芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手

NMB48のメンバーと当時の所属事務所である「KYORAKU吉本.ホールディングス株式会社」との間で、脱退後の芸能活動を一定期間禁じる契約が交わされていたことがわかった。6月16日(土)のネット生放送「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

【動画】復帰を諦める事例が続出……実際の契約書を入手

AKB48など他の姉妹グループとは異なり、NMB48のメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。週刊文春デジタル取材班は「専属契約書」の現物を入手。そこにはこのような条項があった。

〈本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

「まるで“奴隷契約”ですよ!2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた」(元NMBメンバー)

「脱退後の活動を禁止」NMB48「専属契約書」の現物を文春が入手
センターさや姉の流出防止策?©共同通信社

労働問題にくわしい都民総合法律事務所の中村剛弁護士が解説する。

「今年2月に公正取引委員会の有識者会議が報告書を公表し、タレントの事務所移籍を制限するのは独占禁止法違反にあたる可能性があると指摘しました。今後の指針を示した重要なガイドラインと言えます。昨夏に契約トラブルが報じられたタレントのローラさんの場合も2年間の活動禁止条項がありましたが、結局は今年4月に事務所と和解しています。憲法22条(職業選択の自由)に照らして拘束力を有さないという裁判例もある。NMBの契約内容も法的には同様に判断される可能性が高い」

週刊文春の取材に吉本興業の広報担当者は次のように回答した。

「NMBの契約書には確かにその条項があります。ですが、それを盾に取って活動を制限したことはありません。今年3月に入った子たちの契約にはその条項がありませんし、相談があれば、それ以前のメンバーも2年縛りはなくしています」

“奴隷契約書”の内容や元メンバーの肉声など、詳細は6月21日(木)発売の「週刊文春」で報じる。「週刊文春デジタル」では「直撃!週刊文春ライブ」有料パートで放送した関連動画等を同日朝5時に公開する。

(「週刊文春」編集部)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「水曜日のダウンタウン」企画で問題 ナダルが松本人志の指摘に不満

「水曜日のダウンタウン」企画で問題 ナダルが松本人志の指摘に不満

お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズが12日、東京ドームシティアトラクションズで行われたお化け屋敷『超・怨霊座敷』の記者発表会に出席。警視庁渋谷署から厳重注意を受けたTBS系バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』の連れ去りドッキリ企画でターゲットになっていたナダルは、関連記事に自身の写...
「文春総選挙1位」になった山本彩 「よくわかんないです」と困惑

「文春総選挙1位」になった山本彩 「よくわかんないです」と困惑

AKB48グループの選抜総選挙に2年連続で不出馬だったNMB48の山本彩さん(24)が、ラジオ番組で「文春砲」を警戒する一幕があった。 番組では、週刊文春のアンケート企画「オールタイム・ベストAKB総選挙」の結果に言及。このアンケートは「現役から卒業生までAKBグループに在籍したすべてのメンバーの中から『...
元NMB48須藤凜々花が生放送で爆弾発言 加藤浩次「激ヤバ」

元NMB48須藤凜々花が生放送で爆弾発言 加藤浩次「激ヤバ」

(全3枚) AbemaTVのレギュラー番組『極楽とんぼKAKERUTV』#51が、6月14日に放送された。 同番組は、極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱が、11年ぶりのコンビ活動復活後初となるテレビレギュラー番組で、毎週“KAKERU(かける)”をキーワードに、様々な企画を展開し、古き良きバラエティをお届けする1時間番組。 ...
積極的にグラビア活動 永尾まりやはAKB48卒業生の隠れた「勝ち組」?

積極的にグラビア活動 永尾まりやはAKB48卒業生の隠れた「勝ち組」?

多くのファン、芸能記者の予想を裏切り(?)、今やAKB48の“勝ち組筆頭”に躍り出たのは川栄李奈(23)である。2018年のCM女王の座といった声も聞こえる彼女だが、その陰には他の“隠れた勝ち組”“隠れた負け組”がいるという。 *** まず“隠れた勝ち組”について明かすのは、さる芸能ライターである。 「一部で...
高畑淳子、息子に残す「お母さんが死んだら見るノート」の存在告白

高畑淳子、息子に残す「お母さんが死んだら見るノート」の存在告白

女優の高畑淳子が、あす18日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜22:00〜)に出演する。 MCの梅沢富美男が、楽屋で聞いた面白そうなうわさ話を直接本人に聞いていく同番組。梅沢が高畑の“終活”に迫ると、高畑は、息子・裕太さんに残しているという「お母さんが...
島崎遥香、関ジャニ∞ファンへ投稿 「皆さんどうか笑って」

島崎遥香、関ジャニ∞ファンへ投稿 「皆さんどうか笑って」

【島崎遥香・関ジャニ∞/モデルプレス=7月17日】元AKB48で女優の島崎遥香が17日、自身のTwitterにて投稿した関ジャニ∞ファンに向けてのメッセージが話題になっている。 【さらに写真を見る】島崎遥香が関ジャニ∞のメンバーカラーを使って描いた7色のクラゲ 島崎は「私は元アイドルで最後のライブをしません...
Twitter仕様変更で芸能人らに影響 神谷えりなのフォロワー数は激減

Twitter仕様変更で芸能人らに影響 神谷えりなのフォロワー数は激減

Twitterがロックされたアカウントをフォロワー数に含めないようにする仕様変更を行った。これにより、芸能人では柏木由紀のフォロワーが5万人近く減るなど、多くのTwitterアカウントのフォロワー数が減少している。 Twitterは、長い期間活動の形跡がない場合や乗っ取られる危険性があると判断した場合に、アカ...
広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

広瀬香美の芸名使用禁止問題 弁護士が言及「認められない可能性が大」

シンガー・ソングライターの広瀬香美の独立問題を受け、菊地幸夫弁護士が3日、TBS系「アッコにおまかせ」に出演。前所属事務所「オフィスサーティー」が広瀬香美の芸名の使用禁止も求めていることに関して、「認められない可能性が大」と見解を示した。 タレントと所属事務所の契約について、菊地氏は「...
立ち振る舞いに変化?マツコ・デラックスの「業界ズレ」に指摘

立ち振る舞いに変化?マツコ・デラックスの「業界ズレ」に指摘

(全2枚) A……スポーツ紙記者アイドルから演歌歌手まで、芸能一筋20年超の芸能記者 B……週刊誌デスク日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通 C……WEBサイト記者通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける若手記者 有働由美子、争奪戦に勝利したのは...
ローラが契約問題で事務所と和解 公取委に目をつけられないためか

ローラが契約問題で事務所と和解 公取委に目をつけられないためか

契約問題で所属事務所と揉めているモデルでタレントのローラだが、和解して4月から活動を再開することを、発売中の「女性自身」(光文社)が報じている。 ローラと事務所の契約をめぐるトラブルは、昨年8月に一部報道で表面化。 ローラは7月にすでに親族が代表を務める個人事務所を設立。10月にはスポンサー各...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net