芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

フジテレビが幹事社の「万引き家族」日テレがとった対応策は?

フジテレビが幹事社の「万引き家族」日テレがとった対応策は?

今年5月に開催された第71回カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)を受賞した映画『万引き家族』(是枝裕和監督)。

今月8日、全国329館で公開され、週末3日間の興行収入が5億7814万円(8日〜10日)を記録。関係者もウハウハのロケットスタートを切った。

ところがこれを快く思っていない人々がいるという。関係者が耳打ちしてくる。

「この作品の幹事社はフジテレビなんです。当然、ライバル局は複雑です。テレビマンの心理は、分捕り合戦なんです。広告費の分捕り合戦、視聴率の分捕り合戦。全体で邦画を盛り上げようなんていう考え方はまったく持ち合わせていませんよ」

しかし今回、『万引き家族』と同日公開の『羊と鋼の森』の幹事社の日本テレビは、太っ腹の対応を取ったという。通常の規定を緩和するというお達しを現場に下ろしたという。

「他局が製作する映画ですから、企画的に取り上げるのはできないのですが、今回は世界的なニュースだけに、番組プロデューサーもどうしていいか迷っていたようです」

と楽屋裏を話すのは放送作家だ。

「局の方針としては、ニュースの大きさを考えて通常のレギュレーション(規制)を緩和するという形を表向きは取っていますが、その内容からはなんとも言えない複雑な心理が透けて見えますね。

というのも、監督や安藤さくらら出演者のインタビューに関しては、映画の公開週はオンエアしてはいけない、映画告知テロップは最小限に抑える、是枝監督の過去の作品については一切取り扱わない、といったものが含まれていたからです。何でもご自由に、とはいかないわけです。

『万引き家族』の宣伝の片棒は担げない、という日テレのプライドだと思いますが、なかなか微妙な緩和策だと思いましたね」

上場企業としては、自社の利益を優先するのは当然の判断だろう。

週末の興行収入ランキングで『万引き家族』は初登場1位、一方の『羊と鋼の森』は6位発進だった。

日本映画として21年ぶりのパルムドール獲得!という金看板は、やはり強力だ。

<取材・文/薮入うらら>

関連芸能ニュース

吉岡里帆もヒロイン落選の過去 朝ドラ脇役からブレイクした女優

吉岡里帆もヒロイン落選の過去 朝ドラ脇役からブレイクした女優

NHKの連続テレビ小説、通称「朝ドラ」といえば、人気女優の登竜門としておなじみの存在だ。2013年前期の朝ドラ『あまちゃん』(NHK)で主演を務めたのん(25・旧芸名、能年玲奈)のように、朝ドラの主演をきっかけに大ブレイクを果たした女優は数多い。 ただ、朝ドラで注目すべきなのは主役だけではない。主...
マスコミ嫌いが一変 樹木希林さんの意識を変えた内田裕也の言葉

マスコミ嫌いが一変 樹木希林さんの意識を変えた内田裕也の言葉

15日に死去した個性派大女優・樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さん(享年75)は演技力もさることながら、その人間性や生きざまも人々を魅了してやまなかった。そんな唯一無二の女優も、夫でロックンローラーの内田裕也(78)なくしては存在し得なかった。離婚騒動などすったもんだの末、40...
是枝裕和監督の「万引き家族」アカデミー賞外国語映画賞に出品へ

是枝裕和監督の「万引き家族」アカデミー賞外国語映画賞に出品へ

是枝裕和監督の映画『万引き家族』が、日本代表として第91回アカデミー賞外国語映画賞に出品されることが決まった。日本映画製作者連盟が発表した。 第71回カンヌ国際映画祭では最高賞にあたるパルムドールを受賞し、国内の興行収入は40億円を超える大ヒットとなっている同作。中国でも邦画実写作品で歴代ナン...
「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

「業者への貧相なイメージ」クリーニング業界が「万引き家族」に異論

大ヒット作の影響力 カンヌ映画祭の最高賞たるパルムドールに輝き、興行収入も40億円を超えたという。作品が高く評価され、ビジネスとしても大成功を収めた。現在もロングランが続く「万引き家族」[是枝裕和監督(56)/ギャガ]のことだ。 *** ここまでの“社会的現象”となると、映画を巡る言説もバラエテ...
北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

(全21枚) 吉永小百合、宮沢りえ、北大路欣也、中居正広、竹中直人、リリー・フランキー… 樹木さんの遺影は、娘・也哉子が最新映画の宣材写真から選んだもの。菊・胡蝶蘭・カスミソウ1200本が取り囲む 「空気が澄んでいて……なんだか希林さんらしいお葬式でした。最後にお会いしたのは、カンヌから一緒に帰国し...
木村拓哉「検察側の罪人」で好演も 日本アカデミー賞阻む「前科」

木村拓哉「検察側の罪人」で好演も 日本アカデミー賞阻む「前科」

(全2枚) 原点は2012年の“あの事件” 公開中の映画「検察側の住人」(原田眞人監督(69)/東宝)がヒット中だ。シネマトゥディは9月14日、「木村拓哉×二宮和也『検察側の罪人』興収20億円を突破」と報じた。記事では《40代〜60代を中心に、男女問わず多くの観客が劇場に足を運んでいる》と客層データを伝えてい...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net