芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

阿部寛主演の「下町ロケット」続編制作が決定 10月にスタート

阿部寛主演の「下町ロケット」続編制作が決定 10月にスタート 2015年の10月期にTBS系で放送され、好評を博した阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』の続編の制作が決定した。原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾となる「下町ロケットゴースト」。大きな転換期を迎えた佃製作所の新たな戦いを描いていく。

前作の『下町ロケット』では、小説のシリーズ第1弾と第2弾をベースに物語が展開。第2弾の小説「下町ロケットガウディ計画」はドラマの放送されている最中に発売され、ドラマの6話からは、ガウディ計画編として、発売直後の小説を原作としたストーリーが繰り広げられた。

主演の阿部は、ロケット開発への熱い思いと、諦めない姿勢で社員を引っ張る佃製作所の社長・佃航平を熱演。さらに、殿村直弘役の立川談春、山崎光彦役の安田顕をはじめ、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩らが阿部を支えた。

特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員が力を合わせて切り抜けていく佃製作所の物語は、放送中から大きな反響を呼び、最終回の平均視聴率は22.3%を記録。さらに、「第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」作品賞や「東京ドラマアウォード2016」連続ドラマ部門優秀賞など、数々の賞を総なめにし、2015年を代表するドラマの一つに輝いた。

そんな大ヒット作の続編が、2018年の10月期に日曜劇場枠(毎週日曜21:00〜)で放送される。阿部を始めとした佃製作所のメンバーも続投が決定。さまざまなトラブルによって窮地に陥った佃製作所の新たな挑戦がスタートする。

ドラマは、帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に関わってきた佃製作所が、帝国重工から業績の悪化を理由に、主力商品となっていたロケットエンジン用バルブシステムの納入の打ち切りを告げられるところから始まる。ショックを受ける佃製作所の面々に追い打ちをかけるように、今度は大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減の通告を受ける。さらに、佃製作所の経理部長である殿村の父親が倒れてしまう。度重なるピンチに、社長の佃は意外な決断を下す。

前作から3年ぶりに佃を演じることになった阿部は、「夢の実現と人々の幸せを必死にもがきながら追い求めてきた佃ですが、今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します」と物語に言及し、「会社の経営者として、社員たちの生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間たちと共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います」と意気込んだ。

阿部と同じく続投の決まった安田は、「日本が世界に誇る、モノづくりの技術。それを支える市井の人々。逆境に打ち勝つ心に、また出会えます。佃社長に、また会えます」とPRし、「一ファンとして、大いなる期待の高まりとともに、一出演者として、吐くほど緊張することでしょう。とにかく、現場が楽しみです」と気合十分。

そして、原作者の池井戸は、「阿部寛さん演じる佃社長を始め、佃製作所の熱いメンバーたちとの再会を心待ちにしています。今回、窮地に立たされた佃製作所が挑戦するのは、まさに現代日本が抱える難題のひとつです。それに挑む者たちの葛藤や挫折がどう描かれるのか、福澤克雄監督の演出に大いに期待しています」とコメントを寄せた。

前作同様に監督は福澤克雄、プロデューサーには伊與田英徳。社会現象にもなった『半沢直樹』や昨年大ヒットを記録した『陸王』のスタッフが再集結して作り上げる熱いドラマに、今から大きな注目が集まる。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎に 宮崎駿氏の作品では初めて

「風の谷のナウシカ」が新作歌舞伎に 宮崎駿氏の作品では初めて

世界的アニメーターで映画監督の宮崎駿氏(77)の初期の代表作「風の谷のナウシカ」(1984年公開)が新作歌舞伎になることが11日、分かった。 来年12月、東京・新橋演舞場で尾上菊之助(41)、中村七之助(35)らの配役で上演(G2演出)されるもので、宮崎作品初の歌舞伎舞台化だ。 「―ナウ...
下町ロケット、新潟ロケで大混乱 出演者に触れようとするエキストラ

下町ロケット、新潟ロケで大混乱 出演者に触れようとするエキストラ

11月23〜25日の三連休、阿部寛(54)はじめ、日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)の撮影チームは、新潟にいた。 「新潟県燕市でおこなわれた大規模ロケには、3日間で延べ7000人を超える地元エキストラが参加した。撮影されたのが物語のカギを握るハイライトシーンとあって、豪華キャストが勢揃いした」(制作会...
下町ロケット第8話で波乱の展開に 「早く続きが観たい」など反響

下町ロケット第8話で波乱の展開に 「早く続きが観たい」など反響

俳優の阿部寛が主演するドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の第8話が2日に放送された。帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)に恨みを募らせている重田(古舘伊知郎)と伊丹(尾上菊之助)が、帝国重工を徹底的に追い詰めた今話。SNSでは「帝国重工を奈落の底へ叩き落とす脚本は秀逸。早く続...
パッとしない新垣結衣主演「獣なれ」 「逃げ恥」との違いは

パッとしない新垣結衣主演「獣なれ」 「逃げ恥」との違いは

思えば、2年前の忘年会は“恋ダンス”一色だった。その流行を生んだドラマ、「逃げ恥」の新垣結衣(30)と脚本家が再タッグを組んだ「けもなれ」。日テレは大ヒット作の再来を期したのだろうが、どうにもパッとしない。「けもなれ」に、なにが欠けているのか。 2016年のTBSドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」は...
「下町ロケット」の演技が好評のイモトアヤコ 慣れない撮影に苦戦

「下町ロケット」の演技が好評のイモトアヤコ 慣れない撮影に苦戦

『下町ロケット』第1話で見せた“涙のシーン”で、その演技力に話題が集まった彼女。バラエティでは見せない好演の秘密を、撮影前の本人に直撃インタビュー! 「第1話の台本には、『涙を流す』とは書いてありませんでした。でも、監督と相談して、島津になりきって『この部品をつくるために、どれほどの努力や思...
下町ロケットのスタッフは渋い顔か 視聴率にピリピリムード?

下町ロケットのスタッフは渋い顔か 視聴率にピリピリムード?

「大御所俳優や芸人、落語家、弾丸トークの司会者が集まる現場は、にぎやかを通り越してうるさいぐらい盛り上がっています。その反面、スタッフの顔はかなりシブいんです……」(制作会社スタッフ) 今秋、視聴率で本命視されている日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)。 「'15年に放送されて大ヒットした池井戸...
下町ロケットに抜擢されたイモトアヤコ シリアスな演技で新境地

下町ロケットに抜擢されたイモトアヤコ シリアスな演技で新境地

タレントのイモトアヤコ(32)がTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)にレギュラー出演。第1話(14日放送)の涙が反響を呼ぶなど、トレードマークの太眉を封印したシリアスな演技で新境地を開拓した。 個性的なキャラクターがひしめく中、天才エンジニア役で早くも存在感を示しているが、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net