芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

生放送中にハプニング お天気キャスター・松雪彩花の機転に称賛

生放送中にハプニング お天気キャスター・松雪彩花の機転に称賛 (全4枚)

生放送中に起きたハプニングをアドリブで回避したお天気キャスターに、機転が利いて可愛いと称賛の声があがっている。

ハプニングは、ウェザーニューズのインターネット気象情報番組「SOLiVE24」(4月16日から「ウェザーニュースLiVE」にリニューアル)の2月19日の放送中に発生した。この日のキャスターを務める松雪彩花さんが全国の天気を説明しようとするが、画面は真っ青。なかなか予定の画像が表示されない中、松雪キャスターは笑顔を絶やさず、「私だけ見えていないんですかねー」と考えているようなポーズをとったり、「ついにアイコンも透けてしまったのかと…」と話をつないだ。

さらに、ようやく出てきた全国の天気画像は、松雪キャスターよりも前面に表示された。これにも動じず松雪キャスターは、顔が北海道に被らないよう屈んで「それでは今日のお天気を見ていきましょう」と仕切り直したり、「今日は西日本を中心に曇りがついております」と画像の後ろから両手で西日本を指差したりとアドリブで対応。通常の画面に戻るまで、楽しく話し続けて切り抜けた。

この松雪キャスターの様子は、6月13日にTwitterで「アドリブ効かせて難なく回避しててめっちゃ可愛い」と拡散。笑顔を絶やさず機転を利かせる姿に、「不手際を隠したり誤魔化したりするんじゃなくて、それを逆手に楽しんでいるようにすら見えて素晴らしい」「頭いいってこういうこと!そして、頭よくてかわいいとか最強」「上手いトラブルでも全然動じてない、凄いなぁ」といった称賛の声が多数あがっている。

なお、松雪キャスターはかつて、同番組にゲスト出演したガチャピンが変色してしまうハプニングにも遭遇。この時も、「クロマキー合成」で青くなったり透けたりするガチャピンに慌てず進行する様子が話題になっていた。

生放送中にハプニング お天気キャスター・松雪彩花の機転に称賛 外部サイト 「なぜ投票用紙にQRコードが?」韓国の統一地方選挙、各地の投票会場でハプニング続出 今野杏南、放送事故レベルのハプニングスカートからチラ見え寸前 レシートを現金化できるアプリ大人気過ぎて1日でサービス一時停止 「放送事故」をもっと詳しく

くまモンが番組でイタズラも…県に苦情も寄せられ本人は反省 BIGBANGのV.Iの助言が話題にアイドルが放送事故を起こす前に「予言」 WannaOneが放送中に不満を連発「収入がない、寝る時間がない」

関連芸能ニュース

「スタジオに来てください」「あさパラ!」生放送で謎の女声

「スタジオに来てください」「あさパラ!」生放送で謎の女声

読売テレビの生番組「あさパラ!」(土曜、前9・25)で23日、ナゾの女声が流れるハプニングがあった。 コトが起きたのは、番組開始から13分後の午前9時38分から39分にかけて。サッカーW杯ロシア大会の日本対コロンビアで、日本の失点シーンを本日本代表GKの本並健治氏(54)が解説している...
久代萌美アナがワイドナショーの東野幸治に感謝 絶対に助け舟出してくれる

久代萌美アナがワイドナショーの東野幸治に感謝 絶対に助け舟出してくれる

2015年から始まった『さんまのお笑い向上委員会』で司会・明石家さんまのアシスタントを務める久代アナ。芸人同士のアドリブ合戦が続く同番組の進行は難しそうだが、そこにはさんまの温かいサポートがあるのだと話してくれた。(全3回の2回目#1、#3も公開中) 【写真】久代アナの写真(全8枚)を見る フジテ...
ドラマなどでもマルチな才能を発揮 女優業を評価された女性芸人たち

ドラマなどでもマルチな才能を発揮 女優業を評価された女性芸人たち

昨年12月23日に最終回が放送され、16.6%という高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した日曜劇場ドラマ『下町ロケット』(TBS系)。2日に放送された特別編も14.0%と好評。阿部寛や吉川晃司といったオジサン俳優の渋い名演が光る一方、確かな存在感を示していた女性が、ベンチャー企業の天才エン...
「50歳までには結婚したい」岡村隆史が交際報道の裏で本音か

「50歳までには結婚したい」岡村隆史が交際報道の裏で本音か

「順番に自己紹介をしてもらい、最後に矢部くんへ声をかけました。そうしたら岡村くんが立ち上がって『岡村隆史です』と横取り。矢部くんが怒って『お前ちゃうやろ!』と大声を浴びせたんです。みんなシーンとなってしまったのですが、私が『お前らコンビか?』と聞いたら『はい』と一言。すると教室中が爆笑...
広瀬すず大失態に落胆の声…下手すぎ紅白司会“後遺症”の重篤度

広瀬すず大失態に落胆の声…下手すぎ紅白司会“後遺症”の重篤度

やはりムリだったのか――。 姉のアリスと双璧…広瀬すずの“白目むき出し演技”が評判 平成最後の「NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務めた広瀬すず(20)に批判と落胆の声が上がっている。 リハーサルでの囲み取材からすでに極度の緊張に襲われていたのか、表情はガッチガチだった。 前日のリハでは、aikoの...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net