芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

「当人にしかわからない間柄」中居正広が金スマで見せた繊細な感性

トップを極めた人間同士にしかわからない感覚があるのかもしれない。7月13日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)が2時間スペシャルで〈新御三家・西城秀樹と野口五郎の友情に涙…〉を放送した。

昭和の人気歌番組『ザ・ベストテン』や『日本レコード大賞』などから西城秀樹、野口五郎、郷ひろみの『新御三家』の秘蔵映像を流し、今年5月16日に逝去した西城さんが日本で初めて行なった“マイクアクション”“スタジアムコンサート”“ペンライト”についても言及。日本人の海外進出の開拓者であることも取り上げた。

番組後半には、西城さんの盟友である野口五郎が登場。司会の中居正広は「僕らが勝手に、良きライバル、良き親友という風なこと言いますけども、これはね、僕らが勝手に言ってるだけであって、2人にしかわからない間柄だったんじゃないかなと思います」と紹介した。

芸能研究家で、著書『田原俊彦論芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で司会者・中居正広の凄さについても触れている岡野誠氏が話す。

「改めて、中居さんの司会力の高さを実感させられました。普通なら『親友であり、ライバルでもある野口五郎さんです』などと紹介しそうな場面ですが、決して簡単な言葉で片付けない。こういう繊細さ、感性が名司会者といわれる所以だと思います」

中居が「五郎さんにとって、秀樹さんはどんな存在の方だったんでしょうか?」と聞くと、野口は「人生、何度か繰り返しても、こういう人には会えないだろうなって思います」と答え、放送翌日にはブログに〈僕と秀樹の事は,中居さんが言う様に「二人にしか分からない間柄」なのかもしれません〉と綴った。

1976年の『日本レコード大賞』で2人同時に歌唱賞を受賞し、壇上で抱き合うに至るまでのVTRを見た後、野口は号泣。「まさか、このVTR見せられると思っていなかったから……」と呟いた。野口が顔を上げると、沈黙していた中居は「五郎さんにしかわからないんです。もう僕はそれで良いと思うんですよね」とそっと一言添えた。

「スタジオにカメラが戻って来て、トークをしなければならない場面ですから、『当時の心境はどうでしたか?』などと聞きたくなるはず。しかし、中居さんは『五郎さんにしかわからない。それで良い』と気持ちを落ち着かせた。すると、野口さんが淀みなく、本音を話し始めた。時代を極めた2人だからこそのやり取りだったと思います」(岡野氏)

野口は中居にこう語った。

「最初(1974年)に秀樹が取って。その時は僕が取ると思っていたんですよ。『甘い生活』が(オリコンで)1位だったんで。そしたら、秀樹だったんで。え?と思って。でも、秀樹は僕の前では気遣ってくれて。その翌年は僕が獲って。『あれ?なんだろう、この物足りなさは』と思っちゃって。その翌年、一緒に獲った時の達成感というのは、きっと2人で抱き合った瞬間だと思うんですよね」

1970年代から時代を駆け抜け、歌謡界を牽引してきた野口の心情を引き出したように、中居の発する一言には重みがある。なぜ、普通なら当時の感情をストレートに聞きたくなる場面で、「五郎さんにしかわからない。それで良い」と言えたのだろうか。岡野氏はこう読み解く。

「人は言葉の端々に深層心理が現れる。何を言ったかも大事ですが、それ以上になぜその言葉を発したかの背景を読み取る必要がある。中居さんは国民的スターであるSMAPの一員として長年にわたって活躍してきた。称賛をされることもあれば、誹謗中傷を受けることもある。メンバーの関係性についても、メディアやネット上でいろいろと憶測を書き連ねられてきた。

でも、仲良いとか悪いとか、そんな簡単な二元論で済むような間柄ではないはず。あらゆることを一緒に乗り越えてきた絆があるし、時には意見が対立したことだってあるでしょう。だからといって、それが一言で“確執”という言葉で片付けるわけにはいかない。

SMAPメンバーの関係性は本人たちにしかわからない。周囲は勝手に“わかりやすい一言”でまとめようとするけど、簡単には表現できない。そんな自分自身の経験や考え方から、自然と発せられた『五郎さんにしかわからないんです。もう僕はそれで良いと思うんですよね』という言葉だったのではないでしょうか」

司会者・中居正広の凄さが垣間見えた一幕だった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

野口五郎が西城秀樹さんの30年間の間違いを明かす「おれがおごった」

野口五郎が西城秀樹さんの30年間の間違いを明かす「おれがおごった」

歌手野口五郎(62)が、16日に亡くなった西城秀樹さん“らしい”エピソードを明かした。 野口は30日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。72年にデビューしたばかりだった西城さんにクリームソーダをおごったというエピソードを語った。 野口は当時、仕事で名古屋に向かったが、その楽屋になぜか西...
新コンセプトは「王子が大渋滞」LDHの真逆とも言える舵切りのワケ

新コンセプトは「王子が大渋滞」LDHの真逆とも言える舵切りのワケ

多角的プロジェクト『HiGH&LOW』に続き、LDHが新たな動きを見せている。『PRINCEOFLEGEND』と名付けられた新プロジェクトは、『HiGH&LOW』で見せた「全員主役」のギャング抗争から一転、新たに打ち出したのは「王子が大渋滞」と言うコンセプト。LDH所属のタレントたちが個性豊かな王子を演じるという。そも...
秀樹さん告別式に1万人以上、ファンの列1キロ超す…野口は大粒涙

秀樹さん告別式に1万人以上、ファンの列1キロ超す…野口は大粒涙

16日に急性心不全のために亡くなった歌手の西城秀樹(本名木本龍雄=きもと・たつお)さん(享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。郷ひろみ(62)、野口五郎(62)ら関係者とファン合わせて1万人以上が参列。式の7時間以上前の午前3時半からファンの列ができはじめ、一時...
西城秀樹さんの妻が著書を出版「最期までの3週間」を明かす

西城秀樹さんの妻が著書を出版「最期までの3週間」を明かす

今年5月に急性心不全のため亡くなった西城秀樹さん(享年63)の“最期までの3週間”が、初めて明らかになった。妻・木本美紀さんが11月14日に発売される著書『蒼い空へ夫・西城秀樹との18年』(小学館)で明かしたもの。同書は、美紀さんが、秀樹さんにかわってお世話になった人に感謝の気持ちを伝えたい、同じ...
樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

樹木希林さんが次世代へつないだバトン 親友に語った「引き際」

9月15日、自宅で家族に見守られ、75年の人生を終えた樹木希林さん。17日の午後には、自宅前で長女・内田也哉子とその夫の本木雅弘、今年モデルデビューしたUTAこと雅樂など3人の孫らに見送られて出棺した。 【写真】30年来の親友に送ったトロフィーとケース 火葬に立ち会った夫の内田裕也は、20日に希林さんの...
自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

自分の言いたいことを言う 芸人・村本大輔が貫き続ける信念

今年1月に続き、二度目の「アメリカ留学」へと旅経つと噂される、ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏。いま村本氏が日本で感じている「息苦しさ」について、ノンフィクションライターの中原一歩氏に語った。 呆れてしまうんですよね 村本:昨年末に放送された「THEMANZAI2017」で、ウーマンラッシュアワーが...
浅田美代子が樹木希林さんを思い涙「母、姉、親友でもある…」

浅田美代子が樹木希林さんを思い涙「母、姉、親友でもある…」

15日に死去した女優・樹木希林さんとドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで共演し、公私ともに親交の深かった女優・浅田美代子(62)が17日、都内の樹木さんの自宅を弔問に訪れた。 時折、涙ぐみながら取材に応じた浅田は、樹木さんが8月13日に知人宅で転倒して大腿骨を骨折して入院後も「...
中居正広&出川哲朗&田中裕二が野球観戦 ご機嫌で球場を後に

中居正広&出川哲朗&田中裕二が野球観戦 ご機嫌で球場を後に

(全6枚) 目撃!ハリコミ24 青山17時50分 観戦を終え、駐車場に戻る出川と、帽子&メガネにマスク姿の中居 タテ縞模様のユニフォームを着たファンでゴッタ返す神宮球場。10月上旬の夜、ヤクルトスワローズ対巨人戦が始まる少し前、球場のチケット売り場の前には、二人の小太りの男の姿があった。『爆笑問題』...
番組で歌唱された「世界に一つだけの花」中居正広が見守る姿に感動

番組で歌唱された「世界に一つだけの花」中居正広が見守る姿に感動

【中居正広/モデルプレス=10月20日】世界一日本の歌がうまい外国人を決める「のどじまんTHEワールド!2018秋〜全員初挑戦SP」(よる7時)が20日、日本テレビ系で放送された。MCの中居正広が見守る中、SMAPの名曲『世界に一つだけの花』が歌唱される場面があり、反響を集めている。 KinKiKids堂本剛、中居正...
中居正広と石橋貴明の特別な関係「うたばん」でみせた化学反応

中居正広と石橋貴明の特別な関係「うたばん」でみせた化学反応

近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします(北海道在住フリーライター/乗田綾子) 平成...
「安倍なつみは一時期孤立」石橋貴明がモーニング娘。の内情明かす

「安倍なつみは一時期孤立」石橋貴明がモーニング娘。の内情明かす

とんねるずの石橋貴明が、10月15日放送の『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)で、モーニング娘。の舞台裏を明かした。 「(好きなのは)断然なっち(安倍なつみ)でした。なっちは一時期浮いてるときがあった。孤立している。あまりにも実力がありすぎて。 新興勢力が現れたことによって、ちょっと...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net