芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

IKKOが「差し入れ」を続ける理由 「礼だけは尽くそうと…」

IKKOが「差し入れ」を続ける理由 「礼だけは尽くそうと…」

「テレビに出させていただいた当初は、共演者にお礼のお手紙を書いて、事務所に送っていました。テレビに呼ばれる機会が増えるにつれて、本番前に直接お渡しするようになったんですけど……。でも、『手紙書いてきたんで、読んでください』って、子どもみたいじゃない(笑)。だから、ちょっとした品を添えて渡すようにしました。それが始まりです」

そう語るのは美容家のIKKOさん(56)。じつは番組収録前に、共演者全員にプレゼントをするのが常だという、芸能界きっての贈り物の達人として知られている。今回、取材したインタビューマン山下も、ジャリズムとして活動していた芸人時代にLUSHのソープをもらった1人だ。

お中元や夏休みの帰省などで、何かと贈り物に迷う季節。“喜ばれるもの”をどう選べばいいのか。

「私は自分で食べておいしかったり、使ってみてよかったもの、気に入ったものを人に差し上げるようにしています。そうでないものは、化粧品でも食べ物でも、絶対に渡しません」(IKKOさん・以下同)

でも、自分が好きだからといって、ひとりよがりな贈り物は厳禁。

「30代のころ、ことあるごとに大好きな胡蝶蘭を贈っていた時期がありました。でも、あるとき知り合いに『うちは猫がぐちゃぐちゃにしちゃうので、花は困るのよね』と言われてしまって。何でも“自分の思いだけ”で贈るのはよくないと思うようになりました」

たとえば、小さな子どもがいる人には大きなお菓子ではなく、小分けにしたものを、“通な人”には季節のお菓子を贈るなど、相手の好みや家族構成などを常に念頭に置いて、工夫している。喜ばれるのは、高価なものとは限らない。

「尊敬する着物デザイナー、池田重子先生の『お金を出せばおいしいものはいくらでも手に入るけど、安くておいしいものを見いだすのが審美眼よ』という言葉を肝に銘じています」

相手に気を使わせないためにも、毎週会うようなレギュラー番組の共演者には高価なものを差し入れることは少ない。だが、どれも自分の舌や体で確かめた自信のあるものばかりだ。現在、IKKOさんは『バイキング』(フジテレビ系)にレギュラー出演しているが、共演者たちの反応は――。

「ブラックマヨネーズの2人はすごく律儀。直接渡せずに、楽屋に置かせてもらったときも、本番前に必ずお礼を言ってくださいます。そういえばこの前、坂上忍さんに、『また周りを手なずけているな』と笑われちゃって(笑)。でも、そんな気持ちはないんですよ。私はもともと裏方の人間ですし、タレントさんたちのように芸を持っているわけではありません。そんな私が芸能界にいさせてもらっているのだから、礼だけは尽くそうと思って。私が勝手にやっていることだから、見返りなんて求めていないのよ」

(取材:インタビューマン山下)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

15人の弟子を食べさせていくため IKKOはひと月で1000万円近く稼ぐ

15人の弟子を食べさせていくため IKKOはひと月で1000万円近く稼ぐ

IKKOが、5日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演。独立後の多忙な日々を振り返った。 IKKOは自分に課していた努力として、「所作の綺麗な人たちを見ていた」と告白。また「綺麗なところに目を置いていく」とも表現し、「綺麗な洋服を買えなかったら触るだけでも、というふうに思っていた」と回顧...
川栄李奈の家に白いゴキブリ 駆除せず逃がすと願いが叶うと小峠英二が語る

川栄李奈の家に白いゴキブリ 駆除せず逃がすと願いが叶うと小峠英二が語る

9月29日にフジテレビ系で生放送された演芸番組『ENGEIグランドスラムLIVE』に“一度は生でENGEIグランドスラムを見てみたかった会”としてIKKO、川栄李奈、二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、吉沢亮、大和田伸也がゲスト出演、観覧席から芸人たちのステージを楽しんだ。 夜11時30分頃、川栄李奈がSNSでその時のコーデ...
落語家の桂三度「世界のナベアツ」をテレビで10年ぶりに復活

落語家の桂三度「世界のナベアツ」をテレビで10年ぶりに復活

落語家の桂三度が、一夜限り(?)の「世界のナベアツ」をテレビで10年ぶりに復活させる。17日放送のテレビ朝日系バラエティー『金曜★ロンドンハーツ』(毎週金曜後9:00)の企画「子供に大ウケ-1グランプリ団体戦絶対に笑わせなきゃいけない戦い」に出演。ピン芸人時代の懐かしい持ちネタを子供たちの前で披...
オモロー山下が「芸人引退」で異例の転身へ「女性自身の記者になります!」

オモロー山下が「芸人引退」で異例の転身へ「女性自身の記者になります!」

  「吉本を辞めて、女性自身の記者になります!」   そう意気込みを語るのはオモロー山下(48)だ。91年11月にお笑いコンビ「ジャリズム」を結成した山下だが、11年にコンビ解散。元相方の渡邊鐘(47)は「世界のナベアツ」名義でも活動していたが、桂三度として落語家転身を果たしている。   ...
前田敦子からの猛プッシュで交際に発展 勝地涼が秘話を明かす

前田敦子からの猛プッシュで交際に発展 勝地涼が秘話を明かす

俳優・勝地涼(32)が21日、日本テレビ系「おしゃれイズム」に出演。元AKB48の前田敦子(27)と7月30日に結婚したが、交際に発展したきっかけは「けっこう、向こうから…」と前田の方からの猛プッシュがあったことを明かした。前田は9月15日に妊娠を公表。すでに安定期に入っている。 左手薬...
「獣になれない私たち」でタブーを解禁?新垣結衣に高いヒール靴

「獣になれない私たち」でタブーを解禁?新垣結衣に高いヒール靴

(全4枚) 秋の新ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が、初回視聴率11.5%と好調な滑り出しを見せた。 「主演の新垣結衣さん(30才)と脚本の野木亜紀子さんは、2016年に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の“鉄板コンビ”で、もともと期待が高かった。しかも、初回から新垣さん...
さまぁ〜ず大竹一樹の「離婚危機説」 三村マサカズがTwitterで苦言

さまぁ〜ず大竹一樹の「離婚危機説」 三村マサカズがTwitterで苦言

お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の三村マサカズさんが、相方の大竹一樹さん夫婦に対するネット上の離婚危機説にツイッターで苦言を呈した。 「説」の発端は、大竹さんの妻で元フジテレビ・アナウンサーの中村仁美さんのテレビ番組での発言。三村さんは「テレビ観ないで、ネットニュースで見て、噂話するのやめまし...
鈴木保奈美のSUITSへの出演料は1話300万円 破格待遇の思惑は

鈴木保奈美のSUITSへの出演料は1話300万円 破格待遇の思惑は

「偶然にも鈴木さんがクランクインの日に『東京ラブストーリー』の再放送がオンエアされました。前室のテレビに映し出されたカンチ&リカの映像に、共演者やスタッフが盛り上がるなか、鈴木さんは恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべていました」(ドラマ関係者) 初回視聴率14.2%を記録し、好調なスタートを切っ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net