芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

SNSで話題の“いつの間にか婚”って? 『半分、青い。』脚本家・北川悦吏子も反応

SNSで話題の“いつの間にか婚”って? 『半分、青い。』脚本家・北川悦吏子も反応 NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』の中で紹介された、“いつのまにか婚”がネット上で話題になっている。

『仕事が欲しい!』と題された第13週。主人公の鈴愛(永野芽郁)は5年ぶりに幼なじみの律(佐藤健)と再会した。律は鈴愛にプロポーズしたものの、鈴愛はそれを断り、ふたりは再び離れ離れに。それから4年間、鈴愛は律と胸を張って向き合うために仕事に邁進していたものの、漫画のアイデアがなかなか浮かばず、仕事に苦しむ鈴愛の姿が描かれた。

一方、28日放送の第76回では鈴愛の漫画の師匠・秋風(豊川悦司)のもとに律から結婚を報告するハガキが届いた。秋風は届いたハガキを鈴愛の元同期・ユーコ(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)と見せると、2人はお相手の女性について、「地味」「鈴愛の方が100倍可愛い」という微妙な反応を見せ、「これって“いつの間にか婚”では?」という結論にたどり着いた。

ボクテとユーコいわく、“いつの間にか婚”では、男性が本命の彼女にフラれたときなど、何らかの理由で弱っているときに、男性が気付かないうちに女性が外堀を埋めていく。いつの間にか式場も予約し、男性が気が付いたときにはハワイで式場に向かう馬車に乗っている――、というような結婚のことだという。

この衝撃の“いつの間にか婚”にネット上では大反響。SNS上には、「高校の同級生がそれにロックオンされて結婚してたな」「あ、俺って“いつのまにか婚”だったんだ…」「いつの間にか婚。私はそれで10年付き合った結婚前提の彼氏とられた」という実体験などが書き込まれた。

同ドラマの脚本・北川悦吏子氏もこれに反応した。自身のツイッターで「反響を呼ぶいつのまにか婚。私が大学時代からすごく憧れたアーチスト。お仕事で知りあい、ディナーをご一緒し、彼の結婚の経緯の話になり、いやあ、俺、ツアー中で知らなくて、スポーツ紙で自分の結婚、知ったよ。勝手に婚姻届け出されてさあ、驚愕のいつのまにか婚」「知らないうちに、気がついたら、ハワイの馬車にタキシードで乗ってたのは、会社員時代の男友達!私のまわりには、いつのまにか婚、枚挙にいとまがないのです。彼は本命に振られた後!!」と、ドラマで展開したストーリーは知人の身に実際に起こった出来事だったことを明かした。

この後も、視聴者が体験した“いつの間にか婚”のエピソードを次々とリツイートしていた北川氏。「もはやホラー」との声もあるが、果たして“いつの間にか婚”に巻き込まれた律の今後はどうなるのだろうか――。

記事内の引用について
北川悦吏子公式ツイッターよりhttps://twitter.com/halu1224

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「半分、青い。」の台本をTwitterで異例公開 役者陣が挑んだアドリブ

「半分、青い。」の台本をTwitterで異例公開 役者陣が挑んだアドリブ

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の脚本を手掛ける北川悦吏子氏(56)が17日、自身のツイッターを更新。この日放送された第92話のシナリオを公開した。放送中の連続ドラマの台本を、オンエア当日に脚本家自ら明かすのは異例。作品の裏話など、ツイッターで連日のように視聴...
朝ドラにも出演し話題沸騰 二卵性双子MIOとYAEの見分け方は?

朝ドラにも出演し話題沸騰 二卵性双子MIOとYAEの見分け方は?

MIO「クランクインしたとき“よろしくお願いします”ってセリフだけだったんですが、共演者の方々がすごい笑っていて。“そんなに変だったかな?”と思ったんですが、2人が同じ顔で同じポーズをしているだけで面白かったみたいで」 【写真】そっくりMIOYAE YAE「しかも最初は役柄的にも、あまり人間っぽさを私たち...
次期朝ドラ「半分、青い。」 豊川悦司や井川遥、志尊淳らの出演を発表

次期朝ドラ「半分、青い。」 豊川悦司や井川遥、志尊淳らの出演を発表

4月2日からNHKで放送される連続テレビ小説第98作『半分、青い。』(月〜土前8:00総合ほか)の新たな出演者が発表された。本作は、脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品。かつて、北川脚本のドラマに出演したことがある豊川悦司(連続テレビ小説初出演)や井川遥もいれば、連続テレビ小説初出演の清野菜名(...
「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走...
「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

「ほとんどアドリブ」笑福亭鶴瓶が「西郷どん」での大暴れを明かす

落語家の笑福亭鶴瓶(66)がこのほど都内で、下級の公家・岩倉具視役で出演するNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜、後8・00)での“怪演”秘話を明かした。12日放送の第30回「怪人岩倉具視」の撮影ではアドリブ連発で、主演の鈴木亮平(35)からも「大河ですよ!」と突っこまれた。今作で爪痕を残...
安室奈美恵効果?「半分、青い。」人気を支える永野芽郁の原動力

安室奈美恵効果?「半分、青い。」人気を支える永野芽郁の原動力

現在放送中のNHK朝ドラ『半分、青い。』が絶好調だ。まもなく終盤に差し掛かるが、平均視聴率は20%台をキープ。その人気をけん引しているのはもちろん、ヒロインの永野芽郁(18)だろう。 実は彼女、「台本を読むときは洋楽を聞きながら」と明かしているほどの音楽好きだという。 「永野さんの気分転換は、自...
一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

一部では批判の声も出ている「半分、青い。」高視聴率を保つ理由

永野芽郁(18)演じるヒロイン鈴愛が高度成長期から平成までを生き抜く、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。目まぐるしい展開に一部では「ついていけない」と批判の声も出ているが、それでも連日、20%超えの高視聴率なのはなぜなのか。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 *** 「エ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net