芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西日本豪雨のなかライブ敢行「ラブライブ!」運営側が「炎上」

西日本豪雨のなかライブ敢行「ラブライブ!」運営側が「炎上」 (全2枚)

普段とは真逆で運営側が炎上

「ラブライブ!シリーズ」と聞いても、「何、それ?」という人も少なくないだろう。だが、メディアミックスの成功例にしてヒット作、社会的にも大きな話題を提供してきた作品なのだ。

***

9人の少女がアイドル活動に励むというのが基本設定。最初の「ラブライブ!」は2010年に企画がスタート。担当声優が発表され、グループ名は「μ’s(ミューズ)」と決まった。

このμ’sによるライブやシングルの発売、コミック版の連載開始、アプリ版のヒットなどを経て、13年にテレビアニメ(TOKYOMXなど)の放送がスタートすると大ブレイク。14年にテレビアニメ第2期が放送され、15年には映画版「ラブライブ!TheSchoolIdolMovie」が公開される盛り上がりを見せた。特に映画版は興行収入28.6億円を叩きだし、同年大晦日のNHK紅白歌合戦にはμ’sが出場を果たした。

西日本豪雨のなかライブ敢行「ラブライブ!」運営側が「炎上」 ラブライブ!HPより

続くシリーズの第2作が「ラブライブ!サンシャイン!!」。こちらのグループ名は「Aqours(アクア)」で、15年に公式サイトが開設された。やはり16年にテレビアニメが制作され、翌17年には第2弾が放映された。

Aqoursは今年6月から「ラブライブ!サンシャイン!!Aqours3rdLoveLive!TOURWONDERFULSTORIES」をスタート。西武ドーム、大阪城ホールを経て、7月7日と8日はマリンメッセ福岡でのライブが予定されていた。

西日本豪雨のなかライブ敢行「ラブライブ!」運営側が「炎上」 西日本豪雨で中止となった主なライブと、開催したAqoursのライブ

さて、少々話は逸れるのだが、この「ラブライブ!」の熱狂的なファンは「ラブライバー」と呼ばれる。彼らの“マナー”を巡る議論は、ネット上では“定番ネタ”として知られる。

「暴言や極端な叫び声」を禁止

例えば、アサ芸プラスは15年11月「『ラブライブ』声優の紅白出場で、大みそかの横浜や千葉が大パニックに!?」の記事を掲載した。「アニメ好きの芸能ライター」氏の解説を紹介させていただこう。

《「一般の方には誤解されがちですが、ほとんどのアニメファンは行儀がよく、大人しいもの。曲中でコールを叫ぶことはありますが、周りに迷惑を掛けないといった当たり前のマナーはちゃんと守る人たちばかりです。ただ、ラブライバーに限っては、非常識な行動をとるファンが少なくないことも事実なんですが‥‥」

そんなラブライバーによる数々の悪行は、広く知れ渡っている。合同ライブで他のアニメのファンを殴ったり、ライブの様子を撮影してアップするといった迷惑行為はザラ。今年6月に劇場版が公開された際には映画館のロビーを占拠して騒いだり、チラシをバラ巻くといった問題行動が報告されている。そんなラブライバーには運営側も手を焼いているというのだ》

今回の福岡公演では、日本各地の映画館でライブビューイングが行われた。チケット販売サイト「イープラス」の該当ページには「注意事項」が掲載されているのだが、これがなかなか興味深い。

《※ライブビューイングは、通常の映画上映とは異なり、立ち上がってご鑑賞頂く方、コンサートライトをお持ち込みされる方、声援を出される方もいらっしゃるイベントとなります。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

※他のお客様のご鑑賞の妨げになる可能性がある行為(極度のハイジャンプや連続してのジャンプ、お席を離れてのご鑑賞、暴言や極端な叫び声、コンサートライト以外の応援グッズ【例:うちわ、メッセージボード、パネル、旗、横断幕、鳴り物】の使用など)はご遠慮ください。また、他のお客様のご鑑賞の妨げになるような光量・長さ・大きさのコンサートライト(著しくまぶしい高輝度タイプの大閃光、ウルトラオレンジや改造サイリウム等明るすぎる物、危険と思われる長さ・大きさの物)のご使用はご遠慮ください。場合によってはイベント終了までお預かりさせて頂きます》

多くのイベント・ライブは中止

具体的な記述に驚かされる。確かに「迷惑行為」のオンパレードだ。過去から現在に至るまで、相当なトラブルがあり、対応策も取られてきたようだ。

そして福岡公演でも“炎上”が起きた。もっとも今回は、熱狂的なラブライバーが狼藉を働いたという話ではない。非難の矛先は運営側。ファンは“被害者”という珍しい事態なのだ。関係者が言う。

「ネット上で批判の声が高まっている理由は、西日本豪雨で記録的な被害が発生している真っ最中に、おまけに死者も発生した福岡でライブを開催したためです。交通手段が遮断したままの地域も少なくなく、7日、8日のライブについて運営は『記録的豪雨により被災された方、交通網が遮断されたことによりご来場できなかったお客様に限り、チケット代の払い戻しをさせていただきます』と告知しました。しかし西日本各地で予定されていた他のイベントやライブは安全を最優先に大半が中止になりました。ネット上では『運営側は危機意識が欠如している』、『大切なファンの安全を軽視しているのではないか』という指摘が相次ぎました」

まずは比較のため、他のライブやイベントの状況を整理してみた。

公式Twitterは「物品完売」のツイートばかり

そもそも7月5日は、福岡・大分の両県で40人が犠牲となり、2人が行方不明になった九州豪雨から1年という重要な節目だった。福岡県朝倉市では、その5日に大雨警報に基づく避難勧告が発令。途中で中止に追い込まれた追悼行事もあったという。

ライブ前日の6日は九州各地で大雨が猛威を振るう。北九州市では土砂崩れが発生。山陽新幹線を筆頭に、JR九州の管内では運休が続出し、高速の九州自動車道も通行止めとなった。一部の高速バスは運行を見合わせるなど、広い範囲で交通手段が遮断される。

ライブ初日の7日は、九州各地で甚大な被害が確認された。午前には福岡県筑紫野市で60代の女性が心肺停止の状態で発見され、大野城市では80代女性の死亡が確認された。九州道の通行止めは続き、山陽新幹線は新大阪--小倉間で始発から運転を見合わせた。JR九州の特急も動かず、交通の寸断は続いた。

「福岡市内に限れば、7日の土曜は終日、雨は降りませんでした。午前中の段階で最大級の警戒を呼び掛ける『大雨特別警報』も解除されました。運営側は17時のライブは予定通り開催できると判断したのでしょう。しかし、福岡市内の美術館や博物館は臨時休館でした。同じように雨の降っていなかった広島市でも、ゆずは安全を最優先にライブの中止を決めています。ネット上の非難は全て正論ばかりですが、最も皮肉がきいていたのは『ラブライブ運営「ATMに文句言う資格はない」』というTwitterの呟きだったと思います。確かに『黙ってライブに来て金を落とせ』という姿勢だと揶揄されても仕方ありません。中止にすれば熱狂的なファンの反発もあったでしょう。とはいえ、やはり大切なファンなのですから、安全を最優先に中止の判断を下すべきだったのではないでしょうか」(同)

実際のところ、福岡市内に住むファンなら余裕で会場に到着し、ライブを心から堪能しただろう。だが、無理をして駆け付けた人もいたに違いないのだ。

にもかかわらず、公式サイトは「物販完売」の報告が延々と続く。被災したかもしれないファンを思い遣る気配が皆無なのは、やはり違和感が残る。

週刊新潮WEB取材班

2018年7月9日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

King&Princeが5人で紅白初出場へ「岩橋玄樹の思いも背負って」

King&Princeが5人で紅白初出場へ「岩橋玄樹の思いも背負って」

【King&Prince・NHK紅白歌合戦/モデルプレス=11月14日】King&Princeが、大みそか恒例の「第69回NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まり、14日、東京・渋谷の同局にて行われた発表記者会見に出席した。 【さらに写真を見る】「第69回NHK紅白歌合戦」出場歌手発表 今年5月に「シンデレラガール」でCDデ...
「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手が決定、DA PUMPは16年ぶり

「第69回 NHK紅白歌合戦」出場歌手が決定、DA PUMPは16年ぶり

大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜11:45総合ほか)の出場歌手が14日、同局で発表された。初出場は、白組はKing&Prince、Suchmos、純烈、YOSHIKIfeat.HYDEの4組、紅組はあいみょん、DAOKOの2組。騒動渦中のBTS(防弾少年団)は出場を逃した。『新語・流行語大賞』にノミネートされた「U.S.A....
「ちゃんとお風呂入って」声優・逢田梨香子のツイートが誤解招く

「ちゃんとお風呂入って」声優・逢田梨香子のツイートが誤解招く

「ほんとに臭かったんだろうな...」「オタクが臭くてごめん」――。人気声優の逢田梨香子さん(25)が、コンサートに参加したファンへ送った一言が、インターネット上で思わぬ「誤解」を招くことになった。 騒動の発端となったのは、逢田さんが公演の終了直後に「みんなちゃんとお風呂入ってね!!」とツイート...
視聴者が選んだベストアニメ『TIGER & BUNNY』1位、2位独占

視聴者が選んだベストアニメ『TIGER & BUNNY』1位、2位独占

国産アニメーションが初めて公開されてから、今年で100周年を迎える節目に、この間作られたおよそ1万タイトルのアニメから、視聴者投票で選ばれた100作品を発表する番組『発表!あなたが選ぶアニメベスト100』が3日、NHK・BSプレミアムで3時間にわたり生放送された。60万以上の投票があり、総合1位は『TIGER&...
内村光良が紅白司会を受けた理由 家族から出てほしいとお願い

内村光良が紅白司会を受けた理由 家族から出てほしいとお願い

「去年はフレッシュさだけで乗り切ったという感じですが、今年はそうはいかない。鮮度を保ちつつ頑張っていきたいと思います!」 【写真】直撃を受ける内村。以前、徳永も同じ場所で取材に応じた 大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』の総合司会に選ばれた内村光良。11月26日に行われた記者会見では、...
上沼恵美子が西の女帝と呼ばれる訳 「世話にならなかった人いない」

上沼恵美子が西の女帝と呼ばれる訳 「世話にならなかった人いない」

12月9日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志が、先週行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の終了後、酒を飲んでいたとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智が、配信動画内で審査員である上沼恵美子を激しく罵った件について、『上沼さんがどれだけすごい芸人なのかわかって...
5歳の娘がこんな言葉づかいを…NHKが懸念したチコちゃんのセリフ

5歳の娘がこんな言葉づかいを…NHKが懸念したチコちゃんのセリフ

NHK定例会長会見が6日、都内で行われ、上田良一会長が、今年の流行語大賞のトップ10入りしたNHK「チコちゃんに叱られる!」の番組内で登場する5歳の着ぐるみの少女が言う決めぜりふ「ボーっと生きてんじゃねーよ!」にも言及。 上田会長は「本当に皆さんに喜んでいただいているようで、私もいろんな場であいさ...
北島三郎がNHK紅白歌合戦へ5年ぶりの復帰 特別枠で弟子2人と出演

北島三郎がNHK紅白歌合戦へ5年ぶりの復帰 特別枠で弟子2人と出演

歌手の北島三郎が大晦日に放送される「第69回NHK紅白歌合戦」に特別企画で出演することが4日、発表された。北島は13年に50回出場を節目に紅白を卒業しており、5年ぶりの出場となる。楽曲は「まつり」に決まった。 北島は「北島兄弟」という、弟子の北山たけしと大江裕のユニットとともに出演予定。...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net