芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

テレビ関係者が語るスタッフ受けがいい女芸人 1位はゆりやんレトリィバァ

テレビ関係者が語るスタッフ受けがいい女芸人 1位はゆりやんレトリィバァ

テレビ局員、制作会社社員など、第一線で働くテレビ関係者78人に、「おもしろいから番組で使いたい女性芸人」を聞いて、本誌が独自にランキング。実力があってスタッフ受けもいい、お笑いクイーンたちが勢揃い。

ぶっちぎりの1位は、ゆりやんレトリィバァだった。

「手垢がついてない感じがいい」(日テレ50代♂)と、若手ならではの評価に加え、「とにかく性格がいい」(テレ朝40代♀)、「ADにもきちんと挨拶してくれるし、カメラがまわっていないときもサービス精神旺盛」(TBS20代♂)と、現場受けがいい。

もちろん実力も折紙付きで、2017年は女芸人ナンバーワンを決める『THEW』と『NHK上方漫才コンテスト』で優勝、2018年3月の『R-1ぐらんぷり』では準優勝。

2013年デビューと芸歴は浅いものの、瞬く間に全国区の人気を得てしまった。得意のダンスや英語、ピアノを取り入れた芸は、まだまだ幅を広げられそうだ。

2位は渡辺直美。「芸人というよりエンターティナーとしての能力が高すぎ」(フジ20代♂)と、芸に対する評価が高い。2017年は連ドラに主演するなど、活動の幅を広げている。「メイクやファッションがいつも楽しみ」(テレ朝30代♀)と、女性支持率も高い。

僅差の3位に友近。「ライブも自らプロデュースするし、笑いに対して常に前向き」(代理店50代♂)、「コントに命を懸けている姿に感銘を受けました」(TBS30代♂)と、妥協を許さない仕事ぶりに、共感の声が多数。

4位には結成10周年の2017年に、東京進出を果たしてブレイクした尼神インター。「コンビとしてのバランスがいい。ブスネタ、恋愛ネタなどバラエティに必要な要素が揃っている」(キー局30代♂)と、2人とも“使える”のが強み。

5位には森三中。「体の張り方で女芸人という概念を変えた」(フリー30代♂)が、大島個人評も高い。「圧倒的爆発力。どんな番組でも確実に爪痕を残す」(フジ30代♂)。

そして6位には、いかちゃんがランクイン!っていうか、誰?「正直、ネタはよくわからないが、癒やし系なので朝の番組にどうか」(フジ20代♂)というように、独特の存在感を評価する意見がほとんど。

7位の大久保佳代子には「下ネタから独身女のつぶやきまで、いつ見ても安定のおもしろさ」(フジ30代♀)、8位のイモトアヤコには「チャレンジ精神がすごい」(日テレ40代♂)、との評価が続く。

さて、お気づきだろうか。

「つねに新しい『じゃね〜よ!』が出てくる頭の回転のよさ」(フジ30代♀)という近藤春菜(9位)しかり、「ツッコミがけっこうシュール。怪力という面もおもしろい」(キー局30代♂)という安藤なつ(12位)しかり、見回せば、太めの女性が上位を席巻している。

女芸人戦国時代。世知辛い世相だからこそ、ほんわかした「ぽっちゃり」が求められている。

●1位ゆりやんレトリィバァ(27)
「最強の飛び道具芸人」(フジ30代♀)
「ボケの瞬発力はずば抜けている」(キー局30代♂)
「東京のお笑い好きもゆりやん中毒になる日は近い」(毎日放送30代♂)

●2位渡辺直美(30)
「いじりやすさ、明るさは女芸人のなかで断トツ」(日テレ30代♂)

●3位友近(44)
「あれだけ練り上げられたネタはすごい」(テレ東30代♂)

●4位尼神インター(誠子29・渚33)
「渚の放つひと言がじつはおもしろい」(テレ朝40代♀)

●5位森三中(黒沢かずこ39・村上知子38・大島美幸38)
「3人の仲のよさが画面に出ている。リアクションもいい」(日テレ50代♂)

●6位いかちゃん(22)
「今田耕司さんもイチ押し。存在が癒やしという新しいタイプ」(テレ朝40代♀)

●7位大久保佳代子(47・オアシズ)
「どんなMCとも合わせられる能力は日本一」(フジ30代♂)

●8位イモトアヤコ(32)
「笑いにあざとさや打算が見えないところがいい」(日テレ50代♂)

●9位近藤春菜(35・ハリセンボン)
「短いセンテンスでのボケ&ツッコミが秀逸」(キー局30代♀)

●10位平野ノラ(39)
「いつでもバブル期の情報収集に余念なし。貪欲さが◎」

●11位いとうあさこ(47)
「なんでもNGなしで体を張るのはすごい」(フジ30代♂)

●12位安藤なつ(37・メイプル超合金)
「汚れの役でも頑張ってやってくれる」(TBS20代♂)

●13位ブルゾンちえみ(27)
「ネタを見ているといい女に見えてくる不思議」(キー局40代♂)

(週刊FLASH2018年6月19日号)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

和田アキ子、食事中のスマホいじりに大激怒「ゴルァ!」

和田アキ子、食事中のスマホいじりに大激怒「ゴルァ!」

(全3枚) 4月10日夜9時半から未だかつてテレビカメラが踏み入れたことのない、禁断の「和田アキ子誕生会」にAbemaTVが初潜入し生中継するAbemaTV開局3周年特別番組『和田アキ子史上初の誕生会生中継』を放送した。 同番組は、4月10日に誕生日を迎えられた和田アキ子さんの毎年恒例となっている誕生会にAbe...
和田アキ子の誕生日会を生中継 何が起こるか分からないと出川哲朗が警戒

和田アキ子の誕生日会を生中継 何が起こるか分からないと出川哲朗が警戒

AbemaTV開局3周年記念特別企画番組『和田アキ子史上初の誕生会生中継』が生放送スタートした。 現在、誕生日会場には出川哲朗、勝俣州和、松村邦洋、カンニング竹山、あびる優、IMALU、小島瑠璃子、サバンナ高橋、サバンナ八木、島崎和歌子、陣内智則、武田修宏、ますだおかだ岡田、安田美沙子、ゆりやんレト...
霜降り明星・粗品 温まりすぎたR-1の観客に不安感「嫌やなと思った」

霜降り明星・粗品 温まりすぎたR-1の観客に不安感「嫌やなと思った」

●繰り返す準決勝敗退「辞めようと」 10日にカンテレ・フジテレビ系で生放送された“ひとり芸”ナンバーワン決定戦『R-1ぐらんぷり2019』の王者に輝いたお笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、優勝決定後の興奮さめやらぬ中、マイナビニュースのインタビューに応じた。 会見でも見せた相方・せいやとのコンビ愛や...
友近 R-1審査員席で上沼恵美子のモノマネし爆笑ゲット

友近 R-1審査員席で上沼恵美子のモノマネし爆笑ゲット

お笑いタレントの友近が10日、フジテレビ系「R−1ぐらんぷり2019」に審査員として出演した。冒頭の審査員紹介でいきなり上沼恵美子のモノマネをし、爆笑を誘った。 友近は「審査員初めて」と紹介され、「私もR−1ずっと出てましたから。緊張って本当にすごいので」と出演者の立場に立って持論を述べた...
粗品、『IPPONグランプリ』初参戦 『M-1』『R-1』との3冠狙う

粗品、『IPPONグランプリ』初参戦 『M-1』『R-1』との3冠狙う

大喜利の祭典『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)が、あす20日の放送で21回目を迎える(後9:00〜11:00)。今回は歴代王者5人(秋山竜次、川島明、千原ジュニア、バカリズム、堀内健)、ピースの又吉直樹、ナイツの塙宣之に加えて、インパルスの板倉俊之、霜降り明星の粗品、さらば青春の光の森田哲矢が初参...
さまぁ〜ず三村「R-1」結果に異議?意味深ツイートに賛否

さまぁ〜ず三村「R-1」結果に異議?意味深ツイートに賛否

さまぁ〜ずの三村マサカズのツイートが話題になっている。 10日に行われたひとり芸のナンバーワン決定戦『R-1ぐらんぷり2019』(フジテレビ系)。優勝したのは、18年12月に行われた『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)でコンビ優勝も果たしていた、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品だった。 お笑い芸人はじめ、さ...
粗品は嫌いじゃないけど…R-1ぐらんぷりの結果に視聴者から不満

粗品は嫌いじゃないけど…R-1ぐらんぷりの結果に視聴者から不満

3月10日に毎年恒例となっている、ひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり』がフジテレビにて生放送されたが、その結果に視聴者から不満の声があがっている。 例年よりもレベルが高い、という意見も多数みられ、実力者揃いだった今回の『R-1』。その中で優勝となったのは、昨年の『M-1グランプリ2018』でも優勝し、...
悲鳴で面白さが半減 R-1の観客に視聴者から苦言相次ぐ

悲鳴で面白さが半減 R-1の観客に視聴者から苦言相次ぐ

2019年3月10日放送の「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)の放送について、「観客の悲鳴がうるさい」との視聴者からの声が多数ネット上に上がっている。 放送開始直後、1番手として登場した「チョコレートプラネット」の松尾駿さん(36)は十八番とするIKKOさんのモノマネで登場。いつも通りのクオリティーでIKK...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net