芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

宮沢りえが産婦人科に極秘通院 45歳で妊活始める?

宮沢りえが産婦人科に極秘通院 45歳で妊活始める?

オフィス街の反射光がまぶしいまでに快晴だった、7月上旬の午前10時過ぎ。都内の有名産婦人科があるテナントビルの裏口に、ひと目を気にしながら入っていく、宮沢りえ(45)の姿があった。1時間半ほどして建物内から出てくると、マネージャーらしき男性に守られながら駐車場に停めてあった車に乗り込んだ――。

「この病院では従来の体外受精に加えて、不妊症に悩む女性たちのために最先端の生殖補助医療を提供。具体的には“卵子の若返り”をテーマにしたものなど、さまざまな不妊治療が受けられます」(不妊治療に詳しい医療関係者)

りえといえば今年3月、V6の森田剛(39)と再婚。あれから4カ月たった今、2人は“本気妊活”に挑んでいるという。

「結婚当初から『いつか2人の子どもが欲しいね』と夫婦で話し合っていたそうです。妊活に専念するために、りえさんは仕事をセーブ。年内も舞台や映画などの仕事は入っていません」(りえに近い仕事関係者)

最先端の医療に、周囲の厚いサポート。とはいえ現在45歳のりえにとって、妊娠・出産はたやすいことではないだろう。成城松村クリニックの松村圭子院長は、40代からの妊活ついてこう解説する。

「タイミング法や人工授精といった比較的安価な治療もありますが、40代以降の不妊治療は、ほとんど体外受精か顕微授精です。不妊治療の助成金には、開始年齢が43歳未満までという年齢制限が設けられています。やはり、それ以上の年齢だと出産に至る可能性が著しく低くなるからです。もちろんケースバイケースですが、50回の体外受精で1回くらいの確率になってきます」

年齢と比例して過酷さも増していく妊活。そのプレッシャーは、りえにも重くのしかかっていた。

「妊活を始めた当初は、なかなか思うように進まなくて、りえさんは精神的に不安定になってしまうこともありました。あまりのつらさに、親しい友人に泣きながら電話したこともあったそうです」(りえの知人)

そこまでして、りえはなぜ森田との子どもにこだわるのか。

「りえさんは、前夫との間に生まれた長女(9)を我が子同然に可愛がってくれる森田さんの姿を見て、妊活を始めたそうです。というのも、連れ子と実子がいたら“自分の子を可愛がるのでは”と思い込んでしまいますよね。彼女は母親として、それだけは避けたかったのだと思います。でも、りえさんの心配は杞憂でした。娘さんも森田さんを“パパ”と呼んでなついているそうですから。これなら森田さんの子どもが出来ても安心だと、決心がついたのでしょう」(前出・知人)

一時は後ろ向きになっていたりえも、最近では明るく前向きになってきたのだという。

「実は、今回りえさんが通っている病院と長女を出産した際のかかりつけ病院が同じ系列なんです。『愛娘を授かった病院で、またもう一度!』と、りえさんは妊娠・出産への気持ちを高めていたそうですよ」(前出・知人)

剛くんとの赤ちゃんが欲しい!そんな思いを抱きながら産婦人科から出てきた彼女の横顔は、“恋多き大女優”ではなく、家族愛を求める“1人の女性”だった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

元貴乃花親方 今後の活動を聞かれ率直な思いを吐露

元貴乃花親方 今後の活動を聞かれ率直な思いを吐露

大相撲九州場所のチケットがなかなか完売しない相撲協会としては、この人気をどう見るだろうか──。 1か月ぶりに公の場に姿を見せた元貴乃花親方。その集客力は健在だった。この日は昨年まで貴乃花部屋宿舎があった福岡県田川市の「炭坑節まつり」に、市長から任命された「たがわ魅力向上大使」として参加。露...
「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」に関するやらせ疑惑が、波紋を広げている。 番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」は、世界各国で開催されるお祭りに、お笑い芸人の宮川大輔を中心に番組出演者が参加。競技コンテスト...
BTSメンバーの「原爆Tシャツ」騒動「知らなかった」は通らない?

BTSメンバーの「原爆Tシャツ」騒動「知らなかった」は通らない?

今、一部では第3次韓流ブームと言われているようです。K-POPでは日本、韓国、台湾出身の9人からなるTWICEが日本でも人気です。TWICEの上手いところは、ギクシャクしがちな日韓関係の中で日本人メンバーもいることから、比較的平和的な活動を展開できる点でしょう。昨年はNHK紅白歌合戦にも出場していました。 ...
宮沢りえも施したほくろ除去 傷跡が残る場合もあると専門家が指摘

宮沢りえも施したほくろ除去 傷跡が残る場合もあると専門家が指摘

7日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)で女優の宮沢りえ(45)が顔のほくろを取り除いた話題を報じた。 番組では今年3月と10月の宮沢の写真と映像を比較し3月には鼻の右側にあったほくろが10月には消えていたことを紹介し「3月から9月の間に除去したのだろうか」と推測してい...
TKOの木下隆行 相方が提案したダイエット企画で「放送事故」

TKOの木下隆行 相方が提案したダイエット企画で「放送事故」

お笑いコンビTKOの木下が、ある意味において“放送事故”級の離れ業をやってのけた。 11月3日(土)、22時からAbemaTVで放送された「CONNECT!芸人たちのドライブバラエティ」で木下は、相方・木本が提案した「1日2kg」のダイエットに挑戦。それもそのはず、コンビ結成当初70kgだったという木下の体重は現在、10...
川崎麻世が20年前から漏らしていた本音 日米の考え方の違いが根っこに

川崎麻世が20年前から漏らしていた本音 日米の考え方の違いが根っこに

コラム【芸能界仕事術】 川粼麻世(55)とカイヤ(56)の離婚裁判がワイドショーでさんざん取り上げられている。 14年を越える別居生活も普通ではないが、時折仕事でふたり揃って登場してきて、別居や相方の“浮気疑惑”をネタに、まるで夫婦漫才のようなやりとりをするのも普通ではなかった。僕は...
竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」

竹原慎二が医療過誤裁判めぐる病院側の対応に憤り「情けない」

がん闘病中の元プロボクサーでタレントの竹原慎二(46)が、診察当初に誤診があったとして当時の主治医や病院を相手取って起こした医療過誤裁判の進捗(しんちょく)を報告し、相手側の心無い対応に「頭にきたと言うかつくづく情けない人だと思う」と憤った。 竹原は15日更新のブログで、この日受けた検診を無...
「学生に失礼ではないか?」高須克弥氏が母校の不適切入試疑惑に反論

「学生に失礼ではないか?」高須克弥氏が母校の不適切入試疑惑に反論

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、出身校の昭和大学医学部に不適切な入試が行われた疑いが持ち上がったことを受け、調査した文部科学省に対し「学生に失礼ではないか?」と異議を唱えた。 柴山昌彦文科相は12日の会見で、全国81大学の医学部医学科を対象とした入試をめぐる調査で、複数の大学で不...
がんの父に対する外科医の対応の「ひどさ」 加藤貴子がつづる

がんの父に対する外科医の対応の「ひどさ」 加藤貴子がつづる

女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記した。医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しい...
川村ひかる、今の仕事は美容に関する商品開発など 病に襲われ19年

川村ひかる、今の仕事は美容に関する商品開発など 病に襲われ19年

1990年代後半から2000年代にかけて、グラビアアイドルとして少年誌や青年誌の表紙を飾り、世の男性たちをとりこにした川村ひかるさん(38)。バラエティー番組などにも多数出演し、マルチに活躍していた。およそ15年たった今、どうしているのか。 川村さんに会ったのは、東京・港区にある所属事務...
24時間マラソンランナーを務めた西村知美 走る前は離婚寸前だった

24時間マラソンランナーを務めた西村知美 走る前は離婚寸前だった

タレント・西村知美(47)が22日、日本テレビで放送された「1周回って知らない話」に出演。2002年に「24時間テレビ」のチャリティーマラソンのランナーを務めたが、実は走る前は、離婚寸前の状態だったことを明かした。西村は1997年、元タレントで料理人の西尾拓美さんと結婚している。 西村...
「安倍さんが生産性ない」太田光の発言が物議醸す

「安倍さんが生産性ない」太田光の発言が物議醸す

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)が、性的少数者(LGBT)は「生産性がない」などと主張した問題に関し、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん(53)が2018年7月29日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)放送中に述べた言葉で、一瞬スタジオが凍りつくような微妙な空気が流れた。 番組では、問題となって...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net