芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ぶすに人権はない」発言の夏目雄大 謝罪後も批判は止まず

自身のツイッター上で「ぶすに人権はない」、「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」、「生理用のナプキンでベッドを作りたい」など数々の問題発言を繰り返していた俳優・夏目雄大が、ツイッターを通じて騒動後はじめてファンに謝罪した。

アイドル育成プロデュースゲーム『あんさんぶるスターズ!』を実写化した舞台『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ(あんステ)』などに出演し、2.5次元俳優として知られてきた夏目。最近では、ツイッター上で「彼氏感のある写真」などアップし、女性ファンからの人気を呼んでいたが、2013年頃投稿されたとされる女性蔑視ツイートが発掘されるとたちまち炎上。舞台ファンを中心に批判が目立つようになり、先月には出演する予定だった舞台の降板も決定していた。

そんな中、先月18日に所属事務所が夏目との契約を解除したことを発表。夏目自身は沈黙を貫いていたが、今月11日に騒動後はじめてツイッターを更新し、「この度は、私の一連の騒動に関連して、皆様に深い傷や大変なご迷惑とご心配をおかけしてしまったことについて、ご報告と謝罪をさせていただきたく存じます」とツイート。一緒に投稿した謝罪文書では「公になった投稿は、大半が紛れもなく当時学生だった私が発信した投稿です」と事実を認めており、「今回の皆様の批判については真摯に受け止め、皆様の信頼を取り戻せるよう一生懸命努力していく所存です」と改めて謝罪もしつつ、今後も芸能活動を継続する意思を明かした。

また、連名で掲載されていた代理人弁護士は、「事実関係を確認したところ、当時16歳であった夏目が、仲間内での冗談・悪ふざけにより、一連の投稿を行っていたことが確認できました」と改めて説明。芸能活動を開始して以降は不適切な内容の投稿は一切行っていないとしつつ、「今回の件については皆様の批判を真摯に受け止め、芸能活動謹慎と致しますが、皆様におかれましては、夏目の今後の成長を応援していただければ幸いに存じます」とつづっていた。

しかし、謝罪後も夏目のツイッターには「この件であなたの演じた私の大好きなキャラに汚名がつきました。そのことをちゃんと胸に刻んで下さいね」「妊婦に膝カックン…してないにしても発想が恐ろしすぎる」「妊婦に膝カックンはあり得ない。下手すると殺人。実際やらなくてもそう思ってる時点で頭おかしいと思う」といった批判の声が多く書き込まれている。その後、同アカウントは削除されている。(12日12時現在)

過去の発言が思わぬ大炎上に発展した今回の事態。とはいえ、夏目のツイッターには批判ばかりでなく、ファンからのエールも書き込まれている。きちんと反省した夏目がふたたび表舞台に出てくることもあるかもしれない――。

記事内の引用について
夏目雄大公式ツイッターよりhttps://twitter.com/natsmenoyudai
※現在は削除

関連芸能ニュース

「ぶすに人権はない」発言が炎上した夏目雄大が芸能活動を再開

「ぶすに人権はない」発言が炎上した夏目雄大が芸能活動を再開

過去にTwitterへ投稿した「ぶすに人権はない」などの不適切な発言により、今年5月に所属事務所から契約を解除されたモデル・俳優の夏目雄大(22歳)が12月1日、Twitterを更新し、フリーの俳優として芸能活動を再開すると発表した。 夏目はこの日、「ご報告皆様へ、手紙にて失礼致します。」と、直筆のメッセ...
「ぶすに人権はない」炎上報道のモデルが謝罪 弁護士と連名で文書

「ぶすに人権はない」炎上報道のモデルが謝罪 弁護士と連名で文書

過去のツイートが問題視され、5月18日に所属事務所から契約を解除されたモデルで俳優の夏目雄大(21)が11日、自身のツイッターを更新。一連の騒動を謝罪し、芸能活動を謹慎すると発表した。 自身のアカウントに代理人弁護士と連名で文書を掲載。ツイッターでの報告について「現在、事務所を離れてお...
「ぶすに人権はない」で炎上の夏目雄大 所属事務所から契約解除

「ぶすに人権はない」で炎上の夏目雄大 所属事務所から契約解除

過去のツイートが問題視されていたモデルで俳優の夏目雄大(21)が18日、所属事務所から契約を解除された。事務所の公式サイトで発表された。 事務所は「一部報道を受けて、調査した結果、弊社所属夏目雄大が芸能界に入る以前、2013年頃に一部不適切な投稿があったことを確認いたしました。加害行為...
「ぶすに人権はない」投稿で炎上 俳優の夏目雄大が芸能活動を再開

「ぶすに人権はない」投稿で炎上 俳優の夏目雄大が芸能活動を再開

5月に所属事務所から契約を解除され、芸能活動を謹慎していたモデルで俳優の夏目雄大(22)が1日、自身のツイッターを半年ぶりに更新。芸能活動を再開すると発表した。 夏目は過去のツイートが問題視され、5月にツイッター上で騒動のきっかけとなった「ぶすに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶...
勝谷誠彦さんの訃報に宮崎哲弥氏が悼む 「自死に近い死だったと思う」

勝谷誠彦さんの訃報に宮崎哲弥氏が悼む 「自死に近い死だったと思う」

極楽とんぼの加藤浩次が28日、日本テレビ系「スッキリ」で、コラムニストの勝谷誠彦氏の訃報に「残念」と無念の思いをにじませた。勝谷氏は06年から15年まで同番組のコメンテーターを務めていた。また評論家の宮崎哲弥氏は「自死に近い死だったと思う」と、勝谷氏を悼んだ。 番組では、9年間コメンテー...
夏目三久が急逝した勝谷誠彦さんの思い出語る「ガハハと笑い…」

夏目三久が急逝した勝谷誠彦さんの思い出語る「ガハハと笑い…」

28日放送のTBS「あさチャン」(月〜金曜前5・25)で、コラムニストの勝谷誠彦氏(享年57)の急逝を報じた。 日本テレビ時代に交流があったというフリーアナウンサーの夏目三久(34)は「10年ほど前、勝谷さんが朝の番組を担当されていて、私が昼の番組で、メークルームにオンエアを終えた勝谷...
古市憲寿氏の小説に芥川賞選考委員から否定的意見も「古めかしい」

古市憲寿氏の小説に芥川賞選考委員から否定的意見も「古めかしい」

(全2枚) 第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)で、最も注目を集めていたのが、芥川賞候補の社会学者でテレビのコメンテーターとしても活躍する古市憲寿(のりとし)さん(34)だったが、16日の選考会であえなく落選した。なぜ受賞を逃したのか。 「がーーーーーん」。古市さんは落選が決まった...
カンニング竹山 ピアス着用で教師から暴行被害の男子高校生に「青春」

カンニング竹山 ピアス着用で教師から暴行被害の男子高校生に「青春」

お笑いタレントのカンニング竹山(47)が18日、ツイッターを更新し、15日に都立高校で起きた50代教師による男子生徒への暴行問題に言及した。 教師はピアスを巡って生徒と口論になり、生徒の顔面に強烈な右パンチを食らわせた。 バッタリと倒れた生徒になおも「てめぇ、この野郎!なめてんじゃねぇよ...
「言いなおしたら…」高須克弥院長がウーマン村本との面会に条件

「言いなおしたら…」高須克弥院長がウーマン村本との面会に条件

高須クリニックの高須克弥院長(73)が18日、公式ツイッターを更新。 フォロワーからお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が「あんたに会いたがっていたぞ」などとつづられたツイートをリツイートし「本当?僕は愛国者と親日しか会いたくないです。ウーマンくんが「外国に攻められ...
Twitterから「彼女」消える 前澤友作社長は「世界一どうでもいい」

Twitterから「彼女」消える 前澤友作社長は「世界一どうでもいい」

ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長のツイッタープロフィールから「剛力彩芽さんが彼女です」という文言がなくなった。 ネット上では様々な憶測が出たほか、キャリコネニュースを始めとしたネットメディアやスポーツ紙も報道。こうした事態に対し、前澤社長は1月17日、自身のツイ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net