芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

マツコが大衆に受け入れられる理由 単なる悪口でない言葉の本質

マツコが大衆に受け入れられる理由 単なる悪口でない言葉の本質

現在、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『マツコの知らない世界』(TBS系)、『5時に夢中!』(TOKYOMX)など8本のテレビ番組レギュラーを持ち、“視聴率男”の異名を取るマツコ・デラックス。エム・データ調べの『2017年テレビCMタレントランキング』によれば、昨年の年間CM会社数は8社。女性部門で石原さとみ、北川景子、桐谷美玲、白石麻衣(乃木坂46)、新川優愛と同じ数字になる。

数十年前からテレビ界では、カルーセル麻紀やおすぎとピーコなどいわゆる“おネエタレント”が活躍していた。しかし、マツコのようにゴールデン帯でレギュラーの冠番組を持ち、恒常的にCMに出続けるのは異例中の異例だ。

なぜ、現代の日本社会に受け入れられているのか。社会学者で、『マツコの何が“デラックス”か?』(朝日新聞出版)の著者である太田省一氏に話を聞いた。

──なぜ、マツコについて書こうと思ったのでしょうか?

「大衆に支持されているきわめてメジャーなタレントなのに、ゲイで女装家という社会的にはマイノリティと見なされる属性を持っている。その意味では、矛盾しているようにも見える。そんなマツコ・デラックスがなぜ、今の時代にこれほどの人気者になったのか。それを探り当てたいと思いました」(太田氏。以下「」内同)

──昭和の頃は、幸福感溢れているように見える人が人気者だったように思います。

「戦後まもなくの美空ひばり、高度成長期の石原裕次郎、1980年代の松田聖子や田原俊彦など、本人たちの実人生には色々とあったかもしれないけど、ブラウン管やスクリーンのこちら側から憧れを抱く存在でした。

でも、マツコはギャグっぽいとはいえ、『一度も幸福を感じたことない』とよく言います。視聴者は、マツコが幸福に見えるから憧れるのではない。むしろ幸福じゃないことをちゃんとさらけ出すところに共感している」

──マツコを受け入れる社会の側の変化も大きいのでしょうか?

「生き方の見えづらい時代になっているという要素も大きい。かつてのように良い大学、良い会社に入れば一生安泰だとか、適齢期に結婚すれば幸福になれるとかは思えなくなっている。『それが本当に幸せなの?』と疑問を持ち始めている。

日本も、多様性を認める社会に徐々に変化しつつある。数十年前なら会社員や専業主婦が多数派で、男性はずっと同じ会社に勤め、女性は家庭を守るという生き方が当たり前と思われていた。今もそういう部分は残っていますが、「多数派/少数派」「男性/女性」というようなカテゴリー分け自体が徐々に崩れていっている。

突き詰めれば、1人1人みんな違う。いろんな考え方や生き方があって当然だし、尊重しようという時代の流れがある。もちろん、LGBTに対する差別はまだ残っている。その中で、マツコ・デラックスは『自分はどう生きればいいのか』という苦悩をいろんな番組の端々でポロッと漏らしつつ、自分自身に向き合おうとしています。

今は承認欲求を満たそうとして、ツイッターやインスタグラムなどで自分を“盛って”見せようとする人も少なくない。常に人によく見てもらおう、よく見せようとしている。ただ、そういう生き方は疲れるもの。言い換えれば、いまの日本は疲労感の抜けない社会になっています。マツコは『そこからいち早く抜け出したほうがいいよ』と言ってくれている」

──なぜ、マツコは“盛らずに”自分をさらけ出せるのでしょうか?

「マツコは、『肥満』『ゲイ』『女装』への偏見が強い時代に育った。子どもの頃、鴨川シーワールドでトドのショーを見た時、マツコは『これは私だ』と感じた、というエピソードがあります。トドは単なる見世物になっている。芸でも何でもない、ただ飛び込むだけでも、喜んでくれる人がいる。自分は太っていることに悩んでいたけど、それで喜んでくれる人がいたら自分はいいじゃないかと。

また人前での女装の始まりは、小学校の頃の学芸会で中森明菜の歌を女装して歌ったことでした。そのように、パフォーマンスをすることで偏見を跳ね返し、自分だけの居場所を作ってきた」

──マツコを「毒舌」と表現する人たちもいますが、そんな一言で片付けられるような簡単な人物像ではないんですね。

「マツコの基本的な信念は、自分をごまかさずに生きること。たとえば、『田園都市線沿線に住もうとしている人は本当に幸せなの?』と疑問を投げ掛けています。電車の混雑率も高いのに、イメージにばかり惹かれてたまプラーザや二子玉川に住もうとしているのはどういうことなんだと。真実を突いていますよね。それが『毒舌』と評される場合もありますが、本質的には単なる悪口ではありません。一方で、自分も若い頃は『西武』での買い物にステータスを感じていた。そのような過去も、隠さずにしゃべる。

マツコは嘘をつかず、正直に話す。それが、共感を得ている大きな理由だと思います。田園都市線の話にしても、私たちはそう思ったとしてもなかなか言えないですよね。それに、かつて自分も同じようなことをしていたと正直に告白する。人間って、自分の弱みを隠したくなるじゃないですか。全部さらけ出せるのが、マツコの凄さだと思います。本人は、毒舌とはあまり思ってないんじゃないですか。視聴者は快感と思っているし、共感が大きいのではないでしょうか」

──なぜ、フラットな姿勢を保てるのでしょうか?

「マツコには『最後は1人』という感覚があると思う。結婚もせず、子どもも持たないで1人で生きていく。1人は怖いことでもあるけど、その孤独を受け入れて生きていく覚悟がある。そこに、マツコの凄味があります。みんな、本当は孤独だということを忘れようとする。それを真正面から見据えて生きていくところに、マツコのオリジナリティがあり、社会の深いところで共感を得ているのだと思います」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

■事の発端は『週刊新潮』の「裏口入学報道」 「爆笑問題の太田光はバカかリコウか」 なぜかテレビのワイドショーやニュースは扱わないが、これは日本の学校関係者や教育者が口角泡を飛ばして議論をしている「大問題」である。 事の発端は『週刊新潮』(8/16・23号、以下『新潮』)の「『爆笑問題太田光』を日...
面白い攻撃と笑い声 加害者を演じて分かったいじめの「楽しさ」

面白い攻撃と笑い声 加害者を演じて分かったいじめの「楽しさ」

あなたは、いじめの加害者になったことは、ありますか。たとえば「演技」の世界で加害者になってみたら、何が見えてくるのでしょう。いじめ加害者を描く映画「許された子どもたち」を制作中の内藤瑛亮さんと、女優として様々な役を演じつつ、いじめについても発信を続ける春名風花さんに、対談してもらいまし...
表に出てこないジャニー喜多川社長 過去のセクハラ行為が関係か

表に出てこないジャニー喜多川社長 過去のセクハラ行為が関係か

TOKIOの山口達也が未成年への強制わいせつ容疑で書類送検され、不起訴処分(起訴猶予)になった問題で、ジャニーズ事務所が契約解除を発表した。事務所のジャニー喜多川社長はファクスで「全ての所属タレントの『親』としての責任」に言及したが、依然として会見には応じていない。なぜ社長が出てこないのか。...
「人間関係なんてない方がいい」マツコが切実な訴え

「人間関係なんてない方がいい」マツコが切実な訴え

タレントのマツコ・デラックスさんが、11月12日放送の「5時に夢中!」(TOKYOMX)に出演し、「人付き合いなんて無い方がいい!」と持論を訴えた。 番組では、夕刊フジの連載を紹介。人付き合いが苦手な75歳無職の男性が、かかりつけ医に「人と交わらないとボケる」「次回までに最低5人の初対面の人と会話して...
明石家さんまが合コンで「貪欲すぎる行動」河本準一が明かす

明石家さんまが合コンで「貪欲すぎる行動」河本準一が明かす

10日に放送されたフジテレビ系『さんまのお笑い向上委員会』に出演した次長課長の河本準一が、明石家さんまとの合コンエピソードを披露した。 河本は、明石家さんまと合コンをしたと話し始め、その際に自身がローマ字で“BOKUHATANOSII”(僕は楽しい)と胸あたりに書かれた洋服を着て行ったと振り返った。 続け...
マツコが5年間TV出演控えた理由 「ばれたら母ちゃんが…」

マツコが5年間TV出演控えた理由 「ばれたら母ちゃんが…」

タレントのマツコ・デラックス(46)が11日、高校の同級生で俳優の木村拓哉(45)がパーソナリティーを務めるTOKYOFM「木村拓哉FLOW」(日曜前11・30)に出演。テレビ出演への思いについて語った。 木村にブレーク真っ只中だったころの心境を問われたマツコは「謙遜とかじゃなくて、(...
木村拓哉のジャニーズ入り秘話 「アンチだったから知識なく…」

木村拓哉のジャニーズ入り秘話 「アンチだったから知識なく…」

俳優の木村拓哉(45)が11日、パーソナリティーを務めるTOKYOFM「木村拓哉FLOW」(日曜前11・30)に出演。ゲストに高校の同級生であるマツコ・デラックス(46)を迎え、芸能界デビューについて語った。 マツコがテレビ出演を増やした裏に「ものすごく熱心に口説いてくれた人がいた」こ...
欅坂46の平手友梨奈の存在感 倒れるまで自分の表現を貫く姿に共感か

欅坂46の平手友梨奈の存在感 倒れるまで自分の表現を貫く姿に共感か

<世の中や人間の一生について、一口に君に説明することは、誰にだってできやしない> 歴史的名著を漫画化しミリオンセラーとなった『君たちはどう生きるか』の一節だ。この本が売れる状況こそ、欅坂46の平手友梨奈(16)が支持を集める要因だと社会学者の太田省一氏は分析する。 「今は特に社会の行く末が不...
SMAP解散から1年…役者・木村拓哉の魅力 演技の繊細さに注目

SMAP解散から1年…役者・木村拓哉の魅力 演技の繊細さに注目

2016年12月31日に、SMAPが正式に活動休止してから1年が経った。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人はジャニーズ事務所を離れ、公式ファンサイト『新しい地図』を立ち上げた。残留した中居正広はテレビのバラエティ番組、木村拓哉は役者を中心に活動を続けている。 1月18日からは木村主演の連続ドラマ『BG〜身...
白石麻衣の写真集が異例のヒット 素人をウリにするアイドルは終わった?

白石麻衣の写真集が異例のヒット 素人をウリにするアイドルは終わった?

アイドルグループ乃木坂46のメンバー白石麻衣(24)の写真集「パスポート」(講談社)が2月の発売以来重版を繰り返し、累計発行部数21万部に。通常の写真集は発売後1カ月程度で落ち着く傾向にあるが、そんなデータを打ち破る勢いを今も保っているというのだから、これはもう社会現象だ。白石には「出...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net