芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

女優の東てる美が肺腺がんを公表「しばらくは治療に専念」

女優の東てる美が肺腺がんを公表「しばらくは治療に専念」 女優の東てる美(61)が13日、公式サイトを通じ、ステージ1の肺腺がんを患っていることを公表した。

所属事務所は東に肺腺がんが見つかったことを受け、近日中に治療を開始する予定だとし、「治療の経過と体調を見ながら、改めてコメントする機会を設けさせて頂く予定でございます」とした。

東は「この度、私、東てる美に病気が見つかりました。病名は『肺腺がん』です」と病名を公表。「5月に医療テレビ番組で精密検査を行った際に、肺に影が見つかり、その後6月にも再検査を続けた結果、ステージ1の肺腺がんであることが分かりました。現在も検査中です」と初期であり、現在も検査中であることを明かし、「先生の話によりますと、腫瘍はまだ手術が可能な大きさであること、また比較的早期の発見ということですので、これからしばらくは治療に専念させていただこうと思っております」としばらくは治療に専念することを報告。「いち早く回復したお姿をお見せし、応援してくださる皆様へ感謝の気持ちをお伝えしたいと思いますし、治療が成功することで『検査の重要性』を広く認知することや『同じような境遇の方への希望』となれますよう、この場をお借りして公表させていただきます」と直筆の署名とともに、公表した思いをつづった。

関係者によると、東はTBSの医療番組「名医のTHE太鼓判!」の企画で、東は5月に人間ドックを受診。心臓を中心とした検査だったが、偶然にもエックス線検査で左肺に影が見つかった。6月に精密検査を受けたところ、肺腺がんと診断された。現在のステージは1B。腫瘍が3センチ強と小さいためすぐに手術を受けることが可能で、医師からは「完璧に治る可能性が高い」と言われている。本人に自覚症状がなく、悪性の腫瘍であったことを驚いている様子だという。

以下、東てる美のコメント全文。

関係者の皆様

お世話になっております。

突然このような形でのご報告となり申し訳ありません。

この度、私、東てる美に病気が見つかりました。病名は「肺腺がん」です。5月に医療テレビ番組で精密検査を行った際に、肺に影が見つかり、その後6月にも再検査を続けた結果、ステージ1の肺腺がんであることが分かりました。

現在も検査中です。先生の話によりますと、腫瘍はまだ手術が可能な大きさであること、また比較的早期の発見ということですので、これからしばらくは治療に専念させていただこうと思っております。

いち早く回復したお姿をお見せし、応援してくださる皆様へ感謝の気持ちをお伝えしたいと思いますし、治療が成功することで「検査の重要性」を広く認知することや「同じような境遇の方への希望」となれますよう、この場をお借りして公表させていただきます。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

中村獅童が竹内結子との離婚を回顧「自分は欠落している人間」

中村獅童が竹内結子との離婚を回顧「自分は欠落している人間」

中村獅童が、22日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演。過去の離婚について言及した。 獅童は2008年、竹内結子と離婚。当時、別の女優との不倫にあると報じられた。ここで彼は、「俺なんて(世間の)イメージ悪いし、離婚した原因が、不倫うんぬんだって未だに言われる」と振り返り...
東てる美が抗がん剤治療で休養へ 8月中旬にリンパにもがん細胞

東てる美が抗がん剤治療で休養へ 8月中旬にリンパにもがん細胞

肺腺がんを公表していた女優・東てる美(62)が20日、都内で、復帰ライブを行った。元気に熱唱する姿を見せた東だが、治療のため来年1月末まで、再び休養することを明かした。 東は5月にテレビ番組の企画で受けた検査がきっかけで、6月にステージ1の肺腺がんが発覚した。7月18日に5時間にわたる...
桑田佳祐の従兄弟が肺腺がんで死去「あっこちゃん」の愛称

桑田佳祐の従兄弟が肺腺がんで死去「あっこちゃん」の愛称

「“あっこちゃん”が7月17日に亡くなりました。桑田佳祐さんの従兄弟のMさんのことです。茅ヶ崎で経営していた『あっこちゃんち』という焼き肉店は、サザンオールスターズのファンにとって聖地のような存在になっていたんです」(芸能プロ関係者) 【写真】焼肉店『あっこちゃんち』の外観、葬儀が行われた『茅...
東てる美が肺腺がんを手術へ 番組で心境「怖いと思わないように」

東てる美が肺腺がんを手術へ 番組で心境「怖いと思わないように」

女優の東てる美(61)が16日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。番組の検査で判明した肺腺がんの治療について報告し、現在の心境についてテレビ初告白した。 東は5月に人間ドックを受診。X線を用いて身体の断面を撮影するCT検査で、心臓の左側に白い影が見つかる。循...
橋田壽賀子氏 「渡る世間は鬼ばかり」誕生の裏側を明かす

橋田壽賀子氏 「渡る世間は鬼ばかり」誕生の裏側を明かす

3日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、脚本家の橋田壽賀子氏が、自身が手がけた連続ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)の誕生の裏側を明かした。 橋田氏と同ドラマのメーンキャストの女優・泉ピン子が出演し、司会の黒柳徹子とトークを繰り広げた。ふたりの死生観やプライベートでの話で盛り上がり...
がんの父に対する外科医の対応の「ひどさ」 加藤貴子がつづる

がんの父に対する外科医の対応の「ひどさ」 加藤貴子がつづる

女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記した。医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しい...
クロちゃんが「余命3年」宣告も「ギャラと入院中の保証って…」

クロちゃんが「余命3年」宣告も「ギャラと入院中の保証って…」

「自分の生き死にまでギャラ換算ですから、正直、他人事ながらここまで呑気だと怒りが湧いてきましたね」(番組関係者) 関係者が怒っている相手は、安田大サーカスのクロちゃん(41)のことだ。 10月22日に放送された、TBSの医療バラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』に出演したクロちゃんだが、今度は番組...
「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

「シャブ山シャブ子」を信じてはいけない

テレビドラマ『相棒』に登場した薬物依存症の女性キャラクター「シャブ山シャブ子」が話題を集めている。迫真の演技という評価も多いが、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は「啓発運動が繰り返してきた間違ったイメージを再現しており、本物の薬物依存症者とは異なる。差別を助長する恐れがある...
相棒のキャラ「シャブ山シャブ子」で論争 精神科医らが異論

相棒のキャラ「シャブ山シャブ子」で論争 精神科医らが異論

水谷豊(66)主演の刑事ドラマ『相棒season17』(テレビ朝日系)に登場したキャラクター”シャブ山シャブ子”が大きな話題を呼んでいる。 15.2%という高視聴率を記録した11月7日放送の第4話。公園のベンチで刑事が電話をしているシーンで、背後からハンマーを持った薬物中毒者の女性が登場する。女性は奇声を発...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net