芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

テレビ関係者が語るスタッフ受けがいい女芸人 1位はゆりやんレトリィバァ

テレビ関係者が語るスタッフ受けがいい女芸人 1位はゆりやんレトリィバァ

テレビ局員、制作会社社員など、第一線で働くテレビ関係者78人に、「おもしろいから番組で使いたい女性芸人」を聞いて、本誌が独自にランキング。実力があってスタッフ受けもいい、お笑いクイーンたちが勢揃い。

ぶっちぎりの1位は、ゆりやんレトリィバァだった。

「手垢がついてない感じがいい」(日テレ50代♂)と、若手ならではの評価に加え、「とにかく性格がいい」(テレ朝40代♀)、「ADにもきちんと挨拶してくれるし、カメラがまわっていないときもサービス精神旺盛」(TBS20代♂)と、現場受けがいい。

もちろん実力も折紙付きで、2017年は女芸人ナンバーワンを決める『THEW』と『NHK上方漫才コンテスト』で優勝、2018年3月の『R-1ぐらんぷり』では準優勝。

2013年デビューと芸歴は浅いものの、瞬く間に全国区の人気を得てしまった。得意のダンスや英語、ピアノを取り入れた芸は、まだまだ幅を広げられそうだ。

2位は渡辺直美。「芸人というよりエンターティナーとしての能力が高すぎ」(フジ20代♂)と、芸に対する評価が高い。2017年は連ドラに主演するなど、活動の幅を広げている。「メイクやファッションがいつも楽しみ」(テレ朝30代♀)と、女性支持率も高い。

僅差の3位に友近。「ライブも自らプロデュースするし、笑いに対して常に前向き」(代理店50代♂)、「コントに命を懸けている姿に感銘を受けました」(TBS30代♂)と、妥協を許さない仕事ぶりに、共感の声が多数。

4位には結成10周年の2017年に、東京進出を果たしてブレイクした尼神インター。「コンビとしてのバランスがいい。ブスネタ、恋愛ネタなどバラエティに必要な要素が揃っている」(キー局30代♂)と、2人とも“使える”のが強み。

5位には森三中。「体の張り方で女芸人という概念を変えた」(フリー30代♂)が、大島個人評も高い。「圧倒的爆発力。どんな番組でも確実に爪痕を残す」(フジ30代♂)。

そして6位には、いかちゃんがランクイン!っていうか、誰?「正直、ネタはよくわからないが、癒やし系なので朝の番組にどうか」(フジ20代♂)というように、独特の存在感を評価する意見がほとんど。

7位の大久保佳代子には「下ネタから独身女のつぶやきまで、いつ見ても安定のおもしろさ」(フジ30代♀)、8位のイモトアヤコには「チャレンジ精神がすごい」(日テレ40代♂)、との評価が続く。

さて、お気づきだろうか。

「つねに新しい『じゃね〜よ!』が出てくる頭の回転のよさ」(フジ30代♀)という近藤春菜(9位)しかり、「ツッコミがけっこうシュール。怪力という面もおもしろい」(キー局30代♂)という安藤なつ(12位)しかり、見回せば、太めの女性が上位を席巻している。

女芸人戦国時代。世知辛い世相だからこそ、ほんわかした「ぽっちゃり」が求められている。

●1位ゆりやんレトリィバァ(27)
「最強の飛び道具芸人」(フジ30代♀)
「ボケの瞬発力はずば抜けている」(キー局30代♂)
「東京のお笑い好きもゆりやん中毒になる日は近い」(毎日放送30代♂)

●2位渡辺直美(30)
「いじりやすさ、明るさは女芸人のなかで断トツ」(日テレ30代♂)

●3位友近(44)
「あれだけ練り上げられたネタはすごい」(テレ東30代♂)

●4位尼神インター(誠子29・渚33)
「渚の放つひと言がじつはおもしろい」(テレ朝40代♀)

●5位森三中(黒沢かずこ39・村上知子38・大島美幸38)
「3人の仲のよさが画面に出ている。リアクションもいい」(日テレ50代♂)

●6位いかちゃん(22)
「今田耕司さんもイチ押し。存在が癒やしという新しいタイプ」(テレ朝40代♀)

●7位大久保佳代子(47・オアシズ)
「どんなMCとも合わせられる能力は日本一」(フジ30代♂)

●8位イモトアヤコ(32)
「笑いにあざとさや打算が見えないところがいい」(日テレ50代♂)

●9位近藤春菜(35・ハリセンボン)
「短いセンテンスでのボケ&ツッコミが秀逸」(キー局30代♀)

●10位平野ノラ(39)
「いつでもバブル期の情報収集に余念なし。貪欲さが◎」

●11位いとうあさこ(47)
「なんでもNGなしで体を張るのはすごい」(フジ30代♂)

●12位安藤なつ(37・メイプル超合金)
「汚れの役でも頑張ってやってくれる」(TBS20代♂)

●13位ブルゾンちえみ(27)
「ネタを見ているといい女に見えてくる不思議」(キー局40代♂)

(週刊FLASH2018年6月19日号)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「福岡の女帝」になっている中澤裕子 芸能人からも羨望の的

「福岡の女帝」になっている中澤裕子 芸能人からも羨望の的

先ごろ、元モーニング娘。の中澤裕子が『ザ・パワーマップ!』(日本テレビ系)で、“福岡の女帝”になっていると話題になった。番組MCのチュートリアル・徳井義実が「これは完成系!」と絶賛すれば、井森美幸も「最強、われわれの目標」と語ったように、地方ローカル局に軸足を移し、そこに君臨するという生き...
吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

吉本坂46、第五次オーディション合格者80人を発表 最終審査の詳細明らかに

【吉本坂46/モデルプレス=8月7日】6日、秋元康氏がプロデュースするアイドルユニット「吉本坂46」の第五次オーディション合格者が発表された。 吉本坂46有力候補?自称「吉本の菜々緒」古川モカ、圧巻美ボディ&壮絶過去のギャップがすごい【注目の人物】 ◆第五次オーディション 第五次では「ダンス審査...
高畑充希の熱唱や指原莉乃のセリフも CM演技が批判される芸能人

高畑充希の熱唱や指原莉乃のセリフも CM演技が批判される芸能人

商品宣伝・企業アピールなどの重要な手段である「コマーシャル」。より良い印象を与えるために芸能人を起用したCMは多いが、過剰な演出が視聴者の反感を買って“逆効果”になることも多い。 「NTTドコモiPhone」のCMシリーズに出演している女優・高畑充希は、「紅の空に」篇でXJAPANの代表曲「紅」をアカペラで...
かつて局アナに手を出し幹部から怒り?博多大吉の「女好き」説

かつて局アナに手を出し幹部から怒り?博多大吉の「女好き」説

連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision 華丸(左)は’06年の「R-1ぐらんぷり」で優勝。’14年には大吉(右)と「THEMANZAI」でグランプリに輝くなど、ピンにコンビにとマルチに活躍中だ10月からスタートする『突撃!しあわせ買取隊』(テレビ東京系)で、お笑い芸人の『博多華丸...
R-1王者三浦マイルドの現在 「親にあげた賞金を返してもらった」

R-1王者三浦マイルドの現在 「親にあげた賞金を返してもらった」

『R-1ぐらんぷり2013』王者・三浦マイルドが、30日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。現在の苦しい生活を赤裸々に語った。 同大会で出場者3684名の頂点に立った三浦。手にした優勝賞金500万円の中から、母親に100万円をプレゼントしたそうで、当時はさまざまな番組やイベントにも出演した。だ...
売れっ子でもギャラ1万円?吉本興業のブラック企業的な側面

売れっ子でもギャラ1万円?吉本興業のブラック企業的な側面

藤本敏史も千秋も告白 吉本興業のギャラが安いという話は、それこそ80年代からテレビで公然と語られてきた。特に近年は伝聞を伝えるという曖昧な内容ではなく、本人や妻といった当事者が赤裸々に真相を明かすことが増えているようだ。 *** 最新のトピックで言えば、6月2日に「メレンゲの気持ち」(日本テレ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net