芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

石橋貴明、嫌いな芸人2年連続首位も求める声 40〜50代からの支持熱く

石橋貴明、嫌いな芸人2年連続首位も求める声 40〜50代からの支持熱く 2日、トークバラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が3週間ぶりに放送された。W杯ロシア大会の試合や映画『昼顔』の放送と重なり、同番組は2週連続でお休みだったのだ。久しぶりの放送に、視聴者からは「待ってました!」「貴さんやっと見れた。幸せ」「やっぱり面白い」といった声が多く上がっている。

石橋と言えば、6月に「日経エンタテインメント!」が発表した『嫌いな芸人ランキング』で、昨年に引き続き1位をとっている。その主な原因は、暴力的ともとれる芸風にあるようだ。実際、石橋に対して「自分より低い立場の芸人をこき下ろすから嫌い」「いつも内輪ネタで盛り上がってる」「女性へのデリカシーのない言動が許せない」という声は多い。

では、石橋を求める声はどこから出てくるのか。

「とんねるずは、世代のスターなんです。良い意味でアマチュア感のある彼らのコントは、一世を風靡しました。そのため80年代後半のとんねるず全盛期にテレビを見ていた、今の40〜50代からの支持は高いですね。『石橋貴明のたいむとんねる』を見ながら、ビール片手に懐かしさに浸るという視聴者も多いです。また、視聴者だけにとどまらず、ナインティナインなど多くの芸能人もとんねるずをリスペクトしていますよ」(芸能ライター)

実際、同番組で石橋は昔懐かしいエピソードを交えながら、視聴者の笑いを誘うトークを展開。毎回、放送後には「そーそーそー懐かしい!」「貴さんのネタ話が聞けて嬉しかった」「こういう内容の濃い番組を待ってた」などと視聴者の満足げなコメントが上がっている。

3月に終了したバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の企画「石橋温泉」では、女芸人の悩みを真剣に聞く意外な一面を見せた石橋。“やりすぎ”というイメージが先行しがちだが、世代のスターは愛される要素も持ち合わせていたようだ。「昔みたいなはっちゃけトークお願いします」「スタンスを変えずに頑張ってほしい」というファンの声に応えて、今後どんな笑いを巻き起こしてくれるのか期待したい。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

石橋貴明 妻・鈴木保奈美にグッときたのは「パクパク食べるから」

石橋貴明 妻・鈴木保奈美にグッときたのは「パクパク食べるから」

とんねるずの石橋貴明が7月2日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)で、妻の鈴木保奈美について語った。 ゲストのYOUから「好きなタイプ」を聞かれた石橋は、「秋元(康)さんとか若いときから知ってるんで、秋元さんに『お前は本当に系列が一緒だよな』『同じタイプばっか』って言われる」と...
鈴木保奈美、仕事のペースアップ? 石橋貴明の番組は打ち切り説

鈴木保奈美、仕事のペースアップ? 石橋貴明の番組は打ち切り説

10月期のフジテレビ系月9ドラマで、主演を務める織田裕二が鈴木保奈美と91年の大ヒットドラマ「東京ラブストーリー」以来27年ぶりの共演を果たすことが話題になっている。 「一部が報じたところによると、2人が共演するのは米国の人気ドラマ『SUIT』のリメーク。織田は手段を選ばず訴訟での勝利を至上とする...
「結果的に類似」東国原英夫氏が俳句の盗作疑惑をめぐり謝罪

「結果的に類似」東国原英夫氏が俳句の盗作疑惑をめぐり謝罪

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が5日、ツイッターを更新し、TBS・MBS系「プレバト!!」で披露した俳句が、すでに発表された俳句と酷似していると指摘され、驚がく。盗作は否定したが、「全く承知していなかったとはいえ、結果的に類似句となってしまったのは私の至らなさ・責任だと思う」と謝罪...
クレヨンしんちゃん登場人物の年齢 野原ひろしは小栗旬と同い年

クレヨンしんちゃん登場人物の年齢 野原ひろしは小栗旬と同い年

(全2枚) テレビ朝日系列で1992年に放送を開始し、25年以上も愛され続けているアニメ『クレヨンしんちゃん』。ちょっとお下品なギャグを交えながらも心温まるストーリーが多くの人の心を掴んで離しません。 そして、2018年7月6日の放送回からは、しんのすけ役の声優さんが代わり、大きな話題にとなりました。...
木梨憲武、柴崎岳は「海外でもっとやれる」 真野恵里菜との結婚祝福

木梨憲武、柴崎岳は「海外でもっとやれる」 真野恵里菜との結婚祝福

サッカーW杯日本代表で活躍したMF柴崎岳(26=ヘタフェ)と女優真野恵里菜(27)が今週中に結婚することをスポニチ本紙が報じた12日、が真野の所属事務所は「現状、ご報告することはございません。プライベートなことなので、本人に任せております」と、報道を否定することなく、事実上認めた。 本...
木梨憲武が個展開催、段ボールで妖精1000体作成

木梨憲武が個展開催、段ボールで妖精1000体作成

お笑いコンビ、とんねるずの木梨憲武(56)が12日、大阪文化館・天保山で開催される「木梨憲武展Timing−瞬間の光り−」(13日開幕、9月2日まで)のプレス内覧会に出席した。未公開作品など180点を展示する。アーティスト・木梨が“木梨ワールド”を語った。 2020年まで国内14会場を巡回す...
「イッテQ!」の予告映像に安室奈美恵の姿 イモトアヤコと共演か

「イッテQ!」の予告映像に安室奈美恵の姿 イモトアヤコと共演か

7月15日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜夜7:58-8:54、日本テレビ系)で流れた予告に安室奈美恵の姿が登場し、放送直後から話題になっている。 【写真を見る】安室奈美恵が一世を風靡(ふうび)した“あのヘアスタイル”を再現したイモトアヤコ ■予告ではモニターを監視する姿が!? 流れた予告は、...
何を演じても同じ?石原さとみの「木村拓哉化」に懸念も

何を演じても同じ?石原さとみの「木村拓哉化」に懸念も

作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が...
視聴率狙いの情報バラエティー番組 本来の役割離れた姿勢に苦言

視聴率狙いの情報バラエティー番組 本来の役割離れた姿勢に苦言

藤本貴之(東洋大学教授、メディア学者) 西日本を襲った数十年に一度という豪雨被害とはいえ、首都圏にいるとその実感は薄い。日々、豪雨による壊滅的状況がメディアを通して報道されても、当該地域以外、特に首都圏には物理的なダメージはないからだ。 現場に行ったり、被害を体感することのできない側の人...
豪雨の報道よりも娯楽番組を優先 NHKの姿勢に嘆き

豪雨の報道よりも娯楽番組を優先 NHKの姿勢に嘆き

杉江義浩(ジャーナリスト) 今回の「平成30年7月豪雨」は、西日本を中心とした各地で、何十年に一度という驚くべき雨量で甚大な被害をもたらし、未曾有の大災害となった。すでに死者は200人、安否不明も60人超となり、現在も懸命の捜索活動が続けられている。 安倍晋三首相は、被災自治体からの要請...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net