芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。

告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関係者やファンら約2500人が故人をしのんで参列した。「寺の外にまで人があふれて、歌丸さんが愛されていたことが改めてわかりました」(弔問客)

そんな葬儀に泥を塗るような恥ずべき行為が明らかに。弔問客に配られた歌丸さんのサイン入りポストカードがヤフオクなどのオークションサイトで転売されているのだ。多くは告別式翌日の12日から開始。入札件数は60弱まで上がり、残り時間1分で6021円になっていた。

この記念品は落語芸術協会が作成したものだった。協会の担当者は「事務所で保管されていたサインを、亡くなった後にポストカードにしたもの。ちょうど告別式の日に刷り上って、弔問客の方に会葬礼状と一緒にお配りさせていただきました」と説明する。転売については「残念。ちょっと悲しいです」とさびしそうに語るのだった。

歌丸さんの記念品を出品していた者のヤフオクでのこれまでの「評価」を見てみると、あることがわかった。5月に亡くなった歌手の西城秀樹さん(享年63)の葬儀の記念品も出品していたのだ。「この出品者は、告別式のポストカードを高値で売り、全国から叩かれた人です」として最低評価を付けられていた。

本紙は西城さんや大杉漣さんの葬儀で配布された記念品を転売していた人物を直撃していたが、彼らは浅ましい行為を止める気はないらしい。弔問客は「元手ゼロで稼げるのかもしれないが、人の死を利用して稼ぐ金で何を買うんだ。恥を知ってほしい」と怒りを見せていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

三遊亭円楽が仕事復帰「歌丸さんが肺がんを見つけてくれた」

三遊亭円楽が仕事復帰「歌丸さんが肺がんを見つけてくれた」

先月28日に初期の肺がんを患っていることを公表し、今月4日から休養していた落語家の三遊亭円楽(68)が12日、神奈川県・横浜にぎわい座で開かれた独演会で仕事復帰した。 独演会前に報道陣に対応した円楽は、今月5日に手術を受け、11日に退院したことを明かし「手術は大成功だという話でした」と...
桂歌丸氏の笑点復帰計画 生前に聞かされていた三遊亭円楽が明かす

桂歌丸氏の笑点復帰計画 生前に聞かされていた三遊亭円楽が明かす

7月2日に亡くなった落語家・桂歌丸さん(享年82)が、日本テレビ系演芸番組「笑点」への1回限りの復帰計画を持っていたことが26日、明らかになった。同日放送の同局系「24時間テレビ41愛は地球を救う」の番組内で明かされた。 歌丸さんは16年5月で司会を勇退し、終身名誉司会者となっていた。...
水トアナ 疑惑晴れ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

水トアナ 疑惑晴れ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが1週間前にインスタグラムを開設していたことが2日、ネット上で話題になり、同日午後4時時点で約1100人だったフォロワー数が、午後9時半時点で3万3000人を超えるほど急増した。 水トアナはネット上で話題になり始めた夕方、イギリスのアビイ・ロードを歩く写...
樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

(全3枚) 先月15日に死去した女優、樹木希林さん(享年75)の本葬が30日、東京・南麻布の光林寺で営まれた。取材に応じた義理の息子で俳優、本木雅弘(52)は、故人が入院中、40年以上別居していた夫で歌手、内田裕也(78)に「会いたい」と何度も漏らしていたことや、裕也も火葬時に別れを惜しみ...
西城秀樹さん葬儀記念品の出品問題「黒幕」男性を直撃

西城秀樹さん葬儀記念品の出品問題「黒幕」男性を直撃

西城秀樹さん(享年63)の葬儀(先月25〜26日)で配られた記念品がオークションサイトに大量出品されていた問題で、葬儀場から品物を持ち帰って出品していたとされる“黒幕”A氏を直撃した。 西城さんゆかりのポストカード、CD、カレーなどの記念品がネット上で大量に出品され、なかには万単位の金額で...
なぜ千尋が豚の両親を見分けることができたのか 高畑勲監督は問う

なぜ千尋が豚の両親を見分けることができたのか 高畑勲監督は問う

4月5日、スタジオジブリの高畑勲監督が肺がんのため、亡くなった(享年82)。5月15日に行われた「お別れの会」に出席し、高畑氏への取材経験もあるコラムニストの小石輝が、高畑氏と宮崎駿氏の55年間を振り返る。 【写真】公園を自転車で颯爽と駆ける高畑勲氏 高畑勲氏©文藝春秋 ◆ 憔悴し、途方に暮れ...
2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

2016年に難病に襲われた市原悦子 現役貫くため自宅で決死の収録

(全2枚) 10月15日の午後1時過ぎ。都心の一等地に立つ、真っ赤な外観の瀟洒なビンテージマンションに、撮影機材を抱えたテレビスタッフが入っていった。ここは女優の市原悦子(82才)が住むマンション。 「2年ほど前に病に倒れて以来、市原さんは自宅で療養を続けていましたが、最近は少しずつナレーションなど...
北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

北大路欣也に中居正広 樹木希林さんの葬儀に駆け付けた著名人

(全21枚) 吉永小百合、宮沢りえ、北大路欣也、中居正広、竹中直人、リリー・フランキー… 樹木さんの遺影は、娘・也哉子が最新映画の宣材写真から選んだもの。菊・胡蝶蘭・カスミソウ1200本が取り囲む 「空気が澄んでいて……なんだか希林さんらしいお葬式でした。最後にお会いしたのは、カンヌから一緒に帰国し...
本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

本木雅弘が明かした樹木希林さんの最期 「みんなで囲んだ状態」

樹木希林さん(享年75)の告別式が9月30日、東京・光林寺で開かれた。娘・内田也哉子(42才)の夫である本木雅弘(52才)は、告別式の直前に囲み取材を受け、樹木さんの最期の様子を明らかにした。ここでは、本木雅弘が会見で話した全文を掲載する──。 *** 家族としては落ち着いて振り返る暇が、心に余裕が...
樹木希林さんが「全身がん」でも長く活躍できた3つの理由

樹木希林さんが「全身がん」でも長く活躍できた3つの理由

9月30日、国民的女優の樹木希林さん(75)の葬儀と告別式が執り行われました。私が樹木希林さんのことを認識したのは中学1年生のときだったと思います。郷ひろみさんとのデュエット曲「林檎殺人事件」がヒットした頃でした。 郷さんとお茶目なポーズをする樹木さん なんでこんなおばさん(ごめんなさい)が、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net