか…どうやったら点が取れるか、真剣に考えてくれ」と叱咤激励した。

「まだまだ言いたいことはあるけど、今回はこのぐらいにしておく」とし、最後は「頑張れ!日本代表」とエールを送った。

12日にW杯前に最後の試合となるパラグアイ戦に臨む。19日にW杯1次リーグ初戦・コロンビア戦を迎える。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

春香クリスティーンが結婚か お相手は大手報道機関の男性記者?

春香クリスティーンが結婚か お相手は大手報道機関の男性記者?

芸能活動無期限休止中のタレント春香クリスティーン(26)が結婚することが7日、分かった。関係者によると、お相手は交際中だった大手報道機関の30代男性記者で、近日中にも婚姻届を提出する。 男性は元政治担当記者で、現在は地方支局に勤務。「取材はとても丁寧で手堅い」「義理堅く、常にまわりに気を配っ...
美男美女が多い都道府県ランキングに高須克弥氏「本当にそうかな」

美男美女が多い都道府県ランキングに高須克弥氏「本当にそうかな」

「秋田美人」「京美人」……地域らしさを持ち合わせる美女を形容する言葉は昔からいろいろあるが、では実際にどの都道府県が一番美人を輩出しているのか? 【写真】トップ3の県出身の美人芸能人はコチラ 9月に発表された「美男美女が多いと思う都道府県ランキング」(出典:gooランキング)で、トップ3は1位・秋...
「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

テレビドラマ『相棒』に登場した薬物依存症の女性キャラクター「シャブ山シャブ子」が話題を集めている。迫真の演技という評価も多いが、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は「啓発運動が繰り返してきた間違ったイメージを再現しており、本物の薬物依存症者とは異なる。差別を助長する恐れがある...
文春砲で注目を集めたイッテQの「祭り」企画 これまでの歴史

文春砲で注目を集めたイッテQの「祭り」企画 これまでの歴史

「アカーン!」というファンの嘆きが聞こえてきそうだ。 人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の長寿企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうちの1回が、「文春砲」による「デッチ上げ」報道で注目を集めてしまった。11年超の歴史がある番組のスタート当初からある人気企画で、こ...
小柳ルミ子、自分のモノマネを見て不機嫌に ネットでは不快感も

小柳ルミ子、自分のモノマネを見て不機嫌に ネットでは不快感も

歌手の小柳ルミ子さん(66)が、フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」に生出演し、サッカー選手や自分のものまねをしたタレントに不機嫌な様子を見せた。 プライドを傷つけられたのでは、などと擁護もあったが、ネット上で不快感を訴える声が相次いでいる。 「サッカーこんな感じって、軽く見られたらやだ...
真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

真木よう子 移籍後初告白!炎上弁護人主演で語ったSNS炎上

「ここまで世間的に炎上が多いと、ブーム的な捉え方になりますよね。『ハイハイ、またか』みたいな(笑)。そうはいっても実際に自身が炎上したら、誰でも少しは気にしますよね。ドラマの題材もそうですが、SNSだとはいえ、中身はやっぱり人と人だと思うので。心ない言葉とかをかけてくる人もいますが、そこに...
フジテレビの女子アナが熾烈な戦いか 東京五輪を巡り局内代表を争う

フジテレビの女子アナが熾烈な戦いか 東京五輪を巡り局内代表を争う

2年後の東京五輪に向け、各競技で代表選考が始まっているが、その晴れ舞台に立つべく切磋琢磨するのはアスリートだけじゃない。テレビ中継にフル回転する女子アナたちも“局内代表”の座を巡って熾烈な戦いに挑んでいる──。 フジテレビでは、同世代のライバルが火花を散らしている。土日夜のスポーツニュース『S...
小柳ルミ子 ロシアW杯フランス優勝に「残念だが素晴らしい戦い」

小柳ルミ子 ロシアW杯フランス優勝に「残念だが素晴らしい戦い」

芸能界きってのサッカー通である歌手で女優の小柳ルミ子(66)が16日、自身のブログを更新。フランスが1998年フランス大会以来となる2度目の優勝を果たした、ワールドカップ(W杯)ロシア大会についてつづった。 フランスがクロアチアを4−2で下した決勝について、「フランス優勝で幕を閉じた悔し...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net