芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

落語芸術協会が新体制に移行 演芸評論家が明かした桂歌丸の現状

落語芸術協会が新体制に移行 演芸評論家が明かした桂歌丸の現状

先月から肺炎で入院中の落語家、桂歌丸(81)が会長を務める公益社団法人落語芸術協会で、会長にまつわる人事案が承認された。

「きのう15日に総会が行われました。会長はそのままです。副会長の三遊亭小遊三を会長代行に、理事の春風亭昇太を副会長心得にしたそうです。関係者によれば『それぞれ0・5ずつ上げて、万が一のときにもスムーズに政権移行ができる体制を取った』ということ」

ちなみに歌丸の体調はあまり思わしくないという。

「鼻から管を入れて酸素をとっていますが、それを吐く力がないので肺に二酸化炭素が溜まってしまう。飲み込む力も弱く、アイスクリームを食べて誤嚥したそうです。本人は『帰りたい』と言っていますが、医者は徹底的にやります、という姿勢。ベッドで寝たきりの時間が長く、足が細くなって、歩くためのリハビリも必要。長期入院になる見込みです」(演芸評論家)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「大きな穴が空いたみたい」桂歌丸さんの告別式で三遊亭小遊三が吐露

「大きな穴が空いたみたい」桂歌丸さんの告別式で三遊亭小遊三が吐露

慢性閉塞性肺疾患のため今月2日に81歳で亡くなった落語家の桂歌丸(本名椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、横浜市港北区の妙蓮寺で落語芸術協会(芸協)・椎名家合同でしめやかに営まれた。 告別式には芸能界、落語界から関係者や一般のファンを含め、2500人が参列した。落語芸術協会(...
桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を懐かしむ

桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を懐かしむ

今月2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家の桂歌丸さん(享年81)のお別れの会(告別式)が11日、横浜市内の妙蓮寺で営まれ、落語関係者や一般のファンらが多数出席した。 日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)で長らく共演していた落語家・林家木久扇(80)は、「笑点」代表として...
桂歌丸さんの通夜が家族葬で営まれる 大好きな緑色の着物姿で

桂歌丸さんの通夜が家族葬で営まれる 大好きな緑色の着物姿で

2日に慢性閉塞性肺疾患で亡くなった落語家、桂歌丸さん(享年81)の通夜が9日、横浜市内で執り行われた。 親族の意向で家族葬として営まれ、歌丸さんの師匠で芸協最高顧問の桂米丸(93)をはじめ、故人が会長を務めていた落語芸術協会理事のヨネスケ(桂米助、70)、最後の弟子となった桂枝太郎(40...
「ジジイ、早すぎるんだよ!」三遊亭円楽が笑点で涙の大喜利

「ジジイ、早すぎるんだよ!」三遊亭円楽が笑点で涙の大喜利

慢性閉塞性肺疾患のため今月2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)が50年にわたって出演した日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)が8日、歌丸さんの死去後初めて放送された。歌丸さんとの“バトル”が番組名物だった三遊亭円楽(68)は追悼大喜利で「最後に一言、言わせてください。...
元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

NHK新人落語大賞が22日、都内で行われ、世界のナベアツとして人気を博し、落語家に転身した桂三度が大賞に輝いた。 三度は90年代に山下しげのりとのコンビ・ジャリズムとして人気を得たが、解散(後に再結成したが三度の落語家転身にともない再び解散)。渡辺あつむとして個人で放送作家やタレントとし...
いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

いまや芸人が市場独占 悪役俳優が「絶滅」の危機か

ドラマでは悪役を専門とする役者はあまり見なくなり、今やその市場を独占しているのがお笑い芸人だ。コラムニストのペリー荻野さんがその事情について解説する。 *** 先日放送されたNHKBSプレミアム『たけしのこれがホントのニッポン芸能史』は悪役特集。Vシネマのレジェンド、小沢仁志が例の怖い顔としゃ...
歌丸さん直前までユーモア…最後の小言は

歌丸さん直前までユーモア…最後の小言は

2日に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患で亡くなった落語家桂歌丸さん(享年81)について、歌丸さんが会長を務めていた落語芸術協会(芸協)で会長代行を務める三遊亭小遊三(71)らが3日、芸協がある東京・西新宿の芸能花伝舎で会見した。病床でもユーモアを忘れなかった歌丸さんの姿が語られ、泣き笑いの...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net