芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

生稲晃子ががん体験を語る理由「頑張ろうと思ってもらえれば」

生稲晃子ががん体験を語る理由「頑張ろうと思ってもらえれば」

乳がんで右乳房の全摘手術したことなどを公表した元おニャン子クラブの女優、生稲晃子(50)。現在はその経験を生かして、政府の「働き方改革実現会議」のメンバーとして活動し、講演活動では闘病しながらも働くことの大切さや家族の絆などを伝えている。なぜ彼女は笑顔でつらい体験を語り続けるのか。

最初に乳がんが見つかったのは2011年、虫の知らせで受けた人間ドックだった。右乳房にあった腫瘍は8ミリほどの小さなもので、そのときは腫瘍だけを切除した。しかし12年に再発、さらに13年に再々発。医師からは、次に再発したら命の保証はないとして乳房の全摘を進言された。

「再発がわかったときは、最初にがんが見つかったときよりショックでした。そして再々発のとき、まず頭に浮かんだのが7歳だった娘のことでした。私には娘が成人になるまで見届ける義務があると。だから乳房の切除も決断できたんです」

笑顔がトレードマークの彼女。周囲には病気のことを明かさず、仕事をしながら闘病を続けていたが、「笑っていても私はがん患者だという思いがどこかにあり、必要以上に元気に振る舞おうとして空回りしていました。家に帰ったら、疲れというか不安が襲ってくる。心身ともにダメージが大きかった」と振り返る。

公表を決めたのは、乳房の再建手術を受けるとき。「公表することで、同じように苦しんでいる人に勇気を持ってもらえればと思ったんです」

しかし「本当は自分もつらかった。隠しごとをしているようで、罪悪感も感じていました。でも、公表して自分も楽になりました。前より明るくなったって言われるようになりました」とも。

現在も投薬治療を続けながら、東海テレビ『スイッチ!』(火曜日)やフジテレビ系『直撃LIVEグッディ!』(水曜日)にレギュラー出演する一方、講演活動ではがん患者が普通に働くことのできる環境の大切さを伝えている。

「一番大切なのは、自分が社会に必要とされていると思えること。がんになると孤独感や疎外感にさいなまれ、社会から置いてけぼりになった気持ちになってしまう。これでは闘う気力すら失いかねません。私自身、闘病しながらも家族の支えを受けて働いていたことが大きな力でした」

「私の経験を話して1人でも2人でも頑張ろうと思ってもらえれば、がんになった意味もあるのかな」と語る笑顔は、間違いなくみんなに元気を与えてくれている。(福田哲士)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

小倉智昭が膀胱がんで全摘出手術 排尿訓練など壮絶な闘病生活

小倉智昭が膀胱がんで全摘出手術 排尿訓練など壮絶な闘病生活

(全2枚) 公表から2年、病状悪化で名物司会の『とくダネ!』を休養 ’14年8月、小倉キャスターはミニスカ美女と南青山の『ブルーノート東京』で玉置浩二のライブを満喫「今回の件は局内でも、上層部にあたるチーフプロデューサー以上にしかアナウンスされていませんでした。もちろん、現場レベルは何も聞かされ...
小倉智昭、膀胱がんで全摘手術へ「根治を目指す」 『とくダネ!』で生報告

小倉智昭、膀胱がんで全摘手術へ「根治を目指す」 『とくダネ!』で生報告

フジテレビ系情報番組『とくダネ!』(月〜金前8:00)のメインキャスターを務める小倉智昭(71)が5日、番組終盤に今週いっぱい休養することを報告するとともに、膀胱がんによる膀胱全摘手術をすることを明かした。 【写真】『とくダネ!』に出演する伊藤アナ&山崎アナ 「膀胱がんの再発を調べるための検...
入院中の曙の現状 最近5年の記憶が飛んだままも「目に力」

入院中の曙の現状 最近5年の記憶が飛んだままも「目に力」

タレントの山田邦子が23日、ブログを更新し、入院中の格闘家・曙を見舞った様子をつづった。曙は現在も最近5年の記憶が飛んだままだという。それでも「目に力があった」と回復ぶりを伝えた。 山田は、ベッドの上で笑顔を浮かべる曙との2ショットをアップ。曙は昨年4月に体調不良で病院に行き、急性心不全...
長年過ごしてきた自宅で…樹木希林さんが心に決めた「死に場所」

長年過ごしてきた自宅で…樹木希林さんが心に決めた「死に場所」

(全2枚) 「全身がん」公表から5年、樹木希林(享年75)が15日未明、帰らぬ人となった。一時は治療の成果でがんが“消えた”とされ、「死ぬ死ぬ詐欺」などとユーモラスに自嘲していた個性派女優は「おくりびと」でもある娘婿の本木雅弘に、ある“遺言”を託していた――。 「数日前に骨折して、いま集中治療室にいる...
懐かしの「爆チュー問題」復活!さくらももこさんしのぶ 鬼龍院翔はあの大物歌手にも

懐かしの「爆チュー問題」復活!さくらももこさんしのぶ 鬼龍院翔はあの大物歌手にも

8月15日に乳がんのため死去した、人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさん(享年53)をしのんで、「爆チュー問題」とまる子の声を務めるTARAKO(57)が12日、フジテレビ系「2018FNS歌謡祭第2夜」(後7・00)で「アララの呪文」を熱唱した。 「爆チュー問題」はお笑...
南果歩がうつ病を告白「満身創痍で、人生最悪の時期だった」

南果歩がうつ病を告白「満身創痍で、人生最悪の時期だった」

歌舞伎俳優、中村橋之助(22)が11日、横浜・神奈川芸術劇場で12日に開幕する舞台「オイディプスREXXX(レックス)」(24日まで同所で)の公開稽古を共演の南果歩(54)、宮崎吐夢(48)と行った。 同作は父親を殺し、生みの母親を妃とした若き王・オイディプス王を描いたギリシャ悲劇がモチ...
さくらももこさんをしのぶ会に参列 B.B.クィーンズの喪服が反響

さくらももこさんをしのぶ会に参列 B.B.クィーンズの喪服が反響

53歳で亡くなった漫画家さくらももこさんをしのぶ会に参列したB.B.クィーンズの2人が、心のこもった「正装」だったとして、ネット上で感謝の声が続々寄せられている。 「さくらももこさんありがとうの会」。2018年8月15日に乳がんで亡くなったさくらさんをしのぶ会は、こんなタイトルで11月16日、東京・青山葬...
女優へ転身した元アイドルたち 以前のイメージが重荷になる場合も

女優へ転身した元アイドルたち 以前のイメージが重荷になる場合も

芸能界に数ある肩書の中で、もっとも華やかな響きを持つ肩書は「女優」ではないだろうか。昔、時代劇でおなじみのベテラン俳優を取材した際、芸能界におけるステータスの話題が出て、「おれたち男の役者が束になってかかっても、女優にはかなわん」と、真顔で答えられたことがあった。そして、ただでさえ華や...
岡村隆史 離党表明の山尾志桜里衆院議員に疑問「辞め逃げみたい」

岡村隆史 離党表明の山尾志桜里衆院議員に疑問「辞め逃げみたい」

7日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、岡村隆史が、不倫疑惑で離党を表明した民進党・山尾志桜里衆議院議員に疑問を呈した。 番組では、「週刊文春」が報じた山尾氏の不倫疑惑を岡村が取り上げた。記事によると、既婚者の山尾氏と9歳年下で弁護士...
山田邦子が不倫疑惑の山尾志桜里氏を擁護「それが力となるなら」

山田邦子が不倫疑惑の山尾志桜里氏を擁護「それが力となるなら」

7日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、前民進党政調会長の山尾志桜里衆院議員に浮上した不倫疑惑を特集。山田邦子が「それが力となってまたバリバリやるんだったら、いいんじゃないかな?」と擁護論を展開した。 番組では、同日発売の「週刊文春」が報じた山尾議員の不倫疑惑を特集。同い年の夫と6歳...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net