芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

石橋貴明がネットでの批判に思うこと「本当なのかなって」

石橋貴明がネットでの批判に思うこと「本当なのかなって」

とんねるず石橋貴明(56)のフジテレビ新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜午後11時)がスタートして3カ月。昭和カルチャーや豪傑列伝などのディープな見ごたえがじわじわと支持を伸ばし、2%台で始まった視聴率も4%台に“倍増”してきた。「みなさんのおかげです」の木曜9時枠から月曜深夜へ。低予算とコンプライアンス時代に折り合いをつけながら「めげずに」と語る思いを、本人に聞いた。

**********

−柳沢慎吾さんがびびった大物俳優列伝とか、江夏豊本人が語る「江夏の21球」とか、客層を中年視聴者に絞った番組づくりが新鮮で、分かる世代の1人として毎週楽しく見ています。初回2・9%でスタートした視聴率も4・7%まで上がってきました。手応えはいかがですか。

石橋そんな。4・7じゃさあ(笑い)。

−深夜で4・7はダメなのですか。

石橋ダメでしょう。もっと上げますよこれから。スマホとか録画率とか、いろんな見方をされている時代にそれ(視聴率)が正しい数字になっているのかとは思うけど、なんなら松坂大輔や武藤敬司をゲストに肩やヒザの痛みとか、そっち側で数字ガンガン上げてやろうかな(笑い)。深夜だから少しエッチなことも入れたいんですけど、フジテレビが怒るのよ。でも、僕らが子供のころって「11PM」とか「トゥナイト」とか、大人が喜んでる番組が面白そうに見えたじゃないですか。ああいう雰囲気を目指しています。

−PR会見の時、昭和のカルチャーやスターを知らない世代にどう魅力を伝えるか、という質問に「伝わらない」と即答していましたよね。広さではなく、ターゲット層に向けて深さ重視でいくのは絶対面白そうだと思いました。

石橋あ、それはうれしい限りです。「幅広い人に見てもらいたい」というのは、今のテレビの現状ではたぶん無理。若い人は家にテレビがない人も多いし、見たいものはユーチューブで引っ張ってスマホサイズで見ている。「江夏の21球」どころか松坂や中田英寿を知らない人にまでアピールするより、とらやのようかんみたいに、ウリを特化して丁寧に作っていくしかないんだろうなと。

−イケイケに芸能界を突っ走ってきたイメージなので、「丁寧に」はちょっと意外です。

石橋いや、ものすごく考えてますよ。ルールがたくさんできて、すぐにコンプライアンスとか言われちゃうんで。俺たちが昔からやってきたことはほぼ無理な状況。ここでキャッチボールしちゃいけないというなら違う場所でキャッチボールするしかないし、もっとやりたいことがあるなら違う“遊び場”を探すしかないという。

−そういう“遊び場”としては「たいむとんねる」は攻めていますよね。江夏さんの劇画みたいな新人時代とか、東国原英夫さんが若手時代に台湾に密入国して強制送還された話とか爆笑でしたけど、規格外な話をエンタメとして聞ける場は貴重です。

石橋でも東くん、放送後かなり「けしからん」とやられたらしいですよ(笑い)。話半分だって分からねえのかなっていう。

−けしからんというネットの声は気になりますか。

石橋(少し考えて)ささっと書かれたものが本当なのかなって。昔、ホテルオークラで働いていた時、朝のミーティングでマネジャーがお客様からいただいたお叱りの手紙を“ラブレター”と呼んで読み上げていたんです。「早く空港に行きたかったのにサービスが遅い」とか。そこには、オークラなんだからもっと頑張ってほしいというお客様の思いが入っていて、みんなで肝に銘じようと。手紙や電話の手間をかけても訴えてくる芯のあるお叱りなら信じるけど。僕は相変わらずガラケーだから、機械には疎くて(笑い)。

−昭和とか、今よりちょっと前の魅力、パワーは何だと思いますか。

石橋ケータイがなくて不便だった分、待ち合わせでやっと会えた時の喜びとか、喜怒哀楽に芯があったこと。(カメラマンを見て)カメラマンさんだって、昔は焼いて初めて分かったからうまい人とヘタな人の差が出た。今は撮ったその場で確認できるから、撮る方も撮られる方も緊張感ないですよ。生きていく体感の強さが違うという。

−あの時代に関する石橋さんの記憶力がすごすぎますよね。スポーツでも文化でも、あらゆるデータを記憶していて笑えます。「みなさんのおかげでした」とは違う持ち味で。

石橋だって同じことやってたらどうにもなんなくなっちゃう(笑い)。それに、深夜番組はお金がないから同じようにはできないし。6月に向けて、サッカーW杯とか高校野球100回大会とかやりたかったんだけど、映像が高くて借りられなかった(しょんぼり)。いろんな制限をぬいつつ、いい企画をと。

−低予算は若手のころに経験があるのでは。

石橋ひどかったですよ。初めてのグアムロケで、俺らやADくんに食費をくれないとか(笑い)。みんなで金出し合って食材買って公園のバーベキューエリアに行ったんだけど、真っ暗だし素人ばかりで種火がつかないのよ。そしたら1人がガソリンかけちゃえと(一同爆笑)。ボーボー焼けたけど、肉がガソリン臭くて食えないのさ。俺と憲武で泣きながら西城秀樹さんのホテル行って、「なんにも食わしてくれないんですここのスタッフ」ってヒデキさんに飯をごちそうしてもらって。あのころを思えば、なんのことはないですね。

−バラエティーに絶望はしていないんですね。

石橋ちょっとはあるんですけどね(笑い)。でも、いい話もあって。「みなさんのおかげです」の最終回で「情けねえ」の歌詞を「フジテレビのバラエティーを滅ぼすなよ」と替えて歌ったじゃないですか。それを聞いていたこの番組の美術さんが「とんねるずの思いに、石橋の思いに負けないセットを作ろう」と、細かいところまで素晴らしいセットを作ってくれて。こういう思いのスタッフがいなくならない限り、テレビのバラエティーは続いていくと思う。文句を言ってもしょうがないんで、めげずに、下を向かずに作り続けたい。

−フジテレビはずっと調子悪いですけど…。

石橋フジテレビ批判なの?(笑い)。でも、数字がここまで悪いと、若い制作者には最大のチャンスですよ。いい時は枠が空かないけど、今はいろんな企画出してチャレンジできる状況。企画につながる不良に出てきてほしいですよね。でも、潮目が変わればまた。いつの時代も、ずっとトップで調子がいい局なんてないんだから。

−木曜9時枠から離れて、生活の変化はどうですか。

石橋ついに6月からキックボクシング習おうかなと。肉体がどんどんじいさんになってきちゃって。

−ダウンタウンの松本さんみたいな体に鍛えたいのですか。

石橋松本みたいにマッチョになるとかじゃなくて、多少変なやつが来てもワンツーで倒せるくらいの力をもう1回つけてみようかと。それやってどうするんだという話だけど(笑い)。ほんと、ヒマなんですよ。日刊スポーツで雇ってくんないかな。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「やり口汚いわ〜」千原ジュニアが目撃した舞台裏の石橋貴明

「やり口汚いわ〜」千原ジュニアが目撃した舞台裏の石橋貴明

4月30日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)、この日のテーマは「勝手に語りつぎたい『あしたのジョー』」。ゲストには、石橋貴明とテレビ初トークとなる千原ジュニアが登場。石橋のイメージと、舞台裏での振る舞いのギャップについて暴露し、思わずうなる場面があった。 【写真を見る】千原ジ...
内山理名、10年ぶりにドラマ主演の訳 堀北真希さんの引退で売り込みか

内山理名、10年ぶりにドラマ主演の訳 堀北真希さんの引退で売り込みか

11月24日からスタートしたドラマ10「マチ工場のオンナ」(NHK総合:全7回)。主演の内山理名(36)はNHK初主演で、地上波の連続ドラマとしても主演は10年ぶり!それにしてもなぜ、旬の過ぎた内山理名なのか? *** 今回は町工場を営む父の急逝により、主婦から女性経営者となった娘の奮闘を描いた実話「町工...
生涯ずっと炎上し続ける?3人のタレントの顛末と現在

生涯ずっと炎上し続ける?3人のタレントの顛末と現在

2017年も残りあとわずか。振り返れば今年も多くの炎上事件が起きた。7月に行われたサッカーの国際親善試合で、ドイツのドルトムントに負けた浦和レッズについて、「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とTwitterに書き込んだ、前衆議院議員・上西小百合。それに対しレッズファンが激高、ネット上で激...
コロッケ フジ人気番組「ものまね王座決定戦」を突然降板の真相告白

コロッケ フジ人気番組「ものまね王座決定戦」を突然降板の真相告白

コロッケ(58)が20日放送のフジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜後10・00)で、ともに“ものまね四天王”と呼ばれた清水アキラ(63)、「ビジー・フォー」のグッチ裕三(66)とモト冬樹(67)、栗田貫一(60)と26年ぶりにテレビ共演。同局の人気番組「ものまね王座決定戦」...
鳥海貴樹アナが発した「半端ない」NHK放送総局長が高評価

鳥海貴樹アナが発した「半端ない」NHK放送総局長が高評価

NHKの木田幸紀放送総局長が20日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、19日夜にNHK総合で生中継した「サッカーワールドカップ(W杯)日本―コロンビア戦」での試合後半に平均視聴率は48・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得したことに言及。鳥海(とりうみ)貴樹アナウンサー(49)の実...
隠しきれないコンプレックス?手越祐也の嵐に対するライバル心

隠しきれないコンプレックス?手越祐也の嵐に対するライバル心

現在のジャニーズタレントのなかで、いちばんの “夜の帝王”といえば、「NEWS」の手越祐也(30)である。 2017年12月下旬の深夜、手越が出席したパーティに、19歳と17歳の女性タレント2人が参加していたと報じられた。2人は飲酒を否定したが、現場にはシャンパンのボトルが並んでおり、モラル的に問題があ...
SKE48の元カレ4人が秘密を暴露「キスは会ったその日に」

SKE48の元カレ4人が秘密を暴露「キスは会ったその日に」

週刊文春記者のスズキさん、進行を務めるフリーアナウンサーの藤田ゆみこさんが出演する生放送番組「直撃!週刊文春ライブ」では、AKB48の姉妹グループであるSKE48のメンバーと過去につながっていたという男性4人を取材した「SKE48元カレ座談会」の様子が放送されました。 取材に加わった弟子ハル一号さんとス...
石橋貴明のたけし軍団入り 東国原英夫氏が握り潰した過去

石橋貴明のたけし軍団入り 東国原英夫氏が握り潰した過去

元宮崎県知事の東国原英夫氏(60)が、とんねるず石橋貴明(56)のたけし軍団入りを阻んだ過去を明かした。 東国原氏は14日放送のフジテレビ系「石橋貴明のたいむとんねる」に出演。石橋とはデビュー当時から親しく交流し、渋谷や六本木などで一緒にナンパをしていたエピソードを披露した。 また、師匠...
石橋貴明の新番組は苦しいスタート 木梨憲武とついた明暗

石橋貴明の新番組は苦しいスタート 木梨憲武とついた明暗

とんねるず石橋貴明(56)がMCをつとめる新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系月曜23時〜)。 16日に初回放送を迎えたが、平均視聴率3・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。30年続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」が3月に終了し、気分一新のつもりが惨憺たるスタート...
とんねるず石橋貴明が「夕やけニャンニャン」への本音を告白

とんねるず石橋貴明が「夕やけニャンニャン」への本音を告白

とんねるずの石橋貴明(56)と歌手の工藤静香(48)が、80年代に人気を博したフジテレビ系バラエティー番組「夕やけニャンニャン」の思い出を語った。 石橋がMCを務める同局系新番組「石橋貴明のたいむとんねる」が16日深夜にスタートし、初回ゲストとして工藤が出演。約15年ぶりのテレビ共演とな...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net