芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

バッシング意識か 吉岡里帆にネット連想させるワードはNG?

バッシング意識か 吉岡里帆にネット連想させるワードはNG?

一部ネット上でのバッシングから、すっかり「女性が嫌う女性」となりつつある吉岡里帆。男性ファンからも、「水着仕事が嫌だった」という吉岡の発言が疑問視されることとなり、その後、吉岡自身が発言の真意を釈明するも、批判は拡大する一方だった。そして、そんなネットバッシングを気にしてか、近頃吉岡のインタビューでは“ある条件”が課せられるようになっているのだという。

吉岡は、ウェブメディア「Sheis」の昨年10月に配信された対談企画で「水着姿なんて絶対出したくなかった」「両親からも『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきた」などと、水着のグラビアを行っていた時期に、葛藤があったことを明かしていた。

「直後からネット上には『吉岡が水着グラビアを否定!』といったコメントやまとめ記事が氾濫し、『ファンやグラドルに対して失礼』『何様のつもり』といった声が続出。その後、『文春オンライン』では『間違った情報で、関わった方やグラビアを見て応援して下さっている方達を悲しませてしまい本当に申し訳なく思っています』と、水着をやって後悔している訳ではないという釈明がなされたものの、一部ネット民には“火に油”で、『調子に乗るな』とまたしても炎上してしまいました」(芸能ライター)

しかしこの間、吉岡はドラマや映画、CMなど次々と大仕事が決まり、今年1月には『きみが心に棲みついた』(TBS系)で連ドラ初主演。7月期の『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)でも主演を務めると発表されており、今やトップ人気の若手女優へと成長した。

「演技仕事は別として、イメージが重視されるCMのオファーは、一定の同性人気も必要とされるところ。実際にアンチもいるにはいるでしょうが、ネット上で煽られているほど『女性に嫌われている』といったデータは存在しません。一部のバッシングは、人気タレントである以上、ある意味仕方のないところと割り切るしかないでしょう」(広告代理店関係者)

ところが、吉岡本人、あるいは周囲のスタッフは、この一部からのバッシングを相当意識してしまっているようだ。

「ここ最近、吉岡のインタビューを行う際、事前の取り決めとして『SNS』や『エゴサーチ』など、ネットを連想させる質問、というかワードを出すこと自体が、NG指定されているんです。所属事務所の意向なのか、吉岡本人の意向なのかは不明ですが、いずれにしても『さすがに気にしすぎでは』と、マスコミ関係者も苦笑していますよ」(テレビ局関係者)

前出の「Sheis」インタビューで吉岡は「今はSNS時代だから、本当にみんな自由奔放に言葉を発しているし、なかには『なんて品のない言葉だろう』と感じる発言もたくさんあります」と発言している。ネットバッシングに心を痛めているのは確かだろうが、ある程度は「職業病」として、割り切りも必要なところなのかもしれない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

ダメージジーンズを穿きこなす松本人志 六本木ヒルズで視線集める

ダメージジーンズを穿きこなす松本人志 六本木ヒルズで視線集める

目撃!ハリコミ24 六本木18時10分 ダメージジーンズを穿きこなす姿は、とても50代とは思えない若々しさだ 7月中旬の夕方6時頃、六本木ヒルズで金髪にサングラス姿の男性が、買い物客らの視線を集めていた。『ダウンタウン』の松本人志(54)である。 松本は、連れの男性と二人でエスカレーターを降りると、買い...
福田雄一監督から罵られた過去も 吉岡里帆の秘密とうわさ9選

福田雄一監督から罵られた過去も 吉岡里帆の秘密とうわさ9選

(全7枚) 女優として活躍の場を広げる吉岡里帆さん。テレビドラマや映画だけでなく、最近ではCMにもひっぱりだこ。今後も注目すべき女優のひとりだといえるでしょう。 吉岡里帆の知られざる秘密とうわさ9選 今回はそんな吉岡里帆さんの魅力をさらに伝えるべく、彼女のトリビアを厳選して大発表!知られざ...
「週刊少年マガジン」の32号 豪雨の影響を受けwebで無料公開へ

「週刊少年マガジン」の32号 豪雨の影響を受けwebで無料公開へ

講談社は19日、西日本を中心とした豪雨の影響で7月11日発売の『週刊少年マガジン』32号が、一部地域へ届けられない状況が続いていることを受け、同号をあす20日から31日までwebにて、特別無料公開することを発表した。 【表紙カット】デニムの肩出し衣装でカメラを見つめる吉岡里帆 詳細については、あす20...
加護亜依 隠し撮りされた夫とのキス写真を公開で「素敵」と反響

加護亜依 隠し撮りされた夫とのキス写真を公開で「素敵」と反響

元モーニング娘。でタレントの加護亜依(30)が15日、ブログとインスタグラムで夫とのキス写真を公開し、「暑い」「素敵」などと反響を呼んでいる。 加護は2016年8月に11歳年上の会社経営者と再婚し、17年2月に男児を出産。12年6月には前夫との間に長女を授かっており、2児のママ。 SN...
「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

大ヒット作の影響力 カンヌ映画祭の最高賞たるパルムドールに輝き、興行収入も40億円を超えたという。作品が高く評価され、ビジネスとしても大成功を収めた。現在もロングランが続く「万引き家族」[是枝裕和監督(56)/ギャガ]のことだ。 *** ここまでの“社会的現象”となると、映画を巡る言説もバラエテ...
ローラ、日本拠点報道に「ロスから日本に戻してないんだけどなぁ」

ローラ、日本拠点報道に「ロスから日本に戻してないんだけどなぁ」

モデルでタレントのローラが9日、ツイッターを更新し、一部週刊誌で拠点を米ロサンゼルスから日本に戻すと報じられたことに「拠点をロスから日本にしてないんだけどなぁ」と即、否定した。 ローラは現在、拠点をロスに構え、CMを中心に精力的に活動を行っている。そんな中、一部週刊誌でローラが国内で活...
吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

【吉本坂46/モデルプレス=8月7日】6日、秋元康氏がプロデュースするアイドルユニット「吉本坂46」の第五次オーディション合格者が発表された。 吉本坂46有力候補?自称「吉本の菜々緒」古川モカ、圧巻美ボディ&壮絶過去のギャップがすごい【注目の人物】 ◆第五次オーディション 第五次では「ダンス審査...
石原真理子 再出発の“野望”語る「HIKAKINに会いたい」

石原真理子 再出発の“野望”語る「HIKAKINに会いたい」

1980年代にテレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)などで一世を風靡した清純派女優・石原真理子(54)が『週刊ポスト』(2018年8月6日発売号)に登場。往年の姿と変わらぬ驚きの水着グラビアを披露し、話題となっている。 撮影は7月下旬、沖縄中部の海辺にあるプライベートコテージなどで2日間に渡って...
Koki,に続き木村拓哉の長女もデビューへ?時間の問題と噂

Koki,に続き木村拓哉の長女もデビューへ?時間の問題と噂

元SMAP・木村拓哉の次女のKoki,(以下コウキ=15)が高級ブランド「ブルガリ」のアンバサダーに日本人として初めて就任して世間を驚かせているが、その活動に感化されるように2歳上の長女のデビューも時間の問題では?と業界内でささやかれ始めている。 雑誌「エル・ジャポン」の表紙とグラビアを...
スタイリストが脱税疑惑で「廃業」ももクロのステージ衣装も手がける

スタイリストが脱税疑惑で「廃業」ももクロのステージ衣装も手がける

「A氏の会社にマルサが入ったのは今年2月頃でした。本人からも、関係各所に『迷惑をかけられない』と連絡があり、仕事はすべてキャンセル。その後、彼は関係者と連絡を断ち、SNSに鍵をかけて自らの存在を消したのです」(音楽関係者) 「正直、言います」発言炎上の真相……松井珠理奈に何が起こったのか? アイ...
黒船のイメージ壊すのが怖く友達作らなかった リア・ディゾンが当時を語る

黒船のイメージ壊すのが怖く友達作らなかった リア・ディゾンが当時を語る

2006年夏、「グラビア界の黒船」の鳴り物入りで来日し、その美貌とセクシーなグラビアで社会現象を巻き起こしたリア・ディゾンさん(31)。歌手としても活躍し、翌年末のNHK紅白歌合戦にスピード出場を果たすなど、まさに“黒船”級のインパクトだった。しかし、人気絶頂の08年に結婚と妊娠を発表。...
ドラマで実際に「丸刈り」に 女優やタレントたちの覚悟や気概

ドラマで実際に「丸刈り」に 女優やタレントたちの覚悟や気概

ドクターヘリに携わる医療関係者の葛藤と奮闘を描く映画『劇場版コード・ブルー』が公開中だ。主演の山下智久ら主人公5人の成長と絆が見どころだが、もう一つ注目を集めるのが女優・山谷花純の存在。結婚を控えた末期がん女性の役なのだが、これを実際に“丸刈り”で熱演しているのだ。“髪は女の命”という言葉に...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net