芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

山田ルイ53世「境遇には差」表舞台から消えた一発屋芸人のその後

山田ルイ53世「境遇には差」表舞台から消えた一発屋芸人のその後

とんでもない売れ方だった

―「♪なんでだろう〜」のテツandトモ、「残念、○○斬り!」の波田陽区……。

必殺ギャグで一世を風靡しながら、その後は勢いを失ってしまったかに見える「一発屋」と呼ばれる芸人たち。

この度「髭男爵」の山田ルイ53世が著した『一発屋芸人列伝』はブレイク前夜から現在まで、彼らの生きざまを、丹念に取材したノンフィクションです。一発屋というくくりでありながら、みんな個性豊かで読んでいてまったく飽きません。

いや、みんなホントに面白いんですよ。そもそもお笑い芸人って、ネタがかぶるのをすごく嫌う人種ですから、人生もオリジナリティにあふれている。だからこそ一発当てられるわけです。

それが、ピークをすぎると「一発屋」と名付けられて、よってたかって「オモロない」と言われてしまうのはすごく悲しい話です。

確かに、一発目のヒットはデカすぎたけれど、その後の彼らが「オモロない」というのは断じて違うぞ、ということが、この本で声を大にして言いたかったテーマのひとつです。

―ひとくくりに「一発当てた」といっても、いまの境遇にはずいぶん差がありますね。

一発のレベルにも差がありますからね。たとえば「フォー!」のレイザーラモンHGさんなんか、瞬間最大風速で言えば1じゃなくて2です。とんでもない売れかたでしたからね。あと、「そんなの関係ねぇ」の小島よしお君と、波田陽区も、みんな2です。

それに比べたら、ボクらの「ルネッサ〜ンス」なんかきっちり0・8(笑)、1ではない。ちなみに、1の基準となるのは我らの先達、「ゲッツ!」のダンディ坂野さんですね。「右から左へ受け流す」でお馴染みのムーディ勝山君も1でしょう。

ただし、程度の差こそあれ、みんな今でもしっかり食えている。当てた一発がデカいがゆえに世間からの認知度も高いので、ぜんぜん生きていけるんです。この本に出てくるなかで食えてないのは、ハローケイスケさんだけじゃないかな(笑)。

―それぞれの芸人さんの話に山田さんの軽やかなツッコミが入り楽しく読み進められますが、一方で「芸」に対する工夫や努力、ヒット終焉後の苦悩など、内面もしっかりと描き出していて、人間ドラマとしての読み応えもたっぷりです。

「一発屋」というと、変な声とか、奇妙な格好とか、そんなのだけで売れていると思われがちですが、実はみんな、笑いの基本はきっちり押さえている人たちです。

唯一、コウメ太夫さんだけは、天性の勘だけで突き進んでいるようなところがありますけど(笑)。

当然ですが、一発で表舞台から消えたいと思っている人間は誰もいません。一発当てた後も、みんな知恵を絞って新しいギャグを考えていて、同じ芸人の目から見ても、けっこう面白いネタもあったりする。

でも、世間は、「あのネタ」を超えるものを求めてくるので、もはや普通に面白いくらいでは満足してもらえない。それで、どんなネタを考えても、「面白くないヤツ」と思われてしまう。これは、経験しないとわからない苦しみです。

―「一発当てる」ことと、その後にやってくる苦しみ。なかなか真似できないような経験から、それぞれが独特の人生観を築いているのも本書の興味深いところです。

これは、ムーディ勝山君の名言なんですけれど、「一発屋という電車に乗ってしまうと、もう降りられない」。

まさに一度出発したら終着駅に着くまでどこの駅にも止まらない。本人の意思にかかわらず、流れが次第に大きくなっていって、激流の中を転がりまわるしかないんです。それで、気がついたら勢いを失って、河口でプカプカ浮いている(笑)。

世間から「一発屋」とくくられている芸人たちが、ひとりの人間として何を考えているのかを記録として残せたのは、良かったと思っています。

ひぐち君とのこと

―ご自身のコンビ「髭男爵」のことも取り上げていますね。相方のひぐち君への最初の印象は〈お笑いの才能、知識は素人同然の割に、自己主張が激しい厄介な年上〉とかなり厳しめです。

ホンマは、自分らのことなんか書きたくなかったんです。恥ずかしいじゃないですか。でも、編集の方から、「最後はお二人のことを書いてください」と言い渡されたんです。

確かに、人のことを書くのに、自分たちのことをさらさないというのもおかしな話だな、と。

それで、ひぐち君と出会ってからの顛末を思いのままに書いていったら、あんな具合になりました(笑)。

―「消えた」「死んだ」などと言われても、しぶとく、たくましく生きる芸人たちの姿。一冊読み通すと、なんだか元気をもらえます。

ボクら一発屋芸人は「溺れ方」の達人なんじゃないかと思うんです。言うなればこの本は、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライに続く「一発屋の泳法」という新しい泳ぎ方の実例書です。

最近は、「何億稼ぐ法則」とかいわば勝ち組のセオリーというか、「平均値」を書いたような本がよく売れていますけど、この本のほうがずっと実践的だと思います(笑)。

人間誰しも「あれ、急にうまくいかなくなったな」と感じるような、人生に溺れかける瞬間がある。そういう時にこの本をパラパラとめくっていただいて、「ああ、こんな人生もあるのか。俺も頑張るか」と思ってもらえたらうれしいです。

「一発」のあとも、人生はずっと続いていくわけですから……。(取材・文/堀井憲一郎)

『週刊現代』2018年6月30日号より

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

高嶋ちさ子が炎上キャラから一転して好感度上昇、 バラエティにおける“正論が言える人”の必要性

高嶋ちさ子が炎上キャラから一転して好感度上昇、 バラエティにおける“正論が言える人”の必要性

歯に衣着せぬ物言いでバラエティ番組を席巻しているヴァイオリニストの高嶋ちさ子。MCを務めた特番『有田哲平と高嶋ちさ子の明日は我がミーティング』(TBS系)では、矢沢心の夫である魔裟斗の亭主関白ぶりに、「人間が小さい」、「(一緒に暮らしたら)2日目には刺し違えている」と罵倒して話題になった。言...
拠点を福岡に移した波田陽区 レギュラー番組8本を持つ大活躍

拠点を福岡に移した波田陽区 レギュラー番組8本を持つ大活躍

『発注歓迎!リベンジャーズ#5』がAbemaTVで放送され、次長課長・河本準一が話題の中国人美女、ロン・モンロウ(龍夢柔/栗子)と過酷ロケに挑んだ。 今回の『発注歓迎!リベンジャーズ』では、河本が万歩計をつけ、1000歩以内で日本本土の最西端、1300km離れた長崎県・佐世保を目指す。旅は“日本のへそ”とも...
投稿動画で復活の兆し ヒロシが徹子の部屋で1人キャンプ再現

投稿動画で復活の兆し ヒロシが徹子の部屋で1人キャンプ再現

2005年に「ヒロシです……」のネタで一世を風靡した芸人のヒロシが、11月6日(火)放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系、毎週月曜〜金曜12:00〜)に出演する。 ブレイク前は家賃3万円のアパートに住んでいたヒロシ。なんと野良犬が寝ていたこともあったとか。その後「ヒロシです……」のネタでブレイク後は、最高...
一発屋としての意識を 鬼龍院翔の記憶に残り続ける三木道三の言葉

一発屋としての意識を 鬼龍院翔の記憶に残り続ける三木道三の言葉

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(34歳)が、10月29日に放送されたトーク番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演。2001年に大ブレイクしたレゲエアーティストの三木道三(※現在はDOZAN11として活動)について語る一幕があった。 この日、“ホームランシンガー”、つまり一発屋としてゲストに登...
有吉弘行に見るブレイクネタを捨てる勇気 芸人は断捨離は必要か

有吉弘行に見るブレイクネタを捨てる勇気 芸人は断捨離は必要か

先日、平野ノラがワコールの下着モデルに起用され、その変貌ぶりが話題となった。昨今、平野は代名詞たる“バブルスタイル”をあえて封印し、積極的なキャラ転換を打ち出することで高評価を得ている。一方で、TV露出が減った“一発屋芸人”たちが地道な営業活動で奮闘し、高収入を得ていることもTVなどで度々取り...
昨今の一発屋芸人はベテランばかり?芸とキャラクターの違い

昨今の一発屋芸人はベテランばかり?芸とキャラクターの違い

(全2枚) 「一発屋芸人」で思い浮かぶのは、ダンディ坂野(51才)、テツandトモ、小島よしお(37才)、ムーディ勝山(38才)ら、中堅からベテランの芸人ばかり。以前と比べると、一発屋芸人と呼ばれる人たちはあまり生まれていない。いったいなぜか?突き詰めると、そこから意外な真相が見えてきた。上智大学文...
エンタの神様の独自演出が嫌だった アンジャッシュ・渡部建が語る

エンタの神様の独自演出が嫌だった アンジャッシュ・渡部建が語る

アンジャッシュが、3月24日(土)放送の「エンタの神様大爆笑の最強ネタ大大連発SP」(夜7:00-8:54日本テレビ系)で出演130回目を達成する(※アーカイブ放送を含む)。 【写真を見る】「エンタの神様」の舞台で爆笑を量産するアンジャッシュ!/(C)NTV 「エンタの神様」は2003年4月19日にスタートして以来、今回で放...
一発屋芸人の現在に迫る特集が放送 露出減も意外と高収入?

一発屋芸人の現在に迫る特集が放送 露出減も意外と高収入?

16日放送のTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)で一発屋芸人の現在に迫る特集が放送され、AMEMIYA(39)、ねづっち(43)、「天津」木村卓寛(42)、波田陽区(43)らがVTR出演。現在の月収や生活について語った。 「冷やし中華はじめました」のフレーズで大ブレイクを果たしたA...
カンニング竹山がYouTuberデビュー 再生回数伸びず「恥ずかしい」

カンニング竹山がYouTuberデビュー 再生回数伸びず「恥ずかしい」

芸人のカンニング竹山が人知れずYouTuberデビューを果たしていた。 11日に自身のYouTubeチャンネルを開設し、YouTuberに転向する意向を示した梅宮アンナをはじめ、芸人のねづっちや波田陽区、元プロ野球選手でタレントの板東英二や所ジョージなど、今や芸能人たちのYouTubeへの“逆参戦”はとどまるところを知...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net