芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「これで十分じゃない?」高橋一生の映画宣伝活動に松竹が不満か

「これで十分じゃない?」高橋一生の映画宣伝活動に松竹が不満か

現在公開中のTOKIO・長瀬智也主演の映画『空飛ぶタイヤ』に出演している高橋一生が、その好青年イメージにそぐわない“やる気のなさ”を見せ、関係者を困惑させているという。高橋の真意は不明だが、同作のプロモーションをめぐっては、高橋と配給である松竹の間に“ピリピリムード”が漂っているようだ。

「『空飛ぶタイヤ』は、池井戸潤氏原作の社会派ドラマで、主演は長瀬、二番手はディーン・フジオカ、そして三番手が高橋となっています。長瀬とディーンに比べれば、高橋の出番は圧倒的に少ないのですが、松竹側としては“旬”ということもあり、高橋にも2人とともに、積極的な宣伝活動を依頼したそうです」(映画ライター)

ところが、高橋はほかの2人に比べて稼働が少なかったという。

「高橋は現在、来年公開の映画『引っ越し大名』の撮影に入っているため、スケジュールを確保するのが難しいのかもしれません。しかし、同作は『空飛ぶタイヤ』と同じ松竹配給、プロデューサーも同じだけに、スケジュールはある程度調整できるとは思うんですが……。そのため『高橋の所属事務所はプロモーション活動には積極的ではないのか?』といったウワサが立っています」(同)

3人そろってテレビに出演したのは、6月16日放送の『王様のブランチ』(TBS系)をはじめ、ごくわずか。ただ、テレビに関しては「ディーンもそこまで出演できているわけではなく、長瀬主体」(同)とのこと。しかし雑誌インタビューには、長瀬とディーン、そして高橋より番手の低いジャニーズJr.・阿部顕嵐が中心に登場していたという。

「実際に松竹は、高橋にプロモーションをことごとく断られたそうで、困惑していた様子でした。17日の公開記念舞台挨拶では、ちょっとした“事件”もあったとか。高橋は壇上で、『本当だったら今日は映画の撮影で来れないはずだった』と発言したのですが、この映画というのが、まさに『引っ越し大名』。配給会社とプロデューサーが同じなので、スケジュール調整ができて舞台挨拶に出られたと明かし、ちゃっかり次回作まで宣伝したことで、その場は大盛り上がりだったといいます。しかしその後、松竹関係者が、別作品まで宣伝してくれたことに感謝を伝えたところ、高橋は『もうこれで「引っ越し大名」の宣伝は十分じゃない?』と返したそうなんです。高橋は冗談で言ったつもりだったかもしれませんが、松竹サイドはプロモーションへの非協力ぶりに手を焼いていたこともあって、これを皮肉と受け取り、『なぜここまでウチの映画の宣伝を嫌がるんだろう』と周囲に漏らしていたとか」(芸能プロ関係者)

ちなみに『引っ越し大名』のキャスティングは、主演が星野源、高橋は二番手となっている。

「高橋は、主演でもない映画のプロモーション活動に精を出したくないと思っているのか、はたまた、2月に森川葵との熱愛が報じられて以降、所属事務所がマスコミに対しかなり神経質になっているため、メディアと関わることを極力避けているのか……真相はわからないものの、こうしたウワサが飛び交っている状況です」(同)

長年の下積みを経て、2015年の連続ドラマ『民王』(テレビ朝日系)のツンデレ総理秘書役で脚光を浴びた高橋だが、それ以降は演技やルックスだけでなく、人となりのよさが、各メディアに絶賛されていた。今回の松竹に対する言動が、ブレークによる“変化”でなければいいのだが。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

下町ロケットのスタッフは渋い顔か 視聴率にピリピリムード?

下町ロケットのスタッフは渋い顔か 視聴率にピリピリムード?

「大御所俳優や芸人、落語家、弾丸トークの司会者が集まる現場は、にぎやかを通り越してうるさいぐらい盛り上がっています。その反面、スタッフの顔はかなりシブいんです……」(制作会社スタッフ) 今秋、視聴率で本命視されている日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)。 「'15年に放送されて大ヒットした池井戸...
下町ロケットに抜擢されたイモトアヤコ シリアスな演技で新境地

下町ロケットに抜擢されたイモトアヤコ シリアスな演技で新境地

タレントのイモトアヤコ(32)がTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)にレギュラー出演。第1話(14日放送)の涙が反響を呼ぶなど、トレードマークの太眉を封印したシリアスな演技で新境地を開拓した。 個性的なキャラクターがひしめく中、天才エンジニア役で早くも存在感を示しているが、...
下町ロケットの徳重聡の変貌ぶりにネット驚き 嫌味なエンジニアに「別人」

下町ロケットの徳重聡の変貌ぶりにネット驚き 嫌味なエンジニアに「別人」

俳優の阿部寛(54)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)は14日、25分拡大でスタート。無愛想なエンジニアに扮した俳優・徳重聡(40)の演技がインターネット上で反響を呼んだ。 経営難に追い込まれた下町の町工場・佃製作所が技術力により困難を打ち破る様を描き、列島...
未来とミライ、主人公の声がうるさいなど酷評 上白石姉妹に明暗

未来とミライ、主人公の声がうるさいなど酷評 上白石姉妹に明暗

『左が萌音(姉)、右が萌歌(妹)』 広瀬すずと広瀬アリス、浅田真央と浅田舞、有村架純と有村藍里……姉妹有名人といえば、とかく妹に脚光が浴びがちであるが、上白石姉妹においては、姉が先行している。 「ポスト宮崎駿」と名高い細田守監督の最新作『未来とミライ』が7月20日に封切られた。主人公・くんちゃ...
高岡蒼佑が一般女性と再婚し2児の父親になっていた「温かく見守って」

高岡蒼佑が一般女性と再婚し2児の父親になっていた「温かく見守って」

俳優の高岡蒼佑(36)が一般女性と再婚し、2人の子供の父親になっていたことが16日、スポーツ報知の取材で分かった。 関係者によると、お相手は一般女性で2〜3年前に再婚。子宝にも恵まれ、すでに2児が誕生しているという。スポーツ報知の取材に対し、高岡は自身がデザインやプロデュースを担当して...
男性が選ぶなりたい顔ランキング 竹野内豊が歴代最高齢で初の首位

男性が選ぶなりたい顔ランキング 竹野内豊が歴代最高齢で初の首位

現代の男性たちは同性のどんな顔に憧れているのか?時代やその時のトレンドに合わせて、“なりたい顔”も変化していく。ORICONNEWSでは、先んじて発表した“女性版”に続き、年末恒例企画の『第10回男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。今年、見事首位を獲得したのは、同ランキング常連の【竹野内豊】。過...
2人そろっての成功が難しい双子俳優 片方に出演依頼もほぼなしか

2人そろっての成功が難しい双子俳優 片方に出演依頼もほぼなしか

仲間由紀恵・田中哲司夫妻に双子の男の子が誕生した。'16年には、東出昌大・杏夫妻に双子の女の子が誕生している。 双子といえば、芸能界には人気を集めた双子も多い。 現在も活躍中だが、古い(失礼)ところでは、こまどり姉妹。そして残念ながら故人となってしまったザ・ピーナッツ。その後もリンリン・ラン...
小林麻耶が迷走中、交通事故の次は結婚式ネタ!? “引退しきれない” 彼女の思惑

小林麻耶が迷走中、交通事故の次は結婚式ネタ!? “引退しきれない” 彼女の思惑

11月11日に発売された書籍を機に、連日、ブログ内で宣伝活動に余念がない小林麻耶(39)。 現在の活動はブログだけ。本の宣伝をしたくても思うようなプロモーションができないせいか、ブログで小出しに読者を翻弄。最近は自身の交通事故のケガをネタに、身体を張った宣伝活動に励んでいる。 「資格までとった...
「クレラップ〜」の子役・工藤あかり、勉強しまくって慶應に

「クレラップ〜」の子役・工藤あかり、勉強しまくって慶應に

「オーディションに合格したら即、紙袋いっぱいのクレラップを渡されて。ひたすらラップを切ってお皿にかける練習をしました。肘を固定して、手首のスナップを利かせるときれいに切れるんです(笑)」 「クルッ、クルッ、クレラップ〜」でいまも続く人気CM。初代妹役、2代目姉役で約5年間出演。歴代出演最長記...
朝ドラで共演の永野芽郁と志尊淳が接近?Twitterの写真に記者疑い

朝ドラで共演の永野芽郁と志尊淳が接近?Twitterの写真に記者疑い

賛否両論があったものの、平均視聴率21.1%と好評のうちに幕を閉じたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。ドラマで抜群の存在感を見せたのが、ヒロインを演じた永野芽郁(19)。その大人びたしぐさ、風貌から、芸能マスコミが真剣に“ボーイフレンド探し”を始めている。 ジャニーズでも特別?生田斗真...
剛力彩芽が舞台の囲み取材に難色 寿引退説も飛び交う

剛力彩芽が舞台の囲み取材に難色 寿引退説も飛び交う

「剛力引退説」の報道が増加 彼氏の株価が低迷なら、彼女の商品価値は壊滅的----お騒がせカップルの近況をまとめれば、こんな感じだろう。ZOZOの前澤友作社長(42)と剛力彩芽(26)のことだ。 *** まずZOZOの株価だ。7月18日に4875円の年初来高値を記録したが、その後は下落。10月30日に2481円の年初来安...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net