芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

誘拐を美化と批判 放送を中止したドラマ「幸色のワンルーム」の内容

誘拐を美化と批判 放送を中止したドラマ「幸色のワンルーム」の内容 テレビ朝日が、6月18日に放送中止を発表したドラマ『幸色(さちいろ)のワンルーム』。7月から放送する予定だったのが、「誘拐を美化している」などの批判が寄せられたために、異例の中止を決定したのです。一方、制作した大阪・朝日放送(ABC)では7月から予定通り放送します。

ドラマの原作は、「はくり」さんによる同名漫画で、2017年2月から無料漫画サイト「ガンガンpixiv」で連載されて大きな話題を呼びました。累計閲覧数は2億回を突破し、コミックス1〜4巻は累計75万部とか。

実は、漫画自体もネットで賛否両論だったのですが、それほど危険な作品なのでしょうか?

少女漫画マイスターで『少女マンガで読み解く乙女心のツボ』著者である和久井香菜子さんに、漫画を全巻読んで批評してもらいました(以下、和久井さんの寄稿)。

◆『幸色のワンルーム』の何が批判されているのか
まず、『幸色のワンルーム』は、どんなお話なのでしょうか。

【以下、軽くネタバレを含みます】

中学2年生の×××は“お兄さん”に“誘拐”されて、彼の部屋に住んでいます。彼女は実の両親から虐待を受け、学校ではいじめられていて、全身生傷だらけ。×××はお兄さんに新しく「幸(さち)」という名前をつけてもらい、2人はかけがえのないパートナーとして暮らし始めます。

そうしてストーリーが進むごとに、お兄さんと幸の過去や、彼らがどんな闇を抱えているのかが少しずつ明かされていくのです。

作品に対して批判的なコメントを読んでみると、「実際にあった、ある誘拐監禁事件をモデルにしている」(作者は否定)、「被害者が幸せを感じるのは、誘拐を美化している」という点が批判の的のようです。

一方で擁護派は、「フィクションで、実際の事件とは関係ない」「ちゃんと読めば誘拐を美化などしていない」と反論。ネット上では今も議論が続いています。

作品を読んでみると、ストーリーのテーマは「孤独」や「自分の居場所」といったとても現代らしいもので、決して誘拐そのものではないことがわかります。

◆そもそも「誘拐」してないことが第4巻でわかる
そもそも、この話は「誘拐」とは言い難いのです。

第1巻の冒頭からすでに「ワンルーム」に2人がいる場面で、「誘拐した」という言葉が使われてはいますが、その経緯はずっと明かされません。第4巻でようやく、お兄さんが幸を「誘拐」する場面が再現されます。それはこんな場面です――。

人生に絶望した幸が、川に身を投げて自殺をしようとしたところを見かけたお兄さんは、幸に声をかけます。「僕は君のストーカーだ」「家庭のことも学校のこともなんとなく察してる」「だから、死なれるくらいなら君を誘拐しようと思う」と言って手を差し伸べます。すると、お兄さんの予想に反して幸は「本当ですか!!」と満面の笑みを見せます。「じゃあ、私のこと助けてくれるんですね!!」と。

お兄さんは幸になにかを強要することも、脅して言うことを聞かせることも、自由を奪うこともしません。つまり冒頭でお兄さんが「誘拐」と言っているのは、単なるレトリックとして、この単語を使っているだけなのです。2人のセリフから「誘拐」という言葉を消すと、外を堂々と歩けないこと以外、誘拐要素はひとつもありません。誘拐というよりは「逃亡」に近い。

作品を分解すると「誘拐された女の子が幸せそうなのはなぜ?」というギャップで読者の興味を引き、2人が想い合うさまを描いたあとには、2人の関係の障壁として「誘拐」という設定が使われていると言えます。

◆虐待、いじめ、孤独…今風のテーマを詰め込んだ作品
ところで、過去に誘拐を扱った少女マンガはいくつかあります。
1 2 次へ 誘拐を美化と批判 放送を中止したドラマ「幸色のワンルーム」の内容 「ドラマの話題」をもっと詳しく

「ブラックペアン」最終回を二宮和也が予告「衝撃的な展開」 二宮和也、「ブラックペアン」撮影中に身内を亡くしていた ブラックペアン集合写真、二宮和也に違和感「身長差がエグすぎる」

関連芸能ニュース

カラテカ矢部太郎「大家さん」へ感謝「言葉の意味と重みを」

カラテカ矢部太郎「大家さん」へ感謝「言葉の意味と重みを」

お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎(41)が26日、、日本テレビ系「24時間テレビ41人生を変えてくれた人」に生出演。亡くなった“大家さん”への思いを語りながら号泣した。 矢部は23日、自身のツイッターでマンガデビュー作となった「大家さんと僕」の登場人物である大家さんが亡くなったことを伝...
元テレビ朝日アナの佐々木正洋 フリー転身で給料は半分になる大失敗

元テレビ朝日アナの佐々木正洋 フリー転身で給料は半分になる大失敗

元テレビ朝日で現在はフリーアナウンサーの佐々木正洋(64)が10日、TBS系「爆報!THEフライデー」に出演。2012年、「1億(円)稼ぐ」と豪語し、テレ朝を退社したが、当初の目論見は外れ、収入はテレ朝時代の半分になってしまったことを明かした。 佐々木は1977年、テレ朝入社。83年、...
実は貯金もしっかり スギちゃんが振り返る貧乏だった下積み生活

実は貯金もしっかり スギちゃんが振り返る貧乏だった下積み生活

下積みが17年ありましたから、貧乏生活はしました。でも、アルバイトしていたし、お金をあまり使わなくて、実は貯金もずっとしてました(笑い)。 だから、親に仕送りを頼んだことはないし、他人に借金をしたことはありません。 子供の頃からお笑いをやりたくて、まずお金を貯めてから、好きだったオール阪...
生放送のお笑い番組で露骨な下ネタ 朝日放送社長は規制かけず

生放送のお笑い番組で露骨な下ネタ 朝日放送社長は規制かけず

大阪・朝日放送グループ社長会見が10日、大阪市内の同局で行われた。 同局で8日に生放送された「第39回ABCお笑いグランプリ」決勝で、男女お笑いコンビ「蛙亭」の中野周平(27)が、相方・岩倉美里(28)の盛りに盛った胸をもみしだくというネタを繰り出した。 コンプライアンスが厳しく叫ばれる...
中野美奈子や菊川怜 小倉智昭が歴代女性キャスターとの不仲説に言及

中野美奈子や菊川怜 小倉智昭が歴代女性キャスターとの不仲説に言及

<フジテレビ系「情報プレゼンターとくダネ!」放送5000回(2)> 17日に放送5000回を迎える、フジテレビ系「情報プレゼンターとくダネ!」(月〜金曜午前8時)の司会を務める小倉智昭キャスター(71)が14日、会見した。パートナーを務めた歴代女性キャスターとの不仲説について答えた。 小倉キャスターは隣...
山崎夕貴アナのオンエア外での大活躍 失われない「製作側感」

山崎夕貴アナのオンエア外での大活躍 失われない「製作側感」

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第56回は山名宏和が担当します。山崎夕貴様 今回、勝手に表...
タクシーに乗っていた小栗旬 運転手が「この辺に小栗旬住んでるよ」

タクシーに乗っていた小栗旬 運転手が「この辺に小栗旬住んでるよ」

小栗旬が、14日放送の『巷の噺』(テレビ東京系)に出演。タクシー運転手から言われた衝撃の一言を明かした。 ある日、タクシーに乗って自宅へ帰る途中だったという小栗。だがその時、運転手から、「お兄さん、知ってるかどうか分かんないけど、この辺小栗旬住んでるよ」と言われたという。 当の小栗は「あ...
吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

【吉本坂46/モデルプレス=8月7日】6日、秋元康氏がプロデュースするアイドルユニット「吉本坂46」の第五次オーディション合格者が発表された。 吉本坂46有力候補?自称「吉本の菜々緒」古川モカ、圧巻美ボディ&壮絶過去のギャップがすごい【注目の人物】 ◆第五次オーディション 第五次では「ダンス審査...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net