芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

KEIKOの親族が小室哲哉の会見にあ然 うっすらメークしていた?

「これが本当なら相当な役者だと思う」。こんな声が相次いでいる。音楽プロデューサー小室哲哉(59)の、妻KEIKO(45)への献身愛が嘘っぱちとの報道への反響だ。

小室は看護師A子さんとの不倫疑惑を「週刊文春」に報じられ、ことし1月に会見を開いた。「普通の男性としての能力というものがなく」と疑惑を否定し、同時に「自発的な音楽活動はこの日が最後」と引退を表明した。

2011年にくも膜下出血で倒れて以降、介護のなかリハビリを続けるKEIKOに対しては、普通の夫婦の会話がほぼできなくなっているが「目を見て、しっかり話をしていきたい」とも語り、世間の同情を誘ったものだ。

しかしながら、週刊文春の最新号によると、小室はKEIKOと事実上別居状態。故郷の大分に戻ったKEIKOと暮らす親族は同誌に「会見には唖然としました」とし、こう明かしたという。

「彼(小室)の話はほとんど嘘。桂子のサポートに疲れたと言っていますが、彼は介護らしいことは何もしていませんし、そもそも今の彼女は要介護者ではない。なぜあそこまで、自分の妻のプライバシーや名誉にかかわることを、あしざまに言わなくてはならないのでしょうか」

小室は会見でKEIKOが音楽への興味を失ったとも語っていたが、仲間内ではよくカラオケボックスに行っている、とする関係者の証言も同誌は伝えている。これらが事実とすれば、小室の会見での発言は真っ赤な嘘ということになる。

ワイドショー芸能デスクはこう言う。

「実はあの会見では、小室さんはうっすらとメークをしていたんです。おそらく見られ方にも気を使い、自らの主張が少しでもよく伝わるようにしていたのでしょう。本当のことを言っているのかも知れないけれども、そうじゃないだろうという部分もありましたからね。CDの売れなくなった今の世の中では、音楽制作はかつてほどオイシイ仕事ではなくなりました。そうしたこともあって、小室さんの引退はこの随分前から業界では伝えられていた。いわば既定路線だったのですが、あの会見で改めて宣言したことに対してはあざといと見る向きもあった。実際、不倫疑惑から目をそらすことができたし、引退ビジネスとまではいかなくても、宣言後もCDが売れているわけですから」

小室にとって誤算は、これまでマスコミ取材にほとんど口を開いてこなかったKEIKOサイドの反撃か。今後はさらに小室糾弾を強めたり、離婚バトルにも発展しかねない様相である。

■そもそも「女性に献身的なタイプじゃない」

「アイドルデュオ『キララとウララ』のメンバーと離婚後、華原朋美と公私ともにパートナーとなりましたけれど、こちらは結婚には至らず破局。その後歌手Asamiと再婚し女児に恵まれましたけれど、わずか10カ月で離婚。慰謝料7億円と騒がれました。そのわずか8カ月後に結婚したのがKEIKOさん。小室さんの女性関係を振り返ると、不倫疑惑やら性格の不一致などで短期間で関係を終えている。そもそも『女性に献身的なタイプじゃない』という見方はそう間違っていないように思えますね」(前出の芸能デスク)

芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「小室さんであれ誰であれ、記者会見を開いた方が自身の主張を述べるのは、当たり前と言いますか、普通のこと。いろんな見方があるけれども、自身はこう思っていると訴え、その主張が世間に認知されるように努める。ビジネスでのような計算があっても不思議ではありません。ただ、そうは思っていない人もいれば、主張を述べることによって、反論や反発を招き、やぶへびという展開は想定されます。今回の事実関係が明らかになるのはこれから。まずはそれを注視したいですね」

涙の会見で同情を買い、世間を欺いたとすれば、アカデミー賞級の演技をしたことになる小室。反論することなく沈黙を貫いているが、音楽業は引退というのだから、いっそ役者への転身はどうか。

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • KEIKO KEIKO

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

チームプレイに切り替える リーガルVはドクターXより長続き?

チームプレイに切り替える リーガルVはドクターXより長続き?

いよいよ始まった米倉涼子(43)の新ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」(テレビ朝日系)。放送前から前シリーズの「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」を弁護士版にしただけ、との声もあったが、どっこいこの2つは似ているようで全然違うというのはコラムニストの林操氏。どこがどう違うのか、ご覧...
保釈された吉澤ひとみ被告 懲役2年、執行猶予4年程度になるか

保釈された吉澤ひとみ被告 懲役2年、執行猶予4年程度になるか

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)が27日、勾留先の警視庁原宿署から保釈された。深く頭を下げ、小さな声で「申し訳ありませんでした」と謝罪した。早ければきょう28日にも、所...
吉澤ひとみ被告の保釈金は「300〜500万円の間」小川泰平氏が推測

吉澤ひとみ被告の保釈金は「300〜500万円の間」小川泰平氏が推測

酒気帯び運転でひき逃げしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で26日に起訴されたアイドルグループ「モーニング娘。」元メンバーのタレント・吉澤ひとみ被告(33)について、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏はこの日、デイリースポーツの取材に対し、保釈金は...
涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト

27年目のデビュー記念日となった16日をもって、安室奈美恵さんが芸能界を引退した。最終日には、沖縄県宜野湾トロピカルビーチで開催された花火大会「WELOVENAMIEHANABISHOW」をお忍び観賞した安室さんの、歌手人生最後の3日間を沖縄で追った。 秋の気配が漂う東京から訪れ、まず...
のんと「和解」報道 前事務所のレプロが否定「何ら解決していない」

のんと「和解」報道 前事務所のレプロが否定「何ら解決していない」

大手芸能プロダクション・レプロエンタテインメントは18日、創作あーちすとで女優・歌手・のん(能年玲奈)との和解”が写真週刊誌『FRIDAY』で報じられた件において「本人との面会に至りました。しかしながら、何ら解決には至っておりません」との見解を表明した。 【写真】もう5年前…『あまちゃん』姿がフレ...
三田佳子の次男 保釈当日に元乃木坂メンバーを実家に招く

三田佳子の次男 保釈当日に元乃木坂メンバーを実家に招く

覚せい剤取締法違反の罪で東京地検に起訴され、10月9日に保釈された女優・三田佳子(77)の次男・高橋祐也被告(38)。今回で4度目の薬物逮捕・起訴となった高橋だが、300万円の保釈金を支払ったのはやはり母親ではないかという憶測から、ネットでは厳しい声が上がっていた。 【ツイート】愛人の元乃木坂46メ...
不倫で太川陽介が藤吉久美子を外出禁止に?事務所に聞いた真相

不倫で太川陽介が藤吉久美子を外出禁止に?事務所に聞いた真相

「例の騒動以来、彼女は家にこもっていることが多いんです。ダンナさんから“外出禁止令”が出ているみたいで、夜飲みに行くこともできなくて、うっぷんがたまっているようですよ」(友人の1人) 【写真】太川陽介を自宅前で直撃中に、家から出て来た藤吉久美子 騒動というのは、昨年末に『週刊文春』が報じた藤...
フジテレビ椿原慶子アナにセレブ社長との入籍報道 12月22日に挙式へ

フジテレビ椿原慶子アナにセレブ社長との入籍報道 12月22日に挙式へ

フジテレビの看板アナウンサーとして「FNNプライムニュースα」、「Mr.サンデー」などに出演中の椿原慶子アナ(32)が入籍し、12月に結婚式を挙げる予定であることが「週刊文春」の取材で判明した。 【ランキング】「好きな女子アナ」2006〜2017の総合ベスト15 椿原慶子アナ©時事通信社 「相手は老舗の...
週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...
週刊文春による小室哲哉への「追撃弾」編集長の汚名返上か

週刊文春による小室哲哉への「追撃弾」編集長の汚名返上か

「ほら、、やっぱりね」という声が、聞こえてくる。 『週刊文春』(7月12日号)が、再び小室哲哉を砲撃した。再び、というのは、あの不倫報道に関する第2弾、つまり追撃弾ということだ。 同誌が小室の不倫疑惑を報じたのは今年の1月だった。小室はすぐさま会見を開き、疑惑を全否定したが、会見の中では、妻で...
小室哲哉の引退会見 KEIKOの親族が怒り「彼の話はほとんど嘘」

小室哲哉の引退会見 KEIKOの親族が怒り「彼の話はほとんど嘘」

音楽プロデューサー・小室哲哉(59)が、女性看護師A子さんとの不倫疑惑を報じた「週刊文春」記事を受けて会見を開いたのは今年の1月19日。2011年に妻のKEIKO(45)がくも膜下出血で倒れて以降、介護のストレスの中でA子さんが精神的な支えになったが男女関係はない、と釈明した小室。そして「私の罪の償い」...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net