芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

小室哲哉の引退会見 KEIKOの親族が怒り「彼の話はほとんど嘘」

音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が、女性看護師A子さんとの不倫疑惑を報じた「週刊文春」記事を受けて会見を開いたのは今年の1月19日。2011年に妻のKEIKO(45)がくも膜下出血で倒れて以降、介護のストレスの中でA子さんが精神的な支えになったが男女関係はない、と釈明した小室。そして「私の罪の償い」として自発的な音楽活動からの引退を表明したのだ。

【動画】KEIKO親族怒りの告発小室哲哉を直撃

会見では「(KEIKOの)目を見て、しっかり話をしていきたい」と語った小室だが、その後、妻とは一度も会っていない。夫妻はいま事実上別居状態で、KEIKOは故郷の大分で家族と暮らしている。KEIKOの親族が怒りを込めて口を開いた。

「会見には唖然としました。少なくとも、桂子(KEIKOの本名)に関する彼(小室)の話はほとんど嘘。桂子のサポートに疲れたと言っていますが、彼は介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

小室哲哉の引退会見 KEIKOの親族が怒り「彼の話はほとんど嘘」
記者会見での小室©文藝春秋

KEIKOと親しい地元の知人がいう。

「小室さんは、会見で桂子は『今は小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです』『コミュニケーションが日に日にできなくなっている』などと言っていましたが、桂子が漢字ドリルをやったのは5年以上前の話です。なぜ小室さんは、昔の桂子の姿ばかり語るのでしょうか」

また、地元の音楽関係者によれば、「KEIKOが音楽に興味がなくなってしまった」という小室の言葉に反し、KEIKOは仲間内でよくカラオケボックスに行っているという。

「週刊文春」には、知人から提供されたKEIKOの近影と共に、本人の「ファンへのメッセージ」が寄せられた。

看護師A子さんとの関係を含めた小室の近況など、詳細は7月5日(木)発売の「週刊文春」で報じる。また、「週刊文春デジタル」では、KEIKOの複数の近影のほか、小室への直撃取材の模様を収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

(「週刊文春」編集部)

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • KEIKO KEIKO

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

SILVA 再婚夫との婚前契約「互いを平等に近い形で尊重」…34項目

SILVA 再婚夫との婚前契約「互いを平等に近い形で尊重」…34項目

歌手のSILVA(43)が18日、ブログを更新し、2015年に再婚した1歳上の会社員の夫と交わした婚前契約について説明し、大切さのススメを説いた。 SILVAは27歳の時に一度結婚したが、3カ月で離婚。15年に再婚した夫との間には同年12月23日、第1子長女が誕生している。 この日、「婚...
メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

「呼称問題」はメディアにとっては鬼門ともいえるものである。新聞記者たちの“表記ルールブック”とも言える『記者ハンドブック』(共同通信社刊)によると、敬称は原則として「氏、さん、君、ちゃん」で、子どもの場合、中学生以上は男女とも「さん」。一方、〈敬称を付けない場合〉として〈競技に即した1面、...
globeのKEIKOが回復 小室哲哉氏とは弁護士を介してやりとり

globeのKEIKOが回復 小室哲哉氏とは弁護士を介してやりとり

2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。その元気な姿をキャッチした──。 【スクープ/別写真】知人女性と笑顔で話すKEIKOの全身姿 《お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす》。1月14日、globeのボーカルで小室哲哉氏(60才)の妻・KEIKOが...
GACKT 友人YOSHIKIは「急にキレる」 普段は穏やか…TVで明かす

GACKT 友人YOSHIKIは「急にキレる」 普段は穏やか…TVで明かす

歌手・GACKT(45)が4日、日本テレビ系で放送された「しゃべくり0072時間SP」に出演。プライベートでも仲の良いXJAPANのYOSHIKIの“最強伝説”を明かした。 GACKTは元日に放送された「芸能人格付けチェック!」(テレビ朝日系)でYOSHIKIとコンビを組んでおり、最強コン...
安室奈美恵さんが声帯壊したと告白 裏に音楽業界の高い音競争か

安室奈美恵さんが声帯壊したと告白 裏に音楽業界の高い音競争か

1月20日に放送された『NHKスペシャル』で、安室奈美恵(41)が語った引退の理由が波紋を呼んでいます。 ◆安室奈美恵、引退理由のひとつは「声帯を壊した」 「声帯を壊してしまっていた時期もあって、声帯も限界なのかな、声がうまくでないなとか」と、ベストコンディションを維持できなくなったことを告白した...
KalafinaのHikaruが事務所退社を報告「一歩一歩進んでいく所存」

KalafinaのHikaruが事務所退社を報告「一歩一歩進んでいく所存」

女性ボーカルユニット・KalafinaのHikaruが2日、公式ブログを通じて、10月20日をもって芸能事務所・スペースクラフトプロデュースを円満退社したことを報告した。 【写真】ライブで美脚を披露したKalafinaのHikaru(左) Hikaruは「Kalafinaとして活動を始め、事務所にお世話になり多くの学びがあった10年間...
上沼恵美子がM-1審査員の引退を宣言 後任の「女性枠」は誰に?

上沼恵美子がM-1審査員の引退を宣言 後任の「女性枠」は誰に?

上沼恵美子さん(63)がラジオ番組で、「M-1グランプリ」の審査員引退を宣言した。 2018年12月2日のM-1放送以後、ネットでは上沼さんの審査が、ちょっとした「炎上」となった。しかし引退宣言後は一転して、「やめないで」との声が。どのあたりが支持されているのだろうか。 15歳で漫才デビュー、一気に売れっ...
審査員の顔ぶれにも変化 M-1で塙宣之と立川志らくが与えた影響力

審査員の顔ぶれにも変化 M-1で塙宣之と立川志らくが与えた影響力

お笑いコンビ・霜降り明星が、史上最年少、初の平成生まれの王者に輝いた“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)。新王者の若さも際立ったが、審査員の顔ぶれにも変化があった。昨年に続きオール巨人(67)、松本人志(55)、上沼恵美子(63)、中川家・礼二(46)の4人が...
週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net