芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

説明しなくてもわかる人・明石家さんまが裏で見せる「頭の良さ」

説明しなくてもわかる人・明石家さんまが裏で見せる「頭の良さ」 売れるお笑い芸人に共通するものは何か。バラエティプロデューサーの角田陽一郎さんは、「売れている芸人さんは、みんな頭がいい。そのなかでも一番は、明石家さんまさん」といいます。視聴者には見えない、明石家さんまさんの真の“頭の良さ”とは――。(第4回、全5回)

※本稿は、角田陽一郎『運の技術AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器』(あさ出版)の一部を再編集したものです。

■さんまさんの恐ろしい洞察力

明石家さんまさんは、よく「頭がいい」と評されますが、そこには2種類の「頭がいい」があります。

ひとつは、視聴者に見せる頭のよさです。たくさんの芸人や俳優や文化人を相手にしての神業的なトーク回しや、天才的な切り返し。ものすごく頭の回転が速い、ものすごく脳の運動神経がいい人でないと、あんなことはできません。

そしてもうひとつは、視聴者に見せない頭のよさ。

僕はどちらかと言えば、こっちの面で、さんまさんは、僕がお会いした人のなかで一番頭のいい人だと思っています。

それは、「何かを理解してもらうのに、説明量が圧倒的に少なくてすむ」からです。

さんまさんは、説明しなくてもわかる人。番組の企画書を見せて「これ新しい企画です」と言うと、僕らスタッフがほとんど何も説明してないのに、ちらっと企画書を一瞥して「ふーん、○○やろ」。これが毎回、企画のど真ん中をついています。

一度、「なんで企画の狙いがわかったんですか?」と聞いたら、「お前らの考える企画なんて大体そんなもんやろ」と言われました。恐ろしい洞察力です。

■売れっ子は最小の情報で理解する

どんな環境でも、言ったことを全部笑いにしてしまう天才・ザキヤマ(山崎弘也)さんも、説明しなくてもわかってくれる人です。「今回この番組は、これこれこういうノリです」なんていちいち説明しなくても理解してくれる。さすがです。

ディレクターが若手であればあるほど、演者さんに企画を細かく説明しようとします。司会の進行がこれこれこうで、このタイミングで入ってきていただいて、など。でも売れているタレントさんは頭がいいので、そんなこと説明しなくてもわかっています。

だから売れているタレントさんに対する僕の説明は、必要最小限。「コンセプトは○○です。VTRを見ていただきますが、おもしろくなかったら笑わなくていいですよ」とかなんとか。彼らは「そうか、角田は今回のVTRに自信があるんだな」と理解してくれる。さんまさんには、その最小限の説明すら、必要ありませんが。

結局、「頭がいい」というのは偏差値や知識の量ではなくて、本質的には「洞察力」や「想像力」なのではないでしょうか。

■「今までになかった=おもしろい」ではない

よく放送作家と話していて、「こういうの一番ムカつくよね」と意気投合するのが、「SMAPと嵐のガチンコ相撲対決みたいなことをやったら、絶対視聴率が獲れます」みたいな企画書です(もちろんSMAP解散前の話です)。

いやいや、そもそもその2組を同じ番組でキャスティングできないですから!

こういう企画書を書いてくる人は、えてして悪人ではなく、むしろ優しくて素直な人格の持ち主なのですが、「今までになかった、想像を超えたものこそおもしろい」と勘違いしています。

でも本当はそうではなくて、「想像できるものじゃないと、おもしろくない」。現実的に形にならないものは、おもしろくならない以前に、ビジネスとして成立しないのです。

■想像力こそが仕事の武器

この話をする時に思い出すのが、あるスタッフの話です。彼は現場で「信用できない」「嘘つき」などと言われていました。

彼はとある芸術家に喜々として「1万色の新しい絵の具を使って、あなたが思い描く絵を番組で実現します」と提案しました。彼にしてみれば、芸術家に対する無邪気な最大限の賛辞として「1万色」と言ったのだと思いますが、実際用意するとなったら、絵の具1色を作るのに1000円かかるとすると1000万円もかかります。

そんな制作費が捻出できるわけがありません。彼は善人ではありましたが、想像力がなさすぎました。結果、周囲から見れば「嘘つき」というわけです。

僕らテレビマンが心がけるべきなのは、むしろ「手持ちの絵の具が12色しかないけど、どうやって表現豊かな絵を描けるか」を考え抜くこと。1万色だの、SMAPと嵐で相撲だのといったことを軽々しく言うほど想像力のない人に、「創造」力なんてあるわけがない。彼らは想像を超えたところにゴールがあるなんて思っていますが、ゴールは僕たちが想像する脳内にしかありません。

余談ですが僕も以前、あるタレントさんのマネージャーから「お前は想像力がない」と怒られたことがあります。でもそれは「1万色絵の具」の彼とは違います。なぜなら、僕は怒られることまでコミコミで想像していたから。

そのマネージャーの言う通りにやったら番組が成立しないから、彼に怒られることまできっちり想像力を働かせたうえで、適度に怒られながら「すみません」と言っているわけです。想像力こそが仕事の武器なのです。

かつてTBSで人気を博したバラエティ番組『ガチンコ!』のなかでも特に人気だったコーナーが、不良少年たちをプロボクサーに育成する「ガチンコ・ファイトクラブ」です。

ここでは毎回のようにヤンキー少年同士が一触即発のケンカ状態になっていて、そのギリギリ感、ヤバさが視聴者を惹きつけていました。

僕が『ガチンコ!』のディレクターから聞いて「なるほどな」と思ったのが、「彼らがカメラの前で殴っちゃったら終わりなので、ケンカが殴るまで発展しないようにするのが一番むずかしい」という言葉でした。

「なんじゃこりゃあ!」「てめえこの野郎!」と激しく威嚇しあい、CMを挟んでもまだ引っ張ってそれをやっている。これが延々続くから視聴者は目が離せなくなるわけですが、殴ってしまったらもう引っ張れません。それで終わりなのです。

だから、『ガチンコ!』のスタッフには(もしかしたらその不良少年たちにも)、ものすごい想像力があったのです。それ以上煽ったら、それ以上相手を罵倒したら、殴りかかってしまう。その想像力を働かせて、ギリギリで止める。だから番組は成立しました。

いじめによる自殺、先生に叱られることによる自殺も、「これ以上やったら自殺しちゃうかも」という想像力の欠如が招きます。

■不運は想像力で避けられる

もっと大きく言えば、国家間の戦争もそうでしょう。外交上のハードネゴシエーションの範疇に収まらずにミサイルが発射されてしまうのは、ミサイルを打ち込まれた国の指導者が加減を知らなかったから。「これ以上相手国を追い込んだらミサイルを撃たれる」という想像力が足りないのです。逆に言えば、想像力によって戦争は根絶できるのかもしれません。

誰かを「からかう」「いじる」のもそうでしょう。

いくら場が盛り上がっていて、本人が「おいしい」と感じているようにはたから見えたとしても、限度を超えれば本人にとってそれは苦痛となり、職場や学校に来なくなってしまう。想像力がないから、加減がわからない。本当にいやがっているということを察知できないのです。

物事は杓子定規に「OK」と「NG」で白黒つけられるものではなく、その中間に「遊び」や「閾値(いきち)」のようなものが存在します。それがどれくらいのものなのかを測る想像力があれば、「一線を超えたことで降りかかってくる不運」は避けられるのです。

----------

角田陽一郎(かくた・よういちろう)
バラエティプロデューサー
1970年、千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。1994年、TBSテレビ入社。『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』『オトナの!』などの番組を担当。2016年にTBSテレビを退社し、独立。著書に『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』(ぴあ)、『「好きなことだけやって生きていく」という提案』(アスコム)などがある。

----------

(バラエティプロデューサー角田陽一郎写真=iStock.com)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

フジテレビの月9ドラマが好調 背景に「テレ朝化」と物語の進化

(全3枚) 『絶対零度』撮影中の横山裕(左)と本田翼(右)沢村一樹主演のフジ月9『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』が好調だ。初回視聴率は10.6%。二桁スタートは、去年7月クールの『コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』以来4作ぶりだった。その後もおおむね横ばいで推移し、6話までの平均が10.6%と...
「さんま・中居の今夜も眠れない」今年の27時間テレビも放送無し

「さんま・中居の今夜も眠れない」今年の27時間テレビも放送無し

フジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ』深夜の恒例コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が、今年も放送されないことが13日、分かった。 中居正広の部屋に明石家さんまがやってきてトークを繰り広げる設定の同コーナでは、中居が『27時間テレビ』の総合司会を務めた2000年にスタート。さんまが、街やテ...
「まだやってんのか」山田ルイ53世がゾッとした明石家さんまの言葉

「まだやってんのか」山田ルイ53世がゾッとした明石家さんまの言葉

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYOFMの番組「空想メディア」。8月5日(日)のゲストは、お笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世さんです。ダウンタウン以前、以後の「芸人寿命」について、2人が実感していることとは? 山田ルイ53世さん(左)...
「俺はもう終わっている」明石家さんまの「死後硬直」発言の真意

「俺はもう終わっている」明石家さんまの「死後硬直」発言の真意

お笑いタレントの明石家さんま(63)が、11日に放送されたMBSラジオの番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜22:00〜)で、今は“死後硬直”状態だと別のラジオ番組で発言したことについて真意を語った。 さんまは、5日に放送されたTOKYOFM『木村拓哉FLOWsupportedbyGYAO!』にゲスト出演した際、芸能界を引退すると...
「迷いたいねん」明石家さんまがカーナビを使わない理由

「迷いたいねん」明石家さんまがカーナビを使わない理由

「開運の仕組みは論理的に説明できる」。バラエティプロデューサーの角田陽一郎氏は、「運がつきまくっている人」を長年みてきた経験からそういいます。今回ご紹介するのは明石家さんまさんの例。角田氏は、明石家さんまさんの車にカーナビがついていないことに気づき、その理由をたずねると、運に恵まれる人...
渡辺正行がネットタレントのギャラ事情に驚き 年収3億円の人も?

渡辺正行がネットタレントのギャラ事情に驚き 年収3億円の人も?

タレントの渡辺正行が6月30日、都内で行われた『モテワンコンテスト2017』の制作記者発表会に出席した。 【写真】椿姫彩菜らが出席した制作記者発表会の模様 トークセッションのなかで、ネットタレントの現状について話が及ぶと、ギャラ事情に詳しいコンテストを主催するテクサの飯田祐基代表は「億単位で稼...
「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

「半分、青い。」の撮影が終了 ネタバレを防ぐために異例の非公開

NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走...
みやぞん挑戦のトライアスロン、構成に疑問 「競技の意味を無視」

みやぞん挑戦のトライアスロン、構成に疑問 「競技の意味を無視」

24時間テレビのメインイベント「チャリティーマラソン」は、お笑い芸人のみやぞん(33)がトライアスロンに挑戦する。今週頭に距離が発表されたが、ネット上では「種目のバランスがおかしい」とざわついている。 発表された種目距離は、ラン100キロ、バイク(自転車)60キロ、スイム(水泳)1.55...
RADWIMPS野田洋次郎の「存在感すごい」と反響!『dele』第4話

RADWIMPS野田洋次郎の「存在感すごい」と反響!『dele』第4話

山田孝之と菅田将暉がW主演するドラマ『dele』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第4話が17日に放送された。今話には、RADWIMPS・野田洋次郎がかつて天才超能力少年だった男として出演し、SNSでは「存在感すごい」と反響を呼んでいる。 【写真】『GQMENOFTHEYEAR2017』授賞式に登場した野田洋次郎 坂上圭...
人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

人気を誇った芸能人水泳大会 2000年代以降下火になった理由

夏、水着の季節ということで懐かしく思い出されるのが芸能人の水泳大会。有名無名、多数の芸能人がプールに集結して健康美やお色気を発散する様子は、夏のテレビの風物詩でもあった。しかし、2000年代以降はすっかり鳴りを潜めてしまった。なぜ人気を誇った芸能人水泳大会は消えてしまったのだろうか。 最盛期...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net