芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

探偵!ナイトスクープの神回「レイテ島からのハガキ」の舞台裏

探偵!ナイトスクープの神回「レイテ島からのハガキ」の舞台裏

「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送テレビ)は、関西人にはおなじみの人気番組です。視聴者からの素朴な依頼を、タレントの探偵たちが大真面目に調べる中で、思わぬ出会いが生まれます。そんな「神回」の一つが「レイテ島からのハガキ」です。消えかけた文字……遺跡発掘のエキスパートの協力で浮かび上がった父の思い。出演者も視聴者も涙なしには見られなかった番組の舞台裏を聞きました。(朝日新聞橿原支局・田中祐也)

【画像】関西人を泣かせた名シーン、文字解読の瞬間、出演者全員の目に涙が…「レイテ島からの手紙」全文も

5千件から選ばれた「ベスト6」

「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送テレビ)は、放送後にインターネットなどで大きな話題になる「神回」と呼ばれる依頼があります。

2011年に放送された「レイテ島からのハガキ」は、戦争で引き裂かれた親子の絆をつなぐ唯一の手がかりの「ハガキ」をめぐる話です。

今年、番組開始30周年を記念して、5千件の依頼から選んだ「神回」のベスト6に入りました。

何度も何度も読んで消えかけた文字

依頼は、60歳代の男性からでした。フィリピン・レイテ島に出征し、戦死した父は、自分が母のおなかにいることを知っていたのかという内容です。

ヒントは、父が戦地から送ったハガキに書かれた文字。「身重」とも読めそうですが、消えかかっていてはっきりとわかりません。

依頼者の母親が何度も読み返したため、薄くなってしまったようです。その母親が亡くなり、遺品を整理していたところ、このハガキが見つかりました。

最後にやって来た奈良文化財研究所

この日の探偵役のタレントは麒麟の田村裕さんでした。田村探偵と依頼者は、ハガキを拡大コピーしたり、写真の専門学校などに持ち込んだりしたが、解読できません。

とくに最後の4行は字がほとんど消えかかっていて、まったくわかりませんでした。

そして、最後にやって来たのが、奈良文化財研究所でした。

普段の相手は「平城京の木簡」

奈良文化財研究所とは、奈良県内にある飛鳥宮、藤原宮、平城宮の古代の都を発掘調査している機関です。通称、奈文研(なぶんけん)と呼ばれています。

当時、奈文研の担当者として対応したのが番組にも出演した馬場基(はじめ)さん(45)でした。

馬場さんは平城宮跡の発掘調査や木簡などの出土品の分析、日本史や東アジア史の研究などを行う研究者です。

「鉛筆で文字が書かれているのを見たとき、何とかなるかもしれない」と思ったそうです。赤外線を当てて鉛筆の炭素の成分を強調させれば、解読ができると考えました。

職員「供養だから、しっかりやろう」

それは、平城宮跡などで出土する木簡の、ほぼ消えかかった文字を解読するときの手法でした。

奈文研写真室の職員が、ハガキを赤外線撮影し、光の色やあて方を変えて撮影した複数の写真を合成することで、ハガキの文字を浮き上がらせることに成功しました。

馬場さんによると、赤外線撮影の技術が進歩していたことが大きかったようです。「もう少し昔だったら無理だったでしょう」と話していました。

田村探偵と依頼者が平城宮跡で待機する間、ハガキの文字を、木簡の文字や古文書を読む職員も協力し、一文字ずつ判読していきました。

職員らは「供養だから、しっかりやろう」と声を掛け合っていたそうです。なんとか依頼者の思いに応えたいという一心だったのでしょう。

「やっぱりわかってくれたんですね」

そして、奈文研に戻ってきた田村探偵と依頼者の前で、馬場さんはハガキのほぼ全文を解読できたと伝えます。

そこには「身重」「妊娠の妻」という言葉がはっきりと書かれていました。ほとんど読めなかった最後の4行には、依頼者の父親が母親に送った辞世の歌が書かれていました。

ハガキを読みながら、依頼者の男性は「やっぱり(父は)わかってくれたんですね」と涙をぬぐいました。

その様子を見た馬場さんも思わずもらい泣き。その様子も放映されました。

「自分の役割を果たせてホッとしたときに依頼者の涙を見てしまったので」と照れ笑いを浮かべ、振り返りました。

「自分の経験と重ねた人の心に残った」

馬場さんは奈文研の研究者として、NHKの「ブラタモリ」や「探検バクモン」などにも出演しています。

それでも、今も街中で「レイテ島のハガキ」のことで声をかけられることがあるそうです。「探偵!ナイトスクープ」が人気番組だからという理由だけではないと馬場さんは思っています。

「依頼者と似たような経験をした人は、世の中にはたくさんいる。自分の経験と重ねた人の心に残っていたのではないでしょうか」。実は、馬場さんの祖父も戦時中にフィリピンで亡くなっています。

取材を終えて

日本に残した妻と、おなかにいた子どもを案じながら戦地で亡くなった父親。戦後、母親は夫からのハガキを大切に保管し、子どもを育てました。

依頼者の男性の真相を知りたいという切なる思いに、奈文研の馬場さんらが応えようとする様子が、視聴者の心に響き、「レイテ島のハガキ」は「神回」になりました。

「探偵!ナイトスクープ」が30年も変わらず愛される理由も、このプロには出せない「素人力」にあります。依頼者や馬場さんが思わず流した涙に、多くの人が共感したはずです。

文字の解読を依頼されただけの馬場さんが、依頼者の涙にもらい泣きをした場面をきっちりと抑え、放映する。素人の持つ力を最大限に引き出す番組作りが、関西人に愛される理由なのではないでしょうか。

激しい視聴率の競争の中にある民放のバラエティー番組の中で「探偵!ナイトスクープ」が異色の存在なのは、すべての出発点が、素人である視聴者の身近な悩みや素朴な疑問から始まっていることです。

ベスト10入りした「神回」には、「レイテ島のハガキ」以外にも、「23年間会話のない夫婦」や「泥酔する父親に悩む家族」などがランクインしました。どちらも家族という身近な問題に、「探偵!ナイトスクープ」ならではの切り口で問題解決を迫る展開が魅力的です。

「神回」のように、地上波のテレビ番組が、ツイッターやインターネットで話題になることで新たな魅力が発見されることも少なくありません。

「探偵!ナイトスクープ」の人気の理由。それは単に笑いを追求するだけでなく、依頼者に真剣に寄り添い、一見すると馬鹿らしいと思えることでも全力で取り組む姿勢が、視聴者の心に刺さっているのかもしれません。

関連芸能ニュース

小島瑠璃子がさすがの仕事ぶり「探偵!ナイトスクープ」で見習い秘書に

小島瑠璃子がさすがの仕事ぶり「探偵!ナイトスクープ」で見習い秘書に

タレントの小島瑠璃子(24歳)が、バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)に「見習い秘書」として出演。さすがの安定感を見せた。 この日の番組冒頭、小島は「出れて本当に嬉しいです」と感情のこもった挨拶を行い、一つ目の依頼である「思春期に入りかけた息子を人間椅子となって抱きしめたい母...
「探偵!ナイトスクープ」 毎回変わる「見習い秘書」に志願者が相次ぐ

「探偵!ナイトスクープ」 毎回変わる「見習い秘書」に志願者が相次ぐ

女優・本仮屋ユイカ(30)と、高橋ひかる(16)が26日、大阪・ABCで行われた「探偵!ナイトスクープ」(関西地区は金曜、午後11・17)の2本収録に「見習い秘書」としてそれぞれ参加した。3代目秘書の松尾依里佳(34)が卒業し、当面、毎回違う「見習い−」が登場することになったが、同局によ...
「探偵!ナイトスクープ」松尾依里佳が卒業 歴代秘書は不幸続きか

「探偵!ナイトスクープ」松尾依里佳が卒業 歴代秘書は不幸続きか

人気番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送系)で長らく秘書を務めていたバイオリニストの松尾依里佳が卒業を発表した。松尾は2010年から7年半にわたって同番組の秘書を務めてきたが、来年2月に出産を控えているため、このタイミングでの降板となった。 松尾は同番組の三代目秘書である。初代、二代目の秘書は...
「探偵!ナイトスクープ」 3代目秘書の松尾依里佳が卒業

「探偵!ナイトスクープ」 3代目秘書の松尾依里佳が卒業

バイオリニストでタレントの松尾依里佳(33)が18日、ブログを更新し、大阪・朝日放送(ABC)の名物番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜、午後11・17)の秘書を卒業することを発表した。 松尾は2010年9月から7年超にわたり3代目秘書を務めていた。2015年10月に一般男性と結婚。来年...
「探偵!ナイトスクープ」に出演「神童」たちの現在

「探偵!ナイトスクープ」に出演「神童」たちの現在

自宅に1000種類のきのこがある和田くん 「世のため、人のため、公序良俗と安寧秩序を守るべく、この世のあらゆる事どもを徹底的に追求する娯楽番組」 そんな壮大なテーマのもと、納豆風呂に入る少年からギャラクシー賞受賞作品まで、30年にわたり大阪から発信してきた『探偵!ナイトスクープ』。関係者たちが...
「探偵!ナイトスクープ」4位まで発表されたオールタイムベスト10に反響

「探偵!ナイトスクープ」4位まで発表されたオールタイムベスト10に反響

1988年の3月5日に放送開始となった人気バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」(朝日放送)が、今年で記念すべき30周年を迎え、2週連続で「探偵!ナイトスクープ30周年記念!視聴者が選ぶオールタイムベスト10」を放送。1週目となる3月30日の放送では、10位から4位までの依頼が紹介された。 番組では、ナイ...
菅田将暉、中村倫也の「素敵な言葉」に半泣き 「マジで救われて」

菅田将暉、中村倫也の「素敵な言葉」に半泣き 「マジで救われて」

8日深夜に放送されたニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に出演した菅田将暉が、中村倫也とのエピソードを披露した。 【写真】福山雅治と菅田将暉ラジオ初共演で弾き語りスペシャルセッションを披露 来週の同番組のゲストが同じ事務所に所属する中村だと発表した菅田は「昔から僕はお世話になって...
「半分、青い。」は視聴者から嫌われていた?脚本家のTwitterが原因か

「半分、青い。」は視聴者から嫌われていた?脚本家のTwitterが原因か

10月1日にスタートしたNHK連続テレビ小説『まんぷく』に視聴者から、期待する声が続々と寄せられている。日清食品の創業者夫妻をモデルにした本作。主人公・今井福子を演じるのは安藤サクラだ。朝ドラ史上初の“ママさんヒロイン”でもあるが、その高い演技力に注目が集まっている。 1週目を終え、早くも「第4...
安藤サクラの朝ドラ「まんぷく」ドリカムの主題歌はミスマッチ?

安藤サクラの朝ドラ「まんぷく」ドリカムの主題歌はミスマッチ?

新たな物語の幕が開いた。キャスティングは粒揃い、しかし……。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。 *** いよいよ始まりました。安藤サクラがヒロイン今井福子を演じる新たなNHK朝ドラ『まんぷく』。今回は実在の人物がモデル。インスタントラーメンを生んだ安藤百福と...
「義母と娘のブルース」第6話で急展開「神回」との反響多数

「義母と娘のブルース」第6話で急展開「神回」との反響多数

女優の綾瀬はるかが主演を務めるドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が14日に放送され、綾瀬演じるヒロインが見せた涙に「こっちも号泣」「こんなん泣くやろ」「神回だな」などの反響が寄せられた。 【写真】亜希子(綾瀬)と良一(竹野内)、みゆき(横溝)三人で過ごした日々 学...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net