芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

東国原英夫氏の俳句盗作疑惑 俳句の関係者「よくあること」と回答

東国原英夫氏の俳句盗作疑惑 俳句の関係者「よくあること」と回答

元宮崎県知事でタレントの東国原英夫氏が、人気番組「プレバト!!」(TBS・MBS系)で披露した俳句について、過去に宮崎県の地元紙に掲載された句に酷似しているとの指摘を受け、盗作意図は否定しつつも、「私の至らなさ・責任」だとして謝罪した。

両句を比べると、「五・七・五」のうち、「中七」と「下五」は全く同じ。「上五」も冒頭2文字は同じという、そっくりぶり。東国原氏は「結果的に類似句になってしまった」というが、謝罪後もツイッターでは「盗作」指摘が出ている。東国原氏の弁明は、俳句関係者にはどう映ったのか。俳句専門誌の編集関係者に話を聞いた。

「結果的に類似句になってしまった」

問題となった東国原氏の俳句は、2018年6月7日放送の「プレバト!!」で披露された、

「梅雨明けや指名手配の顔に×」

一方、17年6月26日付の宮崎日日新聞(宮崎県の地元紙)の「宮日文芸」欄に掲載された作品は、

「梅雨寒や指名手配の顔に×」

「上五」後半の「明けや」と「寒や」とが違うだけで、あとは一言一句同じだ。東国原氏は宮崎県出身で、県知事も務めた経験がある。

今回、宮日の句を詠んだ人が「父の友人」だという人物がツイッターで、この類似を指摘。東国原氏は7月5日のツイッターで「先程、このツイートを確認しました」として、

「全く承知していなかったとは言え(原文ママ)、結果的に類似句になってしまったのは私の至らなさ・責任だと思います。大変申し訳有りませんでした」

と、盗作意図は否定しつつ、謝罪した。これまでも類句防止策として、

「自分の句と類句・類想句が無いか出来得る限り調べます」

という努力をしていたが、

「毎日全国で数千・数万の俳句が生まれ、過去100年以上の歴史の中で詠まれた俳句は天文学的数字です。網羅的チェックは不可能です」

と理解を求めた。今回の自身の句の取り下げについて、番組スタッフと相談・協議するとしている。

「これを偶然とするのは苦しすぎるって」

こうした東国原氏の弁明に対し、ツイッターでは今も不信感が寄せられている。7月6日のツイッターでも、

「これを偶然とするのは苦しすぎるって」
「完全に盗作でわろた(編注:笑った)」
「苦しいねーここまで似てたら(略)」

といった指摘が見受けられた。

では、俳句関係者にはこの弁明はどう映ったのか。俳句専門誌の編集関係者にJ-CASTニュース編集部が6日、見解を聞いた。すると、

「ここまでそっくりだと、盗作の意図、悪意は感じられませんね。盗作するつもりなら、もう少し『いじる』でしょう。句の順番を入れ替えてみたり、とか」

と指摘した。また、東国原氏も「プレバト!!」の番組も有名で、意図的に盗作するには、発覚する可能性の大きさや、発覚したあとの「リスクが大きい」ことも、盗作だとは考えにくい理由になると分析した。

実際、「俳句には類句を発表してしまう事例はよくあるのか」、「類句の有無のチェックは難しいのか」と質問すると、

「類句はよくあること。チェックも完全には無理で、見逃すことがあってもやむを得ない」

とのことだった。時には「賞」をとった作品が、のちに類句と分かり取り下げられることもある。

発覚後の対処法も様々で、発表取り下げだけでなく、取り下げはしないが、後に出す句集には収めない、という対応で済ますこともあるそうだ。

ただ、過去に見たり読んだりしたフレーズが頭に残り、のちにそのことを忘れてしまい、ある時、自分の発想として、そのフレーズが頭に浮かぶことはあり得るという。

類句チェック漏れは「よくあること」

同じく6日、ある俳句団体の関係者(女性)にも話を聞くと、類句がチェック漏れで発表されてしまうことは「よくあること」とのことだった。

生み出される俳句作品の多さが分かる一例が、7月5日に発表された「第二十九回伊藤園おーいお茶新俳句大賞」の応募状況だ。今回の応募句数は195万4223句。29回にわたる累計の応募句数は3370万句を超えている。

果たして、東国原氏が示唆したように、該当作品は取り消されるのか。6日昼過ぎ現在、「プレバト!!」の番組公式サイトでは、この件には触れていない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「ちょっともう壊れちゃってる」ミッツが山口真帆の精神状態に懸念

「ちょっともう壊れちゃってる」ミッツが山口真帆の精神状態に懸念

11日放送のフジテレビ系「バイキング」は、NGT48の山口真帆(23)が男2人から自宅前で暴行された問題について特集した。 スタジオのゲストからは運営の不手際を追及する声が続出した。 MCの坂上忍(51)は「管理だけでなく、対応も問題視されている。ケガはたいしたことなかったとしても心に負...
たけし軍団で活躍、大森うたえもんの今 東国原英夫氏の元相方

たけし軍団で活躍、大森うたえもんの今 東国原英夫氏の元相方

1980〜90年代にバラエティー番組で一世を風靡した「たけし軍団」。現在、ワイドショーのコメンテーターとして活躍中の東国原英夫前宮崎県知事もそのひとりだが、当時、そのまんま東の芸名だった東国原氏と「ツーツーレロレロ」なるコンビを組んでいたのが、本日登場の大森うたえもんさん(59)だ。今...
イッテQやらせ疑惑 最大の問題は「ない」ものを「ある」とした点か

イッテQやらせ疑惑 最大の問題は「ない」ものを「ある」とした点か

コラム【芸能界クロスロード】 自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨 「くだらないことを一生懸命やるから価値が生まれるんだよ」 漫画家の赤塚不二夫氏が口癖のように言っていた言葉である。「天才バカボン」など数々のギャグ漫画をヒットさせたが、「大人がくだらないことをやって」とバ...
流行語ノミネートの「グレイヘア」本当にブーム?「何それ」と疑問の声

流行語ノミネートの「グレイヘア」本当にブーム?「何それ」と疑問の声

放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は「ブーム」と一部で報じられた「グレイヘア」について。 *** 7日、ユーキャン『新語・流行語大賞』に30語がノミネートされ、同日と翌日は、ニュース、スポーツ紙、ワイドショーなどが大きく報じ...
レッドカーペット芸人の響 現在は株のセミナー講師としての仕事も

レッドカーペット芸人の響 現在は株のセミナー講師としての仕事も

25日、『スピードワゴンの月曜TheNIGHT』(AbemaTV)が放送された。 今週は「サンタさんあの芸人に逢わせて下さい!行方不明芸人SP」と題し、かつては活躍していたものの現在は“行方不明状態”の芸人とクリスマスに再会しようという企画を実施。響、ソラシド、ザ・パンチ、元りあるキッズの安田善紀をゲストに...
花田優一氏の離婚で靴職人の肩書に異論噴出 テレビ局の責任は大か

花田優一氏の離婚で靴職人の肩書に異論噴出 テレビ局の責任は大か

吉川美代子アナも疑問視 高卒の18歳青年が、老舗の料亭で3年間の修行。そして僅か21歳で独立、高級割烹の個人店を開く。さらに、ほぼ同時期にタレントとしてデビュー。こんな経歴を持つ板前の店に、あなたは食べに行くだろうか? *** 上の青年は、板前の世界なら特定のモデルは存在しない。これは靴職人で...
収まる気配がないM-1暴言騒動 とろサーモンの優勝すらなくなる?

収まる気配がないM-1暴言騒動 とろサーモンの優勝すらなくなる?

地元にも見放された――。お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、「M-1グランプリ2018」で審査員、上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた問題はいまだ収まる気配を見せない。それどころか、とろサーモンには、より強い逆風が吹いた。2人の地...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net