芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を懐かしむ

桂歌丸さんの告別式で林家木久扇が弔辞 東南アジア旅行での工作を懐かしむ 今月2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家の桂歌丸さん(享年81)のお別れの会(告別式)が11日、横浜市内の妙蓮寺で営まれ、落語関係者や一般のファンらが多数出席した。

日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)で長らく共演していた落語家・林家木久扇(80)は、「笑点」代表として弔辞を読んだ。6月20日に見舞いに行った際、発声練習に精を出していたことを明かし、「『パンダの食事はパンだ』というのを毎日やっている、と。ほっぺたの肉が落ちるとパピプペポが出ないそうで。元気になってやる気なんだと思っていたときにこのたびの訃報でございました」と別れを惜しんだ。

木久扇は「笑点」開始3年後の1969年から大喜利メンバーに加入。創設メンバーである歌丸さんとは、現在のレギュラー陣のなかで最も長い付き合いだった。「いろんな方が師匠の芸風姿勢とかりっぱな仕事をたたえていらっしゃいます。それはその通りなんですが私の頭の中は楽しかったことしかありません」と懐かしんだ。

40年ほど前、クイズ番組の優勝の特典で東南アジア旅行に2人で出かけた際には「兄さんがドルを規定の額以上持ってきてしまっていて。2人でトイレの個室に入って背中にドルをセロテープでベタベタ貼り付けましてね…」。“偽装工作”の結果、飛行機を乗り過ごしたという。また、2人でゲスト出演したテレビ朝日系時代劇ドラマシリーズ「ご存じ!旗本退屈男」にゲスト出演した際には、歌丸さんが「せりふを2行ぐらいに減らして下さい」と直訴したことなどを振り返り、参列者も笑いに包まれた。

また、大喜利メンバーで、歌丸さんが会長を務めていた落語芸術協会の会長代行・三遊亭小遊三(71)は、主催者代表として謝辞を述べ「歌丸師匠も機嫌良く旅立てたのではないか。落語芸術協会のシンボルであり、大黒柱を失ったことでは大変な痛手。どうしていいか茫然としていますが、1人1人が力をつけて、以前にも増した確固たる協会を作れるよう努力して参ります」と誓いを立てた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

稲垣吾郎MCの番組「ゴロウ・デラックス」が終了へ 8年の歴史に幕

稲垣吾郎MCの番組「ゴロウ・デラックス」が終了へ 8年の歴史に幕

稲垣吾郎(45)がMCを務めるTBS系深夜バラエティー番組「ゴロウ・デラックス」(木曜深夜0時58分)の今春終了が内定したことが4日、分かった。11年4月にスタートした人気番組が、8年続いた歴史に幕を下ろすことになる。 稲垣と、同局外山恵理アナ(43)が、毎週1冊の話題書やベストセラーなど、さまざまなジャ...
桂歌丸氏の笑点復帰計画 生前に聞かされていた三遊亭円楽が明かす

桂歌丸氏の笑点復帰計画 生前に聞かされていた三遊亭円楽が明かす

7月2日に亡くなった落語家・桂歌丸さん(享年82)が、日本テレビ系演芸番組「笑点」への1回限りの復帰計画を持っていたことが26日、明らかになった。同日放送の同局系「24時間テレビ41愛は地球を救う」の番組内で明かされた。 歌丸さんは16年5月で司会を勇退し、終身名誉司会者となっていた。...
水トアナ 疑惑晴れ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

水トアナ 疑惑晴れ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが1週間前にインスタグラムを開設していたことが2日、ネット上で話題になり、同日午後4時時点で約1100人だったフォロワー数が、午後9時半時点で3万3000人を超えるほど急増した。 水トアナはネット上で話題になり始めた夕方、イギリスのアビイ・ロードを歩く写...
桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。 告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関...
視聴者を騙した"イッテQ"は続けるべきか

視聴者を騙した"イッテQ"は続けるべきか

テレビ番組『世界の果てまでイッテQ!』の「祭り企画」にヤラセ疑惑があると週刊文春が報じた。日本テレビは11月18日の放送で「開催実績や開催経緯などの説明に誤りがあった」などと謝罪したが、番組は続けるという。ジャーナリストの元木昌彦氏は「ないものをデッチ上げるのは誤りではなく捏造だ。視聴者を騙...
「クレラップ〜」の子役・工藤あかり、勉強しまくって慶應に

「クレラップ〜」の子役・工藤あかり、勉強しまくって慶應に

「オーディションに合格したら即、紙袋いっぱいのクレラップを渡されて。ひたすらラップを切ってお皿にかける練習をしました。肘を固定して、手首のスナップを利かせるときれいに切れるんです(笑)」 「クルッ、クルッ、クレラップ〜」でいまも続く人気CM。初代妹役、2代目姉役で約5年間出演。歴代出演最長記...
「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」に関するやらせ疑惑が、波紋を広げている。 番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」は、世界各国で開催されるお祭りに、お笑い芸人の宮川大輔を中心に番組出演者が参加。競技コンテスト...
元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

元「世界のナベアツ」の桂三度がNHK新人落語大賞「やっとスタート」

NHK新人落語大賞が22日、都内で行われ、世界のナベアツとして人気を博し、落語家に転身した桂三度が大賞に輝いた。 三度は90年代に山下しげのりとのコンビ・ジャリズムとして人気を得たが、解散(後に再結成したが三度の落語家転身にともない再び解散)。渡辺あつむとして個人で放送作家やタレントとし...
落語家の笑福亭松之助さんが死去 明石家さんまの師匠

落語家の笑福亭松之助さんが死去 明石家さんまの師匠

上方落語の最長老、笑福亭松之助(本名・明石徳三=あかし・とくぞう)さんが22日、兵庫県内で亡くなった。93歳。明石家さんま(63)の師匠として知られ、5代目笑福亭松鶴に師事しながら吉本新喜劇や、故ミヤコ蝶々さんとも共演するなど、喜劇役者としても活動した。 近年は高齢から体調を崩すも、関係者によ...
志らく ブレークダンス追加種目候補のパリ五輪に「若者に迎合した時点で文化は滅ぶ」

志らく ブレークダンス追加種目候補のパリ五輪に「若者に迎合した時点で文化は滅ぶ」

22日に放送されたTBS系「ひるおび」では、21日に2024年パリ五輪組織委員会が発表した開催都市枠で提案する追加種目の候補について特集した。 パリ五輪組織委員会の国際オリンピック委員会(IOC)への提案には、野球・ソフトボール、空手が落選する一方、2020年東京大会で初採用されるスケー...
「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)の第6話が10日に放送され、平均視聴率が9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。大河ドラマの視聴率1桁は、...
「いだてん」宮藤官九郎脚本の凄さ 第5話で初回の伏線回収

「いだてん」宮藤官九郎脚本の凄さ 第5話で初回の伏線回収

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)が前半の主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)は10日、第6話「お江戸日本橋」。第1章「ストックホルム大会編」の後半がスタートする。 第5話(2月3日)は「日本のマラソンの父」と称される主人公・金栗四三(...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net