芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

宮沢りえが産婦人科に極秘通院 45歳で妊活始める?

宮沢りえが産婦人科に極秘通院 45歳で妊活始める?

オフィス街の反射光がまぶしいまでに快晴だった、7月上旬の午前10時過ぎ。都内の有名産婦人科があるテナントビルの裏口に、ひと目を気にしながら入っていく、宮沢りえ(45)の姿があった。1時間半ほどして建物内から出てくると、マネージャーらしき男性に守られながら駐車場に停めてあった車に乗り込んだ――。

「この病院では従来の体外受精に加えて、不妊症に悩む女性たちのために最先端の生殖補助医療を提供。具体的には“卵子の若返り”をテーマにしたものなど、さまざまな不妊治療が受けられます」(不妊治療に詳しい医療関係者)

りえといえば今年3月、V6の森田剛(39)と再婚。あれから4カ月たった今、2人は“本気妊活”に挑んでいるという。

「結婚当初から『いつか2人の子どもが欲しいね』と夫婦で話し合っていたそうです。妊活に専念するために、りえさんは仕事をセーブ。年内も舞台や映画などの仕事は入っていません」(りえに近い仕事関係者)

最先端の医療に、周囲の厚いサポート。とはいえ現在45歳のりえにとって、妊娠・出産はたやすいことではないだろう。成城松村クリニックの松村圭子院長は、40代からの妊活ついてこう解説する。

「タイミング法や人工授精といった比較的安価な治療もありますが、40代以降の不妊治療は、ほとんど体外受精か顕微授精です。不妊治療の助成金には、開始年齢が43歳未満までという年齢制限が設けられています。やはり、それ以上の年齢だと出産に至る可能性が著しく低くなるからです。もちろんケースバイケースですが、50回の体外受精で1回くらいの確率になってきます」

年齢と比例して過酷さも増していく妊活。そのプレッシャーは、りえにも重くのしかかっていた。

「妊活を始めた当初は、なかなか思うように進まなくて、りえさんは精神的に不安定になってしまうこともありました。あまりのつらさに、親しい友人に泣きながら電話したこともあったそうです」(りえの知人)

そこまでして、りえはなぜ森田との子どもにこだわるのか。

「りえさんは、前夫との間に生まれた長女(9)を我が子同然に可愛がってくれる森田さんの姿を見て、妊活を始めたそうです。というのも、連れ子と実子がいたら“自分の子を可愛がるのでは”と思い込んでしまいますよね。彼女は母親として、それだけは避けたかったのだと思います。でも、りえさんの心配は杞憂でした。娘さんも森田さんを“パパ”と呼んでなついているそうですから。これなら森田さんの子どもが出来ても安心だと、決心がついたのでしょう」(前出・知人)

一時は後ろ向きになっていたりえも、最近では明るく前向きになってきたのだという。

「実は、今回りえさんが通っている病院と長女を出産した際のかかりつけ病院が同じ系列なんです。『愛娘を授かった病院で、またもう一度!』と、りえさんは妊娠・出産への気持ちを高めていたそうですよ」(前出・知人)

剛くんとの赤ちゃんが欲しい!そんな思いを抱きながら産婦人科から出てきた彼女の横顔は、“恋多き大女優”ではなく、家族愛を求める“1人の女性”だった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

宮沢りえと森田剛が路上キスか 近くにいた娘は慣れた様子

宮沢りえと森田剛が路上キスか 近くにいた娘は慣れた様子

東京・青山の「キラー通り」はサザンオールスターズの曲にも登場する有名な通り。表参道のすぐ隣に位置しながらも、その喧噪とは別世界のほのぼのした雰囲気だが、有名ショップやレコーディングスタジオが並び、アーティストや女優、ミュージシャンなど有名人もよく見かけられる。 35℃を超える猛暑が続いた三...
くわばた 弱視の長男視力回復「泣きそう」…1年半メガネ「自分を責めた」

くわばた 弱視の長男視力回復「泣きそう」…1年半メガネ「自分を責めた」

お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえが18日、ブログを更新。弱視と診断され、メガネをかけていた長男(7)の視力が上がってきたことを報告した。自身も近視でメガネをかけており、長男の弱視に「自分自身を責めた」というが、視力回復に「泣きそう」と感無量の様子でつづった。 長男は3歳児健...
高須院長が豪雨被害で現地行かない理由 「僕は寄付するプロ」

高須院長が豪雨被害で現地行かない理由 「僕は寄付するプロ」

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、自由気ままに提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨に対する支援活動について、お話をうかがいました。 *** ──西日本を中心に記録的な豪雨となり、甚大な被害をもたらしました。 高須:...
「泣きながら街を彷徨い」上田まりえが意味深投稿 相次ぐ心配の声

「泣きながら街を彷徨い」上田まりえが意味深投稿 相次ぐ心配の声

フリーアナウンサーの上田まりえ(31)が12日、自身のインスタグラムを更新。「うまくいっていないことが多すぎて、泣きながら街を彷徨いました」と吐露した。 上田は「うまくいっていないことが多すぎて、泣きながら街を彷徨いました。泣き止んだ頃には笑顔が戻り、歩き疲れてお腹もグー。日付は変わっ...
高須克弥院長が「ブラックペアン」の矛盾を指摘「リアルさがない」

高須克弥院長が「ブラックペアン」の矛盾を指摘「リアルさがない」

TBS系日曜ドラマ『ブラックペアン』の最終回10話が24日放送され、平均視聴率が18.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。春クールのドラマ最大のヒット作となった本作。毎話ネットからも多くの感想が寄せられていた。 『ブラックペアン』は孤高の天才外科医・渡海征司郎(二宮和也)を中心に...
「本物のファンにチケットを」転売対策にファン育成の意識改革

「本物のファンにチケットを」転売対策にファン育成の意識改革

ここ数年、活況が続くライブ・エンタテインメント業界。とはいえ、“チケットの高額転売”、“会場不足”、“大都市集中”、“アルバイト不足”など内情をみると課題は多い。そこで、世界最大のプロモーター「ライブ・ネイション」のライブ作りなど、海外の最先端事例を参考に解決策を検証。今年度の収益が過去最高と...
膀胱がんでステージ4だった竹原慎二 東大病院の「最先端手術」

膀胱がんでステージ4だった竹原慎二 東大病院の「最先端手術」

ボクシングの元WBA世界ミドル級王者でタレントの竹原慎二(46)が10日、カンテレで放送された「マルコポロリ!」に出演。4年前に膀胱(ぼうこう)がんでステージ4と診断され、膀胱を摘出し、小腸で代用する手術を受けたことについて語った。 竹原は2014年2月、膀胱癌でステージ4と診断された...
夫が暴行で書類送検の上隠し子も 南野陽子はなぜ別れを決断しない?

夫が暴行で書類送検の上隠し子も 南野陽子はなぜ別れを決断しない?

W不倫報道で“辞退”した斉藤由貴(51)に代り、NHK大河「西郷どん」に出演すると発表された当時から、不安の声はあった。放送が始まった折も折、南野陽子(50)の年下夫が、暴行で書類送検されてしまったのである。妻の看板に泥を塗る“悪夫”のほどは、本誌「週刊新潮」でもたびたび報じてきた。 *** 「FLASH...
ダリの絵を落札した川崎希に夫・アレクサンダーが動揺「本当に買うよね?」

ダリの絵を落札した川崎希に夫・アレクサンダーが動揺「本当に買うよね?」

タレントのアレクサンダーが18日、自身のブログを更新し、驚きの内容を綴った。 アレクサンダーは、自身のブログを「のんちゃんダリの絵入札してきたの巻」というタイトルで記事を投稿しており、「買えたかどうかはかわらないけど入札したみたい」と綴り、「今東京駅の近くで絵の入札会がやってて全く買う気が...
TBS吉田明世アナが不妊治療の経験を明かす「人工授精にも挑戦」

TBS吉田明世アナが不妊治療の経験を明かす「人工授精にも挑戦」

現在妊娠8カ月で4月から産休に入るTBSの吉田明世アナウンサー(29)が19日放送のTBSラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1・00)に出演。排卵障害の一種である「多嚢胞性卵巣症候群」を乗り越えての妊娠だったことを明かした。 今月26日の同番組生放送を終え、産休に入るという吉田アナ。月曜...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net