芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

落語家の桂歌丸さんが81歳で死去「笑点」の5代目司会者

落語家の桂歌丸さんが81歳で死去「笑点」の5代目司会者 落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌=しいな・いわお)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳だった。横浜市生まれ。落語芸術協会会長。体調不良や病気を押して、日本テレビ「笑点」の5代目司会を長く務めた。通夜・葬儀は近親者で執り行い、11日にお別れの会を行う。

歌丸さんは2016年5月に50年出演した「笑点」の司会を勇退。15年6月には床ずれの手術・治療などで入院し一時退院したが、その後も体調不良で同14日に再入院。原因は36キロまでやせて体力が落ちていたことに加え「腸閉塞」を起こし、歩くこともままならない状態だった。この後も入退院を繰り返していた。

関係者によると今年4月24日に入院、29日に重い肺炎となり、三遊亭円楽(68)、三遊亭小遊三(71)も駆けつけたが、30日以降、奇跡的に回復した。体調によっては8月の国立演芸場への出演に強い意欲を見せていたという。4月19日の国立演芸場定席が最後の高座となった。

小学生の頃から将来は落語家になると決め、中学3年だった1951年(昭26)、知人を通じて5代目古今亭今輔に入門。兄弟子で、後の師匠である桂米丸の初名であった「古今亭今児」を名乗った。その後、4代目桂米丸門下となり、桂米坊となり、64年に歌丸と改名した。

66年5月にスタートした「笑点」は、日本テレビの前身番組「金曜夜席」の第1回から出演。4代目、故三遊亭小圓遊さんと、6代目三遊亭円楽(楽太郎)との掛け合いは「笑点」の名物となった。06年に5代目の故三遊亭圓楽さんの後を継いで「笑点」の第5代目司会者を務めていた。16年5月には「笑点」司会を春風亭昇太(58)に譲り、番組を卒業「終身名誉司会」の称号を与えられた。

04年から落語芸術協会5代目会長、07年旭日小綬章を受章。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

愛人報道があった紫艶さんが死去 桂文枝は記者の問いかけに無言で去る

愛人報道があった紫艶さんが死去 桂文枝は記者の問いかけに無言で去る

演歌歌手の紫艶さんが病気のため3月に亡くなっていたことが2日、分かった。41歳だった。16年に落語家・桂文枝(75)との“20年愛”を写真週刊誌に告白する騒動で注目された。文枝はこの日、大阪・なんばグランド花月に出演。終演後、100人近い報道陣や野次馬が集まり、「師匠!紫艶さんが亡くなら...
愛人関係と報道された女性が孤独死か 直撃取材に桂文枝が絶句

愛人関係と報道された女性が孤独死か 直撃取材に桂文枝が絶句

(全3枚)  大阪にある、文枝の個人事務所で撮られたツーショット写真 「何も知らない18歳のころから、師匠を尊敬し、信頼し、すべてを捧げてきました…」 16年に、6代目・桂文枝師匠との愛人関係を『FRIDAY』に告白した、演歌歌手の紫艶さん。 18歳のとき『吉本演歌歌謡曲選手権』で優勝。00年には日本有...
林家こん平が過去の自殺未遂を語る 病室の窓を開けて飛び降りようと

林家こん平が過去の自殺未遂を語る 病室の窓を開けて飛び降りようと

多発性硬化症で闘病中の落語家・林家こん平(76)が29日、都内で、「地方創生・ふるさと輸入プロジェクト」の発表会見を実施。2005年のリハビリ中に自殺未遂を起こしていたことを明かした。 こん平は04年8月、日本テレビ系「24時間テレビ」内で、レギュラーを務めていた演芸番組「笑点」の特番に...
稲垣吾郎MCの番組「ゴロウ・デラックス」が終了へ 8年の歴史に幕

稲垣吾郎MCの番組「ゴロウ・デラックス」が終了へ 8年の歴史に幕

稲垣吾郎(45)がMCを務めるTBS系深夜バラエティー番組「ゴロウ・デラックス」(木曜深夜0時58分)の今春終了が内定したことが4日、分かった。11年4月にスタートした人気番組が、8年続いた歴史に幕を下ろすことになる。 稲垣と、同局外山恵理アナ(43)が、毎週1冊の話題書やベストセラーなど、さまざまなジャ...
「大きな穴が空いたみたい」桂歌丸さんの告別式で三遊亭小遊三が吐露

「大きな穴が空いたみたい」桂歌丸さんの告別式で三遊亭小遊三が吐露

慢性閉塞性肺疾患のため今月2日に81歳で亡くなった落語家の桂歌丸(本名椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、横浜市港北区の妙蓮寺で落語芸術協会(芸協)・椎名家合同でしめやかに営まれた。 告別式には芸能界、落語界から関係者や一般のファンを含め、2500人が参列した。落語芸術協会(...
桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を懐かしむ

桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を懐かしむ

今月2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家の桂歌丸さん(享年81)のお別れの会(告別式)が11日、横浜市内の妙蓮寺で営まれ、落語関係者や一般のファンらが多数出席した。 日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)で長らく共演していた落語家・林家木久扇(80)は、「笑点」代表として...
桂歌丸さんの通夜が家族葬で営まれる 大好きな緑色の着物姿で

桂歌丸さんの通夜が家族葬で営まれる 大好きな緑色の着物姿で

2日に慢性閉塞性肺疾患で亡くなった落語家、桂歌丸さん(享年81)の通夜が9日、横浜市内で執り行われた。 親族の意向で家族葬として営まれ、歌丸さんの師匠で芸協最高顧問の桂米丸(93)をはじめ、故人が会長を務めていた落語芸術協会理事のヨネスケ(桂米助、70)、最後の弟子となった桂枝太郎(40...
「ジジイ、早すぎるんだよ!」三遊亭円楽が笑点で涙の大喜利

「ジジイ、早すぎるんだよ!」三遊亭円楽が笑点で涙の大喜利

慢性閉塞性肺疾患のため今月2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)が50年にわたって出演した日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)が8日、歌丸さんの死去後初めて放送された。歌丸さんとの“バトル”が番組名物だった三遊亭円楽(68)は追悼大喜利で「最後に一言、言わせてください。...
立川志らくが弟子破門騒動に見解「パワハラ発言は違います」

立川志らくが弟子破門騒動に見解「パワハラ発言は違います」

落語家の立川志らくが22日、自身のツイッターを更新。弟子を破門することを通告した騒動について見解を示した。 志らくは「一連の破門騒動、お騒がせして申し訳ございませんでした。色々な叱咤は真摯に受け止めております」とツイートした。 さらに「ただパワハラ発言は違います。パワハラとは人格否定で...
立川志らくが二つ目の弟子全員を前座に降格「修業をやり直させます」

立川志らくが二つ目の弟子全員を前座に降格「修業をやり直させます」

落語家の立川志らく(55)が、二つ目の弟子たちを全員、前座に降格させたことを明かした。 志らくは21日、ツイッターを更新し、「二つ目全員、前座に降格させました」と報告。今夏に真打ち昇進が決まっていた志獅丸をはじめ、3月に二つ目に昇進したばかりの志ら鈴も含む全員を降格させたという。ただ、期間限...
志らくが弟子へ悲しみのツイートを連投「全員破門か前座に降格」

志らくが弟子へ悲しみのツイートを連投「全員破門か前座に降格」

落語家の立川志らくが19日、ツイッターで、自身の舞台の稽古に弟子達が誰も手伝いに来ないことへ苦言を呈したところ、弟子達が慌てて謝罪に来たというが「謝られても困る。私は悲しんでいるだけだから」とバッサリ。20日に更新したツイッターでは改めて「全員破門にするか前座に降格するか」と激怒した。 ...
不倫報道を責める声ほとんど出ず 千原せいじの対応力

不倫報道を責める声ほとんど出ず 千原せいじの対応力

 元全日本レスリングヘッドコーチの栄和人氏(左)と試合を見る千原せいじ(右)(18年) 『週刊文春』(5月23日号)に報じられた、千原せいじの『ハヤシライス不倫』。 いったいどんな“不倫”なんだ?それはせいじの答えにあった。記者の直撃取材に対して 《カレーライスばっかりじゃなくて、たまにはハ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net