芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

古市憲寿氏が猛暑のなか運動する人に持論「バカなのかなって」

古市憲寿氏が猛暑のなか運動する人に持論「バカなのかなって」 19日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)で「紫外線に注意女性の大敵“隠れシミ”」を特集した。スタジオで紫外線を巡って小倉智昭キャスター(71)とコメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(33)が激論を交わした。

スタジオで日焼け止めが話題になった時に古市氏が「小倉さんとか、日焼け止め絶対に塗らないでしょ」と尋ねると、小倉氏は「塗らない」と即答し「その割には、あんまりシミがないですよね」と指摘すると小倉氏は「結構ありますよ」と明かした。

さらに小倉氏が「なんか今日、打ち合わせの時、古市は、ボクはシミがなくて色白でってかなり自慢していましたけど」と明かすと、古市氏は「じゃなくて。自慢っていうか、、基本的に昼間、極力、屋外に出ないようにしているんで。そもそも当たらないというか、当たらないように頑張ってますね」と告白した。

その言葉にフジテレビの伊藤利尋アナウンサー(45)が「ずっと家にいるわけですか?」と聞くと古市氏は「こんな暑い中、外に出るって、本当におかしいんじゃないかっていう。だから、こんな暑い中、運動とかしている人ってバカなのかなって」と持論を展開し、小倉氏は「あのね、労働者やスポーツ選手をバカにしているのか君たちは」とたしなめた。

それでも古市氏は「いや、だって、この中で運動とかするっておかしくないですか」と反論。小倉氏が「ボクらの時代だって真夏、水飲めない時代ですよ。走って気分が悪くなって倒れるとバケツで水かけられて、めちゃくちゃな時代を生きてきたから。熱中症とか信じられないんですよ」と明かすと、古市氏は「昔の人は頭が足りなかったんですかね」と突っ込み、「すみません」と小倉氏が苦笑いしていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

小倉優子の長男がSNSに対して厳しい学校へ合格 ママタレ生命の危機?

小倉優子の長男がSNSに対して厳しい学校へ合格 ママタレ生命の危機?

「テレビでの印象と違い、お受験にはとても熱心でしたよ」(お受験コンサルタント) 【写真】直撃を受けるゆうこりんと、子どもを送迎する歯科医のカレ タレントの小倉優子の長男が、名門大学の付属である難関私立小学校に見事に合格。これには、周囲のママたちからも感嘆の声が上がる。 「“小学校受験は子ど...
相沢まきが乳腺炎のため断乳を決断 医師の提案を受け入れ

相沢まきが乳腺炎のため断乳を決断 医師の提案を受け入れ

タレントの相沢まき(38)が26日に更新したブログで、断乳を決めたことを報告した。乳腺炎のためで、医師の提案を受け入れたとしている。 相沢は「ずっと飲めずにいた断乳の為の薬をさっき飲んだ女、相沢まきです」と書き出した。10月のブログで「乳腺膿瘍」の治療を受けたと明かしており、これについて...
主婦向けCMに異変? 深田恭子に綾瀬はるか、独身の人気女優が続々“エプロン化”

主婦向けCMに異変? 深田恭子に綾瀬はるか、独身の人気女優が続々“エプロン化”

深田恭子や綾瀬はるから、当代きっての人気女優たちがCMで続々とキッチンに立ち、エプロン姿をお茶の間に披露している。対象商品は、食品や調味料、家庭用サービスなどであり、主なターゲットはやはり“主婦”。しかし、よく考えてみると深田も綾瀬も結婚はしていないし、子どももいない。主婦向けのCMといえば...
小倉智昭が膀胱がんで全摘出手術 排尿訓練など壮絶な闘病生活

小倉智昭が膀胱がんで全摘出手術 排尿訓練など壮絶な闘病生活

(全2枚) 公表から2年、病状悪化で名物司会の『とくダネ!』を休養 ’14年8月、小倉キャスターはミニスカ美女と南青山の『ブルーノート東京』で玉置浩二のライブを満喫「今回の件は局内でも、上層部にあたるチーフプロデューサー以上にしかアナウンスされていませんでした。もちろん、現場レベルは何も聞かされ...
古市憲寿氏、芥川賞候補入りに言及「色んな人がムカついてると思う」

古市憲寿氏、芥川賞候補入りに言及「色んな人がムカついてると思う」

社会学者の古市憲寿氏(33)が17日放送のフジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)に出演。著書の小説「平成くん、さようなら」が第160回芥川賞(日本文学振興会主催)の候補になったことについて「いろんな人がムカついてると思うんですよ。なんで古市が候補なんだって。そういう人は逆にほか...
古市憲寿氏が芥川賞の候補に選出 「とくダネ!」などでおなじみ

古市憲寿氏が芥川賞の候補に選出 「とくダネ!」などでおなじみ

フジテレビ系「とくダネ!」「ワイドナショー」などでコメンテーターを務める社会学者・古市憲寿氏(33)の小説「平成くん、さようなら」が第160回芥川賞の候補に決まった。日本文学振興会が17日付で発表した。 「平成くん−」は、古市氏が初めて書いた小説で、平成生まれの「平成くん」が平成の終わり...
ナイナイ・矢部浩之「ゴチ」2年連続クビの可能性…20日放送で「ある試練」課される

ナイナイ・矢部浩之「ゴチ」2年連続クビの可能性…20日放送で「ある試練」課される

日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」(木曜・後7時56分)が13日放送され、人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」でクビになっているナインティナイン・矢部浩之(47)の処遇が発表された。 番組の途中、4度目のクビの矢部について、司会の羽鳥慎一アナ(47)が「例年通り1...
高輪ゲートウェイ駅に芸能人も不満続々 松尾貴史は「おっさん発想」

高輪ゲートウェイ駅に芸能人も不満続々 松尾貴史は「おっさん発想」

2018年12月4日に決定したJR山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」に対して、芸能界からも様々な意見が寄せられている。 社会学者の古市憲寿さんは5日、「とくダネ!」(フジテレビ系)で、駅名に対して「冴えない」と発言。古市さんのほかにも、伊集院光さんやカンニング竹山さんが駅名に対してツイートするなど...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net