芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「アーティストが食えなくなる」ASKAが世間の音楽の聴き方をめぐり訴え

「アーティストが食えなくなる」ASKAが世間の音楽の聴き方をめぐり訴え ASKA(60)をインタビューした。1979年のデビュー以来、スポーツ紙の単独インタビューを受けるのは初めてという。覚醒剤事件のことやプライベートについてどこまで聞かれるか不安はあったと思うが、冒頭からサッカーW杯の話題で盛り上がり、表情は緩みっぱなし。事件や私生活のことを自分から切り出すなど、全てをさらけ出してくれた印象だった。

音楽の話題は熱が入った。高音質の「ハイレゾ音源」を普及しようと、昨年10月に立ち上げたのが音楽配信サイト「Weare(ウィアー)」。一般的に1曲500円以上するハイレゾ音源を、安価な280円で配信することで広めようとしているが、狙いはこれだけではない。

音楽の聴き方がCDから配信、配信から定額聴き放題の「ストリーミング」に移りつつある中で、アーティストへの実入りは確実に減ってきており、ASKAは「このままではアーティストが食えなくなって減っていく」と危機感を訴えた。

「ストリーミング自体は時代が生んだものだし、否定はしない。聴き放題だから、リスナーがいろんなアーティストに触れることができるというメリットがある。でも、アーティストは全ての曲を聴き放題で発信したら、曲の製作費に見合うだけの収益が入ってこないのが実情。今はそれを補うためにライブのチケット代をどんどん上げているけど、近く限度が来るだろうし、全てが頭打ち。どうすればいいかって考えた時に“ちゃんとアーティストに還元されるべきだ”って思ってウィアーを立ち上げた」

ウィアーでは経費などを差し引いた分をアーティストに還元するという。特に若いアーティストが、こだわった音作りができるような環境を整えたいという。ストリーミングは「宣伝のツールとして使えばいい」と進言し、こう将来を予見した。

「リスナーはストリーミングで“この曲いいな”と思って、その曲をハイレゾ音源で聴く。スタジオでレコーディングしている音に近いのがハイレゾのすごさ。本物の音に触れられるから、リスナーがそのアーティストを見極める判断基準になる。アーティストは収入が増えて、次の曲もこだわって音作りができる。こうやっていい循環が生まれるんだ」

さらにASKAは「これだとCDは売れなくなってCDショップはつぶれちゃうと思うでしょ?いやいや、CDショップは2、3倍でかくなりますよ、僕の構想の中では。また今度お話しします」と付け加えた。

事件で大手レコード会社との契約が切れ、個人で動くしかなくなった。ブログでファンに直接発信し、これまで顔を出すことはなかった打ち合わせなどにも積極的に参加している。環境の変化ゆえか、1作に1カ月かかることもあった作詞も「4時間かからなくなった」といい、充実している。

音楽のこともW杯のこともプライベートのことも、とても生き生きと話す姿が印象的だった。新たな環境に置かれたASKAが一旗揚げそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • ASKA ASKA

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

芥川賞受賞の元曲に注文殺到 上田岳弘氏の「ニムロッド」

芥川賞受賞の元曲に注文殺到 上田岳弘氏の「ニムロッド」

作家・上田岳弘氏(39)の第160回芥川賞受賞作「ニムロッド」の名前の由来となったロックバンド・PeopleInTheBoxの同名曲に注文が殺到していることが13日、分かった。 1月16日の受賞会見で上田氏はPeopleInTheBoxの大ファンで同曲が好きだと明かし「このタイトルでいつ...
「歌うのが今でも怖い」中島美嘉が雪の華への思いを語る

「歌うのが今でも怖い」中島美嘉が雪の華への思いを語る

平成15年に歌手の中島美嘉(35)が発表したヒット曲「雪の華」が今、話題を呼んでいる。 曲から着想を得た同名の映画(橋本光二郎監督)が2月1日に公開されるからだ。中島は「皆さんがよく知る曲なので期待は裏切れない。歌うのが今も怖い」という。 「雪の華」は愛する人と寄り添い“雪の華”を眺めると...
「ボヘミアン・ラプソディ」監督にセクハラ疑惑 全面否定もアカデミー賞レースに影響か 米誌報道

「ボヘミアン・ラプソディ」監督にセクハラ疑惑 全面否定もアカデミー賞レースに影響か 米誌報道

米アカデミー賞の作品賞候補に選ばれた英ロックバンド「クイーン」の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」のブライアン・シンガー監督(53)に、複数の少年に対するセクハラ疑惑が23日、米誌報道で浮上した。 シンガー氏側は声明で「少年と性交渉したこともなく、少年好きでもない」と全面否定。アカデミ...
「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

今や、テレ東の看板ともいえるアニメ路線が生まれるきっかけは、「アンパンマン」のビジネスモデルに気づいた社員のひらめきだった。予算の少ない中、舞い込んだ「エヴァンゲリオン」の企画。そこから「ポケモン」「遊戯王」とヒット作が続いていった。少子化で子どもが減る中、低い視聴率でもアニメを続けら...
DAIGOの「クズ男」演技に感嘆の声 「フォルトゥナの瞳」で大変身

DAIGOの「クズ男」演技に感嘆の声 「フォルトゥナの瞳」で大変身

ミュージシャン・俳優・タレントと幅広く活躍するDAIGO。15日に公開された『フォルトゥナの瞳』では“クズ男”にふんし、その演技に「存在感がすごい」と感嘆の声があがっている。 「永遠の0」などで知られる百田尚樹の恋愛小説を実写化した同作は、死を目前にした人間が透けて見える能力を持つ主人公・慎一郎(...
山下大輝の人生に彩りをくれた猫たち。ペットロスを経て新たな「家族」を迎えるまで

山下大輝の人生に彩りをくれた猫たち。ペットロスを経て新たな「家族」を迎えるまで

「かわいい〜!」と顔をほころばせた。日本家屋で猫との撮影、やってきたマンチカンとの初対面に、山下大輝は弾けるような笑顔でキャリーバッグをのぞき込む。 じつは大の猫好きで、昨年から子猫と新生活を始めたばかり。今年で30歳、自分のさらなる成長を考えたとき、「人生を共に歩むパートナーを」と選ん...
GACKTの豪邸企画 テレビ番組で何度も「初公開」される裏事情

GACKTの豪邸企画 テレビ番組で何度も「初公開」される裏事情

主演映画『翔んで埼玉』が2月22日に公開される音楽アーティストで俳優のGACKT(45)。彼が最近バラエティー番組に出演すると、必ずとい言っていいほどあがる話題は、7年ほど前から移住しているマレーシア・クアラルンプールにある豪邸だ。今月だけでも、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『今夜くらべてみ...
クロちゃん「水ダウ」への本音

クロちゃん「水ダウ」への本音

(全14枚) この男、一体何を考えている? 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内の人気企画「モンスターハウス」を見た誰もがクロちゃんの言動に戦慄(せんりつ)し、戸惑ったことだろう。堂々と展開される二股、苦しすぎる言い訳、まさかの再アタック…。常人にはとてもまねできない。 インタビュー当日。取材...
「もっている」大坂なおみの試合を実況したNHK鳥海貴樹アナが話題

「もっている」大坂なおみの試合を実況したNHK鳥海貴樹アナが話題

大坂なおみ(21)が優勝した全豪オープンテニスの女子シングルス決勝戦を実況したNHK鳥海貴樹アナウンサー(49)について25日、ネットでは「もっているアナウンサー」と話題になった。 鳥海アナは、昨年の平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで羽生結弦(24)が金メダルを獲得した時のショートとフリーの...
小柳ルミ子、自分のモノマネを見て不機嫌に ネットでは不快感も

小柳ルミ子、自分のモノマネを見て不機嫌に ネットでは不快感も

歌手の小柳ルミ子さん(66)が、フジテレビ系情報番組「ノンストップ!」に生出演し、サッカー選手や自分のものまねをしたタレントに不機嫌な様子を見せた。 プライドを傷つけられたのでは、などと擁護もあったが、ネット上で不快感を訴える声が相次いでいる。 「サッカーこんな感じって、軽く見られたらやだ...
野村周平に「第2の小出恵介」の懸念 反射的なレベルで口説き?

野村周平に「第2の小出恵介」の懸念 反射的なレベルで口説き?

“艶福家”の若手俳優が、非モテに挑戦 東海テレビの制作スタッフは、「してやったり」と得意満面に違いない。深夜ドラマ「結婚相手は抽選で」(フジテレビ系列/毎週土曜:23時40分〜0時35分)が話題だ。勝因は紛れもなく、野村周平(24)を主役に据えたことだろう。 *** 10月6日の初回こそ2.8%(ビデオリ...
剛力彩芽と交際中の前澤友作氏 オスカー社長は2人のSNSに忠告

剛力彩芽と交際中の前澤友作氏 オスカー社長は2人のSNSに忠告

記録的な猛暑にも負けないほどアツアツだった2人も、秋の訪れとともにすっかり鳴りを潜め……。明け透けなSNS投稿が炎上した剛力彩芽(26)、そして、お相手のZOZO・前澤友作社長(42)。口をつぐんだ背景には、彼女の事務所社長が釘を刺したことがあったというのだ。 *** プロ野球の球団を持ちたいと言って...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net