芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

石橋貴明、嫌いな芸人2年連続首位も求める声 40〜50代からの支持熱く

石橋貴明、嫌いな芸人2年連続首位も求める声 40〜50代からの支持熱く 2日、トークバラエティ番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が3週間ぶりに放送された。W杯ロシア大会の試合や映画『昼顔』の放送と重なり、同番組は2週連続でお休みだったのだ。久しぶりの放送に、視聴者からは「待ってました!」「貴さんやっと見れた。幸せ」「やっぱり面白い」といった声が多く上がっている。

石橋と言えば、6月に「日経エンタテインメント!」が発表した『嫌いな芸人ランキング』で、昨年に引き続き1位をとっている。その主な原因は、暴力的ともとれる芸風にあるようだ。実際、石橋に対して「自分より低い立場の芸人をこき下ろすから嫌い」「いつも内輪ネタで盛り上がってる」「女性へのデリカシーのない言動が許せない」という声は多い。

では、石橋を求める声はどこから出てくるのか。

「とんねるずは、世代のスターなんです。良い意味でアマチュア感のある彼らのコントは、一世を風靡しました。そのため80年代後半のとんねるず全盛期にテレビを見ていた、今の40〜50代からの支持は高いですね。『石橋貴明のたいむとんねる』を見ながら、ビール片手に懐かしさに浸るという視聴者も多いです。また、視聴者だけにとどまらず、ナインティナインなど多くの芸能人もとんねるずをリスペクトしていますよ」(芸能ライター)

実際、同番組で石橋は昔懐かしいエピソードを交えながら、視聴者の笑いを誘うトークを展開。毎回、放送後には「そーそーそー懐かしい!」「貴さんのネタ話が聞けて嬉しかった」「こういう内容の濃い番組を待ってた」などと視聴者の満足げなコメントが上がっている。

3月に終了したバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の企画「石橋温泉」では、女芸人の悩みを真剣に聞く意外な一面を見せた石橋。“やりすぎ”というイメージが先行しがちだが、世代のスターは愛される要素も持ち合わせていたようだ。「昔みたいなはっちゃけトークお願いします」「スタンスを変えずに頑張ってほしい」というファンの声に応えて、今後どんな笑いを巻き起こしてくれるのか期待したい。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

背景に織田裕二の怒り?新月9での鈴木保奈美の扱いに違和感

背景に織田裕二の怒り?新月9での鈴木保奈美の扱いに違和感

せっかくのチャンスを逃すのは、大方、下手なプライドが邪魔をするからというのが相場だ。今秋の月9ドラマでは、大ヒット作「東京ラブストーリー」の名コンビが復活。不調が続くフジテレビにとっては、話題作りに結び付けたいはず。だが、主演の織田裕二(50)は、なぜか鈴木保奈美(52)にオカンムリだそうで...
窮地に追い込まれたとんねるず パワハラ嫌う風潮とズレ

窮地に追い込まれたとんねるず パワハラ嫌う風潮とズレ

記念スペシャルバラエティー「ハレバレとんねるず略してテレとん」収録「ハレバレとんねるず略してテレとん」の会見であいさつする石橋貴明(左)、木梨憲武=2012年8月15日(写真:日刊スポーツ) 30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『...
リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

リクライニング巡り議論となった堀江貴文氏の発言 石橋貴明は現場にいた

20日放送の「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)で、とんねるず・石橋貴明(56)が実業家の堀江貴文氏(45)と同じ新幹線に乗り合わせたときのエピソードを披露し、番組を盛り上げた。 この日の番組は「子どもの頃に森山直太朗がショックを受けたあの歌」という内容で、シンガー・ソングライタ...
地上波ではできないことを実現?石橋貴明のAbemaTV番組が高評価

地上波ではできないことを実現?石橋貴明のAbemaTV番組が高評価

8月19日、AbemaTVに初出演した石橋貴明の番組『石橋貴明プレミアム―芸能界カジノ王決定戦―』が放送された。 これは、石橋が“今テレビでやりたいこと、地上波では許されないことその想いを壮大なスケールで実現させる”「石橋貴明プレミアムシリーズ」の第1弾として企画されたもの。4時間スペシャルで、豪華客船...
低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

日本テレビ系「ダウンタウンDX」1000回突破記念会見会見に出席した、ダウンタウンの松本人志(左)と浜田雅功=2016年9月8日(写真:日刊スポーツ) NHKでのコント番組、映画監督への挑戦など、30年以上続く芸歴の中で大きな失敗を何度も経験しているダウンタウンの松本人志。しかし、現在も多くのレギュラー...
「半分、青い。」北川悦吏子氏が衝撃展開を予告「多分炎上する」

「半分、青い。」北川悦吏子氏が衝撃展開を予告「多分炎上する」

女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(毎週月〜土曜8:00〜)が、いよいよ今月29日に最終回を迎える。このたび、全156回を書き終えた脚本家の北川悦吏子氏にインタビュー。全6回の短期連載として掲載する。 第1回は、気になる終盤の展開について。これまでも、律の突然のプロポ...
YOSHIKI feat.HYDEが「Mステ」で実現 コラボ披露に感動の声

YOSHIKI feat.HYDEが「Mステ」で実現 コラボ披露に感動の声

9月17日(月・祝)に放送された「MUSICSTATIONウルトラFES2018」(テレビ朝日系)でYOSHIKIfeat.HYDEが『RedSwanウルトラFESスペシャルバージョン』を披露し、テレビ初となる二人のコラボパフォーマンスが実現した。 この日のパフォーマンスは、テレビ朝日社屋の屋上から届けられた。夕方から降り始めた雨は2人...
ドクターXの二番煎じ?米倉涼子の新ドラマに早くも「不発」予想

ドクターXの二番煎じ?米倉涼子の新ドラマに早くも「不発」予想

これなら素直に続編を作ったほうがよかったか。大ヒットドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の後釜として、この秋、新ドラマが放送開始となる。主演はもちろん、前回シリーズでヒロインを演じた米倉涼子(43)。だが、器を変えただけで、中身はほぼ瓜二つ。本家を超えるどころか、早くも「不発」なんて...
安斎勝洋氏が73歳で死去 笑っていいともでの姓名判断コーナー

安斎勝洋氏が73歳で死去 笑っていいともでの姓名判断コーナー

開運アドバイザーとしてフジテレビ系「笑っていいとも!」の姓名判断コーナーなどで活躍した、安斎勝洋さんが大腸がんのため15日に亡くなっていたことが17日、分かった。73歳だった。 安斎さんが代表を務める「運来」によると、安斎さんは長く闘病を続けていたという。体調を見ながら仕事を継続していたが、容...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net