芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

22年目を迎えるフジロック ヒップホップが重要なポジションに

22年目を迎えるフジロック ヒップホップが重要なポジションに 世界的にも知られる国内最大級のロックフェス「FUJIROCKFESTIVAL’18」(27〜29日、新潟・苗場スキー場)が、22年目の今年、大きな変化を迎えようとしている。

6日に確定した最終ラインアップとタイムテーブルでは、なんといっても米国のヒップホップ勢が目を引く。最も大きなグリーンステージで初日がN.E.R.D、2日目がケンドリック・ラマーと、3日間中2日間のヘッドライナーを占めているのだ。

◇◇

N.E.R.Dは3人組で、本隊の活動に加え、チャド・ヒューゴとファレル・ウィリアムスの2人はプロデューサーチーム「ネプチューンズ」としても音楽界に大きな影響を及ぼし、ウィリアムスはソロの「ハッピー」やダフト・パンクに客演した「ゲット・ラッキー」など、ワールドワイドな大ヒットを連発している。

ラマーはグラミー賞で2015年に2部門、16年に4部門、今年は5部門を制しており、今年はまた、ラッパーとして初めてピュリツァー賞を受賞。ヒップホップの枠を越えて現在、米国で最も重要なアーティストと目されている。

米国では既にポップスのメインストリームとなっているヒップホップ、フジロックでも01年にエミネム、07年にビースティ・ボーイズがグリーンのヘッドライナーを務め、00年にランDMC、09年にパブリック・エネミー、14年にアウトキャストといったレジェンドが、2番目に大きなホワイトステージのヘッドライナーを務めたこともある。

14年にはヘッドライナーとして発表されていた超大物カニエ・ウエストがキャンセルする“事件”が起きた。カニエが予定通り出演していれば、この年は先述したようにアウトキャストがホワイトのヘッドライナーを務め、グリーンでは佐野元春がヒップホップアルバム「ビジターズ」(1984年)の再現ライブを行ったため、ヒップホップ色を強く感じさせる年になっていたと思われる。

とはいえ、過去21回、グリーンのヘッドライナーを務めてきたアーティストを便宜的にカテゴライズすると、ロック系アーティストで3分の2を占めており、次いでダンス系となる。ヒップホップ系は先述した2組しかいなかった。

それが今年は一変した。N.E.R.Dとラマーの他にも、ホワイト初日のヘッドライナーにポスト・マローン、グリーン最終日の3組目にアンダーソン・パーク&ザ・フリー・ナショナルズとヒップホップの旬なアーティストが配置され、ヒップホップがかつてなく重要なポジションを占めている。

◇◇

今年、もう一つの大きなトピックが、62年のデビューから米国のポピュラー音楽をリードしてきたレジェンド中のレジェンド、ボブ・ディランが16年のノーベル文学賞受賞後、初来日を果たし、最終日のグリーンステージにヘッドライナーとして登場することだ。

101回目の日本公演でもある今回は、ヘッドライナーでありながら出番はトリ前(トリは米ロックバンドのヴァンパイア・ウィークエンド)という、極めて異例の出演順となっている。ミステリアスなことで知られるディランらしい“事件”ともいえる。

2日目のヘッドライナーであるラマーは音楽性のみならずリリックの面でも高い評価を受けており、カリスマ的な影響力も含めてディランとの共通点は多い。ラマー〜ディランという流れは、強引な言い方をすれば、米国のポピュラー音楽史を通観できるラインアップともいえる。

◇◇

攻めの姿勢が光る今年のフジロック。2018年は、歴史的な転換点となるかもしれない。(デイリースポーツ・藤澤浩之) 22年目を迎えるフジロック ヒップホップが重要なポジションに 外部サイト 元ザ・スミスのジョニー・マーがフジロック出演J・ベイはキャンセル やしきたかじんさんの早すぎる死…生前隠し続けた出自と実父との確執 ケミ堂珍第5子誕生直後にモデル妻と別居…妻は激怒も離婚騒動 「フジロック・フェスティバル」をもっと詳しく

テント持ち運びの手間を解消野外フェスに「段ボールテント」 美しいフジロックの夜景写真地上140mからドローンで撮影 若者のフジロック離れは印象操作?記事拡散の裏にある複雑な感情

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

板野友美 叩かれても前向きな訳

板野友美 叩かれても前向きな訳

(全11枚) AKB48を卒業してから5年半。「最近のともちん、なんだか雰囲気が柔らかくなった?」と感じている人も多いのではないだろうか。 そんな中で発売されたニューシングル『すき。ということ』。甘く切ない恋心を描いた楽曲だが、キスシーンや、恋人との同棲シーンに挑んだドラマ仕立てのMVは、彼女の新た...
曲のヒット後は体調が悪化し引退 IT業界に進出した元三木道三の現在

曲のヒット後は体調が悪化し引退 IT業界に進出した元三木道三の現在

ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターはそのとき何を思い、感じていたのか?当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。第2回目は元・三木道三のDOZAN11さんです。Vol.2DOZAN11(元・三木道三) たった一曲がそのジャンルごと突き動かすパワ...
西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

西野カナ「共感呼ぶ歌詞」に必要な充電/こんな人

<こんな人> 西野カナ(29)が3日、無期限活動休止前の最後のライブを横浜アリーナで行った。この日のライブは、全国47都道府県や過去にライブを行った香港、台湾など計98カ所に生中継され、多くのファンが見守った。平成の歌姫は平成の終わりとともに、いったんマイクを置いた。 ◇◇◇ 優しげな雰囲気を持つが...
「何の説明もなく水着姿にされて」 元NMB48須藤凜々花と事務所の溝

「何の説明もなく水着姿にされて」 元NMB48須藤凜々花と事務所の溝

元NMB48のタレント・須藤凜々花氏が1月31日をもって芸能活動から引退することが事務所からFAXで報道各位に電撃発表されました。関係者によると今後は哲学者を目指すとのことです。 久田将義氏と吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「タブーなワイドショー」において、ゲストで音楽ライタ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net