芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

週刊文春による小室哲哉への「追撃弾」編集長の汚名返上か

週刊文春による小室哲哉への「追撃弾」編集長の汚名返上か

「ほら、、やっぱりね」という声が、聞こえてくる。

『週刊文春』(7月12日号)が、再び小室哲哉を砲撃した。再び、というのは、あの不倫報道に関する第2弾、つまり追撃弾ということだ。

同誌が小室の不倫疑惑を報じたのは今年の1月だった。小室はすぐさま会見を開き、疑惑を全否定したが、会見の中では、妻であるKEIKOの病状や、介護について、また自身のアーティストとしての限界を訴え、挙句の果てに、“罪の償い”ということで、けじめをつけて、音楽活動から引退することを表明した。

この会見は多くの波紋を呼んだ。不倫疑惑くらいで、“天才”アーティストを引退に追い込んだとして、同誌は非難を浴び、逆風にさらされたのである。

「当初は、あんなに大きな話題になるとは思いませんでした。連日、ワイドショーでも取り上げていましたが、小室さんの不倫疑惑に関してということより週刊誌の“不倫報道”の是非について論じる流れになってしまいました」(テレビ局関係者)

週刊誌が報じる、芸能人の不倫報道が、世論を巻き込み、社会問題かしてしまったのには驚きだったが、私を含め、あの会見に疑問を感じていた人がいなかったわけではない。

「うまく世間の同情を買いました。会見は大成功だったと思います。実際、会見場で涙ぐみながら質問していた女性記者がいたくらいですから。

しかし、不倫を否定するのに、KEIKOさんの病状を、あれほど詳細に明らかにする必要はなかったと思います。また精神的な支えを他の女性に求めたのは、介護疲れのためだった、という言い訳は身勝手も甚だしい。謝罪のはずの会見なのに、論点がどんどんずれていってしまいました。あれで同情しちゃう方もどうかと思います」(スポーツ紙記者)

そして引退表明。しかも、引退は前から考えていたことだと、本人も語っているのに、不倫報道のせいで引退する、と錯覚してしまった人が多かったのは、これまた驚きだった。

だが、“臥薪嘗胆”“捲土重来”、それとも“汚名返上”か。“悪者”にされてしまった『文春』は、小室追撃の手を休めることはなかったようだ。

「マスコミも全部が全部、あの会見に納得していたわけじゃないです。ただ小室擁護の声が思ったより大きく、表だって叩くことは躊躇されましたね。『文春』がこのまま引き下がることはないだろう、と思っていた人は多いハズです。

さらに来週から『文春』は編集長が変わり、新体制に移行します。『文春砲』のブランドを築き上げてきた編集長にとって“汚名”をはらす最後の機会となったようです」(週刊誌記者)

会見から半年、小室は、もう狙われることもないだろうと、油断していたのではないだろうか。同誌は件の看護師が今でも頻繁に小室のマンションに出入りしている様子を捉えている。

さらに《親族怒りの告発》というタイトルが示すように、KEIKOの親族は、小室が会見で語った。

「(KEIKOは)音楽に興味が亡くなってしまった」

「小学4年生ぐらいの漢字ドリルを楽しくやっている」

などという話がほとんど嘘だったと怒りが治まらない様子だ。

同誌に掲載されている写真を見る限り、KEIKOは、健常者と変わらぬ生活に戻っていることがうかがえる。しかし直撃に対し、小室は無言を通した。もはや彼の口から真実が語られることは期待できないだろうが、擁護していた人たちは、いま何を思うのか。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト

涙もアンコールもなし…自然体のまま身を引いた安室奈美恵のラスト

27年目のデビュー記念日となった16日をもって、安室奈美恵さんが芸能界を引退した。最終日には、沖縄県宜野湾トロピカルビーチで開催された花火大会「WELOVENAMIEHANABISHOW」をお忍び観賞した安室さんの、歌手人生最後の3日間を沖縄で追った。 秋の気配が漂う東京から訪れ、まず...
安室奈美恵は完結「ステージに戻ることはないです」

安室奈美恵は完結「ステージに戻ることはないです」

16日に引退する安室奈美恵(40)が12日、NHK「あさイチ」(平日午前8時15分)にVTR出演した。 「おはよう日本」(平日午前4時30分、土曜午前6時、日曜午前7時)のキャスター和久田麻由子アナウンサー(29)と、近江友里恵アナウンサー(30)がインタビュアーを務めた。 引退を控えての心境を聞かれると「1つ1...
安室奈美恵 小室プロデュースから離れた心境を告白

安室奈美恵 小室プロデュースから離れた心境を告白

16日に引退する歌手、安室奈美恵(40)が12日放送のNHK「あさイチ」(月〜金曜・前8時15分)にVTR出演し、インタビューにこたえた。 NHKでは、今回の特別インタビューを、10日放送の「おはよう日本」(月〜金曜・前4時半、土曜・前6時、日曜・前7時)と「あさイチ」で放送。インタビ...
低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

低迷期を乗り越えたダウンタウン、松本人志が失敗を重ねて達した境地

日本テレビ系「ダウンタウンDX」1000回突破記念会見会見に出席した、ダウンタウンの松本人志(左)と浜田雅功=2016年9月8日(写真:日刊スポーツ) NHKでのコント番組、映画監督への挑戦など、30年以上続く芸歴の中で大きな失敗を何度も経験しているダウンタウンの松本人志。しかし、現在も多くのレギュラー...
ジャニーズの女性過激派グループ 親がセレブの女子大生など

ジャニーズの女性過激派グループ 親がセレブの女子大生など

ジャニーズタレントのファンに危険な異変が起きている。今年に入り、元TOKIOの山口達也(46)の強制わいせつ事件を筆頭に「NEWS」小山慶一郎(34)&加藤シゲアキ(31)の未成年飲酒トラブル、手越祐也(30)、錦戸亮(33)、大倉忠義(33)の女性問題などスキャンダルが続出しているジ...
宮迫博之が「バイキング」降板の理由を明かす「人の噂話が嫌い」

宮迫博之が「バイキング」降板の理由を明かす「人の噂話が嫌い」

2014年から金曜MCを務めてきた『バイキング』(フジテレビ系)を、3月いっぱいで降板した雨上がり決死隊。その理由を、宮迫博之が8月28日放送のラジオ『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で明かした。 「ほんまに、しんどいから辞めた。ニュースとかいうよりも、人のことをとやかく言うの、俺、昔から嫌...
歯科医師と交際を発表した小倉優子 長男は男性になつき手をつなぐ

歯科医師と交際を発表した小倉優子 長男は男性になつき手をつなぐ

ぶりっ子アイドルから、「好きなママタレント」1位へと華麗な転身を遂げたゆうこりんこと小倉優子(34才)が、またも世間を驚かせた。40代歯科医師Aさんとの真剣交際を発表したのである。 小倉は2011年にヘアメイクアーティストの菊地勲さん(47才)と結婚。2児を授かるが、2016年8月、菊地さんの不倫疑惑が報...
「人をほとんど信用できない」引退騒動の華原朋美が明かす胸中

「人をほとんど信用できない」引退騒動の華原朋美が明かす胸中

《今日限りでインスタとツイッター辞めます!皆さんのコメント嬉しかったです!今までありがとうございました!やっふぉーい!みんな元気でね!ばいばーい!》 7月17日、こう投稿してから突然SNSアカウントを削除した華原朋美(44)。不倫疑惑を報じられた直後だったため、さまざまな憶測を呼んだ。そんな華原...
「報ステ」に復帰で徳永有美に集まる批判 著作家が感じた疑問

「報ステ」に復帰で徳永有美に集まる批判 著作家が感じた疑問

10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターを務めるフリーアナウンサーの徳永有美。テレ朝のアナウンサーだった彼女は社内結婚していたが、2003年に内村光良との不倫が報じられ、担当番組を軒並み降板。その2年後に内村と結婚し、テレ朝を退社した。以降、2児の母親として、そして妻として夫...
不倫報道を機に布川敏和と離婚したつちやかおり 復縁の可能性は

不倫報道を機に布川敏和と離婚したつちやかおり 復縁の可能性は

3組に1組が離婚するという現代ニッポンの婚姻事情。世知辛いものだが、意外な情報も。離婚しても10組に1組くらいは、復縁しているというのだ。4年前、本誌(「週刊新潮」)のスクープを機に離婚したこの2人にも、そんな可能性が見えてきた? *** つちやかおり(54)が、同世代の板前との手つなぎ愛を本誌に...
華原朋美がSNS閉鎖騒動の真相語る「引退も考えています」

華原朋美がSNS閉鎖騒動の真相語る「引退も考えています」

「今、事務所と話し合いを進めています。うまくいかない場合は引退も考えています」 華原朋美(44)は、真剣な表情で本誌記者に語り始めたーー。 華原といえば、7月6日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で飯田グループホールディングス代表取締役会長である森和彦氏(73)との不倫疑惑が報じられた。また7月17日には...
ダンスレッスン中に宮川大輔と大喧嘩 宮迫博之が当時の心境明かす

ダンスレッスン中に宮川大輔と大喧嘩 宮迫博之が当時の心境明かす

8月14日に放送されたラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて、雨上がり決死隊・宮迫博之が、一部報道に対し激怒する一幕があった。 事の発端は、8月8日に配信されたウェブ版『女性自身』(光文社)の記事である。同記事によると7月下旬、宮迫は東京ダイナマイト・松田大輔と共に個室のカラオケレ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net