芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

誘拐を美化と批判 放送を中止したドラマ「幸色のワンルーム」の内容

誘拐を美化と批判 放送を中止したドラマ「幸色のワンルーム」の内容 テレビ朝日が、6月18日に放送中止を発表したドラマ『幸色(さちいろ)のワンルーム』。7月から放送する予定だったのが、「誘拐を美化している」などの批判が寄せられたために、異例の中止を決定したのです。一方、制作した大阪・朝日放送(ABC)では7月から予定通り放送します。

ドラマの原作は、「はくり」さんによる同名漫画で、2017年2月から無料漫画サイト「ガンガンpixiv」で連載されて大きな話題を呼びました。累計閲覧数は2億回を突破し、コミックス1〜4巻は累計75万部とか。

実は、漫画自体もネットで賛否両論だったのですが、それほど危険な作品なのでしょうか?

少女漫画マイスターで『少女マンガで読み解く乙女心のツボ』著者である和久井香菜子さんに、漫画を全巻読んで批評してもらいました(以下、和久井さんの寄稿)。

◆『幸色のワンルーム』の何が批判されているのか
まず、『幸色のワンルーム』は、どんなお話なのでしょうか。

【以下、軽くネタバレを含みます】

中学2年生の×××は“お兄さん”に“誘拐”されて、彼の部屋に住んでいます。彼女は実の両親から虐待を受け、学校ではいじめられていて、全身生傷だらけ。×××はお兄さんに新しく「幸(さち)」という名前をつけてもらい、2人はかけがえのないパートナーとして暮らし始めます。

そうしてストーリーが進むごとに、お兄さんと幸の過去や、彼らがどんな闇を抱えているのかが少しずつ明かされていくのです。

作品に対して批判的なコメントを読んでみると、「実際にあった、ある誘拐監禁事件をモデルにしている」(作者は否定)、「被害者が幸せを感じるのは、誘拐を美化している」という点が批判の的のようです。

一方で擁護派は、「フィクションで、実際の事件とは関係ない」「ちゃんと読めば誘拐を美化などしていない」と反論。ネット上では今も議論が続いています。

作品を読んでみると、ストーリーのテーマは「孤独」や「自分の居場所」といったとても現代らしいもので、決して誘拐そのものではないことがわかります。

◆そもそも「誘拐」してないことが第4巻でわかる
そもそも、この話は「誘拐」とは言い難いのです。

第1巻の冒頭からすでに「ワンルーム」に2人がいる場面で、「誘拐した」という言葉が使われてはいますが、その経緯はずっと明かされません。第4巻でようやく、お兄さんが幸を「誘拐」する場面が再現されます。それはこんな場面です――。

人生に絶望した幸が、川に身を投げて自殺をしようとしたところを見かけたお兄さんは、幸に声をかけます。「僕は君のストーカーだ」「家庭のことも学校のこともなんとなく察してる」「だから、死なれるくらいなら君を誘拐しようと思う」と言って手を差し伸べます。すると、お兄さんの予想に反して幸は「本当ですか!!」と満面の笑みを見せます。「じゃあ、私のこと助けてくれるんですね!!」と。

お兄さんは幸になにかを強要することも、脅して言うことを聞かせることも、自由を奪うこともしません。つまり冒頭でお兄さんが「誘拐」と言っているのは、単なるレトリックとして、この単語を使っているだけなのです。2人のセリフから「誘拐」という言葉を消すと、外を堂々と歩けないこと以外、誘拐要素はひとつもありません。誘拐というよりは「逃亡」に近い。

作品を分解すると「誘拐された女の子が幸せそうなのはなぜ?」というギャップで読者の興味を引き、2人が想い合うさまを描いたあとには、2人の関係の障壁として「誘拐」という設定が使われていると言えます。

◆虐待、いじめ、孤独…今風のテーマを詰め込んだ作品
ところで、過去に誘拐を扱った少女マンガはいくつかあります。
1 2 次へ 誘拐を美化と批判 放送を中止したドラマ「幸色のワンルーム」の内容 「ドラマの話題」をもっと詳しく

「ブラックペアン」最終回を二宮和也が予告「衝撃的な展開」 二宮和也、「ブラックペアン」撮影中に身内を亡くしていた ブラックペアン集合写真、二宮和也に違和感「身長差がエグすぎる」

関連芸能ニュース

元カレを語った水卜麻美アナ「いまも仲いいし無駄じゃなかった」

元カレを語った水卜麻美アナ「いまも仲いいし無駄じゃなかった」

15日放送の日本テレビ系「幸せ!ボンビーガール」(水曜・後9時)では、新企画「ワンルーム女子会」がスタートした。同コーナーは、同局・水卜麻美アナウンサー(30)が独り暮らしボンビーガールのワンルームを訪問し、2人で調理した激安の夕食を囲みながら女子会を開くというもの。 水卜アナがまず向...
深田恭子が不動産会社会長と密会 自らのマンションへ

深田恭子が不動産会社会長と密会 自らのマンションへ

1月7日の夜、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の収録が東京郊外で行われていた。ヒロイン役の深田恭子(36才)は、撮影の合間、少しでも時間ができるとスマホを取り出し、人目を避けるようにしてメッセージを打ち込んでいる。かと思うと、時計を見上げ、目を伏せる。誰かを待たせているのか、時間...
羽田圭介氏、芥川賞受賞で生活激変 家賃24万円のタワーマンション

羽田圭介氏、芥川賞受賞で生活激変 家賃24万円のタワーマンション

芥川賞作家の羽田圭介が、11日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。現在の暮らしについて語った。 2015年、『スクラップ・アンド・ピルド』で芥川賞を受賞した羽田。当時は東京渋谷区笹塚の7万5千円のワンルームマンションだったが、それから3年後、現在の彼の住まいは都内のタワーマンシ...
Hey!Say!JUMPの岡本圭人に彼女の噂 留学先の様子に心配の声も

Hey!Say!JUMPの岡本圭人に彼女の噂 留学先の様子に心配の声も

「授業もときどきサボっているみたいだし、来てもあんまり真剣に聞いていないそうです。そんな甘い態度では、卒業するのは難しいと思いますよ」(岡本が通う学校関係者) 【写真】上智大学在学中だったころの岡本 今年9月から、アメリカの演劇学校『アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ』の...
秋元杏月が意欲「体操のお姉さん」が誕生した理由

秋元杏月が意欲「体操のお姉さん」が誕生した理由

NHKは18日、Eテレ「おかあさんといっしょ」(月〜土曜午前8時)に、4月から、体操のお姉さんを初めて起用すると発表した。東京・渋谷の同局で、初代となる新体操の経験が13年ある秋元杏月(年齢非公表)が会見した。また、第11代体操のお兄さんの小林よしひさ(年齢非公表)が3月で卒業し、第12代を務める順大...
第12代体操のお兄さんはスポーツ博士?異色の経歴が発覚

第12代体操のお兄さんはスポーツ博士?異色の経歴が発覚

NHK・Eテレ『おかあさんといっしょ』(月〜土前8:00、午後に再放送)の出演者交代会見が18日、東京・渋谷のNHK内で行われた。第11代体操のお兄さんを務めていた小林よしひさ、パント!のお姉さんを務めていた上原りさが3月末をもって卒業。これに伴い、4月から登場する第12代体操のお兄さんとして、3月に順天...
SILVA 再婚夫との婚前契約「互いを平等に近い形で尊重」…34項目

SILVA 再婚夫との婚前契約「互いを平等に近い形で尊重」…34項目

歌手のSILVA(43)が18日、ブログを更新し、2015年に再婚した1歳上の会社員の夫と交わした婚前契約について説明し、大切さのススメを説いた。 SILVAは27歳の時に一度結婚したが、3カ月で離婚。15年に再婚した夫との間には同年12月23日、第1子長女が誕生している。 この日、「婚...
「おかあさんといっしょ」よしお兄さん3月末で卒業 歴代最長の14年

「おかあさんといっしょ」よしお兄さん3月末で卒業 歴代最長の14年

NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」(月〜土曜前8・00)の出演者交代発表会見が18日、東京・渋谷の同局で行われ、「11代目体操のお兄さん」を14年間務めてきた小林よしひさ(37)が3月末で番組を卒業することが発表された。 小林は前任で“ひろみちおにいさん”の愛称で知られるタレントの佐...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net