芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

桂歌丸さんの葬儀記念品を転売 サイン入りポストカードなどを出品

慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。

告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関係者やファンら約2500人が故人をしのんで参列した。「寺の外にまで人があふれて、歌丸さんが愛されていたことが改めてわかりました」(弔問客)

そんな葬儀に泥を塗るような恥ずべき行為が明らかに。弔問客に配られた歌丸さんのサイン入りポストカードがヤフオクなどのオークションサイトで転売されているのだ。多くは告別式翌日の12日から開始。入札件数は60弱まで上がり、残り時間1分で6021円になっていた。

この記念品は落語芸術協会が作成したものだった。協会の担当者は「事務所で保管されていたサインを、亡くなった後にポストカードにしたもの。ちょうど告別式の日に刷り上って、弔問客の方に会葬礼状と一緒にお配りさせていただきました」と説明する。転売については「残念。ちょっと悲しいです」とさびしそうに語るのだった。

歌丸さんの記念品を出品していた者のヤフオクでのこれまでの「評価」を見てみると、あることがわかった。5月に亡くなった歌手の西城秀樹さん(享年63)の葬儀の記念品も出品していたのだ。「この出品者は、告別式のポストカードを高値で売り、全国から叩かれた人です」として最低評価を付けられていた。

本紙は西城さんや大杉漣さんの葬儀で配布された記念品を転売していた人物を直撃していたが、彼らは浅ましい行為を止める気はないらしい。弔問客は「元手ゼロで稼げるのかもしれないが、人の死を利用して稼ぐ金で何を買うんだ。恥を知ってほしい」と怒りを見せていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

弟子にスパルタ教育をしない三遊亭円楽「ウチの師匠が間違ってた」

弟子にスパルタ教育をしない三遊亭円楽「ウチの師匠が間違ってた」

初期の肺ガンを公表した六代目三遊亭円楽が、10月16日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で、伊集院光ら弟子にスパルタ教育を行わなかった理由を告白した。 五代目円楽から厳しい指導を受けていた円楽だが、「三遊亭楽大」として弟子入りしていた伊集院らには「映画でも観に行ってこい」と自由な時間...
三遊亭円楽が仕事復帰「歌丸さんが肺がんを見つけてくれた」

三遊亭円楽が仕事復帰「歌丸さんが肺がんを見つけてくれた」

先月28日に初期の肺がんを患っていることを公表し、今月4日から休養していた落語家の三遊亭円楽(68)が12日、神奈川県・横浜にぎわい座で開かれた独演会で仕事復帰した。 独演会前に報道陣に対応した円楽は、今月5日に手術を受け、11日に退院したことを明かし「手術は大成功だという話でした」と...
桂歌丸氏の笑点復帰計画 生前に聞かされていた三遊亭円楽が明かす

桂歌丸氏の笑点復帰計画 生前に聞かされていた三遊亭円楽が明かす

7月2日に亡くなった落語家・桂歌丸さん(享年82)が、日本テレビ系演芸番組「笑点」への1回限りの復帰計画を持っていたことが26日、明らかになった。同日放送の同局系「24時間テレビ41愛は地球を救う」の番組内で明かされた。 歌丸さんは16年5月で司会を勇退し、終身名誉司会者となっていた。...
水トアナ 疑惑晴れ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

水トアナ 疑惑晴れ、インスタのフォロワー6時間で30倍に急増

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが1週間前にインスタグラムを開設していたことが2日、ネット上で話題になり、同日午後4時時点で約1100人だったフォロワー数が、午後9時半時点で3万3000人を超えるほど急増した。 水トアナはネット上で話題になり始めた夕方、イギリスのアビイ・ロードを歩く写...
樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

樹木希林さん、夫へ最期の求愛 毎晩「裕也さんに会いたい」

(全3枚) 先月15日に死去した女優、樹木希林さん(享年75)の本葬が30日、東京・南麻布の光林寺で営まれた。取材に応じた義理の息子で俳優、本木雅弘(52)は、故人が入院中、40年以上別居していた夫で歌手、内田裕也(78)に「会いたい」と何度も漏らしていたことや、裕也も火葬時に別れを惜しみ...
西城秀樹さん葬儀記念品の出品問題「黒幕」男性を直撃

西城秀樹さん葬儀記念品の出品問題「黒幕」男性を直撃

西城秀樹さん(享年63)の葬儀(先月25〜26日)で配られた記念品がオークションサイトに大量出品されていた問題で、葬儀場から品物を持ち帰って出品していたとされる“黒幕”A氏を直撃した。 西城さんゆかりのポストカード、CD、カレーなどの記念品がネット上で大量に出品され、なかには万単位の金額で...
なぜ千尋が豚の両親を見分けることができたのか 高畑勲監督は問う

なぜ千尋が豚の両親を見分けることができたのか 高畑勲監督は問う

4月5日、スタジオジブリの高畑勲監督が肺がんのため、亡くなった(享年82)。5月15日に行われた「お別れの会」に出席し、高畑氏への取材経験もあるコラムニストの小石輝が、高畑氏と宮崎駿氏の55年間を振り返る。 【写真】公園を自転車で颯爽と駆ける高畑勲氏 高畑勲氏©文藝春秋 ◆ 憔悴し、途方に暮れ...
細川たかしの妻、死去していた デビュー前に結婚し苦楽を共に

細川たかしの妻、死去していた デビュー前に結婚し苦楽を共に

歌手の細川たかし(68)が5日、妻・和子さんが亡くなったことを発表した。享年70。故郷・北海道にある札幌市内の病院で11月23日に息を引き取ったという。 細川はマスコミ各社に書面を送り「45年連れ添いました妻和子(かずこ)が1年半の入院・闘病の末、2018年11月23日に他界致しました」...
結婚批判に対する思い込めたか 上原多香子の夫が脚本務める意味深な舞台

結婚批判に対する思い込めたか 上原多香子の夫が脚本務める意味深な舞台

「お疲れさまでした〜」 そう言い残し劇場を去る女性のお腹は大きく膨らんでいる。ニット帽とマスクの間からキリッとした鼻筋をのぞかせるその女性は、上原多香子(35)だった――。 上原との再婚を10月10日に発表したコウカズヤ(41)が脚本・演出を務める劇団「BuzzFestTheater」。その第8回本公演『黴-かび-...
江波杏子さんが急死 5日前まで仕事

江波杏子さんが急死 5日前まで仕事

映画「女賭博師」シリーズなどで知られる女優・江波杏子(えなみ・きょうこ、本名・野平香純=のひら・かすみ)さんが10月27日午後9時6分、肺気腫の急性増悪のため都内の病院で死去した。76歳。2日、所属事務所が発表した。葬儀・告別式は近親者で執り行った。亡くなる5日前まで仕事をしていたが、...
真矢ミキの母親・佐藤雪子さんが死去 所属事務所が発表

真矢ミキの母親・佐藤雪子さんが死去 所属事務所が発表

女優・真矢ミキの母親、佐藤雪子さんが10月27日に心不全のため死去した。88歳だった。30日に真矢の所属事務所が発表した。 【写真】真矢ミキ、夫・西島数博と舞台初共演で2ショット披露 書面では「故人の遺志により、通夜ならびに葬儀告別式は、家族ならびに近親者のみで執り行うこととなりました」としてい...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net