芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

視聴者がドラマで再共演して欲しい「黄金カップル」ランキング

視聴者がドラマで再共演して欲しい「黄金カップル」ランキング 織田裕二と鈴木保奈美が、10月スタートの月9ドラマで共演する予定であることが話題となっている。2人は伝説のドラマ『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりの再共演となる。

ずっと期待されつつも実現しなかった『東京ラブストーリー』の続編。だが、くしくも黄金コンビがこの秋放送の月9ドラマで演じるのは、“カンチとリカ”ではなく、敏腕弁護士と弁護士事務所の所長といった全く別の役どころだ。

そこで、織田裕二×鈴木保奈美の共演に注目が集まるいま、視聴者がドラマで共演してほしい男優&女優が誰なのかを調査。大ヒットドラマを中心に日刊SPA!が候補者を選出し、30〜40代男性100人にアンケートを実施した。

==============
「再共演してほしい」「またドラマでツーショットを見たい」と思う男優&女優コンビは誰ですか?(複数回答、カッコ内は共演したドラマ)

10位松本潤×井上真央(花より男子)10%
7位山田孝之×綾瀬はるか(世界の中心で愛を叫ぶ、白夜行)11%
同率7位反町隆史×松嶋菜々子(GTO)11%
同率7位木村拓哉×松たか子(ラブジェネレーション、HERO)11%
==============

10位は、2005年から放送された『花より男子』(TBS系)の井上真央と松本潤。累計発行部数6100万部を記録した少女漫画が原作の大ヒットドラマ。富裕層が集まる名門校に入った一般庶民の主人公が、大金持ちの男子グループ「F4」によるいじめや差別に立ち向っていく姿は、女性だけでなく、男性の心もつかんだ。また、正義感の強い主人公・牧野つくし(井上)に一途な想いを寄せるF4のリーダー道明寺司(松潤)の姿に、胸キュンした視聴者も多かっただろう。

2004年に放送された『世界の中心で、愛をさけぶ』と2006年放送の『白夜行』(ともにTBS系)で共演した山田孝之×綾瀬はるかが7位。日本に純愛ブームを巻き起こした“セカチュー”こと『世界の中心で、愛をさけぶ』。主人公の朔太郎(山田)と、白血病で若くしてこの世を去る亜紀(綾瀬)が繰り広げる切ないラブストーリーに多くの日本人が涙した。

セカチューの2年後に放送された『白夜行』では、初恋の少女を助けるために父親を殺した少年を山田が、その少年をかばうために母親の命を奪った少女を綾瀬が演じた。TBSのシリアス系ドラマにおいて山田×綾瀬はゴールデンコンビのようだ。

セカチューコンビと同率7位に並んだのは、『GTO』(フジテレビ系)の反町隆史×松嶋菜々子。元暴走族ヘッドの教師である鬼塚英吉が、教育現場が抱える様々な問題を解決していく爽快なストーリーが人気を集めた同作で、鬼塚(反町)と恋仲になる女性教師の冬月を松嶋が演じた。1998年放送のこのドラマをきっかけに2人が結婚したのは知っての通りだが、実は2002年放送の大河ドラマ『利家とまつ加賀百万石物語』に松嶋はまつ役で、反町は織田信長役で出演し、夫婦共演している。

『ラブジェネレーション』『HERO』(ともにフジテレビ系)のキムタク×松たか子も同率7位。1997年放送『ラブジェネ』は平均視聴率30.8%、2001年放送『HERO』は同34.3%と高視聴率をたたき出したキムタク×松のドラマが、意外にも7位という結果に。ただ、『HERO』第2期でキムタクの相方に抜擢された北川景子がランク外だったことを考えると、やっぱりキムタク×松は黄金コンビといえるだろう。

ちなみに、キムタクは2003年に放送されたTBS系の大ヒットドラマ『GOODLUCK!!』で共演した柴崎コウとの再共演を期待する声も聞かれた。

◆5位玉木宏×上野樹里(のだめカンタービレ)13%

5位は、2006年に放送されたフジの月9ドラマ(のだめカンタービレ)の玉木宏×上野樹里。クラシック音楽を題材にした異色のコメディドラマで、超エリート音大生の千秋真一(玉木)と同じ音大のピアノ科に在籍する“のだめ”こと野田恵(上野)が繰り広げる青春ラブストーリー。このドラマによって、多くの人がクラシック音楽をより身近に感じることができたのは、画期的な原作と2人の絶妙のコンビネーションによるものと言えるだろう。
1 2 次へ

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

上り調子の「わた定」に吉高由里子の後輩がゲスト出演、アミューズのしたたかな戦略

上り調子の「わた定」に吉高由里子の後輩がゲスト出演、アミューズのしたたかな戦略

朱野帰子の同名小説を吉高由里子(30)主演でドラマ化した「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)。5月14日に放送された第5話の視聴率は、スタート以来、最高の9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)と、二桁に迫る勢いを見せている。 第4話(8.4%)から第5話にかけてゲスト出演していたのが、吉...
“カワイイ”はやっぱり正義? 本田翼らに見る絶対的な容姿の強み

“カワイイ”はやっぱり正義? 本田翼らに見る絶対的な容姿の強み

現在、月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート』(フジテレビ系)に出演中の本田翼。彼女が出演する『LINEモバイル』のCMも、「とにかくカワイイ」とSNSなどで話題になった。中には「あざとすぎる」といった声もあるが、注目を集めたということでは大成功だろう。本田に限らず、石原さとみ...
脱退報道が出た錦戸亮 関ジャニ∞について後ろ向きだった?

脱退報道が出た錦戸亮 関ジャニ∞について後ろ向きだった?

7年連続『紅白』出場の人気グループ「関ジャニ∞」から、錦戸亮(34)が脱退、ジャニーズ事務所を退所する意向だと、3月7日に報道があった。同日発売の『週刊文春』が報じたものだ。現在、錦戸と事務所の間で話し合いが進んでおり、夏までに結論を出す予定だという。 錦戸の決心の引き金になったのは2018年、渋...
大倉忠義も関ジャニ∞脱退を考えている?お笑い路線に疑問とも

大倉忠義も関ジャニ∞脱退を考えている?お笑い路線に疑問とも

「もうエイターはつらい思いをしたくないです……」 【写真15枚】関ジャニ写真、マギーと肩を組む横山の姿もキャッチ 3月7日に発売された『週刊文春』で報じられた錦戸亮の関ジャニ∞脱退。しかも、ジャニーズ事務所からの退所の可能性もあると報じられたことから、“エイター”と呼ばれる熱心なファンの間では動揺...
中島裕翔が離脱か…改元で「Hey!Say! JUMP」に不穏な動き

中島裕翔が離脱か…改元で「Hey!Say! JUMP」に不穏な動き

関ジャニ∞錦戸亮の“退所報道”以降、ジャニーズ事務所のアイドルの造反の動きは沈静化したかにみえる。しかし、水面下ではまだ火種がくすぶり続けているようだ。 “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位進む世代交代の行方 「TOKIO」山口達也の退所、関ジャニ∞渋谷すばるのグループ脱退、タッキー&翼のユニッ...
ユースケ・サンタマリア、2018年6月に離婚「別居していた」

ユースケ・サンタマリア、2018年6月に離婚「別居していた」

俳優のユースケ・サンタマリアが27日放送のテレビ朝日系『100まで楽しむつもりです』(毎週土曜前11:10)に出演。番組内で「平成から令和に持ち越したくないことがあって」と切り出したユースケは、「オレね、離婚したんですよ」と衝撃の告白。離婚したのは「去年の6月です」、さらに「その前10年別居してい...
テレ朝系で来年放送・日本版「24」本命は福山雅治だった 唐沢寿明に内定した選定事情

テレ朝系で来年放送・日本版「24」本命は福山雅治だった 唐沢寿明に内定した選定事情

日本で海外ドラマブームの火付け役となった米人気ドラマ「24―TWENTYFOUR―」の日本版を2020年にテレビ朝日が放送することが決まり、ファンは期待と不安が入り交じりながら胸躍らせているが、このほど主要キャストが内定した。注目の“ジャック・バウアー”の役は、唐沢寿明(55)が演じる。し...
満足度低調の「SUITS」内容の難しさや演出が10代にウケず?

満足度低調の「SUITS」内容の難しさや演出が10代にウケず?

 不振が続いていたフジテレビの看板枠“月9”が息を吹き返した。昨年10月期の篠原涼子主演『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』から3期連続で平均視聴率一桁だったのだが、今年7月期の沢村一樹主演『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』と先日最終回を迎えた織田裕二主演の『SUITS/スーツ』の平均が...
フジテレビの夕方ドラマ再放送枠が廃止か 上沼恵美子の番組に?

フジテレビの夕方ドラマ再放送枠が廃止か 上沼恵美子の番組に?

織田裕二主演の「SUITS/スーツ」(フジテレビ=月曜夜9時)がいよいよ17日に最終回。"最終章"の後編で、市川海老蔵が、織田演じる弁護士・甲斐の検察時代の後輩検事として重要な役割を担い、ラストの盛り上げに一役買っている。 織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」 前回10日放...
「にわかに信じがたい」月9出演が決定した市川海老蔵がコメント

「にわかに信じがたい」月9出演が決定した市川海老蔵がコメント

歌舞伎俳優の市川海老蔵が30日に自身のアメブロを更新。月9ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)への出演を予告した。 同ドラマは全米でメガヒットを記録したドラマ『SUITS』シリーズのシーズン1が原作。日本の四大弁護士事務所のひとつに所属する敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)と、明晰な頭脳と驚異的...
低迷の月9「SUITS」危機感を抱いた鈴木保奈美の変化

低迷の月9「SUITS」危機感を抱いた鈴木保奈美の変化

「織田さんの作品への取り組み方のストイックさは有名で、監督やプロデューサーとセリフや演技、演出まで激論を交わす。共演者に求めるハードルも高いんです。今作でもその姿勢にまったく変わりはありません。現場の緊張感は相当なものです」(制作関係者) 『東京ラブストーリー』以来、織田裕二(50)と鈴木...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net