芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

洞窟から災害関連まで 専門家がTV出演に至るまでの裏側

洞窟から災害関連まで 専門家がTV出演に至るまでの裏側

タイ北部チェンライの洞窟で遭難した少年ら13人全員が10日夜、救出された。このニュースで連日、各局のワイドショーや情報番組に識者として登場していたのが、洞窟探検家の吉田勝次氏だ。また、西日本を襲った豪雨関連のニュースでも、災害に関する多くの識者が出演した。こうした「専門家」はどうやってテレビに起用されるのか。その仕組みとは――。

◇「テレビ出演」経歴の有無がオファーにつながる

吉田氏は、1000を超える国内外ののさまざまな洞窟に入った経験を持ち、今回のタイの洞窟付近でも実際に調査を行った。今回の出演はそれが大きな決め手となったことは間違いないが、そもそも彼は冒険番組『クレイジージャーニー』(TBS系)にゲストで登場したことがある。つまり一度でもテレビに出た経験の有無がものを言う。

『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)の弁護士、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の鑑定士など、レギュラー番組の専門家の場合は、まだテレビに出ていない、手垢のついていない人が選ばれる傾向にある。だが事件、事故といった突発的なものに関しては、これまでに同様の話題で他番組に出ていたかが起用する側の安心材料となり、出演につながるのだ。

◇顔出しまでの4つのハードル

テレビに出るまでにはいくつかのハードルがある。まずテレビマンが専門家に発注するのが、事件や事故などについての「コメント」だ。より詳しい見立てが必要な際、テレビに出た経験がなくてもいいので、コメントだけ欲しくなるときがある。そこで、ディレクターやアシスタントディレクターが直接その人に会いに行ったり、電話で取材。それをまとめて番組内でコメントとして紹介する。

そこで理路整然としていて聞きやすく、ビビッドな言葉で評論しているときは、そのまま「電話出演」でコメントを言ってもらうことがある。事前収録の場合が多いが、生放送での対応をお願いするケースもある。その時にスムーズに話してもらえた場合、今度はテレビに映像で出ていただこう、という判断となる。

また事前取材の際、ハンディのカメラでしゃべっている姿を撮影させてもらい、それをあとで、スタッフ間で見ながら出演可否を決めることもある。いわば、評論家然としているかどうかをジャッジする「雰囲気審査」だ。

意外とその人の居住地も重要だ。もちろん遠方に住んでいたとしても局までの往復交通費は支給されるが、距離的に近いのであれば、「一度、話を」と気軽に面談できる。

◇人材を見つけるツールはSNS

では、どんな方法で人材を探し出すのだろうか。以前は連絡先が書かれた「業界人紳士録」のような本をめくりながらアポを取っていたこともあったが、現在は、自身のPRのためにブログやTwitterなどSNSを開設している人が圧倒的に多い。それを見れば、どんなことを発信しているのか、さらにはどんな人物なのかもある程度、把握できる。つまりSNSの発達で、適材を見つけやすくなったのである。

◇新たな事件が起きるたびに出てくるさまざまな専門家

今日もどこかのテレビで、こうした専門家をテレビで見るだろう。事件系だと元神奈川県警の小川泰平氏、犯罪心理学であれば『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)でもおなじみ出口保行氏、防災関係だと防災システム研究所の山村武彦氏。エンタメ系だと、『日経エンタテインメント!』(日経BP社)編集委員の品田英雄氏もあてはまる。

話題のニュースによって一気に露出が増えた顔ぶれもいる。

元横綱・日馬富士の暴行事件など相撲関連では大相撲レポーターの横野レイコ氏。彼女はもともと『3時のあなた』や『おはよう!ナイスデイ』(いずれもフジテレビ系)などに出ていた。また日大アメフト部の危険タックル問題で頻繁に見かけたアメリカンフットボールライターの生沢浩氏。彼はNHK-BSなどでNFLの試合解説も務めている。

いずれにしても、今テレビで見かける専門家の多くは、以上のようなルート、経緯で露出しているのだ。

より詳しく、そして深い考察をする研究者は数多くいる。また多くの著書を世に出し、博士論文を取る者もいるだろう。だが、テレビというマスを狙ったメディアでは、よりわかりやすく、刺さる言葉を発してくれる人材が重宝される。これからどんな“スター専門家”が登場するのだろうか。(芸能ライター・飯山みつる)

関連芸能ニュース

「情熱大陸」に洞窟探検家の吉田勝次氏が出演 人類未踏の地へ

「情熱大陸」に洞窟探検家の吉田勝次氏が出演 人類未踏の地へ

日本を代表する洞窟探検家の吉田勝次が、6月11日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00〜)に出演する。 洞窟の中を映しだす番組は数あれど、暗い空間を撮影するのには、実はとんでもなく大がかりな照明のセッティングが要る。カメラ片手に洞窟を降りたり昇ったりする体力も気力も必要だ。 ...
高須院長が豪雨被害で現地行かない理由 「僕は寄付するプロ」

高須院長が豪雨被害で現地行かない理由 「僕は寄付するプロ」

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、自由気ままに提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨に対する支援活動について、お話をうかがいました。 *** ──西日本を中心に記録的な豪雨となり、甚大な被害をもたらしました。 高須:...
豪雨被害でも特番なし カンニング竹山が首都圏メディア報道に疑問

豪雨被害でも特番なし カンニング竹山が首都圏メディア報道に疑問

「甚大な被害が起こっているのに、他人事みたいになっちゃっている」――。 お笑いタレントのカンニング竹山さん(47)が2018年7月9日放送の「ビビット」(TBS系)で、西日本を中心とした豪雨被害をめぐる首都圏メディアの報道に疑問を投げかけた。 「のんきに他のニュースをやっている場合じゃない」 竹山さん...
アンガールズ田中卓志の番組関係者からの評判「責任感が強いんですよ」

アンガールズ田中卓志の番組関係者からの評判「責任感が強いんですよ」

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第35回は山名宏和が担当します。田中卓志様 今回、勝手に表...
週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...
吉田栄作の合コン相手が怒りのコメント「女性蔑視繰り返した」

吉田栄作の合コン相手が怒りのコメント「女性蔑視繰り返した」

五十路も目前に迫ってカドも取れ、渋みの効いた“枯れ演”で復活という評判の高かった吉田栄作(49)に熱愛報道。お相手は13歳年下の内山理名(36)――。 しかし、栄作の“俺サマ”キャラはいまも健在、いやさらにパワーアップしているらしい。 *** 様々なニュースを各界の著名人や有識者のつけたコメントと共に...
桂歌丸さんの訃報に宇多丸が後悔「芸名許可もそこから会えず」

桂歌丸さんの訃報に宇多丸が後悔「芸名許可もそこから会えず」

落語家桂歌丸さんが2日、慢性閉塞性肺疾患のため81歳で死去したことを受け、ラップグループ「ライムスター」の宇多丸(49)がこの日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「アフター6ジャンクション」で、芸名使用の許可を与えてくれた「恩師」との知られざるエピソードを明かした。 宇多丸の芸名は、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net