芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

華原朋美、不倫疑惑も批判は少ない傾向 パパ活ブームが要因か

歌手・華原朋美が73歳の上場企業会長との親密デートを今月6日発売の写真週刊誌『フライデー』に報じられた。

2人は、都内の高級ステーキ店で食事をした後、超高級外車のマイバッハに乗り込み、新宿区内にある華原の高級マンションに入っていったという。

同誌の取材に対し、華原は「お父さんのような存在」と恋愛関係を否定、一方の会長側は「会社ぐるみでのお付き合い」と説明している。

昔以上にバッシングを浴びる芸能人の不倫騒動

昨今はメディアによる“不倫狩り”も盛んで、世間の芸能人、著名人の不倫騒動に対するバッシングが花盛りだ。

かつて大物スターや歌舞伎役者、芸人なんかの女遊びに関しては芸の肥やし的な見方もあり、世間の目も今ほど厳しいものではなく緩やかな時代もあったが、芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「不倫を肯定する気はありませんが、昔よりも今の方が世間の不倫に対する風当たりが厳しい要因の一つとして、世間と芸能人との“距離感”の差もあると思います。憧れの対象やある種、浮世離れした特別な存在と認識されていた昔と異なり、今の芸能人の多くは親近感や好感度を売り物にしています。普段、自分が世間やファンにとって身近な存在であることをアピールしている以上、スキャンダルについても“芸能人だから”という特別待遇、言い訳は通用しない。好感度タレントと言われていた人ほど、不倫などのスキャンダルのダメージも大きくなる傾向にあります」

そうした中、最近では自業自得ながら多くの芸能人が不倫スキャンダルにより芸能活動の窮地に立たされているわけだが、今回、華原に降ってわいた不倫疑惑に関しては、批判的な意見とは別の声もインターネット上では散見されている。

華原の不倫疑惑に対する意外な見方

「華原の今回の不倫記事に関するYahoo!ニュースのコメント欄を見てみると、不倫疑惑を叩く意見がある一方で『これってようは“パパ活”でしょ?』、『パパ活してて良いじいさんが見つかった感じ』、『いいなあ、パパがいて。と、いうレベルの話』といった書き込みも多いのが印象的です」(スポーツ紙の芸能デスク)

最近では、“パパ活”をテーマにしたドラマが人気を集めたり、“パパ活”に特化したサイトやアプリが話題となるなど、経済的に裕福な年上の男性との出会いを求める女性による“パパ活”がブームとなっている。

“パパ活”だけでなく“ママ活”も

「昔から下積み時代の芸能人や水商売をしている人など、パトロンやスポンサーを欲しがる女性はいましたが、そういう人たちは特別視されていました。それが最近ではパパ活ブームもあって、普通の女子大生や会社員なんかも奨学金の返済や留学費用、資格取得の費用を稼ぐためといった名目で“パパ”を探したりしていますからね。ここに来て、若い男性が自分の夢や生活をサポートしてくれる経済力のある年上の女性を探す“ママ活”もブームの兆しを見せています。今回の華原さんの報道も、“パパ活女子”からすれば、『40歳を過ぎた今もステキな大物パパをゲットする朋ちゃんすごい!』といった感じなのでしょう(笑)」

今回の華原に関する不倫疑惑報道も、不倫の真偽はともかく、パパ活志望の女性たちにとっては単なる不倫疑惑とは別の見方があるようである。

(文:竹下光)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

NHKの朝ドラで佐藤江梨子がボディコンに 男性目線の話題作りが狙いか

NHKの朝ドラで佐藤江梨子がボディコンに 男性目線の話題作りが狙いか

体のラインがくっきり見えるセクシーなボディコン姿の女性が、ロングヘアーをかき上げ、バーのカウンターに座る。彼女がゆっくりと脚を組み替え始めると、カメラが迫り──。こんな“お色気シーン”が、NHKの朝ドラ『半分、青い。』(第15話)で放送された。 幼い時に病気で片耳の聴力を失ったヒロイン(永野芽郁...
ビートたけし、過去に女性問題で幹子夫人に土下座 高信太郎氏が明かす

ビートたけし、過去に女性問題で幹子夫人に土下座 高信太郎氏が明かす

芸人のトップを走り続け、映画界では世界のキタノとなった。そんな男が、人生の終盤で求めたのは「気の置けない愛人と過ごす心の安らぎ」だったのか。突然の独立劇の裏にあるたけしの心情を探った。 愛人の居場所をつくった 「たけちゃんには、たったひとことこう言いたいね。『バカやろう。格好いいじゃねぇ...
有働由美子アナに取り沙汰される2つの将来を直撃、どっち?

有働由美子アナに取り沙汰される2つの将来を直撃、どっち?

「今朝も来られたんで、家の前に」──これは1月10日放送の『あさイチ』(NHK)のオープニングトーク。連続テレビ小説『わろてんか』のラストで、高橋一生演じる青年実業家がマスコミの記者から直撃されるシーンを受けて有働由美子アナ(48)が、自身も自宅に記者が来ていたことを明かした。 するとすかさず共演...
川谷絵音の預金額が大ピンチ 次なる一手は「無名の新人」プロデュースか

川谷絵音の預金額が大ピンチ 次なる一手は「無名の新人」プロデュースか

《自虐ツイートがバズった後は、ツイッタラーとしての自分は歓喜し、アーティストとしての自分は枕を濡らします》 このツイートの主はロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音。ベッキーとの不倫、ほのかりんとの未成年飲酒騒動という2つの『文春砲』を受けて、はや2年9か月。アーティストとし...
熊切あさ美に芹那の現況は…熱愛スクープされた女性タレントたち

熊切あさ美に芹那の現況は…熱愛スクープされた女性タレントたち

元モデルの土岐田麗子(34)が、9月4日に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で10年ぶりのテレビ出演を果たし、現在の仕事などについて語った。 土岐田といえば、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦(41)の元カノとして有名であった。2006年、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)内で...
「報ステ」に復帰で徳永有美に集まる批判 著作家が感じた疑問

「報ステ」に復帰で徳永有美に集まる批判 著作家が感じた疑問

10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターを務めるフリーアナウンサーの徳永有美。テレ朝のアナウンサーだった彼女は社内結婚していたが、2003年に内村光良との不倫が報じられ、担当番組を軒並み降板。その2年後に内村と結婚し、テレ朝を退社した。以降、2児の母親として、そして妻として夫...
「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜 驚異的な地続き感でアンチ一蹴

「芦田愛菜」でネット検索をかけると、本人が出演する『CM動画』が上位検索にあがる。グリコ『パナップ』(今年5月配信)のCM動画は290万再生、『早稲田アカデミー』(2017年7月配信)のCM動画は270万再生。軒並み高い再生数でその人気ぶりが伺える。人気子役と言えば、その“無垢さ”のインパクトからか、劣化...
「人をほとんど信用できない」引退騒動の華原朋美が明かす胸中

「人をほとんど信用できない」引退騒動の華原朋美が明かす胸中

《今日限りでインスタとツイッター辞めます!皆さんのコメント嬉しかったです!今までありがとうございました!やっふぉーい!みんな元気でね!ばいばーい!》 7月17日、こう投稿してから突然SNSアカウントを削除した華原朋美(44)。不倫疑惑を報じられた直後だったため、さまざまな憶測を呼んだ。そんな華原...
華原朋美がSNS閉鎖騒動の真相語る「引退も考えています」

華原朋美がSNS閉鎖騒動の真相語る「引退も考えています」

「今、事務所と話し合いを進めています。うまくいかない場合は引退も考えています」 華原朋美(44)は、真剣な表情で本誌記者に語り始めたーー。 華原といえば、7月6日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で飯田グループホールディングス代表取締役会長である森和彦氏(73)との不倫疑惑が報じられた。また7月17日には...
週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...
華原朋美、Instagramで意味深発言 過去には結婚の夢を語っていた

華原朋美、Instagramで意味深発言 過去には結婚の夢を語っていた

華原朋美(43)が7月15日、自身のInstagramを更新。ファンへの感謝の言葉とともに、意味深なメッセージを綴っている。 華原は「ありがとうって思うの……今まで歌が大好きで華原朋美を支えてくださる沢山のスタッフの皆さまやファンの皆様に支えていただいてもらい応援してもらって……」と感謝の気持ちを表現。い...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net