芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

仕事減で紆余曲折「しくじり」から変わった野村宏伸の意識

仕事減で紆余曲折「しくじり」から変わった野村宏伸の意識

「舞台ではどちらかといえばコメディーを中心にやっていたので、犯人役と聞いて新鮮でしたし、面白そうだなと思い(出演を)お受けしました」

【写真】イケメン過ぎ…!20歳の頃の野村

こう語るのは、野村宏伸(53)。

彼が出演する舞台『希望のホシ2018』は、元宝塚男役スターの緒月遠麻、池田努、金児憲史らによる刑事劇の続編。3年ぶりの上演に参加する野村は、記憶喪失になった元暴力団員を演じる。

「前半と後半でキャラクターがガラリと変わっていくので、2役みたいな感覚です。

題名どおりのストーリーになっていて、犯人であっても希望があり、救われる部分があるんです。見てくださったお客さんが元気になってもらえるような作品になっていると思います」

1984年に映画『メイン・テーマ』で薬師丸ひろ子の相手役でデビュー。初舞台は、’99年の『太陽と月に背いて』で主演した。

「それまでは舞台をお断りしていました。映画でデビューしたこともあって映像にこだわっていました。

映画はワンシーンワンカットで、撮り直すこともできるけど、舞台はスタートしたら最後までノンストップで演じ切らないといけない。当時の僕には舞台ができる自信がなかった。できない不安や(セリフを)覚えられないとか、ちょっと怖かったんです

でも30歳ぐらいになると俳優として行き詰まっていました。これから先も俳優として生きていくためには、大人の芝居や演技力が求められてくると思い始めていて、舞台を経験しないと、この先の俳優人生がないのではないかと考えて、あえて挑戦してみようとやりました」

初舞台での感覚は今でも覚えている。

「前日は緊張感で眠れなかったし、初日は全身ガクガクでした。でも舞台後の爽快感、千秋楽の達成感に、映画もいいけど舞台のよさを味わうことができました。

(役者のなかには)舞台を2度とやりたくないという方もいるでしょうが、僕は、また舞台をやってみたいという気持ちで終われました。それ以降は、年1本ぐらいのペースでやるようになりました」

順風満帆な20代も心のうちでは葛藤

’87年に始まった田原俊彦との共演ドラマ“びんびん”シリーズでの気弱なイケメン、榎本役でブレイク。翌年の『教師びんびん物語』は毎回、視聴率が20%を超えアイドル俳優として人気を集めた。

「テレビドラマのいい時代を過ごすことができたと思います。当時は人気を実感することはあまりなくて、連ドラの掛け持ちは当たり前で忙しかったので、あっという間だった気がします」

作品に恵まれ、多くのCMにも出演した20代は順風満帆に見えていたが、ジレンマを抱えていた。

「榎本のイメージが強くて、別の作品に出演しても、求められるのは同じようなキャラクターだったり、悪役をやりたくても、CMに出ているとできなかったりすることがあって窮屈だったし、ストレスでした」

そうした思いを抱えながら30代で舞台を経験。レオナルド・ディカプリオ主演で映画化された作品で、男性の同性愛が描かれている初舞台をきっかけに、イメージチェンジを図ることができた。

「いままでできなかった役や作品を舞台でやることができ勉強になったし役の幅を広げることができました」

舞台を経験するなかで、2時間ドラマなどで犯人役を演じることも増えていった。

その一方で、ドラマ出演などの仕事が減っていき、苦しい時期を過ごした。

「40代でちょうど厄年のころでした。干されたというのではなく、仕事がなかった。俳優は待つ仕事ですから、そういうことがあるんだと思います。対処?耐えるしかない、待つしかないと思っていました」

2012年に所属事務所から独立、個人事務所を構えた。

「プライベートで離婚を経験し、住宅ローンもゼロになって、すべてがゼロ、初心に戻ったような気がしたんです。そこからどうするかというときに新たなチャレンジとして、どこかに移籍するのではなく自分でやってみようと漠然と思いました」

独立直後、事態を好転させることが続いた。バラエティー番組での“びんびん”の田原との再会企画が話題に。その番組を見ていたプロデューサーの目にとまり、ドラマ『とんび』(’13年)の和尚役に起用され、丸刈りや好演が評判になった。

「独立したときに全部がうまい具合に重なり、いま思えば決断は間違っていなかった」

浮き沈みや紆余曲折(うよきょくせつ)は“しくじり”談としてバラエティー番組で明かしている。

来年デビュー35年、こだわりが消えた

来年は、俳優人生35年を迎える。

「よくここまでやってきたなと思います。続けるって難しいですよね。毎年毎年、不安で生きている。俳優生活に絶対、大丈夫はないですから。不安とかいろんな思いが入り交じっています。でもそうやって34年を過ごしてきているわけですから。

目標は50年です。あと15年、まずはそこを目標にして、もっと幅を広げられたらいいなと思っています」

50歳を過ぎて、俳優の仕事が面白くなり、若いときのようなイメージに縛られることもなく、シリアスからコメディーまで、ふり幅広く演じられていることで、こだわりがなくなったとも。

そんな姿勢は、日常生活にも表れている。仕事の現場には基本マネージャーは同行せず、単独行動。変装や顔を隠すこともなく電車や地下鉄に乗って移動する。

「若いころとは意識も変わっています。人として普通に生活することが芝居にも生きる。俳優は、日常を演じることも多いですから、そこがわかっていないとダメですよね。

年齢もあって普段はメガネをかけていますが、全然気づかれないですよ」

そうした日々での楽しみは、再婚して誕生した愛娘と過ごす時間だ。

「もうすぐ2歳になります。可愛い盛りです。将来、役者になるかは、本人がやりたければ目指してもいいかなと……。娘が20歳になるまでは、頑張らないといけないと思っています」

俳優、事務所社長、一家の主として健康に気をつけ、ジムに通って身体を鍛えている。断食で8kg減量し、ベスト体重をキープしている。

「昨年11月に自宅で、1か月で6日間の断食を2回やりました。やり方はインターネットで調べました。きついのは1日目だけ。水と酵素ドリンクを飲み毎日1kgずつ減っていきました。奥さんと子どもが食事をしていても平気です。1度やると決めたら意志が固いので揺らぎません」

体力勝負の舞台公演中は、「パワーフード」という赤身肉で乗り切る。

■『希望のホシ2018』
6月13日〜17日、東京・池袋あうるすぽっと/作・演出大浜直樹/出演・緒月遠麻、池田努、金児憲史、岩永ジョーイ、野村宏伸。

野村宏伸(のむら・ひろのぶ)◎1965年5月3日生まれ。東京都出身。映画『メイン・テーマ』で薬師丸ひろ子の相手役に2万3000人の中から選ばれる。ドラマ“びんびん”シリーズで人気を博す。大河ドラマ『独眼竜政宗』、朝ドラ『あぐり』、日曜劇場『とんび』、映画『邂逅』『の・ようなもののようなもの』などに出演。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

有村架純が開いた豪華すぎる女子会 薬師丸ひろ子や石田ゆり子も

有村架純が開いた豪華すぎる女子会 薬師丸ひろ子や石田ゆり子も

  3月27日、関東の大学キャンパスに有村架純(26)の姿があった。周囲には200人超のエキストラが。9月公開の映画『コーヒーが冷めないうちに』の撮影が行われていたのだ。   「有村さん主演もさることながら、石田ゆり子さん(48)や吉田羊さん、薬師丸ひろ子さん(53)や波瑠さん(26)など共演陣...
日本アカデミー賞「三度目の殺人」の広瀬すずが最優秀助演女優賞を受賞

日本アカデミー賞「三度目の殺人」の広瀬すずが最優秀助演女優賞を受賞

(全2枚) 2日、第41回日本アカデミー賞授賞式が都内で行われ、『三度目の殺人』の広瀬すずが最優秀助演女優賞を受賞した。広瀬は父を殺された女子高生役。容疑者を救うために、自らの過去と向き合う少女の葛藤を熱演した。 名前が告げられた瞬間はびっくりしたような表情で、「本当にありがとうございます。何...
北川景子が日本アカデミー賞「優秀助演女優賞」組織票疑惑の指摘も

北川景子が日本アカデミー賞「優秀助演女優賞」組織票疑惑の指摘も

(全2枚) 関係者は「1人だけレベルが違う演技」 映画に詳しい方なら「またか」と呟くだろう。3月2日に受賞式が行われる日本アカデミー賞だが、過去に何度も投票の公正性が問題視されてきた。例えば樹木希林(75)は豪快に、北野武監督(71)は怒りを込めて批判を行っている。 *** 今回、“組織票”疑惑が関係...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net